仕事が辛いのは当たり前?仕事が辛い日々を抜け出す方法5選を徹底解説

まとめ

仕事が辛いのは当たり前ではない理由や仕事の辛さから抜け出す方法5選を徹底解説!

仕事に辛さを感じる理由は?仕事が辛いのが当たり前になったらどうなる?

実際に仕事に辛さしか感じたことがなかった筆者が体験談をもとに徹底解説します!

「仕事が辛いのは当たり前なのだろうか……」

「仕事が辛いと感じたまま人生を終えていくのだろうか……」

仕事はお金をもらっている以上、辛いものであると考えながら我慢している人も多いでしょう。

仕事は人生の3分の1を費やします。

人生の大半の時間を使うにもかかわらず、辛いと感じたまま我慢をし続けるのはしんどいですよね。

しかし、仕事が辛いと感じる日々を抜け出すことは誰でもできます。

GOAL-Bくん

今向いていない仕事についていないだけであって、向いてる仕事を見つけることができれば、充実した日々を送れるようになります。

この記事を読むことで、我慢し続ける日々から抜け出し、やりがいを持って働けるようになるはずです。

仕事を楽しいと感じることのできる適職は必ずあります。

キャリスピでは、コーチがあなたの向いている業務内容を徹底的に分析し、適職を見つけます。

今なら体験コーチングが無料なので、ぜひ気軽に申し込んでみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

目次

中川 晃雄
株式会社GOAL-B CEO
株式会社GOAL-Bの代表取締役社長。有料職業紹介事業 (許可番号: 13-ユ-314850)月間20万PVの個人ブログを運営し、登録者数12万人のYouTubeチャンネル「AKIOBLOG」を運営。自身が経営する株式会社GOAL-Bで、累計2000人超が受講したキャリアコーチングサービス「キャリスピ」を提供。著書「本気の副業術(西東社)」

仕事が辛いのは当たり前なのか?

あなたは「仕事が辛い」「辛いのは当たり前なのか」と悩んでいるかもしれません。

少し厳しく聞こえるかもしれませんが、仕事を辛いと感じることは当たり前ではありません。

GOAL-Bくん

仕事を辛いと感じているのは、心身からの「自分にはもっとやりたいことがある」「こんなものではない」というSOSのサインなんです。

私自身も仕事に辛さしか感じたことがなかったため、ずっと仕事は辛いものだと思っていました。

しかし、自分の本当にやりたいことに気づき、それを仕事にした結果仕事への辛さがなくなったんです。

そのとき初めて、仕事を辛いと感じるのは当たり前の感情ではないのだと気づくことができました。

仕事を辛いと感じている人は、なぜ辛いのか、本当はどうしたいのかを徹底的に考えて仕事を辛くないものにしていきましょう

仕事にストレスを感じる人の割合

仕事を辛いと感じるのは当たり前ではないと断言しましたが、現代の日本には仕事を辛いと感じている人が多くいることも事実です。

厚生労働省の「令和4年 労働安全衛生調査(実態調査)の概況」によると、仕事に対して強いストレスを感じる人の割合は82.2%でした。

つまり、職場の中の8割の人がストレスを感じているということです。

ストレスを感じながら働いていれば、仕事を辛いと感じるのは当然の真理でしょう。

しかし、8割の人がストレスを感じているからといって、仕事が辛いのが当たり前だと思うのは危険です。

GOAL-Bくん

2割の人はストレスなく仕事ができていることに着目してください。

この2割の人は、特別な才能があるから仕事が辛くないのではなく、自分のやりたいことや本当の想いを理解しているから辛くないというだけです。

あなたも自分が仕事を辛いと感じる原因や自分の本当の想いと向き合うことで、仕事の辛さから解放されるでしょう。

この記事を参考に自己理解を深め仕事への辛さから抜け出してください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません


仕事に辛さを感じる理由3選

まず、あなたがなぜ仕事を辛いと感じているのかを把握しましょう。

仕事を辛いと感じるよくある理由
  • 仕事で才能を活かせていないから
  • 目の前の業務が何に活きているかがわからないから
  • 職場の人間関係が悪いから

仕事で才能を活かせていないから

才能を活かして仕事ができないと仕事の成果が出ず、やりがいも感じられない状態になり仕事が辛くなるでしょう。

たとえば、問題解決能力やコミュニケーション能力が高いにも関わらず、事務職で毎日同じルーティンワークをしていると「自分はもっと成果を出せる仕事があるのに」と感じるかもしれません。

このような人は、営業職や企画職で本当の才能を発揮できる可能性があります。

逆に、数値管理や集中して細かい業務に取り組む人が得意な人が営業職に就いている場合には、「自分には営業は向いていない」と感じるでしょう。

このような人は、事務職や経理が向いているかもしません。

GOAL-Bくん

人には向き不向きがあり、才能が発揮できる仕事が必ずあります。

才能を活かせずに働いている場合には、仕事を辛いと感じて当然です。

目の前の業務が何に活きているかがわからないから

「今の仕事では何のスキルも得られない」

「自分の業務が会社の役に立っている感じがしない」

このように目の前の業務が何に活きているか分からないと、目的意識が感じられずモチベーションが下がり仕事が辛くなるでしょう。

たとえば、システムエンジニアとして働いていてプログラミングスキルが身に付く人は、「このスキルはいつかキャリアアップする際に役に立つ」と感じられるので仕事へのモチベーションを保つことができます。

GOAL-Bくん

しかし、「自分の仕事は誰にでもできる」と感じている人はモチベーションを保つことができません。

やりがいや目的意識をもつために、目の前の業務が会社や自分のスキルアップにどう活きているのかが重要になります。

職場の人間関係が悪いから

職場の人間関係が悪い場合は、仕事を辛いと感じて当然です。

GOAL-Bくん

仕事をする上では、周囲の人とのコミュニケーションが必須です。

そんな中で、上司にパワハラをされたり高圧的な同僚がいたりするなど、ストレスを感じる状態だと仕事を円滑に行うことは難しいでしょう。

また、人間関係のストレスは最悪の場合、心身の不調を引き起こします。

心身に不調をきたした場合、休養を取る必要があり、あなたの人生の時間を無駄にすることになるでしょう。

職場の人間関係が原因で仕事を辛いと感じる場合には、見過ごさずに気持ちと向き合ってください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません


「仕事が辛い」が当たり前になった結果3パターン

「仕事が辛い」という気持ちが当たり前になってしまうと、以下のような結果を引き起こす恐れがあります。

「仕事が辛い」が当たり前になった結果3パターン
  • 自分の本音がわからなくなる
  • 全ての行動が惰性になる
  • 人に頼ることができなくなる

自分の本音がわからなくなる

「仕事が辛い」と感じるのが当たり前になるほど自分の本音を見てみぬふりをしていると、自分の本音がわからなくなってしまいます。

「仕事が辛い」という気持ちの裏には、「辛いから離れたい」「もっとやりたいことがある」「楽しく働きたい」などのあなたの本音が隠れています。

本来は、辛いと感じた時点でこの本音と向き合うことが大切です。

ですが、辛いという気持ちに蓋をして本音と向き合わずにいると、自分の本音が隠れていることも分からなくなってしまいます。

「仕事は辛くて当たり前」というのが一度本音として定着すると、それ以降自分の本音を考えることがなくなるでしょう。

GOAL-Bくん

こうなると自分の気持ちと向き合って仕事の辛さから脱却することは難しくなってしまいます。

全ての行動が惰性になる

仕事は辛いものだと思った状態で働いていると、「どうせ頑張っても辛い」「成果が出ないから本気でやる必要はない」と感じ全ての行動が惰性になってしまいます。

全ての行動が惰性になると、成果が出なかったり、周囲からやる気がないと思われたり、どんどん負のループに陥ってしまいます。

逆に仕事を楽しんでやっている人は、成果にこだわって働くことやモチベーションを保って働くことができるでしょう。

仕事を辛いと感じている人と楽しんで働いている人の差はどんどん開いてしまいます。

GOAL-Bくん

惰性で働いた結果ついた差は、昇進や転職にも影響するでしょう。

仕事が辛いと感じたまま働いた結果、惰性で働くことにならないよう注意が必要です。

人に頼ることができなくなる

仕事を辛いと感じるのが当たり前になると、人に頼ることができなくなってしまいます。

仕事が辛いのが当たり前でなければ、同僚や友人に「仕事が辛いんだよね」と相談して心を軽くすることができるでしょう。

また、仕事量や人間関係に問題があり仕事が辛い場合には、上司に伝えて仕事量を調整してもらったり、部署移動を検討してもらったりすることができます。

しかし、仕事が辛いのが当たり前になると、辛い気持ちを1人で抱え込むことになってしまうでしょう。

辛さを1人で抱え込んだ結果、心身に不調をきたすことがないよう注意が必要です。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事が辛い日々を抜け出す方法5選

ここからは、仕事が辛い日々を抜け出す方法を5つお伝えします。

仕事が辛い日々を抜け出す方法5選
  • 現状を事実ベースで洗い出す
  • 本当はどうしたいのか?を考える
  • 理想のために必要な行動を洗い出す
  • 行動をするために辞めることを決める
  • 期日を決めて動き出す

現状を事実ベースで洗い出す

仕事の辛さから抜け出すために、何が辛いのかという現状を事実ベースで洗い出しましょう。

現状を把握することで、自分に合った対処法が分かるようになります。

  • 自分のやりたい仕事ができていない
  • 今の仕事では何のスキルも身につかない
  • 将来性がない仕事をしている気がする
  • 残業時間が長すぎる
  • 上司からパワハラをされる

仕事を辛いと感じる現状としては、以上のような例が挙げられます。

仕事を辛いと感じるのが当たり前になっている人は、自分が何が原因で辛いと感じているのかすぐには分からない人もいるでしょう。

GOAL-Bくん

過去に辛いと感じたタイミングや諦める感覚になったタイミングがあれば、その時のことを思い出し現状にゆっくりと向き合ってみてください。

現状把握が仕事の辛さと向き合うための第一歩です。

本当はどうしたいのか?を考える

続いて、自分が本当はどうしたいのかを考えましょう。

仕事を辛いと感じているということは、自分が本当にやりたい仕事ができていなかったり、ありたい姿ではなかったりするということです。

本当はどうしたいのかを明確にすることで、仕事の辛さを抜け出すために必要な行動も分かってきます。

本当にやりたいことを考える際には、自分自身に以下の問いをしてみてください。

「時間やお金に何の制約もない場合何の仕事がしたい?」

「熱量をもって取り組めることは何?」

「誰のために働きたい?」

「10年後どんな働き方をしたていたい?」

今仕事が辛い人は、本当にやりたいことを考えるのは無意味だと感じるかもしれません。

GOAL-Bくん

しかし、私が仕事の辛さから抜け出せたのも本当にやりたいことを見つけたからです。

誰かに何かを言われることはないので、安心して「本当はどうしたいのか?」を紙に書き出してみてください。

理想のために必要な行動を洗い出す

本当にやりたいことや理想の働き方が見つかった人は、それを叶えるために必要な行動を洗い出していきましょう。

たとえば、自分の才能を活かせる仕事に就いて結果を出したい人がやるべき行動は以下の通りです。

  • 自己分析して自分の才能を見つける
  • 才能を活かせる業種や職種を知る
  • その業種・職種の企業研究を行う
  • 転職活動を始める
  • 履歴書や職務経歴書を作成する
  • 面接に行く
  • 今の会社に退職届を出す

このように、才能を活かせる仕事に就くためには多くの工程があります。

中にはこんなに多くのことをこなせる気がしないと感じる人もいるでしょう。

しかし、理想を叶えるためには、必要な行動を把握して全て達成していくしかありません。

逆に必要な行動を全て洗い出せれば、それを確実に行うことで理想に到達するともいえます。

GOAL-Bくん

理想が見つかった人は、それを叶えるために必要な行動を細かく洗い出しましょう。

行動をするために辞めることを決める

仕事の辛さから抜け出すためには、自分で行動を起こすことが必須です。

しかし、上記のようにやるべきことが多くあり、できる気がしないという人もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、行動をするために辞めることを決めることです。

たとえば、仕事の後の時間を作り出すためにしばらく自炊はしないと決めたり、転職に成功するまで飲みに行かないと決めたりしてください。

時間がないことを行動しない言い訳にしていても、現状は一向に変わりません。

理想を叶えるために辞めることを決めて、時間を作り出してください。

期日を決めて動き出す

自分の理想ややりたいことを見つけ、そのために必要な行動や辞めるべき行動を理解したら、あとは行動するのみです。

期日を決めて動き出しましょう。

GOAL-Bくん

いつかやろうと思っている状態では、人は動くことができません。

まず、理想をいつまでに叶えるか決めて、その日までに洗い出した行動をそれぞれいつやるか細かく設定しましょう。

ここまで設定できれば、もうあなたは仕事の辛さから抜け出せる状態だといえます。

GOAL-Bくん

行動を続けて、仕事の辛さから抜け出してください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

「仕事 辛い 当たり前」に関するよくある質問

ここでは、「仕事を辛いと感じるのは当たり前なのか」に関してよくある質問に答えます。

仕事が辛いと感じるのは甘えですか?

結論として、「仕事を辛い」と感じるのは甘えではありません。

仕事でやりがいを感じなかったり、上司からのパワハラを受けていたり、さまざまな原因で仕事を辛いと感じることがあるでしょう。

「仕事を辛いと感じるのは甘えだ」と自分を追い込むことがないようにしてください。

ただし、仕事を辛いと感じながら何も行動を起こさないと現状から抜け出すことはできません。

仕事を辛いと感じている人は、辛いと感じる原因を把握して適切に対処してください。

仕事の辛さからの抜け出しからは、この記事で詳しく解説しています。

仕事が辛いという理由で辞めても大丈夫ですか?

「仕事が辛い」という理由だけで仕事を辞めるのは危険です。

なぜ仕事が辛いのかという原因を把握していないと、転職先でもまた仕事が辛くなる恐れがあります。

たとえば、そもそも働くことへの意義が見出せず仕事が辛い人は、そのまま転職しても仕事が辛くなるはずです。

そのような人は、転職する前に自分が働く目的や仕事を通して叶えたい夢を把握する必要があるでしょう。

仕事が辛いから辞めようと考えている人は、一度この記事を参考に仕事が辛い原因や本当のやりたいことを考えてみてください。

まとめ:仕事が辛いのは当たり前?仕事が辛い日々を抜け出す方法5選を徹底解説

ここまで、仕事が辛いと感じる原因や仕事が辛いままいると起こることを解説してきました。

最後に、仕事が辛い日々を抜け出す方法5選をまとめます。

  • 現状を事実ベースで洗い出す
  • 本当はどうしたいのか?を考える
  • 理想のために必要な行動を洗い出す
  • 行動をするために辞めることを決める
  • 期日を決めて動き出す

そして、これらの行動をしていく中で、自然と人生のGOALが定まります。

人生のGOALを定めれば、GOALに向かってやるべきことが分かるので、行動し仕事の辛さから抜け出すことができるでしょう。

株式会社GOAL-Bの提供するキャリスピは、あなたが人生のGOALを定め才能を発揮して、ワクワクした気持ちで仕事ができることを目指しています。

コーチと一緒に自分の本当の気持ちと向き合ったり、アクションプランを考え実行したりすることで、1人よりも仕事の辛さから抜け出しやすくなるでしょう。

  • 仕事が辛いけど、なぜ辛いのか自分では分からない
  • 自分のやりたいことを知り、それを仕事にしたい
  • 実行するのが苦手なので、アクションプランを立て伴走してほしい

こんな方は、ぜひキャリスピを利用してください。無料の体験コーチングでお待ちしております。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次