サラリーマンが辛い人が今すぐやるべき4つの行動を徹底解説

この記事のまとめ

サラリーマンを辛いと感じているのは自分だけなのか?辛いという気持ちを放置するとどうなるのか?

サラリーマンの辛さからの脱却方法が分からずに日々耐えている人に向けて、辛さへの対処法や取るべき行動を解説します!

「サラリーマンが辛いのは甘えだろうか……」

「サラリーマンを辞めた後は何をすればいいだろうか……」

このように悩んでいませんか。

意味のない会議や資料作成、頭の固い上司と一緒に働く日々。

僕自身もサラリーマンだった頃は、やらされ仕事に虚無感を覚え、辛かったことをよく覚えています。

しかし、あなた自身を最大限活かすことができる仕事は必ずあります。

これまで2000人以上のキャリア相談に乗ってきたからこそ、自信を持って言えます。

この記事を読めば、自分に合った仕事でイキイキと働く未来が想像できるようになるはずです。

自分の才能に合った仕事を見つけると、強みを活かした業務ができるようになり、やりがいを持って働けるようになります。

キャリスピでは、幼少期から今に至るまでの行動をさかのぼり、仕事に使える強みを見出します。

ぜひ3分で申し込める無料体験で辛いサラリーマン生活から抜け出す一歩を踏み出しましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

目次

中川 晃雄
株式会社GOAL-B CEO
株式会社GOAL-Bの代表取締役社長。有料職業紹介事業 (許可番号: 13-ユ-314850)月間20万PVの個人ブログを運営し、登録者数12万人のYouTubeチャンネル「AKIOBLOG」を運営。自身が経営する株式会社GOAL-Bで、累計2000人超が受講したキャリアコーチングサービス「キャリスピ」を提供。著書「本気の副業術(西東社)」

サラリーマンが辛いのはあなただけではない!理由を解説

「サラリーマンとして毎日働くのが辛い」と感じながらも、甘えなのではないだろうか、辛いのは自分だけなのではないだろうかと悩んでいる人もいるでしょう。

実はサラリーマンが辛いのはあなただけではありません。

以下で、その理由を解説します。

辛いと感じているのが自分だけではないと分かれば、心が軽くなったり何か行動を起こす原動力になるでしょう。

20代の8割が職場でストレスを感じている

厚生労働省の令和3年「労働安全衛生調査(実態調査)」の概況によると20代の8割が職場でストレスを感じています。

まず、周りを見渡して5人に1人がストレスを感じているという事実を知るだけでも、あなただけが辛いと思っているのではないことが分かるでしょう。

ストレスを感じながら働いていれば辛いと感じるのも当然の心理です。

サラリーマンはストレスを感じる仕事であるという事実を心に止めておきましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません


サラリーマンを辛いと感じる4つの原因

サラリーマンを辛いと感じる原因として、以下の4つがあります。

  • 週5で働かなくてはいけない
  • 責任が重い
  • 仕事をできる人が損をする
  • 人間関係に縛られる

週5で働かなくてはいけない

サラリーマンは、週5で1日8時間以上働かなくてはいけません。

通勤の時間もあるので、朝家を出てから家に帰るまで12時間以上も拘束されている人もいるでしょう。

朝は起きて仕事の準備だけをして、帰ったらお風呂に入って寝るだけの生活をしている人も少なくないはず。

平日は家事もままならず趣味や友人と過ごす時間もなかなか取れないとなると、サラリーマンは辛いと感じてしまいます。

責任が重い

サラリーマンはパートやアルバイトに比べて責任が重いため、辛いと感じる人が多くいます。

サラリーマン1人のミスは、部署全体のミスや会社全体のミスとして扱われるからです。

そのため、常にミスが許されないプレッシャーや上司からの圧を感じて仕事がどんどん辛くなるでしょう。

また、サラリーマンは成果や勤続年数に応じて課長・次長・部長などに昇進しますが、昇進すればするほど責任も重くなるので辛く感じる人が多くいます。

仕事ができる人が損をする

サラリーマンは仕事ができる人が損をする仕組みになっています。

会社という組織で働いていると、仕事ができる人に任される仕事の量が増えたり、仕事ができるにも関わらず給料は他の人と変わらなかったりすることがよくあるからです。

もちろんインセンティブやボーナスで仕事ができる人は多くお金をもらえることもありますが、それでもサラリーマンがもらえる金額の予想を遥かに上回ることはありません。

「同期の仕事が遅いために自分に多くの仕事が回ってきているな」なんてことを感じたことがある人もいるでしょう。

仕事ができる人は会社に勤めていると損をする場面が多いので、サラリーマンは辛いと感じてしまいます。

人間関係に縛られる

人間関係に縛られるのも、サラリーマンが辛くなる理由です。特に人間関係が良好ではない場合には、毎日同じ会社の人たちと顔を合わせることが大きな負担になるでしょう。

サラリーマンの場合は、一緒に働く人を選ぶことができません

そのため、上司や同僚との関係で悩む人は多くいます。

人間関係が以下のような場合には、心理的安全性が低くなり仕事のパフォーマンスにも支障をきたすので注意してください。

  • 上司が高圧的ですぐに怒鳴る
  • 同僚が挨拶をしても無視してくる
  • 部下がミスを自分のせいにする

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません


サラリーマンに向いていない人の2つの特徴

続いて、サラリーマンに向いていない人の2つの特徴を解説します。

  • 自分でやりたいことがある
  • 時間や環境に縛られることにストレスを感じる

自分でやりたいことがある

自分でやりたいことがある人は、サラリーマンには向いていないでしょう。

サラリーマンが働く目的は会社の利益を最大化させるためであり、自分の目標達成のためではありません。

サラリーマンは自分のやりたいことを好きにやることができず、できるとしても与えられた予算や責任の範囲内になります。

そのため、自分でやりたいことや実現したい目標がある人には、フリーランスとして働いたり、起業して独立したりするなどサラリーマン以外の働き方が向いているでしょう。

時間や環境に縛られることにストレスを感じる

毎朝決まった時間に会社へ行き、8時間以上拘束された後帰宅するというのが基本的なサラリーマンの1日です。

この生活を続けるのは、時間や環境に縛られることにストレスを感じる人にとっては大きな負担になるため、サラリーマンは向いていないといえます。

最近では、フレックスタイム制やリモートワークも普及しており、時間や環境に縛られることにストレスを感じる人も働きやすくなっているのも事実です。

一方で、フレックスタイム制でも1日の勤務時間は変わらず、リモートワークでもやるべきことは会社に従うしかないというのも実情で、サラリーマンである以上会社に縛られるしかありません。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

サラリーマンを続ける4つのメリット

サラリーマンには辛い部分もありますが、その分のメリットが4つあります。

  • 固定の給与がもらえる
  • 社会的信用度が高い
  • 有給が存在する
  • 将来への見通しが立てやすい

固定の給与がもらえる

サラリーマンは、固定の給与がもらえるのが大きなメリットです。

毎月決まった日に一定のお金が入ってくるので将来の見通しが立てやすく、精神的にも金銭面でも安心に繋がります。

フリーランスになると自分の成果に対してお金が支払われるので、体調を崩して仕事ができなかったり、仕事を任せてもらえなくなったりすると給与はなくなってしまいます。

一方でサラリーマンであれば、体調を崩して仕事が止まってしまっても、有給や傷病手当によって給与が発生する場合もあるので安心できるでしょう。

また、ボーナスがもらえるのもサラリーマンとして働くメリットです。

社会的信用度が高い

サラリーマンは社会的信用度が高いのもメリットです。

住宅ローンの契約やクレジットカードの新規発行をする際には、サラリーマンであり給料が安定して入ってくるという事実によって審査が通るようになります。

また、自分の肩書きとして「株式会社〜〜の〜〜です。」というように会社名や役職を伝えることができるので、取引先などの初対面の人からの信用度も高くなるでしょう。

有給が存在する

サラリーマンには、有給が存在します。

有給があるということは寝ていても給料が入ってくるということです。

フリーランスやアルバイトには有給が存在しないので、自分が休みたいなら給料はもらえません。

将来への見通しが立てやすい

将来への見通しが立てやすいのもサラリーマンのメリットです。

サラリーマンは上述のように毎月固定で給与が入ってくるので、生活費の予算や積立へ回す金額をあらかじめ設定しやすくなります。

また、勤続年数によって昇進や昇給する場合も多いため、年収アップや働き方の予測も立てやすくなるでしょう。

将来への見通しが立てやすくなるということは、永住する土地を決めて家を買ったり、結婚して子どもを産むという選択をしたりできるということです。

先の見通しが立たないフリーランスやアルバイトだと、家の購入や結婚・出産の決断をするのは難しくなるでしょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

サラリーマンが辛い人に与えられている4つの選択肢

サラリーマンが辛い人は、辛いのに耐えながら現状維持で働く必要はありません。

むしろ別の選択肢を考えた方があなたの未来はよいものになるでしょう。

  • 今の会社でやりがいを探す
  • 転職して別の会社でサラリーマンを続ける
  • パートやアルバイトとして働く
  • 起業したりフリーランスになる

今の会社でやりがいを探す

まずサラリーマンが辛い人全員にやってもらいたいのが、今の会社でやりがいを探すことです。

やりがいを見つけることができれば、ワクワクした気持ちで働けるようになり、仕事に対する辛いという気持ちがなくなります。

  • お客様に感謝の言葉をもらうと嬉しい
  • 同僚の中で営業成績1位を目指したい
  • 自分の仕事が社会に貢献していると思うとワクワクする

上記のようにやりがいを感じる部分は、人によってさまざまです。

やりがいを探すためには、今の仕事をしていて嬉しかったことを思い出したり、達成したい目標を考えるとよいでしょう。

今の会社でのやりがいを考えても思いつかず、どうしてもこのままサラリーマンを続けるのは辛いという人は以下の選択肢も検討してください。

転職して別の会社でサラリーマンを続ける

今サラリーマンを辛いと感じている人には、転職して別の会社でサラリーマンを続けるという選択肢があります。

これはサラリーマンが辛い原因が、現職の会社にある場合に有効な選択肢です。

  • 上司からのパワハラが辛い
  • 今の会社では自分の本当にやりたい業務に携われない
  • 成果を正当に評価されない
  • 長時間労働や休日出勤を強いられる

このような場合には転職を検討すると良いでしょう。

サラリーマンそのものではなく今の会社が辛いという人は、転職することでサラリーマンを辛いと感じずに働ける可能性があります。

パートやアルバイトとして働く

週5で1日8時間働くことに限界を感じている人は、パートやアルバイトとして働くのも選択肢の1つです。

パートやアルバイトとして働けば、勤務時間を自分で決めて好きな時間に働けたり、サラリーマンのような責任の重さがなかったりするのがメリットです。

一方で、雇用や収入が安定しないというデメリットもあります。

デメリットを理解した上で、それでも時間の余裕や責任のなさが大切だと感じる人はパートやアルバイトとして働くとよいでしょう。

起業したりフリーランスになる

自分でやりたいことや達成したい目標が明確な人は、起業したりフリーランスになるという選択肢があります。

起業やフリーランスになれば、自分のスキルによって稼げる額が大幅に上がることや、時間や人間関係に縛られずに働けることがメリットです。

一方で、全てが自分の努力や力量次第なので、自分ができなければ収入もないという不安定な面も。

また、起業やフリーランスは何のスキルや見通しもなく一朝一夕でなれるものでもありません。

明確な目的や確かなスキルがある人は、起業やフリーランスが向いているといえるでしょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

サラリーマンが辛い人が取るべき4つの行動

サラリーマンが辛い人は、以下の4つの行動を取ってください。

  • なぜ辛いと感じているか把握する
  • 自己理解を深めて強みを特定する
  • 強みの延長線にあるやりたい仕事でキャリアの方向性を定める
  • キャリア相談サービスで話を聞いてもらう

なぜ辛いと感じているか把握する

原因によって適切な対処法が変わるため、原因が分からなければ何の対処もできません。

サラリーマンを辛いと感じる原因としてよくあるのは上述の4つです。

  • 週5で働かなくてはいけない
  • 責任が重い
  • 仕事をできる人が損をする
  • 人間関係に縛られる

仕事ができる人が損をすると感じている場合には、社員に多くの裁量を与えてくれる企業に転職すれば、成果を出しながら働けるかもしれません。

自己理解を深めて強みを特定する

サラリーマンが辛い人は、自己理解を深めて強みを特定するのも大切です。

強みを特定すれば、強みを活かせる仕事に就くことができ、成果を出しながら働けるようになります。

強みを活かして働き成果に繋がると、やりがいやワクワク感を感じながら働けるようになり辛いと感じることもなくなるでしょう。

強みを特定するためには自己分析が欠かせません。

強みがわかる質問集
  • 昔から努力しなくてもできていたことはなに?
  • 他人からよく褒められることはなに?
  • 他人ができていなくてイライラしてしまうことはある?
  • 何をしているときが楽しい?

上記のような質問を考えると、あなたが無意識にできてしまう強みが分かります。

強みの延長線にあるやりたい仕事でキャリアの方向性を定める

自分の強みを特定できたら、強みの延長線にあるやりたい仕事でキャリアの方向性を定めましょう。

強みを活かして働ける仕事かつ自分のやりたい仕事が見つかれば、毎日ワクワクしながら働けるのでサラリーマンを辛いと感じることはなくなります。

また、強みを活かして働ければどんどん成果も出るようになるでしょう。

たとえば、今事務職をしている人が自分の強みはコミュニケーション力と問題解決能力だと気づいたとします。

このような人は、毎日同じルーティン業務の事務職よりも、お客様の悩みを解決できる商品を提案する営業職が向いているでしょう。

キャリア相談サービスで話を聞いてもらう

サラリーマンの辛さやキャリアの方向性については、キャリア相談サービスで話を聞いてもらうのもおすすめです。

キャリア相談サービスでは、あなたのサラリーマンが辛いという話を聞き、原因の特定や対処法のアドバイス、自己分析の深掘りをしてくれるでしょう。

また、キャリアのプロの視点からあなたの強みを活かせる仕事やキャリアプランを一緒に考えてくれます。

自分1人で考えると悩みすぎてしまう人は、誰かに相談するだけで心が軽くなることも。

サラリーマンが辛い人は、キャリア相談サービスで話を聞いてもらいましょう。

以下の記事ではおすすめのキャリア相談サービスを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

サラリーマンが辛い人におすすめのキャリア相談先3選

サラリーマンが辛い人におすすめのキャリア相談先3選は以下の3つです。

キャリスピ

公式HP:キャリスピ

キャリスピは、株式会社GOAL-Bが提供するキャリアコーチングサービスです。

それぞれ解説します。

キャリスピの特徴

  • 目的は転職ではなく、人生のゴールや強み、やりたいことから逆算したキャリアプランを作ること
  • コーチングという手法を用いてマンツーマンでサポートしている
  • キャリアを積み上げたハイレベルなコーチが多数在籍
  • ゴールから逆算したやりたい仕事が見つかる

キャリスピの大きな特徴は、人生のゴールやあなたの強み、本当にやりたいことから逆算したキャリアプランを作ることです。

サラリーマンが辛く仕事にワクワクできていない人にとって、自分のゴールが定まり好きな仕事ややりたいことが分かるのは人生の転機になるでしょう。

サラリーマンが辛い人は、ぜひキャリスピの体験コーチングを受けてください。

料金

コース名入会金料金
プライマリープラン33,000円495,000円
スタンダードプラン33,000円660,000円
ブレイクスループラン33,000円1,100,000円

口コミ

色んな方を実際に見てきたコーチの視点から今後の方向性が決まってきており、人の見方など勉強になるなと感じます!自分のゴールがカチッとハマっていく今後が楽しみです!

受講者アンケートより引用

最高です!安定で想像できる未来で生きようとしていたことが、ここ数年のモヤモヤだったことに気づくことができた。気づくことができただけでもありがたいが、それを常に維持しようと、コンフォートゾーンに戻らないようにコーチが側にいてくれるので感謝しています。

受講者アンケートより引用

事前ワークに沿った内容だけでなく、自分がどうなりたいかといった原点に立ち返った内容も一緒におこなっていただけるので、毎回気づきや決意をすることができてとても有意義な時間を過ごすことができています。

受講者アンケートより引用

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

ポジウィルキャリア

公式HP:ポジウィルキャリア

ポジウィルキャリアは、20〜30代の相談実績No.1という圧倒的な実績をもつキャリアコーチングサービスです。

  • 特徴
  • 料金

それぞれ解説します。

特徴

  • 法政大学教授監修のキャリア特化型パーソナルトレーニングを実施している
  • 自己理解からキャリアの方向性の決定、転職活動の支援まで幅広くサポートしてくれる

ポジウィルキャリアでは、中長期的な目標やキャリアプランを決定することを大切にしています。

サラリーマンが辛いと感じている人は、仕事の目標を定めることで目標達成のために辛さを感じることなく働けるようになるでしょう。

また、コーチングを受けた結果自分に最適な仕事が見つかった場合には、転職活動のサポートもしてくれるのがポジウィルキャリアを受けるメリットです。

料金

コース名入会金料金面談回数
キャリアデザインプラン55,000円385,000円5回
キャリア実現プラン55,000円594,000円10回
年収UPプラン55,000円880,000円12回

キャリート

公式HP:キャリート

キャリートは株式会社メルスが提供するキャリアコーチングサービスです。

  • 特徴
  • 料金

それぞれ解説します。

特徴

  • 求人を紹介しないからこそできる寄り添ったキャリアコーチングサービス
  • 仕事への辛さを感じやすいHSPに特化したコーチがいる
  • 自己分析やキャリアプラン設定をマンツーマンでサポート

キャリートの大きな特徴は、求人紹介をせずに転職支援をしていることです。

求人紹介をしないため、会社の立場などを考えずに本当に利用者にあった仕事や会社を考えてくれます。

また、HSPに特化したコーチがいるのもサラリーマンが辛い人にとって嬉しいポイントです。

サラリーマンが辛い人の中には、人間関係や環境の影響を受けて疲れたりダメージを受けやすいHSPの人も多いでしょう。

サラリーマンの辛さをHSPという気質によって感じていると考えられる人はキャリートを利用してください。

料金

コース名料金コーチング回数サポート期間
キャリア設計コース 156,000円 4回 40日
転職サポートコース 219,000円 6回 90日
フルサポートコース 340,000円 10回 180日

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

サラリーマンが辛い人からのよくある質問

ここではサラリーマンが辛い人からのよくある質問に回答します。

  • サラリーマン人生で後悔したことはありますか?
  • サラリーマンには将来性がありますか?
  • サラリーマン生活は人生の無駄ですか?
  • サラリーマンを辞めたい30代は何をすれば良いですか?

サラリーマン人生で後悔したことはありますか?

私はサラリーマン人生に後悔していることはありません。

サラリーマン時代には、基本的な社会人のマナーが身についたり、組織の中でいかに自分に求められていることを考えて動くかという能力がつきました。

今は、自分の本当にやりたいことを見つけ、そのゴールに向かって日々走っているのでサラリーマン時代より楽しくワクワクしながら働けています。

世の中には、「サラリーマンはつまらない」「仕事はしたくない」という人が多くいますが、本当はサラリーマンが辛いのではなく自分のやりたいことに出会えていないことが原因です。

ぜひキャリスピを受講して自分のゴールを見つけ、サラリーマンの辛さから抜け出してください。

サラリーマンには将来性がありますか?

現代の日本では、終身雇用の崩壊や45歳で自主退職を募る会社の出現などサラリーマンの将来性が危うくなっています。

では、サラリーマンはどうすればよいのか。

それは、今の仕事で圧倒的な成果を出して会社に貢献し、サラリーマンとしての価値を上げること。

また、自分自身でスキルを身につけ副業をするなど個人で稼ぐ能力をつけることです。

いずれにしても、なぜそれをやるのかというモチベーションになるゴール設定は欠かせないでしょう。

サラリーマン生活は人生の無駄ですか?

サラリーマン生活は、目的意識や目標をもって過ごしている人にとっては人生の無駄ではありません。

サラリーマンは雇用の安定や社会的信用が高いというメリットもあります。

また、モチベーションを保って働ければ成果を出して昇進したり、独立しても稼げるようなスキルが身につくでしょう。

一方で、サラリーマン生活が人生の無駄になってしまう人が存在するのも事実です。

たとえば、何の目的もなく毎日出社して頭を使わずにルーティンワークをこなしている人は、サラリーマン人生の中で得られるものは少ないでしょう。

サラリーマン人生が価値あるものになるか無駄になるかは、本人の目的意識やモチベーション次第です。

サラリーマンを辞めたい30代は何をすれば良いですか?

サラリーマンを辞めたい30代はまず人生のゴールを明確にしましょう。

人生のゴールが定まれば、サラリーマンとしてどうするべきか、サラリーマンを辞めて何をするかも明確になります。

たとえば、人生のゴールが「仲間との調和を何よりも大切にして働く」と分かった人は、現職を辞めて風通しのよい職場に転職するという選択肢が取れるでしょう。

また、組織に属さずに時間や場所に縛られない働き方がしたいというゴールが明確になった人は、起業やフリーランスになるという選択肢が最適だと分かります。

サラリーマンを辞めたい人は、人生のゴールを定めましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

まとめ:サラリーマンが辛い人が今すぐやるべき4つの行動を徹底解説

ここまで、サラリーマンを辛いと感じる原因や辛いと感じる人が取るべき行動を解説してきました。

最後に、サラリーマンが辛い人が今すぐやるべき4つの行動をまとめます。

  • なぜ辛いと感じているか把握する
  • 自己理解を深めて強みを特定する
  • 強みの延長線にあるやりたい仕事でキャリアの方向性を定める
  • キャリア相談サービスで話を聞いてもらう

サラリーマンを辛いと感じているなら、キャリア相談サービスを利用するのがおすすめです。

キャリア相談を受けると自己理解とゴール設定をサポートしてくれます。

キャリア相談を受けて人生のゴールが定まったあなたは、そのゴールに向かってワクワクしながら働けるようになるので、サラリーマンが辛いと感じることはなくなるでしょう。

株式会社GOAL-Bの提供するキャリスピは、相談者が自分の才能を発揮し、ワクワクした気持ちで仕事ができることを目指しています。

キャリスピを受けることで、サラリーマンの辛さから一気に解放されるはずです。

  • サラリーマンが辛いけどどうしたらいいか分からない
  • 目標なく働く日々に何となく不安を感じる
  • もっとやりたいことを仕事にして毎日ワクワクしたい

こんな方はぜひキャリスピを利用してください。

まずは、無料で体験キャリアコーチングを受けてみましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次