やりたいことがない人生から抜け出す8ステップ!原因や辞めることも解説

やりたいことがない 人生
この記事のまとめ

人生でしたいことがない時はどうしたらいい?なぜやりたいことが見つからないの?
対処法を知りたい方に向けて解説します!

人生でやりたいことがない
やりたいことを探しても時間が経つだけ……。
やりたいことをを見つけて充実した毎日を送りたい

人生でやりたいことがなくて、不安に感じていませんか。

毎日楽しそうに過ごしている方を見ると、うらやましい気持ちになるのも無理はありません。

GOAL-Bくん

やりたいことを見つけなきゃ」と焦るものの、何をしたらいいか分からない方も多いはずです。

本記事では、本気で打ち込みたいと思えるやりたいことの見つけ方を紹介。

やりたいことが見つからないと諦めかけている方に向けて、今からできる方法も解説しています。

私は〇〇のために頑張っている!」と胸を張って言えるようになりたい方は、本記事の内容を参考にしてみてください。

キャリアコーチング『キャリスピ』は、あなたの才能本音の欲求を見つけるサポートをしてくれます。
仕事で悩んでいる方は、プロと自己分析を行い、自分に合った仕事と働き方を考えてみましょう。
5,500円の体験コーチングが今なら無料で受けられるので、1分で気軽に申し込んでみましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません。

目次

中川 晃雄
株式会社GOAL-B CEO
株式会社GOAL-Bの代表取締役社長。有料職業紹介事業 (許可番号: 13-ユ-314850)月間20万PVの個人ブログを運営し、登録者数12万人のYouTubeチャンネル「AKIOBLOG」を運営。自身が経営する株式会社GOAL-Bで、累計2000人超が受講したキャリアコーチングサービス「キャリスピ」を提供。著書「本気の副業術(西東社)」

「やりたいことがない」を抜け出した方が良いたった1つの理由

「そんなにやりたいことって無きゃダメなものなの…?」

このように思う方は多いです。

やりたいことが見つからない自分に対して、自己嫌悪に陥ってしまう方もいるでしょう。

しかし結論から言うと、人生の充実感や満足感を得るためには、「やりたいこと」は必要です。

確かに「やりたいこと」を持つことは義務ではありません。

やりたいことがなくても、人間は生きていけます。

GOAL-Bくん

「やりたいこと」を持つか持たないか、それはあなた次第であり自由に選択できるものです。

しかし、このように思う場合は別。

「今の人生に絶望している」

「人生を充実させたい」

「後悔のない人生を送りたい」

このような方にとって、やりたいことは必要です。

明確に「これがやりたいんだ」という軸を持っていた方が、圧倒的に人生への没入感が生まれます。

「やらされているから嫌だけどやっている」

「やらないといけないから渋々やっている」

このような状態では、主体性が生まれず、充実感も感じられません。

  • 親から「やれ」と言われて取り組み始めた宿題
  • 自分から「面白そうだ」と思ったから学び始めた勉強
GOAL-Bくん

どちらの方が、血となり肉となり、人生を豊かにしてくれるものになるかは聞くまでもないでしょう。

自分の人生に主体的になり、没入するからこそ人生が充実し“結果として”満足感が得られるのです。

正解のない時代だからこそ「やりたいことがない」は危険

社会はここ数百年で、信じられないほどに豊かになりました。

例外はあれど、食料に困らなくなり、寿命が延び、テクノロジーがどんどん進歩し、私たちの生活は非常に便利になりました。

すると、生き方の選択肢が増え、「どうやって生きようか?」と考えられる余裕が出てきたのです。

GOAL-Bくん

それは、一見すると、手放しで賞賛されることのように思いますよね。

しかし、生き方の選択肢が増えると言うことは、同時に「生き方を明確にしないと社会に振り回される」ということも意味するのです。

「とりあえず正社員になっておいた方が良いよ」

「とりあえず投資やっておいた方が良いよ」

「とりあえず稼ぎやすい副業を始めたら良いよ」

「〇〇業界は無くなるから行かない方が良いよ」

このような言葉に振り回され、あっちを始めてはすぐ辞め、こっちを始めてはすぐ辞めを繰り返します。

結果として、自分の手元には何も残らず、「あれ?何のためにやってるんだっけ?」と迷子になってしまうのです。

それはさながら、「GOALのないマラソンを、何の目的もなく走らされている状態」と言えるでしょう。

「やりたいこと」というGOALがないままでは、人生の貴重な時間を無駄にしてしまいます。

人生の時間は、そう長くはないのです。

だからこそ「やりたいことがない」という状態は、一刻も早く抜け出しましょう。

とはいえ、「そうは言っても、やりたいことを見つからないから困っているんだよ」というのもわかります。おっしゃる通りです。

GOAL-Bくん

ここからは、具体的にやりたいことを発見するための手順を解説していきます。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません


なぜ?人生でやりたいことがない6つの原因

人生でやりたいことがないのは、なぜでしょうか。

主な6つの原因は、以下のとおりです。

やりたいことがない状態に陥る6つの原因
  • やらない理由を鵜呑みにしてしまう
  • やりたいことへのハードルが高すぎる
  • 自分に自信が持てない
  • 現状に満足している
  • 経験が少なく視野が狭いから
  • 自分の感情を押し殺すのに慣れてしまっているから

やらない理由を鵜呑みにしてしまうから

人生でやりたいことがないのは、やらない理由を鵜呑みにしてしまうからです。

仮に「youtubeに動画投稿してみたい」と思いついたとしましょう。

しかし大抵の場合、いざ行動しようとなると「まぁ、明日でもいいや」と考え、やめてしまいます。

脳裏に、やらない理由がどんどん浮かんでくるのです。

「いまさら遅い」

「どうせ時間の無駄」

「どうせ役に立たない」

「批判されたら嫌だな」

「炎上したら嫌だな」

「友達にバカにされたら恥ずかしいな」

そして、やらない理由が真実であるかの如く、そのまま鵜呑みにしてしまいます。

GOAL-Bくん

加えて、スマホを開けば、ごまんと溢れるネガティブな情報。

「副業を始めるのは今更遅い」

「AIによって仕事が無くなる」

「日本の経済がどんどん悪化している」

「〇歳になったらもう手遅れ」

「半グレによる詐欺犯罪の増加」

「YouTuberの〇〇が炎上」

「芸能人の〇〇が不倫して芸能界から姿を消した」

このような情報を浴びていれば、簡単に「やっぱりやめた方が良いかも…」と尻込みしてしまうのも無理はありません。

新しいことを始めようと思っても、「やめといた方がいい」という言葉が目に入ると、ついつい行動にブレーキを踏みがち。

結果として、「なにもしない現状の方が良い」と判断してしまうのです。

これを「現状維持バイアス」と呼びます。

やりたいことを見つけて行動する時は、現状維持バイアスという心理が働きやすくなってしまうのです。

現状維持バイアス:現在の状態に非常に大きな価値を感じ、現状から変えることによってより大きな利益を得る場合でも、生じるリスクを過度に嫌って現状にとどまる

引用:京都先端科学大学|ナッジとインセンティブの行動経済学

つまり、現状を変えたくない気持ちが芽生えるということ。

GOAL-Bくん

人間は基本的にめんどくさがりです。

変化に対して強い恐怖や拒絶感を示し、現状を維持しようとしてしまうのです。

そのため、やらない理由なんてものは、いくらでも簡単に出てきてしまうもの。

でも、本心では「やりたいな」「やった方が自分の人生が良くなるだろうな」と感じています。

だから、「やらない自分」を正当化したくなってしまうのです。

  • 環境が悪い
  • 時間がない
  • お金がない
  • どうせ無理
  • どうせムダ

このように、やらない理由ばかりを並べてしまいます。

GOAL-Bくん

これは決して、やらないことを責めたくて言っている訳ではありません。

負荷のかかることに対して尻込みするのは、生き物として仕方のないこと。

人間に限った話ではなく、生き物は「生存」が最優先なので、基本やらなくて良いことならやりません。

なので、「緊急性が無ければやらない」というのは当然の反応であり、動かしようのない事実です。

重要なのは、この「人間はめんどくさがり」「変化を嫌う」ということを前提に置くこと。

前提に置いたうえで、「じゃあ、やりたいことを実行するためにはどうしたらいいのか?」と考えるべきです。

難しく考えず、ちょっとでも、一歩だけでも良いのです。

やってみて、味わってみて、それから判断する習慣をつけましょう。

周りがどんなに「やらない方が良い」と言おうと、実際にやってみないことには何もわかりません。

GOAL-Bくん

そこから学んで、人は成長していくのです。

やりたいことへのハードルが高すぎるから

人生でやりたいことがないのは、やりたいこと探しのハードルが高すぎるからです。

ほとんどの人が「やりたいこと」を難しくとらえすぎています。

「やりたいこと」は、もっとしなやかに考えましょう。

  • ずっと気になっていたカフェに行きたい
  • 映画をもっと見たい
  • 異性と付き合ってみたい
  • ずっと寝ていたい

「こんなしょうもないことでもいいのかな?」と思ってしまうようなことでも構いません。

一般的に「低俗だ」とされるようなことだって構いません。

自分が本気で心の底から「やりたい」と思っているなら、それは紛れもなくあなたの「やりたいこと」です。

褒められるかどうか、役に立つかどうか、稼げるかどうか…こんなものは無視してください。

GOAL-Bくん

外発的な動機に従ったところで、あなたの心は喜びません。

小さな自分の心の本音、欲求に従うからこそ、あなたの人生が本質的に豊かになっていくのです。

結果として、自分自身が満たされていけば、自然と「もっとこんなことがしたいな」という芽が出てくるはず。

そうなったら、その芽を育てて、大きなことにつなげていけば良いのです。

老子「大事は小事より起こる」

いかなる大きな事も、もとを正せば、ごく些細(ささい)な事が原因で起こることをいう。

大事は小事より起こる | 会話で使えることわざ辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas – イミダス

また「やりたいことを見つけて人生を楽しみたい」と考えていると、もっと他にいい考えがないか悩みやすくなります。

意欲的に自分のやりたいことを探すのもいいですが、時間がかかりすぎると飽きる可能性も。

最初から、「グローバル市場で活躍できるようなビジネスを作りたい!」「業界から引っ張りだこな人材になりたい!」なんて、大きなやりたいことを掲げる必要はありません。

まずは小さいことでも、自分が心からやりたいと思うことを実行する。

まずは、そこから始めてみましょう。

自分に自信が持てないから

自分に自信がない場合、仮にやりたいことが見つかったとしても、すぐにそのやりたいことを否定し始めます。

それは、以下のような考えによって、自信のなさが常に付きまとっているからです。

  • どうせ自分にはできない
  • 失敗するのが目に見えている

「やってみたいけど、自分にはどうせ無理だしやめておこう…」という考えから、すぐにやりたいことを脳内から消し去ってしまいます。

GOAL-Bくん

結果として、「そうだ、これはきっと自分のやりたいことじゃなかったんだ」と正当化し、本心を隠してしまうのです。

挙句、褒められそう・怒られなさそうな、当たり障りのない「やりたいこと」を外側に探しに行ってしまうことに。

この考え方では、「やりたいこと」は見つかりません。

当然、行動もできないため、現実は何も前進しないままです。

一向に前進しない現実に嫌気がさし、必要以上に自分を責めてしまうことも。

とはいえ、過剰な自信は必要ありません。

失敗を恐れすぎず、まずは小さなことから取り組みましょう。

現状に満足しているから

そもそも、取り立てて人生を変える必要がない場合、やりたいことは見つけられません。

現状に満足しており、緊急性もないため、「ま、別にいいか」と容易に先延ばしにできてしまうからです。

GOAL-Bくん

加えて、やりたいことを実行する場合、その分の時間を確保しなくてはいけません。

となると、わざわざ今の満足な状態を覆してまで、やりたいことに時間を使おうとは思えないでしょう。

例)
たくさん稼ぐために副業したい
→今の生活でも十分な収入を得ているので無理にやる必要はない

先ほども言ったように、人間は基本めんどくさがりで、変化に対して恐怖する生き物。

そのため、満足している現状に留まろうとするのです。

現状に満足しているのにモヤモヤする理由

ここで「現状に満足しているなら、そもそもモヤモヤしないのでは?」という疑問が湧いてきますよね。

現状に満足しているのにモヤモヤする理由には、「飽き」が関係しています。

人間、ある程度現状に満足すると、今度は飽きてきてしまうもの。

良くも悪くも、ルーティーン化された日常につまらなさを感じるようになるのです。

GOAL-Bくん

すると、自分の人生を生きている心地が消えてゆくことに。

このように、人生に対する飽きが生まれやすい人には、以下のような傾向にあります。

  • 要領よく何でもこなせてしまう優等生タイプ
  • ひたすら目の前のことをこなしてきて、自分を置き去りにしてきた
  • 「ここさえ乗り切れば…!」とやりたくないことを歯を食いしばって我慢して続けてきた

このような傾向を示す方は、良くも悪くも目の前のことをこなす能力があります。

その能力や、我慢強さが裏目に出てしまい、肝心の「目的」を見失ってしまうのです。

結果として、気づいたときには「あれ?本当にこれがやりたいことなんだっけ?」と迷子の状態に。

かといって、中途半端に満足している生活があるため、それを失うのも怖いというデッドロック状態になっているのです。

GOAL-Bくん

その現状に留まるか、もっと人生に対して本気になるか、どちらを選ぶかはあなた次第です。

とはいえ、今の仕事がやりたいことではない場合、やりたいことを仕事にして活躍している人を見ると憧れを抱くはずです。

次の項のやりたいことがない人生から抜け出す8ステップを順番通りに行えば、やりたいことが見つかります。

もし、プロの力を借りて効率良くやりたいことを見つけたい場合は、対話によって自分の考えを整理できるキャリアコーチングも検討してみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

経験が少なく視野が狭いから

人生における経験が少ないと、視野が狭くなり、やりたいことがない状態にはまってしまいます。

なぜなら、やりたいことが見つかったとしても、経験の少なさから実現できるイメージが全くわかないからです。

GOAL-Bくん

経験があれば、ある程度の方法論は思いつくもの。

例えば、小学生の頃に「一人で街に買い物に行きたい」と思ったとしても、どうやって行けばいいのかわかりませんでしたよね。

それは、行き方もルートも何も知らず、経験もないからです。

大人になれば、「〇〇に行きたい」と思えば、「電車に乗って、〇〇駅で乗り継いで…」という具合に、パッと“アタリ”をつけることができるでしょう。

それは、経験を積んで、様々なパターンを学習しているからに他なりません。

経験が少なく、実現方法が思い浮かばなければ、「できるわけがない」と決めつけてしまいがち。

視野も狭いため、「実現方法なんてあるわけない」と思い込んでしまいます。

仮に実現方法を見つけたとしても、自信がなければ「どうせ無理」という思考によって、行動できません。

結果として、経験が増えていかないため、より視野が狭まるという負のループにはまることに。

GOAL-Bくん

自分の知っている狭い世界でしか考えられなくなるため、抜け出すことは非常に困難です。

自分の感情を押し殺すのに慣れてしまっているから

自分の感情を押し殺すのに慣れてしまっている場合、やりたいことが見つかりません。

なぜなら感情は、「やりたいこと」を見つける際のセンサーの役割を果たすからです。

  • 「面白そう」という期待による高揚感、ワクワク感
  • 実際にやってみることで得られる「楽しい」「面白い」という報酬

これらは「面白い」「楽しい」という感情を、自分自身が認識していることが前提です。

そして、その感情を否定せずに、純粋に受け取ることができなければなりません。

つまり、自分の感情を素直に受け取らない限り、やりたいことかどうかの判別がつかないのです。

大抵、大人になればなるほど、常識や世間体、親からのプレッシャーによって思考が凝り固まっていきます。

  • 遊んでばっかりいないで勉強しろ
  • いい大学に入れ
  • いい会社に入れ
  • 正社員になれ
  • 会社は辞めるな
  • 嫌なことは気合で耐えろ
GOAL-Bくん

このような言葉が、ずっと脳内をぐるぐると駆け巡っている状態。

脳内に響く声が優先され、自分の「やりたい・やりたくない」をないがしろにしてしまいます。

だから感情を押し殺しがちになってしまうのです。

その状態では、仮にやりたいことを見つけたとしても、以下のような思考ですぐに否定し始めることに。

「やりたいことやって楽しんでる場合じゃない…」

「やりたいことで楽しもうなんて考えは甘えだ…」

「やりたいことで楽しむなんて、なんだか罪悪感がある…」

結果として、やりたいことの判別がつかない状態に陥ってしまうのです。


やりたいことがない人生から抜け出す8ステップ

やりたいことがない人生から抜け出す8ステップは、以下のとおりです。

やりたいことがない人生から抜け出す8ステップ
  • 過去の経験を振り返る
  • 自分の強みを見つける
  • 何も制約が無かったら?と考える
  • 興味があることをリストにする
  • リストに書いたことを期限を決めて行動する
  • 行動してみてどう感じたかを振り返る
  • ワクワクしたことを続けられる方法は何か考える
  • やりたいことをやってる人と関わる

ステップ1~4はやりたいことの仮説を立てるフェーズ、ステップ5~8は行動し検証をするフェーズです。

ひとつひとつ解説していきます。

1.過去の経験を振り返る

あなたの過去、特に社会人になるまでの時期には、とても貴重な情報が詰まっています。

なぜなら、損得勘定を動機としない、純粋なあなたの欲求に基づく行動をしている場合が多いためです。

欲求に基づく行動は、「意識せずともついついやってしまうこと」でもあります。

そのため人生の随所で、繰り返し行われている共通パターンとして見られるもの。

GOAL-Bくん

特に、幼い頃はそれが顕著にみられます。

小さい子供が行動する際、以下のようには考えていません。

「役に立つかどうか」

「モテるかどうか」

「将来のためになるかどうか」

純粋に、自分の内から湧き出る欲求や好奇心のみで行動します。

そのため幼少期の記憶は、やりたいことを探すための重要な参考になるのです。

幼少期~現在にかけての行動を振り返り、あなたが本来持つやりたいことを探っていきましょう。

【例】

幼稚園:人見知りで友達と遊ぶのが苦手で、いつも一人で絵を描いていた。ビーズやキラキラ光る石などきれいなモノを集める癖があった。

小学校:友達はできたけど、放課後は基本すぐに帰宅し、ひとりで遊ぶことがほとんどだった

中学校:友達の輪に入るのが苦手で、いつも本を読んで一人で過ごしていた

高校生:姉が社会人になり家を出たことで、部屋が広く使えるようになったことをきっかけに、インテリアについて興味が湧いた。書籍を買ったり、実際に自分の部屋をコーディネートしていた。

大学生:誰かと遊ぶのも嫌いじゃないが、やっぱり一番好きなのは一人で読書をしたり絵を描いている時。YouTubeで、美しい海外の風景の動画をよく見ていた。

アルバイト:コンビニのアルバイト。清掃や在庫管理といった一人で黙々とできる作業は好きだったが、逆に接客や複雑なオペレーションを並行でこなしていくことが苦手でストレスを感じた。

好きだった科目:図工、美術、算数・数学

【ここからわかる共通パターン】

  • ひとりでいることを好む
  • 「作ること」に対して喜びを感じる
  • 美しいものにこだわりが強い
  • きれいに整えることが好き(算数・数学についても、紙に計算過程をキレイに書いて解くのが気持ちよかった)

【導き出される「やりたいこと」の仮説】

「ひとりで黙々と、何か美しく整った物を作ることに打ち込む」

見つかった行動を抽象化する

やりたいことの仮説が見つかった際、さらに一段階掘り下げて「一度抽象化する」ということを実践してみましょう。

どういうことか解説します。

例えば、子供の頃、漫画を描くのが好きだったとしましょう。

よくあるのは、「ということは自分のやりたいことは漫画を描くことだ!」と考えるパターン。

もちろん、これはこれで間違ってはいません。

GOAL-Bくん

しかし、まだ解像度が低い状態です。

重要なのは、「その行為のどういう部分に対して、気持ちよさ・心地よさ・喜びを得られるのか?」を把握することです。

例えば、一言で「漫画を描く」と言っても、その工程は複数あるはず。

  • ストーリーを考える
  • キャラクターの設定をする
  • 世界観を決める
  • ネームを描く

このように分解してみると、「別にストーリーとかは興味ないな」「世界観とかは関係なく綺麗な絵柄ならなんでもいいかも」と、工程ごとに好みがわかれるはず。

となると、実は「漫画を描くことが好き」なのではなく、「美しい絵を一人で黙々と表現すること」なら何でも好きなのでは?という仮説を立てることができます。

そうなれば、漫画に固執せず、イラスト・デザイン・図解・3DCGデザイナーなど、いろんな選択肢が見えてくるでしょう。

このように、抽象化して幅広く自分の「やりたいこと」を捉えることで、幅広い選択肢が生まれるのです。

GOAL-Bくん

逆に、解像度が低いままだと、「漫画を描くこと」に固執してしまうことになりかねません。

「漫画を書けなければやりたいことができていない=つまらない人生」という、非常に狭い世界の中で生きることになってしまうのです。

やりたいことに固執するがあまり、人生の自由度を下げてしまう危険性も。

「やりたいこと」によって逆に自分を苦しめないためにも、解像度を上げておきましょう。

ではどうやったら、やりたいことの解像度を上げられるのか?

それは「なぜその行動が好きなの?」と、理由が思いつかなくなるまで繰り返し問いかけることです。

【例】

なぜ漫画を描くのが好きなの?

「楽しいから」

なぜ楽しいの?

「自分だけの世界観を生み出してその中を生きるキャラクターを自由に動かせるから」

なぜその行為が楽しいの?

「神様になった気分で俯瞰して物事を見るのが好きだから」

なぜそれが好きなの?

「なぜかわからないが、面白いから」

このように「なぜかわからないが」と、解答に詰まるタイミングが現れるはずです。

それこそが、あなたの中にあるついついやってしまう内発的な「やりたいこと」です。

「神様になった気分で俯瞰して物事を見るのが好き」という欲求を、あえて仕事という文脈に結びつけるなら、以下のようなものが考えられるでしょう。

  • 戦略立案のポジション
  • 市場分析
  • 組織マネジメント
  • プロジェクト統括

このようなジャンルの仕事に携わる場合、あなたの欲求を解放させるだけで、仕事がスムーズに進んでしまうのです。

GOAL-Bくん

まさに「やりたいことをやっているだけ」という状態。

もちろんこれはあくまで一例ですが、このように解像度を上げることによって、幅広い選択肢を持つことができるのです。

2.自分の強みを見つける

自分の強みを見つけることは、やりたいことを見つけるためのヒントになります。

ここでいう「強み」というのは、自然とできる事・ついついやってしまうクセのことを指します。

「ついついやってしまう」というのは、脳がその行動を望んでいるというサイン。

「欲求(want to)」と言ってもいいでしょう。

GOAL-Bくん

「やりたいからついついやっちゃう」というのはよく聞く話ですね。

具体的に得られる報酬がなくとも、その動作行動そのものが脳にとっての報酬になっているのです。

つまり、「強み」を見つけることは、「やりたいこと」を見つけることにつながるのです。

【例】

  • ついつい気になったことを深くまで調べたくなる
  • ちょっとでも散らかっている部屋を見ると掃除したくなる
  • 自然と新しい知識を習得できる

こういった「ついついやってしまうこと」「自然とできる事」は、その行動そのものが脳の報酬となっています。

つまりは「やりたいこと」である可能性が非常に高いのです。

強みを見つける簡単な方法

強みを見つける方法として簡単なものがあります。

それは『他人に対してイライラしてしまうことを見つける』です。

他人に対してイライラすることは、あなたにとって当たり前にできること、つまり「強み」である可能性が非常に高いのです。

GOAL-Bくん

自分が当たり前にできるからこそ、できない人を見るとイライラしてしまいます。

「別にイライラはしないな」と思う方は、「もっとこうしたらいいのに、なぜやらないんだろう?」と疑問を持つようなことでも構いません。

【例】

・会話に積極的に参加しない人を見るとイライラする
↳主体性をもって積極的に物事に参加しようとする

・気になったことを自分で調べずに他人に聞く人にイライラする
↳主体的に調べ、自分で情報を掴みに行く

・非効率なことを必死にやって苦労している人を見て「なんでもっと効率化しないんだろう?」と疑問に思う
↳手間を嫌い、効率的なこなし方を常に考える

3.何も制約が無かったら?と考える

やりたいことを見つけたい場合、一旦制約を取っ払いましょう。

  • お金
  • 時間
  • 仕事
  • スキル
  • 健康状態

こういったものが、仮にすべてそろっていて、何も問題がなく誰からも文句を言われない場合を前提に考えるのです。

GOAL-Bくん

そこで出てきたものが、純粋なやりたいことである可能性が非常に高いです。

大抵の場合、多くの人はやる前・調べる前・プランを練る前からブレーキを踏んでし待っています。

これは「手段」を先に考えてしまっている状態。

「沖縄に行きたい」を例にして説明します。

【沖縄に行くための“手段”を先に考えた場合】

「飛行機高い…」「時間ない…」

↳結論:「やっぱり行かないでおこう」「自分には無理だ」「どうせ行っても楽しくない」

【「沖縄に行きたい」という“目的”から逆算した場合】

「飛行機が高いならお金を貯めよう」「時間がないなら作ろう」

↳結論:「お昼はお弁当を作って持って行こう」「有休がとれないか交渉してみよう」

このように「行きたい」という内発的な動機があれば、人はクリエイティブになり、実現しようというエネルギーが湧いてくるのです。

内発的なエネルギーが具体的な行動を起こさせ、現実に変化を起こしていきます。

そのエネルギーを解放させるための、「制約が無かったらと考える」なのです。

4.興味があることをリストにする

「やりたいこと」と聞いてもなかなかピンと来ないものですが、「興味があること」と聞くとピンと来やすいでしょう。

周りからどう思われるかなどを考えず、以下のようにとにかくやりたいことを並べます。

  • プログラミングをやってみたい
  • 筋トレしてかっこよくなりたい
  • YouTubeで配信してみたい

「5分タイマーをセットして、手を止めずに書きなぐる」という手法が有効です。

GOAL-Bくん

それでも全く出てこないという場合は、以下をチェックしてみてください。

  • YouTubeで登録しているチャンネル
  • ブラウザの検索履歴
  • SNSでフォローしている人

こういったものを見返すことで、普段自分がどんなものに興味を持っているのかを知ることができます。

また、書籍のジャンル一覧をざっと眺めるのもオススメです。
ジャンル一覧 | 新潮社 (shinchosha.co.jp)

このジャンルの中から、「理由はないけどなんか気になるな…」と思うものをピックアップしてみましょう。

GOAL-Bくん

この「理由がない」という点が重要です。

それは、「将来の役に立ちそう」「褒められそう」「モテそう」といった報酬の期待からくる興味は、あなたの内側から湧いてくるものではないからです。

内側から湧き出る興味でなければ、すぐに飽きてしまい続けられません。

以上のワークを通して出てきたもののうち、特に気になるもの・実際にやってみたいものに絞ってみましょう。

それができたら次のステップです。

5.リストに書いたことを期限を決めて行動する

興味のあることをリストにしたら、期限を決めて実際に行動してみましょう。

「とにかく小さく、なおかつ具体的なステップに落とし込む」ということがポイントです。

まずは試してみるという心持ちくらいが丁度いいでしょう。

  • 1週間以内にプログラミングの無料学習サイトに登録する
    ⇒登録した翌日には講座を3つ進める
  • 明日までにジムの入会を行う
    ⇒入会した日の3日以内に必ず1回通う
  • まずは手元にあるもので配信してみる(スマホなど)
    ⇒今週の土曜日までにチャンネルを開設し、日曜日の日付変更までに動画を1本投稿する
    ⇒短い動画でもよいので1週間に1本は動画を上げる

このように、明確に期限とやるべきことを決め、実際に行動に移してみましょう。

最初から非現実的な行動目標を立てるのはNGです。

いきなり「大きな成果を出すぞ!」と意気込めば意気込むほど、現実と理想のギャップを感じ、一瞬でやる気が失われます。

例えば、いきなり「ベンチプレス100kg上げるぞ!」と意気込んでも、現実的には不可能ですよね。

GOAL-Bくん

ケガをしてしまい、筋トレが嫌いになってしまうでしょう。

具体的な行動目標を、極端で非現実的なものにしてしまうと、挫折の原因になってしまうのです。

成果は自分でコントロールできません。

フォーカスすべきなのは、成果ではなく「100%自分でコントロール可能な行動」のみです。

なぜ期限を決める必要があるのか?

期限を決めなければ、ついつい先延ばしをしてしまいます。

人は、緊急性が無ければ、たとえ重要だとわかっているタスクでも行動しません。

例:健康のために毎日運動をしよう

⇒「でも別に不健康で困ってることないし、まぁいっか」とやめてしまう

まして現代は、スマホという手軽に刺激を得られてしまうものが、常に手元にあります。

GOAL-Bくん

簡単に誘惑に負けてしまうのです。

だからこそ、きちんと期限を決め、そこまでに遂行すると決断する必要があります。

自分に程よいプレッシャーをかける事で、実行する確率を上げるのです。

6.行動してみてどう感じたかを振り返る

期限付きで行動してみたら、どう感じたかを振り返りましょう。

実践した内容を分析するからこそ、PDCAサイクルを回すことができるのです。

PDCAサイクルとは、「Plan( 計 画 )→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)」という一連のプロセスを繰り返し行うことで、業務の改善や効率化を図る手法の一つです。

引用:厚生労働省|PDCAサイクルを実践して生産性を高めよう

実際に興味のあることをやってみて、ワクワクした瞬間楽しかった瞬間を書き出します。

  • 新しい知識を習得した時はワクワクした
  • ひたすら筋トレしている時が一番楽しかった
  • 配信を通して話すのが好きだとわかった

もしやってみて「合わないな」「全然できなかった…」と思うことがあったとしても、ネガティブに捉える必要は全くありません。

その失敗も、「自分には合わない」ということが知れた貴重な経験なのです。

7.ワクワクしたことを続けられる方法は何か考える

やりたいことを実行してみて、ワクワクした・楽しかった瞬間をピックアップしたら「どうしたらそのワクワクで人生を埋め尽くせるか」を考えましょう。

シンプルに、人生の中で楽しいと思える時間を長くすれば、相対的に嫌なことの割合が減ることになりますよね。

当然、人生の多くの時間を占める仕事が楽しくなれば、人生はより充実していきます。

例えば、以下のようなパターンが考えられるでしょう。

  • 新しい知識を得るのが好き→学び続ける力が必要な職種を探す
  • 筋トレが好き→フィットネス関連の資格を取る
  • 話すのが好き→コミュニケーション能力を活かせる仕事を探す

このように、自分が「楽しい」「やっていて苦じゃない」ことを仕事にできれば、もはや「仕事=我慢してやるもの」という概念は消え去ります。

GOAL-Bくん

とはいえ、「そんな簡単に上手くいくわけないでしょ」という疑問が湧いてくるでしょう。

確かに、やりたいことで人生を埋め尽くすのは簡単なことではありません。

しかし、考えてみてください。

やりたくないことを嫌々やり続ける人生の方が、もっと大変じゃないでしょうか。

しかも、耐えた先には何も待っていません。

待っているのは、相変わらずやりたくないことに耐え続けなくてはいけない人生です。

対して、やりたいことで埋め尽くすために頑張れば、手に入れられるのは「やりたいことで埋め尽くされた人生」。

GOAL-Bくん

どちらを選ぶかはあなた次第です。

どちらを選ぶのも自由ではありますが、「そんなのできるわけない」とできない理由を探しても、あなたの人生は良くならないことは確かなこと。

それよりも、「どうやったらできるだろうか?」と考える方が、よっぽどあなたの人生が豊かになるのは間違いないでしょう。

8.やりたいことをやってる人と関わる

ワクワクしたことを続ける方法を決めたら、すでに実行している人と積極的に関わるようにしましょう。

GOAL-Bくん

人は良くも悪くも、他者や環境から影響を受けるものです。

やりたいことをやっている人、同じ価値観を持っている人と一緒にいることで、「やりたいことで生きる」ということが自分にとっての当たり前になります。

これをバンドワゴン効果と呼びます。

バンドワゴン効果とは?

「多数が支持しているのならいいものであるはず」と感じ、自分も支持したくなる。背景には、他者との同質化願望が存在している。みんなと同じものがほしい、同じことをしたいという心理が、バンドワゴン効果として作用するのである。

バンドワゴン効果とは? 心理を用いたビジネステクニック | ELEMINIST(エレミニスト)

その状態が当たり前になるからこそ、やりたいことに自信を持てるようになるのです。

逆に、自分のやりたいことを否定してくるような人と一緒にいると、「やっぱりやめた方がいいのかな…」と思ってしまう頻度が増えるでしょう。

何度もネガティブに引き戻され、やりたいことを実行するスピードが落ちてしまいます。

GOAL-Bくん

最悪の場合、やりたいことを諦めてしまうことに…

何より、一人で取り組むのは不安ですよね。

複数人で取り組んだ方が、「頑張ってるのは自分だけじゃない」と思うことができ安心感を得られます。

また、やりたいことですでに稼いでいたり、出版やセミナーを開催していたりと成果を出している人に話を聞きに行くのもオススメです。

実現手段を実際に聞くことができたり、ネットや本には載っていない、仕事の裏話を聞ける可能性があるからです。

やってみたい仕事がサービス業であれば、実際に利用してみると話しやすくなります。

会うことが難しければ、SNSで交流するのも一つの手です。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

人生でやりたいことがない時に考えてしまう勘違い5選

人生でやりたいことがない時に考えてしまう勘違いは、以下のとおりです。

「やりたいことがない」となってしまう勘違い5選
  • やりたいことは見つかるはずがない
  • やりたいことは運命的に出会うものだ
  • やりたくないことをやらないと生きていけない
  • やりたいことで稼がないといけない
  • “役に立つ”やりたいことでないといけない

やりたいことなんて見つかるはずがない

「やりたいことなんて見つかるはずがない」という考えは、勘違いと言えます。

行動して新しい経験をしたら、やりたいことを見つけられる場合があるからです。

GOAL-Bくん

行動を起こしたことで、やりたいことが見つかった例を見てみましょう。

栃木で地域おこし協力隊に参加した方の体験談を見ると、移住前と移住後で考え方が変わっています。

期間気持ち
移住前・やりたいことが明確ではない
・地域で何が求められているかを知って課題解決に取り組みたい
移住後・地域おこし協力隊を卒業したら、今と同じ鹿革製品の販売や製作体験に取り組む
・新たに店舗販売ができるよう行動している
・キッチンカーの移動販売やジビエをやりながら鹿革製品の販売もしたい
参考:ベリーマッチとちぎ|考えるよりも行動。動いていたら、やりたいことが見つかった

「やりたいことなんて見つかるはずがない」と決めつけると、行動範囲が狭くなります。

少しでも興味を持ったことにチャレンジしてみれば、今後の展望が見えてくるでしょう。

また行動するだけでなく、過去を振り返ることによっても、自分のやりたいことを見つけることは可能です。

そもそもあなたが人間である以上、必ず欲求があり「やりたいことがない」という状態はありえません。

GOAL-Bくん

自分で自分の思考に蓋をしてしまっているのです。

ぜひ、もう一度、この記事の「やりたいことがない人生から抜け出す8ステップ」を再度実践してみて下さい。

もしそれでも「やりたいことなんてない…」と思うのであれば、第三者の力を借りる必要があります。

キャリスピではやりたいことを見つけるための無料体験コーチングを提供しています。

「自分ひとりじゃ絶対に見つけられない…」と感じている方は、ぜひ利用してみてください。

やりたいことは運命的に出会うものだ

「やりたいことは運命的に出会うものだ」という考えは、勘違いと言えます。

1回行動しただけで「やりたいことを見つけた!」と確信するのは難しいからです。

「やりたいことは運命的に出会うものだ」という受け身の姿勢でいると、面倒な部分が見えた時に、「やっぱりこれはやりたいことじゃない!」と簡単に挫けてしまいます。

例えば、小説を書くことがやりたいことだとします。

もし仮に「やりたいことは運命的に出会うものだ」という思考のままでいると、以下のようになってしまいます。

  • 1作目:小説を書くのが楽しい
  • 2作目:思いのほか新しいアイデアをひねり出すのが難しく、考えるのに疲れてしまう
  • 3作目:2作目で苦悩した思いから、なかなか筆が進まなくなる

【結果】
作るのが億劫になってしまい、「やっぱり小説を書くことはやりたいことじゃなかったんだ」と挫折してしまう。

苦しいと感じる部分があっても、小説を書くのにワクワクしたり、面白い展開を考えるのが楽しかったりすると「自分のやりたいことだ」と実感できるはずです。

どんなにやりたいと思ったことでも、多かれ少なかれ困難なことはつきもの。

やりたいことに対して、自分を合わせ込んでいく必要もあります。

できない部分・足りない部分に対し、必要な知識をつけたり経験値を積んだりする。

その意識は、やりたいことに対しても必要不可欠です。

その成長過程で、小さな「興味レベル」だったのが、「やりがいのある天職」「ライフワーク」といったものに育っていくのです。

GOAL-Bくん

とはいえ、あまりそれをプレッシャーに感じる必要はありません。

なぜならシンプルに、「嫌なこと・やりたくないことに自分を合わせ込む」というわけではないからです。

あくまでも、自分を合わせ込んでいく対象は「自分が興味を持ってやりたいこと・脳にとっての報酬」。

喜びや楽しさがあるからこそ、「難しいけど、もっと知識をつけたい」「大変だけど経験を積んだ先にもっと良いことがある」と思えるのです。

だからこそ、自ら成長“したくなる”のです。

✕「やりたいことは運命的に出会うものだ」思考

〇「小さな興味を育てていくものだ」思考

やりたくないことをやらないと生きていけない

「やりたくないことをやらないと生きていけない」という考えは、勘違いと言えます。

やりたいことを仕事にしている人もいるからです。

以下のグラフは、Indeed Japanによって行われた「仕事に対しての考え方や、自身の能力や可能性」に関する調査報告です。

引用:今の仕事が「天職」だと思うのは3割以下! 「自分に合っている」と思う割合は? | マイナビニュース (mynavi.jp)

このアンケートの注目すべきなのは、およそ半分ほどの人が「自分の好きなことを仕事にしている」と回答した点。

人によっては「少ない」と感じるかもしませんが、事実として「やりたいことを仕事にしている人はいる」ということを表しています。

また、やりたいことで生きていなくとも、やりたくないことを増やさないための工夫によって人生を最適化している人だっています。

GOAL-Bくん

ミニマリストなどは良い例ですよね。

やりたくないことが人生から100%消え去ることはありません。

しかし、大事なのは割合の話。

嬉しさや楽しさの割合が高ければ、嫌なこと・やりたくないことは希釈され、「まぁそういうこともあるよね」と受け入れることができるでしょう。

また、「やりたくないことをやらないと生きていけない」という裏には、何か「嫌なことから逃げてはいけない」という思考が見え隠れしています。

「逃げていい」「やりたくないことはやらない」という発想があれば、他にも選択肢は見えてくるはず。

  • 生活コストを落として必要な分だけ稼ぐ
  • 自分の趣味や楽しめることで収入の柱を作る
  • なるべくストレスのかからない職を探してみる
  • 実家に帰ってみる
  • シェアハウスに住んでみる
  • 無駄な付き合いに関してきっぱりと断り人間関係を断捨離する

このようなことも、視野に入って然るべき選択肢のはず。

とはいえ、見栄や世間体が関係しているため、なかなかそう簡単にできる事ではないでしょう。

GOAL-Bくん

たしかに、その気持ちはよくわかります。

しかし、その「やりたくないこと」で人生が辛くなってしまうのなら、いったい何のためにやりたくないことに耐えているのでしょうか?

耐えた先に良いことがあるならわかります。

しかし、耐えた先に辛い毎日しかないのなら、一体何のために耐えているのでしょうか?

そうまでして生きる価値は、一体どこにあるというのでしょうか?

本当に、別の選択肢はないと言い切れるのでしょうか?

見栄や世間体という虚像を作り出し、自分で自分の首を絞めつけているのではないでしょうか?

いま一度、なんのために「やりたくないこと」を自分に強いているのか、それをしっかりと自分自身に問いかけるべきです。

やりたいことで稼がないといけない

「やりたいことで稼がないといけない」という勘違いを持っている人は多くいます。

しかし、やりたいことで稼がなければならない理由は、どこにもありません。

仕事をしながらやりたいことを趣味でやる、という形でも全くもって構わないのです。

GOAL-Bくん

とはいえ、誰しも「やりたいことで稼ぎたい」と思うものですよね。

もし、「やりたいことで稼ぎたい」という場合は、グラデーションさせていくというのも1つの手段です。

仕事をやりながらまず小さくからでも「やりたいこと」を始め、上達させていき、それを誰かの役に立てる。

そして「稼ぐためのライスワーク」から「生きがいのラーフワーク」にグラデーションさせていく、というやり方を取るのも良いでしょう。

最初からいきなり「仕事を辞めて、やりたいことで稼ぐぞ!」と息巻いても、無計画の場合失敗するだけです。

その極端な発想が、自分を苦しめていることに気付かなくてはいけません。

(※人生を短期的に、圧倒的に変化させたい場合は別)

そもそも「稼ぐ」という行為は、「誰かの問題を解決してその対価としてお金を頂く」ということです。

つまり「やりたいこと」をやっているからと言って、すぐさま稼げるわけではありません。

GOAL-Bくん

人はあなたの「やりたいこと」ではなく、自分の持つ問題を解決してくれるものにお金を払います。

自分の「やりたいこと」を通して、誰かの問題を解決するからこそ、初めて感謝が発生しお金に変わるのです。

なので一足飛びに「やりたいことで稼ぐ」と考える前に、ステップを踏んでいきましょう。

  • まずやりたいことを特定する
  • やりたいことで自分を満たす
  • やりたいことを通して誰かの問題を解決する

【例】

  • 「作曲」がやりたいこと
  • 作曲に取り組んで、楽しみ・喜びで自分を満たす
  • 作曲のやり方を教える

“役に立つ”やりたいことでないといけない

最初から役に立つかどうかを気にしていたら、やりたいことは見つかりません。

なぜなら、「役に立つかどうか」と「あなたが興味のあるかどうか・やりたいかどうか」は全くもって関係がないからです。

例えば、役に立つからとITスキルを身に着けたところで、あなた自身が全くITに興味が無ければ意味がありません。

GOAL-Bくん

仮に成果が出たとしても、続けることが苦痛になり、心からの喜びは得られないでしょう。

しかも、「役に立つこと」というのは時代によってコロコロと変わります。

例えば以下の4つは、時代によって急速になくなっていった仕事です。

【手織り職人】

産業革命以前、衣料品や布地などの生産は手織り職人によって行われていたが、機械織りの導入により、手織り職人の需要が減少した。

【家畜の番人】

かつて、農業社会では家畜の番人が必要だったが、農業機械化によって家畜の飼育や管理が効率化され、番人の需要が減った。

【灯油提灯職人】

産業革命以前、照明として灯油提灯が一般的だった、電灯の普及により灯油提灯の需要が減少し、それに伴って職人の需要も減った。

【馬車夫】

自動車の普及により、馬車の需要が減少。その結果、馬車夫という職業も徐々に姿を消していった。

このように、テクノロジーの進歩によって、業界が丸ごと変容することは歴史的に見てもあって然るべきことなのです。

まして、現代の進化のスピードはすさまじいもの。

仮に業界は無くならないとしても、常に知識をアップデートしていかなければならないことには変わりありません。

GOAL-Bくん

興味が無ければ、とても時代について行くことは難しいでしょう。

そんな時代に「役に立つ物」に飛びつくのは、自ら時代に翻弄されることを選択する愚行と言えるのではないでしょうか。

ちなみに、「やりたいこと」を後から役に立たせることは十分に可能です。

自分がハマるということは、同じ人間である誰かもハマるということ。

つまり、どこかに必ず需要があるのです。

あなたがハマっていることには、常に誰かの役に立つ可能性が眠っています。

もちろん、誰かの問題を解決できるような形にチューニングする必要はあるでしょう。

しかし、そこにあなたの熱量・理念・価値観があれば、人はそこに共鳴し価値を見出します。

そのため、自分自身がやりたいことに対して価値を感じ、熱中している状態が最も重要。

それさえあれば、自ずと道は開けます。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

やりたいことがない人生を抜け出すために辞めるべき4つのこと

やりたいことがない人生を抜け出すために辞めることは、以下の4つです。

やめるべき4つのこと
  • 周りの目を気にして行動する
  • 情報に流されてしまう
  • できないと思い込む
  • 誰かが決めた常識や成功に捉われる

周りの目を気にして行動する

やりたいことがない人生を抜け出したい方は、周りの目を気にして行動することはやめましょう。

せっかくやりたいことを見つけても「周りから馬鹿にされるのが怖い」と思っていれば、堂々と行動できません。

GOAL-Bくん

結果として行動が鈍りますし、行動が鈍るということは成長も遅くなってしまうことでもあります。

もしやりたいことを馬鹿にする方がいたら「マウントを取ろうとしているだけ」と考えるようにしましょう。

「マウントを取る」とは、自分が相手よりも優位な立場になろうとすることです。

自分が上位であるということを相手に理解させるために、自らの境遇や立場を誇示すること。

引用:weblio辞書

マウントを取る方は、相手に対して自分が優位だと示すことで気持ちを落ち着かせています。

つまり、劣等感の裏返しなのです。

「自分の方が正しい」と思うために発言しているだけなので、やりたいことを否定された側が発言を真に受ける必要はありません。

情報に流されてしまう

やりたいことがない人生を抜け出したい方は、情報に流されないよう注意しましょう。

周りの情報にばかり気を取られていたら、自分の素直な本心と向き合うことができません。

情報に流されやすい人は、以下のような特徴を持っています。

当てはまる場合は、特に注意が必要です。

  • 自分に自信がない
  • 流行やトレンドに敏感である
  • 嫌われたくない気持ちが強い
  • 他人の意見によく合わせる
  • 周りの気持ちを深く考える

SNSやネットニュースに載っている情報がすべてだと思い込んでしまうと、悪い情報も信じてしまいがち。

対策として非常に効果的なのは、スマホ断ちです。

GOAL-Bくん

「そもそも情報に触れない」というのが一番効率的かつ効果的。

スマホの電源を切り、情報の断捨離をすることで、周囲の意見に振り回されることを防ぎましょう。

そして、スマホを触っていた時間を、「自分はどんな人生を生きたいだろうか?」と内省する時間に充てるのです。

自分の意志で自分の人生を決めるためのマインドを、日々醸成することが必要不可欠です。

できないと思い込む

やりたいことがない人生を抜け出したい方は、できないと思い込まないようにしましょう。

できないと思えばできない理由を探してしまいますが、できると思えばできる理由を探すようになるからです。

また、やる前から「できない」と思い込んだり、周りに伝えたりすることは、言い訳を自ら用意しておく行為。

心理学用語では「セルフ・ハンディキャッピング」と言われています。

心理学の用語で、たとえ失敗しても自尊心を保てるように、あらかじめ自分にはハンディキャップがあると主張したり、実際にハンディキャップを作り出してしまうことをいう。

引用:weblio辞書

テスト前に「寝てた」と話すことや、勉強の前に掃除をしてしまうことは、セルフハンディキャッピングのよくある例ですね。

できないと思い込んでいれば、失敗した時の予防線を貼っている状態なので、諦めモードに入っている状態。

何事にもできないと思うクセがついている場合は、このように考えましょう。

〇:「どうやったらやりたいことを実現して、毎日を楽しく過ごせるだろうか?」
↳理想の未来を実現するための行動が促される建設的な思考

✕:「どうして自分は、やりたいと思ったことすらもできないんだろう…」
↳過去に原因を求めクヨクヨと自分を責めてしまう非建設的な思考

誰かが決めた常識や成功に捉われる

やりたいことがない人生を抜け出したい方は、誰かが決めた常識や成功にとらわれるのをやめましょう。

なぜなら、シンプルに「誰かが決めた常識・成功」は「あなたにとっての常識・成功」ではないからです。

GOAL-Bくん

例えば、自分が「田舎の大自然で伸び伸びと生きたい」と思うなら、それが自分にとっての成功なのです。

「東京都心でIT業界に入りバリバリ働き年収を上げることを”成功”と呼ぶんだ」

「親の近くに住むことが常識」

このように言われたところで、それは「そう考えている人にとっての常識・成功」でしかありません。

我々には、自分が持つ常識や成功の定義を、他者に押し付ける権利もなければ、押し付けられ従う義務もありません。

「常識の範囲内で…」

「みんなから認められる成功の形で…」

このように考えたところで、あなたの本音から来るやりたいことは見つかりません。

結局、「やっぱりなんか違うな・・・」「本当は静かに本が読めれば十分なんだけどな…」といったように、モヤモヤが残ってしまうだけです。

あなたの人生に干渉していいのは、唯一あなただけ。

GOAL-Bくん

誰一人として、親ですらあなたの人生に責任を持ってはくれません。

そして、あなたの人生はあなたの物なのですから、選択し実行するのは誰でもないあなたしかいないのです。

いつも周りの考えに振り回されてしまいやすい人は、自分軸で生きるトレーニング法も参考にしてみてください。

「やりたいことがない人生」から抜け出したGOAL-Bメンバーの体験談

株式会社GOAL-BのCOOを務める山宮健太郎も、元々はやりたいことがない人生に苦しんでいました。

GOAL-Bメンバー・山宮健太郎が味わった挫折

彼は、社会人になるまでサッカー一筋の人生を送っていました。

しかし、「サッカーでプロになる」という目標は上手くいかず挫折。

やりたいことが脆くも崩れ去っていったのです。

そこから飲食業界に就職できたものの、やりたいことがない状態は変わりません。

しかも、毎日繰り返される苦手でやりたくない仕事、なおかつブラック労働+低収入でどん底の人生を味わいました。

しかし、その辛い経験を通して、「他者の人生を通した進化・成長に対して貢献する」というやりたいことを発見します。

GOAL-Bくん

そこから、やりたいことに対してフルコミットした結果、人生が大きく展開していきました。

自分で自分の人生をコントロールしている感じを味わえるようになり、人生の幸福度が圧倒的に上昇したのです。

「やりたいこと」というのは、自分の人生の軸となるもの。

それを持たなければ、明確に自信をもって人生を歩んでいくことは非常に難しいです。

GOAL-Bくん

社会で巻き起こるカオスに一喜一憂し、常にフラフラ・モヤモヤし続けてしまいます。

もちろん、冒頭でも言ったように、やりたいことを持つことは義務ではありません。

他人から「持ちなさい」と言われて持つようなものでもありません。

ただ、自分の人生に対して「つまらない」「生きていても楽しくない」「空虚だ」と思う人にはやりたいことが必要です。

  • 人生のブレイクスルーを起こしたい
  • 山宮のように人生のターニングポイントが欲しい

このように本気で思っている方は、この記事を参考にまずは「やりたいこと」を見つけましょう。

もしそれでもダメなら、GOAL-Bの提供するキャリスピの無料体験を利用しましょう。

強引な勧誘は一切ありませんし、怖いと感じたらすぐに辞めてしまっても構いません。

有料のコーチングプランもありますが、興味が無ければきっぱりと断っていただいて大丈夫です。

自分の人生に絶望している人は、ぜひGOAL-Bのキャリスピを頼ってください。

無料体験では、100%あなただけのための時間を用意しています。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

人生でやりたいことがない時によくある質問6つ

人生でやりたいことがない時によくある質問6つは、以下のとおりです。

  • したいことがない気持ちが続く場合はうつなの?
  • プライベートでしたいことがない時はどうしたらいい?
  • お金があってもしたいことがない時は何をすべき?
  • 人生でしたいことがない時はYahoo!知恵袋でどう解決してる?
  • やりたいことがない状態でも幸せに生きる方法は?
  • したいことができないストレスにどう対処したらいい?
したいことがない気持ちが続く場合はうつなの?

したいことがない気持ちが続く場合は、うつとは限りません。

心や体が疲れている時も、したいことがない気持ちになるからです。

「心が疲れた」「何もしたくない」と感じる場合には、実際に心や体が疲れていることが多く、それが原因となって生じる心の叫びであると言えます。

引用:品川メンタルクリニック

しっかり休息を取って生活リズムを整えれば、活動的になれる場合があります。

休んでも意欲的になれない時はうつの可能性があるので、医師に相談しましょう。

プライベートでしたいことがない時はどうしたらいい?

まず、「プライベートでしたいことがない」ということを、「悪いことだ」とする認識を捨てることから始めましょう。

決して、「プライベートでしたいことがない」ということは悪いことではありません。

GOAL-Bくん

そもそも「プライベートは何かしなければ充実しない」という前提が間違っています。

自分の内側から出てくる「やりたいこと」をやって、その時間を振り返ると「充実した日を過ごしたな」と“結果として”思えるのです。

それこそ、ふと「あ、美味しいコーヒーが飲みたいな」くらいのことでも構いません。

それを積み重ねた結果、自然と「プライベートも充実しているな」と実感するのです。

ポイントは、「ながら」でやるのではなく、ひとつひとつを丁寧にやってみること。

スマホを触りながら人の話を聞いたとき、全然話が入ってこなかった経験はありませんか?

GOAL-Bくん

このように、人間はそもそもマルチタスクが苦手です。

集中力が分散し、取り組んだ感じが得られないのもそのせい。

そのため、プライベートを充実させるために、『些細なやりたいことを丁寧にやる』がおすすめです。

また、プライベートでしたいことがない時は、したくないことをリスト化しておくのも有効な手段です。

したくないことの反対が、やりたいことの可能性が高いからです。

したくないことを考えているうちに「〇〇はしたくないけれど、〇〇はやってみたい」という気持ちが芽生える場合も。

リスト化は今すぐできるので、したくないことをとりあえず書いてみましょう。

お金があってもしたいことがない時は何をすべき?

お金があってもやりたいことがない場合、自分の喜びを無視して生きてきた可能性があります。

「やりたいこと」ではなく「できること」「褒められること」を優先して成果を出してきたため、「なんか心から喜べないな…」という感覚になってしまうのです。

GOAL-Bくん

要するに、外発的な動機のみで生きてきたということ。

その場合、内発的な「面白そう」「楽しそう」が湧いたとしても、「どうせムダ」「意味ない」という気持ちが勝ってしまうでしょう。

そのように、合理性を突き詰めてしまっているから、人生が単純作業ゲームのように感じられ、やりたいことがない状態に陥ってしまうのです。

結果として、脱色され味のない無味乾燥な人生に。

GOAL-Bくん

その状態を改善するために、まず「10分間でも意図的に無駄を作る」ということがオススメ。

時間に余白を作り、無駄を味わえるようになるトレーニングをするのです。

ネットから離れ、一切何もしないことで、刺激から離れて少しずつ合理主義を解いていきましょう。

また、人と交流する機会を作るのもオススメです。

友人や恋人、目に見えない絆といった「無形資産」を重要にすることが、「社会と接続し役割を果たせている」という自己重要感を満たせることにつながるのです。

気が合いそうな方と交流を深めれば、やりたいことを無理やり見つけなくても、楽しい時間を過ごせるでしょう。

人生でしたいことがない時はYahoo!知恵袋でどう解決してる?

Yahoo!知恵袋にて「人生でしたいことがない」と相談した方への回答は、以下の通り様々です。

  • 「何をやりたいか」より「どんな風に生きたいか」を考えよう
  • いろんなことに興味を持って面白そうと思ったことにチャレンジしよう
  • 興味のあることを「やりたいこと」と思い込んで行動する

とはいえ、yahoo!知恵袋を参考にするのは、基本的にオススメしません。

なぜなら、yahoo!知恵袋もSNSと同じく匿名であり、回答の質が非常に不安定だからです。

GOAL-Bくん

また情報の不完全性も参考にならない要因になります。

  • 質問者が提示する情報が完全ではない場合がある
  • 質問者とあなた自身の状況が違う

しかも、ネガティブな意見・否定的な意見が多く、そういった意見にメンタルが影響されてしまうことも。

もちろん、暖かい意見、フラットな立場からの建設的な意見もあります。

しかし、それ以外のネガティブな意見に触れた場合、そちらの方が強く印象に残ってしまいます。

GOAL-Bくん

人はネガティブな情報の方が強く記憶に残るもの。

結果として、「どうせやりたいことなんて実現不可能」「やりたいことなんてなくて当たり前」と思い込んでしまいます。

問題解決には至りません。

やりたいことがない状態を解決するためには、いかに否定的な意見に触れないかが重要です。

そのため、yahoo!知恵袋を参考にすることは、基本的には避けましょう。

やりたいことがない状態でも幸せに生きる方法は?

まずは「生きるために生きる」でOK

つまり『生きる(=生命活動・衣食住)ために、生きる(=社会生活・労働する)』ということ。

やりたいことがない状態の場合、「生存」にフォーカスを当てることによって幸せを感じることができるでしょう。

GOAL-Bくん

人間の欲求には段階があります。

よく言われるのは「マズローの5段階欲求説」です。
2分でわかる! “マズローの欲求5段階説” | グロービスMBAキーワード 図解 基本フレームワーク50 | ダイヤモンド・オンライン (diamond.jp)

『生理的欲求⇒安全欲求⇒社会的欲求⇒承認欲求⇒自己表現欲求』

つまり、生存や安全な生活が担保され、社会に認められるからこそ、その先にあるやりたいこと(自己表現)をやりたくなるということ。

一足飛びに欲求を叶えることは難しいです。

GOAL-Bくん

基礎がしっかりしているからこそ、上に立つ建物が安定するというもの。

まず、「生きること」そのものの土台を固めることに注力するのも1つの手です。

とはいえ、「生存」という低次の欲求が満たされて余裕ができれば、自然と「自己表現」という高次の欲求も芽生えてくるもの。

そのため「やりたいこと」に対する発想を柔軟にして、やりたいことを小さく叶えていくことも大前提として重要なことは覚えておきましょう。

また、高次の欲求を解放させるために、「自分の考えを否定せず、大事にする」というクセをつけておくことも重要。

実際、日本では他人を気にしている個人の幸福度は低いと分かっています。(参考:佐野・大竹.2007.p.16

相手の顔色ばかりうかがう方は、自分の考えを封じ込めてしまいやすいです。

人生におけるさまざまな選択で「自分はどうしたいか」を考えるクセがつけば、やりたいことができた時も見逃さずにすみます。

したいことができないストレスにどう対処したらいい?

まずは状況を整理することが重要。

何が原因となって、したいことができないのかを明確にしましょう。

【したいことができない場合によくある原因】

  • 時間が取れないから
  • 疲れているから
  • 他人の目を気にしてしまうから

原因が特定出来たら、「じゃあ、やるためにはどうしたらいいのか?」と具体的に対策を考えてみましょう。

例:8時~9時の1時間はスマホを触るのをやめて、やりたいことをやる

やはり、したいことができずにストレスを抱えている以上、意図的に自分からきっかけを作る必要があります。

GOAL-Bくん

そのまま何もせずに状況が好転することは考えにくいです。

少しでもいいので、したいことができるように状況を自ら変えてみましょう。

また、日々やるべきことが多すぎないかを、今一度棚卸してチェックをするのも重要。

もし、やるべきことが多すぎる場合は、いっそのこと何かを切り捨てることも大事です。

やめてしまって大きな問題が出ない場合、あなたの人生にとって優先度は低いため、辞めてしまったままでも大丈夫と言えるでしょう。

まとめ:やりたいことがない人生は自分の力で抜け出せる

やりたいことがない人生から抜け出す8ステップを解説しました。

8ステップは以下のとおりです。

  • 興味があることをリストにする
  • リストに書いたことを期限を決めて行動する
  • 行動してみてどう感じたかを振り返る
  • ワクワクしたことを続けられる方法は何か考える
  • やりたいことをやってる人と関わる
GOAL-Bくん

興味があることをリストにする作業は、今からでもできます。

どうせやりたいことが見つかるはずがない」と思う方も、今から携帯のメモ機能などを使ってリスト化してみてください。

何事も行動してみないと考えは変わらないので、小さなことから始めてみましょう。

また、やりたいことは何かを自分で考えて言語化すると、納得感のある答えが出てくる場合もあります。

コーチングではやりたいことを見つけられるよう質問をしてくれるので、自分の考えを振り返りやすいのが嬉しいポイント。

一人で考えをまとめるのが苦手な方は、ぜひコーチングも活用してみてください。

やりたいことを見つけて、人生を楽しく過ごしましょう。

キャリアコーチング『キャリスピ』は、あなたの才能本音の欲求を見つけるサポートをしてくれます。
仕事で悩んでいる方は、プロと自己分析を行い、自分に合った仕事と働き方を考えてみましょう。
5,500円の体験コーチングが今なら無料で受けられるので、1分で気軽に申し込んでみましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次