コーチングとは?受けるメリット・目的・方法など全てを徹底解説

「コーチングって聞いたことあるけど、あまり詳しく知らないな……」
「コーチングって結局なんなの?」
「コーチングを調べたら色々出てきたけど、違いってなんなんだろう……」

上記の悩みに少しでも当てはまった方は、当記事を最後まで読んでいってください。

昨今、名前が知れ渡ってきたコーチング。しかし、コーチングについてよくわからないという方も結構多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、当時の私のような人にとって少しでも役立てるように、「コーチングとはそもそも何なのか」について解説します。

当メディアはコーチング事業を実際に提供してる株式会社GOAL-Bが運営しています。その経験もこの記事にたくさん詰め込んでいます。

コーチングについてあらゆる観点から詳しく解説しているため、ぜひ最後まで読んでいってください。

 

目次

そもそも、コーチングとは?

まずは、そもそもコーチングとはどんなものなのかについて説明します。

コーチングの語源や目的、そのほか知っておくべきことを解説します。

 

コーチングという言葉は「馬車」から生まれた

そもそも、コーチングという言葉がどのような起源で生まれたかについて解説します。

結論、コーチングという言葉は「馬車」から生まれました。1500年代に生まれたcoachという「馬車」の意味を持つ単語から、「人を目的地まで連れていく」というニュアンスを含み、コーチングという言葉が生まれました。

ちなみに、ブランドの「COACH」も「馬車」の起源からきています。そのため、ロゴにも馬車があしらわれています。

そのことから、コーチングは「目標を達成するためのコミュニケーション技術」という認知が広がっています。

そのため、今後「コーチングって結局なんなの?」と聞かれた方は、馬車という起源から生まれた目標達成のためのコミュニケーション技術と教えてあげてください。

 

コーチングの目的は「目標達成の支援」

続いて、コーチングの目的について解説します。

コーチングをする目的は、「目標達成の支援」です。先ほどお話しした起源の通り、コーチングをする相手を目的の場所まで連れていくためにコーチングは行われます。

そのため、コーチングをする際は、クライアントが何をゴールとするのかがものすごく大切になってきます。なぜかというと、クライアントがゴールに設定した場所に到達するためのコミュニケーションこそがコーチングだからです。

よく、相手に傾聴するだけのコミュニケーションをコーチングと勘違いしている人がいます。コーチングは相手から考えを引き出すだけのコミュニケーションではなく、相手の考えを引き出すことを通じて、最終的に目標達成をさせるために行われるものだとおぼえておきましょう。

 

コーチングは、コーチとクライアントが共創する

よくコーチングは、コーチが何かものすごいことをしてくれるという勘違いをされている方がいます。ただし、コーチングはコーチが何か魔法のようなことをする場ではありません。

コーチングはコーチはもちろん、コーチングを受けるクライアントも一緒になって場を作ることが求められます。

※コーチングでは、コーチングをする人をコーチ、受ける人をクライアントと呼びます。

たとえば、コーチが「あなたのやりたいことはなんですか?」と聞いたとします。このとき、コーチングを受けるクライアントが「そんなこと聞かれてもわからない……」と思考を放棄してしまうと、コーチングの場としての意味は大きく下がってしまいます。

もちろん、本当にわからない場合に無理やり答えを出せというわけではありません。しかし、コーチングを受けるからといって、コーチにばかり場を作る責任を押し付けてはいけないということです。

コーチングを通じて目標達成をするという目的を叶えるためには、コーチングを受けるクライアントにもその場を作っていく責任があります。コーチングの学びを深めるためにも、コーチングはコーチとクライアントで共創するということは覚えておきましょう。

ここまでが、そもそもコーチングとは何なのかについての解説でした。

 

コーチングはどのように行われるか

 

つづいて、コーチングがどのように行われるかについて解説します。

コーチングは「傾聴」と「質問」と「承認」によって行われる

結論、コーチングは以下の3つを通じて行われます。

  1. 傾聴
  2. 質問
  3. 承認

それぞれの言葉について、説明していきます。

 

1.傾聴

コーチングは傾聴を通じて行われます。

コーチングには、「傾聴」というスキルが必要です。傾聴とは、ただ相手の話を聞くのではなく、徹底的に相手の話に耳を傾けることを指します。

傾聴することで、相手が話をしっかり聞いてもらえてるという感覚になり、その結果として「話しやすい雰囲気作り」がなされます。

コーチングでは、クライアントの話を引き出すことが必須です。そのため、傾聴を通じて行われるのです。

 

2.質問

コーチングをする際には、傾聴の他にも、質問が必要です。コーチがクライアントに質問することを通じて、クライアントが心のうちに秘めていることを引き出します。そして、引き出した考えをもとに、どのようにして目標達成に向かっていくかを考えていくのです。

ただ、コーチングで行われる質問はなんでもいいというわけではありません。表面的な質問ではなく、クライアントの視点が変わるような質問や気づきを与えるような質問が求められます。

質問を通じて視点が変わったり気づきがあったりすることで、クライアントはコーチングの場がなかったら気づき得なかった目標や目標達成のためにやるべきことが見えてくるのです。

そのため、コーチングが行われる際には、質問は必須となります。

 

3.承認

コーチングを行う際には、傾聴と質問の他に、承認が不可欠です。承認とは、相手の存在や考えを否定せず、肯定することをいいます。コーチングに承認が不可欠な理由は、承認されることでもたらされるものがあるからです。

承認によってもたらされるものには、たとえば以下のものがあります。

  • コーチへの信頼
  • 自信
  • 成功体験

承認は相手を肯定する行為のため、コーチに承認されると、クライアントはコーチを信頼するようになります。コーチへの信頼があればあるほど、クライアントは自分の考えを赤裸々に話すことができます。結果として、コーチングの場が有意義なものになります。

また、承認されることでクライアントは自分に対して自信を持てるようになったり、成功体験を得られるようになったりします。承認されることで、「これでいいんだ!」と思えるようになるからです。

そして、承認というのはクライアントがもたらした結果ではなく、結果を生み出したプロセスにもおこなわれることで、より効果を発揮します。
結果だけではなくプロセスも承認されることで、前向きにプロセスを楽しめるようになるからです。

クライアントがコーチを信頼し、自分に自信を持った上で赤裸々に話してくれる場を作るためにも、コーチングには承認が不可欠です。

ここまで述べたように、コーチングは「傾聴」「質問」「承認」を通して行われ、それによってクライアントの考えを最大限に引き出し、目標達成に導きます。

 

コーチングにはさまざまな流派がある

 

ここからは、コーチングの流派について説明します。

コーチングにはさまざまな流派があります。そして、それぞれのコーチングで行われていることや大切にされていることは異なります。

そこでここからは、コーチングのさまざまな流派について解説していきます。

 

コーチングの多くがカウンセリングを目的としたもの

日本で行われているコーチングの流派は、多くのものがカウンセリングを目的としています。

カウンセリングとコーチングにどのような違いがあるかを知らない方のために、簡単に両者の違いを説明します。

カウンセリングは過去に焦点を当てて、過去の問題との向き合い方を決めるためのコミュニケーションです、一方でコーチングは、自分の強みや才能を引き出し、未来の目標に向けてどのようにしていくべきか考えるためのコミュニケーションです。

ただ、現在の日本で行われているコーチングは、カウンセリングに近いものが多いです。そのため、現状の自分を肯定することが多いのです。もちろん、これはコーチングの良し悪しを議論しているわけではなく、あくまで流派があるという事実を説明しています。

もっとコーチングの流派についての詳細を知りたいという方は、「コーチングは理論で行い方が別れる?それぞれの理論と違いを解説」の記事も合わせてご覧ください。

 

GOAL-Bのコーチングは「認知科学に基づいたコーチング」

ここからは、当メディアGOAL-B MAGAZINEの運営元である株式会社GOAL-Bが提供しているコーチングの流派について解説します。

結論、GOAL-Bでは認知科学に基づいたコーチングを提供しています。

認知科学に基づいたコーチングでは、以下の2つのことを行います。

  1. クライアントのWant toを引き出す
  2. 現状では考えられないゴールを設定する

認知科学は過去や現状ではなく、未来に焦点を当てます。そのため、多くの流派が採用しているカウンセリングを目的としたものとは異なります。

上記2つのことを行うことで、コーチングの目的である目標達成のサポートを行います。
また、認知科学に基づいたコーチングでは普通の目標達成にとどまらず、とんでもないゴールを達成することができます。

 

GOAL-Bコーチングの解説

 

ここまでは、コーチングの流派について解説し、認知科学に基づくコーチングを提供しているGOAL-Bコーチングについて軽く触れました。

ここからは、実際に我々GOAL-Bが提供しているコーチングのより詳細な部分を解説します。

 

1.認知科学に基づいたコーチングを提供

先ほども解説したように、GOAL-Bでは認知科学に基づいたコーチングを提供しています。

ここでは認知科学について、改めて説明します。

 

そもそも、認知科学とは?

そもそも認知科学とは、情報処理の観点から、人の知性の働きや性質を研究する学問です。

もう少し具体的に解説します。まず、人間というのは入力と出力を行います。必ず外部の情報を入力して、その入力を元に出力つまりは行動をします。

たとえば、甘いものを見るという入力を行ったとき、美味しそうだから食べるという出力がおこなわれるといったような具合です。

そして、入力と出力の間には必ず「情報の処理が走っている」と考えられています。その考えがまさに認知科学そのものです。また、入力と出力の間にあるものを内部モデルと呼びます。

 

2.行動ではなく「あり方」そのものを変える

GOAL-Bが提供する認知科学に基づくコーチングでは、行動ではなく「あり方」そのものを変えます。

先ほど挙げた認知科学の用語に則って言い換えるなら、内部モデルを書き換えることで、思考や行動を変え、現実を変えていきます。

人間は行動を変えるときに、行動だけにフォーカスして変えようとします。たとえば、早起きがしたいと考えたときに、早起きをしようとだけ努力してしまう人がほとんどです。

早起きがしたくて早起きをしようと努力するのは、認知科学に基づいて考えるとあまりよくありません。行動だけを変えるというのは、出力だけを変えるということなので、根本の内部モデルが書き換わっていないために長続きしないからです。

そこで、認知科学に基づくコーチングでは、内部モデルを書き換えます。入力した情報をもとにどのように行動するかという内部モデルを書き換えるのです。

入力したものに対しての出力を書き換えることで、結果として行動を書き換え、現実も変えてしまうのが認知科学に基づくコーチングです。

 

3.自ら挑戦を続けるコーチがコーチングを提供

そして、GOAL-Bコーチングでは自ら挑戦を続けるコーチがコーチングを提供しています。これこそがGOAL-B最大の強みと言えます。

認知科学を理解し、コーチングのことも理解し、それらを通じて自ら現実を変えてるコーチがコーチングを提供するため、説得力が大きく変わります。そのため、コーチを信頼しやすく、よりよい現実を作っていく覚悟も決まります。

実際にGOAL-Bのコーチがどのような人たちなのか知りたいという方は、「GOAL-Bで働く人たち」という記事一覧をご覧ください。

 

GOAL-Bコーチングを受けるメリット

ここからは、GOAL-Bコーチングを受けるメリットについて説明します。

 

1.自分の才能が言語化できる

GOAL-Bコーチングを受けると、自分の才能が言語化できます。具体的にいうと、過去の成功体験を引き出し、その人特有の強みや才能を言語化します。

自分の才能を言語化するメリットは、自分の強みが活きる環境を選択しやすくなることです。自分の才能を知らないと、正解と言われている選択肢に向かって闇雲に手を出してしまいます。

一方で、自分の才能を知っていると、「この環境だと自分の強みが発揮できなさそうだな」などの判断がつきやすくなります。そして、自分の才能が輝く場所を選択できると、当然ですが結果は出ます。

そのため、結果を出しやすくなるという点から、GOAL-Bコーチングでできる自分の才能を言語化することは大きなメリットだといえます。

 

2.人生の目的を明らかにできる

GOAL-Bコーチングを受けると、人生の目的を明らかにできます。具体的にいうと、自分が人生で成し遂げたいことを明らかにすることができます。

人生で成し遂げたいことが明らかになれば、現状の自分に満足できなくなり、どんどん行動していくようになります。行動すれば、結果はついてきます。

行動しやすくなるという点においても、人生の目的を明らかにできるというのは大きなメリットだといえるでしょう。

 

3.日々のパフォーマンスが最大化される

そして、自分の才能を言語化し、人生の目的を明らかにすることで、日々のパフォーマンスが最大化されます。自分の得意なことで、自分が人生で成し遂げたいことに向かってガンガン行動していくことができるからです。

日々のパフォーマンスが最大化されたら、当然のことながら結果はついてきます。GOAL-Bコーチングでは、これらのようにたくさんのメリットが提供できます。

 

GOAL-Bコーチングを受けたクライアント様の声

とはいっても、コーチングは抽象度の高いため、本当に効果が実感できるか怪しいと思っている方も多いと思います。

そこで、GOAL-Bコーチングを受けたクライアントの方々の実際の声をご紹介します!

 

1.長本大将さん

現実で言うと、売り上げが上がりました。
今までは年間1500万円くらいだった売上が、コーチングを受けてからは倍になりました。

(中略)

人の良い部分を見るところで言うと、人との関わり方が変わってきた感覚がありますね。
これまでは、結構好き嫌いがはっきりしてたんですよ。その「嫌い」がなくなったんです。
受け入れる幅がちょっと広がってきた。だから、今まで出会えなかった人たちに出会える。

 

2.端谷祐人さん

以下の4つが変わったことです。

①「ノンストップはなや」というYouTubeチャンネルを始めた(2021/02現在 登録者数1800人)
②ベストボディジャパン京都大会に出場した
③プロコーチとして活動を始めることができた
④「目標達成会議」というサービスの運営者になった

そして、「自立して自分のやりたいことをする」覚悟が決まり、今の職を退職して新しい人生を歩むことができました。

 

3.鶴田大喜さん

一番大きいのは「とりあえず行動してみる」というスタンスだと思います。今までは考える時間と行動する時間は9対1でしたが、まずはやってみてその中で修正していく在り方を身に着けました。そして、その通りに行動することで結果につながったと思います。

もう一つが「無意識に自分で作っていた限界」を無くすことができたことです。コーチング当初は「どうせ自分にはできない」と無意識につぶやいていたところ、山宮さんが「その無意識は良くない」と指摘してくれました。この指摘を受けたことで、やってみる中で自分の可能性を信じて行動できるようになりました。

 

↓公式LINEの登録はこちらから↓

 

 

なぜ、GOAL-Bのコーチングを受けると効果が出るのか

GOAL-Bのコーチングでは、ここまで上げてきたような効果を出すことができます。

ではなぜ、GOAL-Bのコーチングを受けると効果が出るのか。

詳しく解説します。

 

1.エフィカシーを高めるから

GOAL-Bコーチングを受けると効果が出る理由の1つ目が、エフィカシーを高めるからです。まずは、エフィカシーについて解説します。

エフィカシーとは、「GOAL達成のための自己能力の自己評価」のことを指します。もう少しわかりやすく言うのであれば、「根拠のない自信」と言い換えられます。

GOAL-Bコーチングでは、エフィカシーを高めることで、根拠のない自信を高め、大きなゴールに挑戦できるようになり、効果が出るのです。

GOAL-Bコーチングでエフィカシーを高められる理由は、エフィカシーの高いコーチがコーチングを提供するからです。自信に満ち溢れるコーチがコーチングを提供するため、自分では描ききれなかったような高い目標を設定することができます。

これがGOAL-Bコーチングが効果を出せる理由です。

 

2.GOALを設定するから

GOAL-Bコーチングを受けると効果が出る理由の2つ目が、GOALを設定するからです。

コーチングを通じて、クライアントの方が心の奥底から抱いているやりたいことを引き出します。コーチングの世界では、心の奥底からやりたいと思うことをWant toと言います。

このWant toを引き出した上で、現状では考えられなかったとんでもないGOALを設定するため、現状の自分に焦りを感じ、どんどん行動するようになります。当然、結果は出ます。

GOAL-Bコーチングで提供しているGOALの設定があるからこそ、効果を実感していただくことができます。

 

3.結果としてパフォーマンスが最大化されるから

エフィカシーを高めてとんでもない自信に満ち溢れ、その満ち溢れた自信からとんでもないゴールを設定し、結果としてパフォーマンスが最大化されます。

これこそが、GOAL-Bコーチングで効果が得られるメカニズムです。

↓公式LINEの登録はこちらから↓

 

 

GOAL-Bコーチングを受ける上での前提

 

コーチングにはさまざまな前提があります。もちろん、GOAL-Bコーチングも例外ではありません。

そこでここでは、GOAL-Bコーチングを受ける上での前提を解説します。

 

1.GOAL-Bコーチングで使われる言葉の定義を理解する

まずは、GOAL-Bコーチングで使われる言葉の定義を理解しましょう。
それぞれ解説します。

 

エフィカシー

エフィカシーとは、先ほども解説した通り、「GOAL達成のための自己能力の自己評価」のことを指します。もう少しわかりやすく言うのであれば、「根拠のない自信」と言い換えられます。

 

コンフォートゾーン

つづいて、コンフォートゾーンです。コンフォートゾーンとは、その人が心地よいと思うレベル感を指します。コンフォートゾーンから外れようとすると、変化を恐れて居心地の悪さを感じ、コンフォートゾーンに無理やり戻ろうとする性質が人間にはあります。

たとえば、人間の体温は36度前後で止まっています。これはサウナに入ろうと、冷たいプールにはいろうと同様です。体温のコンフォートゾーンは36度前後と言えます。

コンフォートゾーンはほかのことにも言えます。たとえば、毎日8時起きだった人が突然5時起きを始めた場合、3日坊主になることでしょう。8時起きがコンフォートゾーンであり、心地よいからです。

GOAL-Bのコーチングでは、このコンフォートゾーンをゴール状態に設定します。そのため、コンフォートゾーンという用語はぜひおぼえておいてください。

 

モチベーション

モチベーションという言葉は、GOAL-Bコーチングでは一般のものと別のものとして扱われます。

結論、モチベーションとはコンフォートゾーンに戻ろうとする力のことを指します。
だらけた自分にコンフォートゾーンがある人は、だらけた自分に対してモチベーションが働きます。ゴール状態の自分にコンフォートゾーンがある人は、ゴール状態に対してモチベーションが働きます。

以上がGOAL-Bコーチングを受ける際に知っておいて欲しい用語です。

 

2.守秘義務を守る

GOAL-Bコーチングでは、守秘義務を守ることが前提です。

そのため、恥ずかしいという思いは全部捨てて、自分の本音を正直に話すようにしましょう。

 

3.協働関係で場を作る

GOAL-Bコーチングでは、協働関係で場を作るという前提があります。

先ほど述べたように、コーチだけではなく、クライアントもコーチングを作るために行動する必要があります。

そのため、あくまで協働関係にあるということは忘れないようにしてください。

 

さいごに

 

ここまで、「コーチングとは何か」から、私たちGOAL-Bが提供しているコーチングについてまで解説してきました。

最後に伝えたいことがあります。
それは、私たちGOAL-Bは本気でみなさんの挑戦を作りたいと考えているということです。

私たちは、コーチングを通じて本当に人生が変わりました。
毎日挑戦を作っているし、今も自分の設定したゴールのために日々行動しています。

そんな風に人生を送れるような人をもっと増やしたい。仕事が嫌なんて言っている人を減らして、希望に溢れた人生を送る人を増やしたいんです。

この記事を読んでいただいた上でコーチングについてもっと知りたいという人は、まずは公式LINEの友だち追加をしてみてください。公式LINE限定でコーチングに関する情報をもっと濃く配信しています。

みなさんの人生が挑戦であふれるように、私たちは今後もっと行動していきます。
一緒に行動しましょう!

【無料】公式LINEの友だち追加はこちら