目標達成できる人の特徴とは?目標達成できない原因や目標達成するためのコツを解説

「目標を掲げてもいつも達成できない」
「いつも誘惑に負けてしまう」
「目標を達成できる人になりたい」

このように、目標を立ててもいつも達成できずじまいになっている人もいるのではないでしょうか。

目標を設定しても努力し続けられずに、挫折してしまい、自分が嫌になってしまう気持ちはよくわかります。自分はいつも負ける運命にあるんだとネガティブになってしまうこともあるでしょう。

そこで、当記事では「目標達成できる人の特徴」を解説します。

この記事を読むことで、自分が目標を達成できない原因や、目標を達成できるようになるためにはどうすればよいかがわかります。ぜひ最後まで読んでください。

 

目標達成できない3つの原因

目標達成できない原因は以下の3つです。

  1. 現実的でない目標を設定している
  2. アクションプランが具体的でない
  3. 振り返りをしていない

それぞれ解説していきます。

1.現実的でない目標を設定している

現実的でない目標を設定していることは、目標達成できない原因のひとつです。

なぜなら、達成できない目標を設定することはかえってモチベーションを低下させるからです。

例えば、筋トレ系YouTuberを見て、自分もあのムキムキの体を手に入れたいと思い、1ヶ月で筋トレ系YouTuberくらいムキムキになると目標を立てたとします。

しかし、筋トレ系YouTuberはその体を1ヶ月やそこらの期間で手に入れたわけではなく、その裏には長い地道な努力が隠れています。

そのため、いきなり1ヶ月でムキムキの体を手に入れると目標を立てても、途中で無理だと気付き、やっぱり自分にはできないと自己嫌悪におちいってしまいます。

高い目標を達成するにも、まずは達成可能な目標を立て、地道に努力を重ねていく必要があります。

このように、現実的でない目標設定は目標が達成できない原因になります。

 

2.アクションプランが具体的でない

アクションプランが具体的でないことは、目標達成できない原因のひとつです。

なぜなら、アクションプランが曖昧だと目的意識を持って取り組めなくなるからです。

例えば、3ヶ月で英語を話せるようになると目標を設定し、その目標を達成するために毎日30分は英語の勉強をするとアクションプランを立てたとします。

しかし、これではどのような勉強をすればよいか明確ではなく、アクションが滞ってしまい、目標達成に悪い影響を与える可能性があります。

このように、アクションプランが具体的でないことは目標達成できない原因になります。

 

3.振り返りをしていない

振り返りをしていないことは、目標達成できない原因のひとつです。

なぜなら、振り返りをしないと目標に対する自分の進捗がわからなくなるからです。

例えば、2ヶ月で3kg痩せると目標を設定し、毎食のカロリー制限をしているとします。

しかし、定期的に体重計に乗って体重を確認しなければ、どれくらいのペースで減っているか、あとどれくらいで目標達成できるかなど進捗状況がわからなくなります。

進捗状況がわからなければ、目標を達成するための施策をどう変えるか、設定目標をさらに高めるかなど次の打ち手がわからず、目標を達成するうえで悪い影響を与える可能性があります。

このように、振り返りをしないことは、目標達成できない原因になります。

 

目標達成できる人に共通する5つの特徴

目標達成できる人には以下の5つの共通する特徴があります。

  1. 明確な目標設定している
  2. 向上心がある
  3. アクションプランが明確になっている
  4. 柔軟性がある
  5. 進捗確認を怠らない

それぞれ見ていきましょう。

 

1.明確な目標設定している

明確な目標を設定していることは、目標達成できる人に共通する特徴のひとつです。

なぜなら、明確な目標設定をすることで、次に取るべき行動が明確になりやすいからです。

例えば、体をムキムキにすると目標を設定した場合であれば、漠然としていてとりあえず筋トレをすることになると思います。

しかし、ベンチプレス100kgを上げると明確な目標を設定すれば、まずはベンチプレスを週3回することから始めるのように行動が明確になりやすいです。

このように明確な目標設定をしていることは目標達成できる人の特徴になります。

 

2.向上心がある

向上心があることは、目標達成できる人に共通する特徴のひとつです。

なぜなら、向上心を持つことで、モチベーションを維持し続けられるからです。

例えば、英語を3ヶ月で話せるようになると目標を設定し、1ヶ月がたった時点でまだ英単語もままならない状態だったときに、ネガティブ思考であればもうダメだと悲観的になってしまいます。

しかし、向上心を持つ人は、必ず目標を達成すると強い気持ちを持地、モチベーションを維持するため、努力し続けられます。

そのため、このような向上心があることは目標達成できる人の特徴になります。

 

3.アクションプランが明確になっている

アクションプランが明確になっていることは、目標達成できる人に共通する特徴のひとつです。

なぜなら、アクションプランが明確であれば、目的意識を持って取り組めるからです。

例えば、3ヶ月で英語を話せるようになると目標を設定し、その目標を達成するために毎日30分は英語の勉強をするとアクションプランを立てたとします。

しかし、これだけだと何のために30分英語の勉強をするかがわかりません。

30分のうちで、10分は単語や文法などの知識のインプット、20分は会話や音読を通じてアウトプットをすると決めておけば、勉強の目的が明確になり、努力を継続しやすくなります。

このようにアクションプランが明確になっていことは目標達成できる人の特徴になります。

 

4.柔軟性がある

柔軟性があることは、目標達成できる人に共通する特徴のひとつです。

なぜなら、柔軟性を持っていれば、計画に支障が出た際に、臨機応変に計画を立て直せるからです。

例えば、3ヶ月でベンチプレス100kgを上げると目標を設定し、1ヶ月は順調に進んでいたものの、途中から仕事が立て込んでしまい筋トレの頻度が下がったとします。

その際に、柔軟性を持って対応すれば、筋トレの一回あたりの強度を変えたり、サプリメントを摂取してみたり、食事を変えてみるなどさまざまな策を講じることができます。

このように柔軟性があることは目標達成できる人の特徴になります。

 

5.進捗確認を怠らない

進捗確認を怠らないことは、目標達成できる人に共通する特徴のひとつです。

なぜなら、進捗を確認することで、自分のアクションプランが目標達成につながっているかわかるからです。

例えば、3ヶ月で英語を話せるようになることを目標にしたとき、まずは毎日知識のインプットを30分続けるというアクションプランを立てたとします。

進捗を確認して振り返ってみると、インプットばかりでは英語を話せるようにならないことに気が付けます。

そうすることで、より目標達成につながるアクションプランに見直すことが可能です。

このように進捗確認を怠らないことは目標達成できる人の特徴になります。

 

目標達成できる人になるための3つのコツ

目標達成できる人になるためには以下の3つのコツがあります。

  1. 無理のない目標を設定する
  2. 具体的な目標を設定する
  3. 目標達成したときの褒美を設ける

それぞれ見ていきましょう。

 

1.無理のない目標を設定する

無理のない目標を設定することは、目標達成できる人になるためのコツのひとつです。

なぜなら、無理のない目標を設定することで、モチベーションを維持して取り組めるからです。

例えば、ベンチプレス30kgを上げられない人が1ヶ月でベンチプレス100kgを上げるという目標設定は無理があるため、モチベーションを失ってしまいます。

しかし、ベンチプレス30kgを上げられない人が2ヶ月でベンチプレス60kg上げるという頑張れば達成できるくらいの目標を設定することで、モチベーションを維持して取り組めます。

そうすることで、目標を達成しやすくなります。

このように無理のない目標を設定することは、目標達成できる人になるためのコツとなります。

 

2.具体的な目標を設定する

具体的な目標を設定することは、目標達成できる人になるためのコツのひとつです。

なぜなら、具体的な目標を設定することで、次に取るべきアクションが明確になるからです。

例えば、夏までに痩せるというぼんやりとした目標だった場合だと、いつからどのようなことをしてどれくらい痩せるかがわからず、結局アクションが曖昧になってしまう可能性が高いです。

しかし、2ヶ月で4kg痩せると目標を設定すれば、今日から一食何カロリー内にして、週何回は30分のジョギングをするなど行動を明確にしやすいです。

そうすることで、目標を達成しやすくなります。

このように具体的な目標を設定することは、目標達成できる人になるためのコツとなります。

 

3.目標達成したときの褒美を設ける

目標達成したときの褒美を設けることは、目標達成できる人になるためのコツのひとつです。

なぜなら、褒美を設けると、頑張るなかでも喜びを感じられるようになり、その喜びが原動力となりうるからです。

例えば、1ヶ月で3kg痩せると目標を設定したときに、その目標を無事に達成できれば、褒美として自分が大好きなスイーツを褒美として設けるのもよいでしょう。

そうすることで、次の目標を達成するために頑張る原動力になります。

このように目標達成したときの褒美を設けることは、目標達成できる人になるためのコツとなります。

 

目標達成できる人になりたいあなたへ

この記事を読んでいる方のなかには、目標を達成できるようになりたいと考えている人も多いと思います。

しかし、どうしても周りの誘惑や自分の弱さに負けて目標を達成できずにいる人もいるのではないでしょうか。

そのような目標が達成できないあなたには、コーチングがおすすめです。

理由は、コーチングには以下のような効果があるからです。

  • 今ある思考の常識を壊す
  • その上で自分のやりたいことを探しだす
  • 自分が持っている可能性を最大限引き出す

上記の効果からコーチングを受けることで、目標達成できる人になれます。

しかし、

  • 「そんな簡単に変われるわけないでしょ」
  • 「何でコーチングってそんな効果があるの」

と思う方もいると思いますので、コーチングがどのようなものなのか、より詳しく解説した記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・目的・方法など全てを徹底解説

ここまで読んでいただきありがとうございました。

現在、GOAL-Bコーチングでは無料セッションも受付中です。

詳細とお申し込みはこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創設。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開している。コーチングの提供クライアント数は1000人以上。