社会人4年目で会社を辞めたいと感じたら?5つの対処法を徹底解説

この記事のまとめ

社会人4年目で会社を辞めたいと感じる理由6選と5つの対処法を徹底解説!

会社を辞めたいと感じたときにやるべきことは?次の仕事の決め方はどうすればいいのか?

会社を辞めるかどうか悩む際に抱く不安を全て解消します!

「上司から3年は我慢する時期と言われたけど、もうしんどい……」

入社当初はがむしゃらに働いていても、3年経てばそろそろ落ち着きが出てくる時期。

落ち着きが出ると考える余裕が生まれ、不安を感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

GOAL-Bくん

僕も先輩や上司の「忙しいだけで楽しくなさそうな姿」を見て絶望したことをよく覚えています。

しかし、考える余裕が生まれたことはキャリアについてじっくりと考えるチャンスでもあります。

この先どのような人生にしていきたいのかを改めて考え直す良いきっかけにしていきましょう。

当記事では、会社を辞めたいと感じるあなたに向けて、5つの対処法を紹介します。

当記事を読めば、漠然とした不安が無くなり、目標を持って楽しく働けるようになるはずです。

適職を見つけなければ、自分らしく働くことができず、転職をしたとしても、仕事が合わずにまた辞めたくなるかもしれません。

キャリスピでは、プロのコーチがあなたの適職を見つけ、理想のキャリアへの後押しをします。

3分で申し込める無料の体験コーチングを受けて、あなたらしく働く未来を一緒につくりましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

目次

中川 晃雄
株式会社GOAL-B CEO
株式会社GOAL-Bの代表取締役社長。有料職業紹介事業 (許可番号: 13-ユ-314850)月間20万PVの個人ブログを運営し、登録者数12万人のYouTubeチャンネル「AKIOBLOG」を運営。自身が経営する株式会社GOAL-Bで、累計2000人超が受講したキャリアコーチングサービス「キャリスピ」を提供。著書「本気の副業術(西東社)」

社会人4年目で会社を辞めたいと感じたらキャリアについて考え直そう

社会人4年目

社会人4年目で「会社を辞めたいなぁ……。」と感じたら、一度キャリアについて考えてみましょう。

悩みや不安があるからこそ、今の自分について整理してみるのが大切です。

GOAL-Bくん

社会人も4年目になると、入社したての時期と大きく環境が変わっています。

次のような変化を実感している人も多いでしょう。

  • 責任のある仕事を任される
  • リーダーを任される
  • 新入社員の教育担当になる
  • 人事異動が命じられる
  • 後輩が自分よりも出世している

環境の変化に対して、気持ちがついてこないのもよくある話です。

だからこそ、「今のままでいいのか」「これからの自分がどうしたいのか」について、考えてみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません


社会人4年目で会社を辞めたいと思う理由6選

社会人4年目で会社を辞めたいと思う理由

社会人4年目で会社を辞めたいと思う背景には、次のような理由が考えられます。

  • 給与などの待遇に不満があるから
  • 仕事ができないと感じたから
  • 職場の人間関係が良くないから
  • やりたい仕事ができないから
  • ほかにやりたいことがあるから
  • モチベーションがあがらないから

給与などの待遇に不満があるから

給与が低い

給与や労働時間など、待遇に不満があると会社を辞めたいと感じる原因になります。

「ほかの会社であれば、もっと良い環境なのでは?」と考え始めるからです。

GOAL-Bくん

4年間働いたからこそ、給与や待遇が自分に合ってないことに気付けます。

また、4年間の実績を「転職に活かせそう」とも感じ始める時期です。

今よりも給与や待遇の良い会社があると思うと、会社を辞めようとするきっかけになります。

仕事ができないと感じたから

仕事ができない

仕事ができない、向いていないと感じる場合も、会社を辞めたくなる要因です。

4年続けても成果が出ないのであれば、辞めようとも思い始めるでしょう。

GOAL-Bくん

入社4年目は、会社を辞める絶妙なタイミングです。

4年目にもなると、「会社を辞めるのが早すぎる」と思われることはありません。

しかし、未経験の職種に転職するには、これ以上過ぎると遅いかもしれません。

4年目は会社を辞めるなら今だと思いやすいタイミングになるため、悩みやすい時期でもあります。

職場の人間関係が良くないから

職場の人間関係

職場の人間関係に不満があるのも、辞めようと考える原因です。

人間関係が良くない職場で働くのは、ストレスに感じるでしょう。

また、人間関係は仕事の成果にも影響を及ぼします。

雰囲気が悪いせいでスムーズな仕事ができず、苦労することもあるでしょう。

もっと居心地の良い職場を探すために、会社を辞めたいと思う人もいます。

やりたい仕事ができないから

やりたい仕事ができない

やりたい仕事ができずに、会社を辞める人もいるでしょう。

4年経って希望の仕事に就けないと、今後もできない可能性があるからです。

4年目にもなると、やりたい仕事も明確になる時期です。

しかし、会社の都合もあり、希望の仕事ができるとは限りません。

異動願いを出していても、まったく通らないこともあります。

このままではやりたい仕事ができないと感じるため、仕事を辞めたいと思い始めるのです。

ほかにやりたいことがあるから

他にやりたいことができた

ほかにやりたいことができて、会社を辞めたいと思うケースもあります。

今の会社では実現できないことがあれば、退職につながるでしょう。

たとえば、転職をして、やりたいことを叶える人もいます。

GOAL-Bくん

また、起業やフリーランスでやりたいことを実現するケースもあるでしょう。

4年経ってやりたいことができなければ、環境を変えるのも1つの手段です。

モチベーションがあがらないから

モチベーションが上がらない

4年間仕事をしていて、モチベーションがこれ以上あがらない人もいます。

同じ仕事を続けていると、成長を感じられず、飽きてしまうからです。

入社直後は「仕事で成果を出そう」「出世しよう」などとモチベーションも高いもの。

GOAL-Bくん

しかし、4年間も同じ気持ちを維持するのは難しいでしょう。

このまま同じ仕事を続けていてもモチベーションはあがらないと感じ、会社を辞めたいと考える人もいます。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません


社会人4年目で会社を辞めたいと思ったときの5つの対処法

会社を辞めたいときの対処法

仕事を辞めたいと感じたら、次の5つを試してみてください。

  • 辞めたい理由を明確にする
  • 辞めたい理由に順位をつける
  • 自分で解決できる悩みとできない悩みを整理する
  • 休みを取って冷静に考える時間を作る
  • キャリアコーチングを受ける

辞めたい理由を明確にする

気持ちを書き出す

まずはなぜ仕事を辞めたいのか、理由を明確にしましょう。

漠然としたままにするのではなく、自分の気持ちを理解するのが大切です。

GOAL-Bくん

まずは自分の気持ちや考えを紙に書き出してみましょう。

客観的な視点で見てみれば、自分がどのような感情なのかを整理できます。

辞めたい理由がわからないとモヤモヤしてしまうので、まずは自己理解から始めてください。

辞めたい理由に順位をつける

適切な対処

辞めたい理由を整理できたら、順位をつけてみましょう。

悩みのレベルを理解しておくと、どれから対処すべきなのかがわかります。

悩みのレベルがわかっていないと、転職しても同じ失敗を繰り返すかもしれません。

「これだけは譲れない」といった悩みを明確にして、解消できるように動きましょう。

自分で解決できる悩みとできない悩みを整理する

悩みを理解

悩みのなかでも、「自分で解決できるもの」と「自分では解決できないもの」を分けてみてください。

自分では解決できないものが多ければ、環境を変える必要があります。

たとえば、「給料が安い」を理由に、会社を辞めたいとしましょう。

GOAL-Bくん

もし、成果を出したり、出世したりして給料が上がるのであれば、自分の力で変えられる悩みです。

しかし、成果を出しても、出世しても給料が変わらない場合は、環境を変える必要があります。

「自分の力で改善できそうか」を考えてみると、会社を辞めるべきかどうかが判断できるでしょう。

休みを取って冷静に考える時間を作る

冷静に考える時間を作る

会社を辞めたいと感じたら、考える時間を作るのも大切です。

思い付きで行動すると失敗しやすいので、仕事を休んででも考える時間を確保しましょう。

忙しいときや疲れているときに考えてしまうと、冷静な判断ができません。

GOAL-Bくん

一度休息をとり、フラットな気持ちで考えてみるのをおすすめします。

一時の感情に流されると後悔してしまうので、時間をとって考えるようにしてください。

キャリアコーチングを受ける

キャリアコーチング

キャリアコーチングを受けて、自分のキャリアについて考えてみましょう。

会社を辞めたいと感じたのであれば、今後の人生について考えるチャンスです。

「自分のやりたいこと」を実現する手段は、会社を辞めるだけではありません。

GOAL-Bくん

今の会社に勤めながらも、実現できる場合があります。

まずはキャリアコーチングを受けて、「自分がどうしたいのか」を考えてみましょう。

GOALを明確にして、行動を逆算していくと、行動に迷いがなくなります。

おすすめのキャリアコーチングサービスは、以下の記事で解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

会社を辞めたいときに辞めた方が良い3つのケース

会社を辞めたほうが良いケース

次のような状況の場合、会社を辞めた方がいいでしょう。

  • 会社を辞めてやりたいことがある場合
  • 辞める原因が自分の力ではどうにもならない場合
  • 辛すぎて体調面に影響が出ている場合

なぜ会社を辞めた方がいいのかについて、詳しく解説します。

会社を辞めてやりたいことがある場合

自分の気持ちに従う

会社を辞めてでもやりたいことがあるのであれば、辞めるのがおすすめです。

自分のやりたい気持ちに従った方が、充実した人生をおくれます。

やりたいことが明確になっても、今の会社では実現できないこともあるでしょう。

GOAL-Bくん

嫌な仕事を続けていても、モチベーションは上がらず、成果も出ません。

やりたいことが明確なのであれば、自分を信じて行動に移すことをおすすめします。

辞める原因が自分の力ではどうにもならない場合

辞める原因が自分では解決できないとき

辞めたい原因がどうしても改善できないのであれば、会社を辞めた方が良いでしょう。

環境を変えることでしか、解決できないこともあります。

たとえば、部署異動を依頼しても、実現しない場合もあるでしょう。

GOAL-Bくん

また、上司に相談しても、改善されないケースもあります。

今の会社で悩みが改善できないのであれば、辞めるのも1つの手段です。

自分らしく働ける場所を探して、行動してみましょう。

辛すぎて体調面に影響が出ている場合

心身の不調

会社が辛すぎて、心身の不調が出る場合も会社を辞めましょう。

最悪の場合、うつ病などにかかってしまうかもしれません。

一度体調を崩してしまうと、復帰までに時間がかかります。

回復していないのに仕事を続けた結果、さらに悪化する場合もあるでしょう。

我慢できないほどのストレスがかかる場合は、仕事を辞めるのも1つの手段です。

自分のことを第一に考えて、会社を辞める勇気も必要でしょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

会社を辞めたいときに辞めない方が良い3つのケース

会社を辞めない方が良いケース

会社を辞めたくても辞めない方が良いケースは、次のとおりです。

  • やりたいことや目標が決まっていない場合
  • 部署移動で解決できる場合
  • 会社を辞めると経済的に苦しい場合

やりたいことや目標が決まっていない場合

目標がないと迷子になる

特にやりたいことがない場合、会社を辞めない方が良いでしょう。

目標なく会社を辞めてしまうと、次にどうするかわからなくなるからです。

たとえば、「どんな仕事が良いのだろう……。」と悩み、適職に就けない場合もあります。

GOAL-Bくん

また、新しい仕事を始めても、目標がないのでやりがいを感じられないかもしれません。

会社を辞めるのであれば、やりたいことが決まってからにしましょう。

まずは、「自分は何をやりたいのか」を考えるところから始めてください。

部署異動で解決できる場合

部署異動

部署異動で悩みが解消されるのであれば、会社を辞める必要はありません。

「今の会社で解決できる悩みではないか」を考えてみましょう。

たとえば、部署の雰囲気が合わないのであれば、部署異動で改善される場合もあります。

GOAL-Bくん

また、仕事内容が変わり、不満が解消される場合もあるでしょう。

今の会社でも、悩みや不満を解消できる手段はあります。

会社を辞めなくても解消できる悩みではないか考え、周囲に相談してみてください。

会社を辞めると経済的に苦しい場合

経済的に厳しい場合は辞めない

退職して生活が苦しくなる場合、会社を辞めてはいけません。

「早く次の仕事を見つけなきゃ」と焦り、転職活動失敗につながるからです。

生活に余裕がないと、気持ちが焦り、冷静な判断ができなくなります。

GOAL-Bくん

また、生活するためにパートやアルバイトをはじめ、転職活動に手が回らないケースもあるでしょう。

会社を辞めても生活できるかどうかは、事前に考えておくのが重要です。

半年から1年は仕事をしなくて生活できる資金があれば、転職活動も落ち着いてできるでしょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

社会人4年目は転職市場での価値が高い3つの理由

社会人4年目が市場価値が高い

社会人4年目は、次のような理由から転職市場での価値が高くなります。

  • 即戦力として期待できる
  • 若いためポテンシャルも期待できる
  • 基本的なビジネスマナーが備わっている

企業が持っているイメージを理解し、転職活動を有利に進めましょう。

即戦力として期待できる

実績や経験

社会人4年目は実績や経験を積んでいるため、即戦力として期待できます。

GOAL-Bくん

研修に時間を使う必要がないため、企業から歓迎されるでしょう。

転職するのであれば、同業種への転職がおすすめ。

前職の経験が評価され、自分の実力を活かせる仕事を任せてもらいやすいからです。

自分の評価を高めるために、これまでの経験を活かせる会社を志望すると良いでしょう。

若いためポテンシャルも期待できる

20代は成長できる

社会人4年目はまだまだ若く、ポテンシャルも期待されます。

大学を卒業していても、まだ20代中盤であり、まだまだ成長できる時期だからです。

企業は若手の社員を採用し、ゆくゆくは責任のある仕事を任せたいと考えています。

成長意欲を評価する企業も多く、若さを前面に出すのも市場価値を高めるポイントです。

基本的なビジネスマナーが備わっている

基本的なビジネスマナーを持っている点も、社会人4年目が評価される理由になります。

一から指導する必要はなく、業務の研修を行えば業務を任せられるからです。

GOAL-Bくん

新卒や第二新卒の場合、ビジネスマナーができていない場合もよくあります。

業務だけではなく、ビジネスマナーも覚えるとなると、戦力になるまで時間はかかるでしょう。

その点、社会人4年目であれば、4年間でビジネスマナーが身についているため、評価されるのです。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

社会人4年目が転職する際にやるべき5つのこと

転職する際にやるべきこと

転職しようと思う場合は、次の5つは実施しておきましょう。

  • 自己分析を行う
  • キャリアの棚卸しを行う
  • 企業情報をチェックする
  • 書類選考対策を行う
  • 面接対策を行う

自己分析を行う

自己分析

まずは自己分析を行い、自分の考えや価値観、強みを整理しておきましょう。

自分について理解していなければ、転職活動で自分の魅力をアピールできません。

また、転職活動を成功させるには、自分の適職を理解するのも大切です。

「自分の強みを活かせる仕事は何か」

「自分のやりたい仕事は何か」

このような部分を明確にするためにも、自己分析を行ってください。

自己分析のやり方がわからない人は以下の記事を参考にしてみてください。

キャリアの棚卸しを行う

キャリアの棚卸し

キャリアの棚卸しを行い、ミスマッチを防ぎましょう。

キャリアの棚卸しとは、社会人としての実績や経験を整理することです。

GOAL-Bくん

これまでのキャリアを整理すれば、自分の得意なことがわかります。

すると、自分の経験や特性を生かせる仕事を探しやすくなるでしょう。

社会人として4年働いた経験を活かすためにも、どのような実績を積んできたのか整理してみてください。

企業情報をチェックする

企業情報をチェックする

会社とのミスマッチを防ぐために、企業情報を確認しておきましょう。

詳しく調べれば調べるほど、イメージとのギャップを減らせます。

企業情報は求人だけではなく、企業のWebサイトも調べましょう。

口コミサイトを確認して、実際に働いた人の声を知っておくのも大切です。

自分の理想と合うか判断するためにも、志望企業については詳しく調べておきましょう。

書類選考対策を行う

面接に参加するためには、書類選考の対策が欠かせません。

履歴書の段階からアピールを成功させ、面接を有利に進めましょう。

どの企業でも聞かれるのが、志望動機と自己PRです。

「なぜその会社を志望するのか」

「自分の強みを活かして、どのように企業に貢献できるのか」

このような点は整理しておきましょう。

面接対策を行う

面接対策を行い、アピールできるように準備するのも大切です。

受け答えはもちろん、身だしなみも意識して面接に参加してください。

GOAL-Bくん

また、転職する場合は、「退職理由」をよく聞かれます。

ポジティブに受け止めてもらえるように、答え方を工夫しましょう。

たとえば、次のような回答は、印象がよくありません。

「仕事が辛かった」

「給料が安かった」

「人間関係が良くなかった」

好印象を与えるには、次のような答え方がおすすめです。

「キャリアアップをするため」

「今よりも大きな規模の仕事をしたいから」

「新しい職種にチャレンジしたいから」

面接では、ポジティブな内容を意識しましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

「会社 辞めたい 4年目」に関するよくある質問

ここでは、会社を辞めたい社会人4年目から、よくある質問に回答します。

  • 社会人4年目で求められることとは?
  • 退職は何年目が多い?
  • 会社を辞めたいときはいつまでに言えばいい?
社会人4年目で求められることとは?

社会人4年目になると、次のようなことが求められます。

  • 仕事で成果を出す
  • 後輩の指導を行う
  • 上司と後輩の橋渡しをする
  • リーダーとして活躍する

4年目になると、自分のことだけではなく、部署全体について考えなければなりません。

チームとして成果を出せるように、仕事を行うことが求められます。

退職は何年目が多い?

マイナビの調査によると、「初めて退職を経験した」と答えた社会人が多いのは3年目でした。

スクロールできます
初めての退職年度初めて退職した人の割合
1年目17.7%
2年目23.0%
3年目25.7%

厚生労働省の調査でも、大学卒業者の3割程度が、3年以内に退職していることがわかっています。

スクロールできます
大学卒業年度3年以内の退職割合
平成30年3月31.2%
平成31年3月31.5%
令和2年3月32.3%

社会人4年目になって会社を辞めるかどうか迷うことは、それほど不思議なことではないでしょう。


参照:仕事を辞めるタイミングは入社何年目?転職まで3年は働くべきなのか

参照:新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況

会社を辞めたいときはいつまでに言えばいい?

会社を辞めたいときは、「退職日の1ヶ月から3ヶ月前」に伝えましょう。

就業規則に「退職時は、30日前までに退職願を提出しなければならない」などと記載されているケースもあるので、確認しておいてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

まとめ:入社4年目で会社を辞めたいと感じたらキャリアコーチングを受けよう

入社してから4年経つと、仕事に対して悩みも生じやすくなります。

「仕事が合わない」

「環境が合わない」

「やりたいことができていない」

このような悩みを抱える人もいるでしょう。

しかし、悩んでいるからといって、すぐに仕事を辞めてはいけません。

勢いのまま仕事を辞めてしまうと、将来についての意識が甘く、仕事選びに失敗して後悔してしまいます。

会社を辞めたいと思ったら、まずはキャリアについて考えてみましょう。

自分がやりたいことを明確にすると、会社選びも成功しやすくなります。

キャリアについて考える場合は、キャリアコーチングを受けるのがおすすめです。

キャリアのプロにサポートしてもらい、「自分が本当にやりたいことは何か」について考えてみましょう。

キャリアコーチングでおすすめなのが「キャリスピ」。

キャリアに関してハイレベルなコーチが、マンツーマンでサポートします。

今なら通常5,500円のコーチングが無料。

「4年間働いたけど、そろそろ会社を辞めたい」

「自分の理想とするキャリアを見つけたい」

このような悩みを抱えている方は、ぜひ「キャリスピ」を受講してください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次