適性がない仕事でも続けるべき?向いてない仕事から抜け出す3つのヒント

この記事のまとめ

今の仕事は適性がないと思うんだけど、転職すべき?続けるべき?

「仕事が向いてない」ってただの甘え?頑張るべき?

仕事の向き不向きに悩む方へ、キャリアのプロであるGOAL-Bがあなたの適職を導き出す方法を徹底解説!

毎日失敗して怒られてばかり…

特にこれと言って大した成果も出ない…

こんな毎日が続けば、今の仕事は向いていないと思ってしまいますよね。

GOAL-Bくん

そんな自分を責めてしまうこともあるでしょう。

しかし、それはあなたが悪いわけではありません。

決して甘えや逃げではなく、あなたの適職を見出せていないだけなのです。

この記事では、あなたの適性にピッタリの仕事を見つける方法を徹底解説します。

あなたの持つ「強み=才能」さえ見出すことができれば、もう仕事選びに迷うことはありません。

一刻も早く適職を見つけて、自分らしくイキイキ働く毎日を手に入れましょう。

適職を探すためにはまず「強み」を見つけるところから始めましょう。

キャリスピの無料コーチング体験では、無意識にやってしまう強みが見つかります。

3分で簡単に申し込むことができるので、ご気軽に申し込んでみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

目次
松田 皓太
株式会社GOAL-B CMO
株式会社GOAL-BのCMO。同志社大学を卒業後、西日本シティ銀行に入社。2021年Salesforceに転職後、副業で株式会社ACILを経営。キャリアに関する情報を発信するメディア「ポジサラ」を運営。2023年会社売却をし、株式会社GOAL-B入社。日本一本質的なキャリア支援を目指し、今日も最高の1日を作り上げるメディアを運営。

仕事の向き不向きは存在する!

まず大前提、仕事の向き不向きは存在します。

GOAL-Bくん

進化論的な観点から考えてみましょう。

そもそも人間は、個体としては、他の動物と比べて非常に弱い生き物です。

だからこそ集団を形成して、生存確率を上げてきました。

仮に以下の2つの種がいたとします。

  • 全個体が同じ特徴しか持たない種族
  • 個体それぞれが違う特徴を持つ種族

後者の方が、あらゆる状況に対応できるのは言うまでもないでしょう。

【前者の場合】

「リスクを考えない」という特徴の個体しかいない

リスクマネジメントができず、危険にさらされ続けることになる

【後者の場合】

「リスクを考える個体」と「警戒心が強い個体」がバランスよくいる

チャレンジとリスクマネジメントのバランスが取れ、生存率が上がる

このように生存の観点からも、「適性」という概念が存在することは自然なことなのです。

「向いてない」は逃げても甘えでもない

「この仕事に向いてないかも…」と感じた時、よくこのような言葉を言われることがあるでしょう。

「もっと頑張れ」

「我慢が足りない」

「努力が足りない」

我慢が美徳とされる日本では、「石の上にも三年」という言葉もあります。

GOAL-Bくん

我慢できない自分を責めてしまいますよね。

しかし、「向いてない」と感じることは決して逃げでも甘えでもありません。

適性がない仕事で無理をしても、長続きせず、結局は心身に悪影響を及ぼすことになります。

そんなことをするくらいなら、適性のある仕事で楽しく働いた方がよっぽどましです。

楽しく働きたいと思う方は、まず「やりたい仕事」を特定しましょう。

やりたい仕事は、ワークシートを使えば簡単に見つけられます。

GOAL-Bくん

ぜひ無料の特典を活用してください。

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 仕事の成果の出し方がわかった!
  • 将来の方向性が明確になった!
  • 自信を持てるようになった!

\ たった30秒で受け取り完了!

仕事で「幸せ」になる方法

まず大前提として、仕事を充実させ、仕事で幸せになることは可能です。

そのためには「仕事=辛い事に耐えるものだ」という先入観を捨てる必要があります。

仕事での幸せを見つけるためには、「地位財産」と「非地位財産」を理解することが重要です。

GOAL-Bくん

それぞれ解説します。

【地位財産】
お金や権力、名声などの物質的な成功や社会的な評価

地位財産の特徴は、「相対的な価値」であるということ。

つまり、価値を認識するためには他人との比較が必要になります。

【地位財産の例】

  • 「いくらもらえるか?」で仕事を判断する
  • 年収〇〇万円以下はみじめ
  • 社長=偉い・かっこいい

【非地位財産】
やりがいや楽しさ、感謝、人間関係など、内面的な満足をもたらす要素

非地位財産の特徴は、「絶対的な価値」であるということ。

比較ではなく、自分自身の感情や価値観に基づいて幸せを感じることができます。

【非地位財産の例】

  • 興味のある分野で働く
  • 職場の同僚と安心できる繋がりを持つ
  • 金銭よりお客様の笑顔が何より嬉しい

多くの人は、地位財産に焦点を合わせがちです。

しかし、地位財産は短期的な快楽や満足感をもたらすもの。

GOAL-Bくん

長期的な幸福にはつながりにくい場合があります。

仕事で幸せになるためには、非地位財産を追うべきです。

そのために自分の強みや興味、価値観に合っていることが重要なのです。

劣悪な労働環境は即転職でOK

当然ですが、問題のある職場の場合は、すぐに転職しましょう。

  • いじめ
  • ハラスメント
  • コンプライアンス違反
  • 違法な残業

こういった労働環境は、向き不向き以前の問題です。

GOAL-Bくん

心身を守るためにも、遠慮なく逃げるべき。

なにも恥じる必要はありません。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

適正がない仕事を続けた結果はろくなことがない

適性がない仕事を続けても、自分が望む結果は生まれません。

もちろん、続けることで「忍耐力」や「続ける力」といったものはつくでしょう。

しかし、それらは適性がない仕事でなくともつけることは十分に可能です。

むしろ、以下のような悪い結果によるデメリットの方が上回ってしまいます。

適正がない仕事を続けた結果起こること
  • 心身の不調
  • 燃え尽き症候群
  • 満たされないモヤモヤした日々

心身の不調

適性がない仕事を続けていれば、当然心身に負担をかけ続けることになります。

慢性的なストレスは、身体の不調を来します。

身体的な疲労は休息で治るもの。

しかし、一度壊れた心は、元に戻るのが非常に難しく時間のかかることです。

GOAL-Bくん

だからこそ、「そもそも心を壊さないこと」が重要。

始めから、スムーズにできる「適性のある仕事」をチョイスするに越したことはないのです。

燃え尽き症候群

適性のない仕事は、仮に成果が出ても燃え尽きてしまいモチベーションを喪失します。

適性がない仕事でも、一定期間続ければ慣れるタイミングが訪れるでしょう。

GOAL-Bくん

多少の成果は出るかもしれません。

しかし、仮に成果が出たとしても、喜びは一瞬。

また適性のない仕事を嫌々続ける日常が始まります。

「また辛い毎日が続くのか…」と、気が遠くなりやる気が失われることに。

つまり、一度成果が出てしまうと、頑張る理由が無くなってしまうのです。

満たされないモヤモヤした日々

適性がない仕事を続けると、満たされないモヤモヤした日々が続きます。

適性がないということは、人一倍頑張らなくてはいけません。

頑張っているのに人並み、大した成果も出ないためモヤモヤとした不満が募ります。

「何でこんなに頑張ってるのに、自分はこんなにも苦しいんだろう…」

満足感がなく、苦しい毎日にうんざりしてしまうことに。

苦しさに耐えても嬉しいことは待っていないとなると、頑張ることすらも意味を失います。

「でも生きるためには働かなきゃ…」

この負のループから抜け出さなければ、モヤモヤは根本的に晴れることはありません。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事が向いてない時に現れる6つのサイン

仕事が向いていない時には、以下のような6つのサインが現れます。

仕事が向いてない6つのサイン
  • 成果が出ない
  • モチベーションに悩む
  • 仕事がストレス
  • 心身に不調が出る
  • 疲れ果てて休日は何もできない
  • 成長している感覚がない

「仕事に向いているかどうかがわからない」という方は、判断基準の参考にしてください。

成果が出ない

向いていない仕事を続けていても、大した成果は出ません。

GOAL-Bくん

成果が出ないと面白さもないですよね。

成果が出ていないということは、向いてない可能性が非常に高いサインです。

まず成果を出すためには、以下の3つの要素が必要。

  • 正しいやり方
  • 行動力
  • 継続力

そして、その3つを担保するのが「適性のある向いている仕事」です。

向いてる仕事はやっていて「楽しい・面白い」と思えるもの。

楽しさ・面白さがなければ、上記3つが担保できないため、成果が出ないのです。

モチベーションに悩む

「モチベーションを上げないと!」

「どうやったらモチベーションがあがるのかな?」

このように考えている時点で、既にその仕事は向いていません。

本来、適性があって向いている仕事なら、多かれ少なかれ「楽しい・面白い」と思えるはず。

GOAL-Bくん

つまり、自発的に「やりたい」と思うはずです。

やりたいからやるのだから、そもそもモチベーションを考える必要性がない。

モチベーションで悩んでいるということは、そもそも「やりたくない」と思っているということ。

やりたくないから無理やりモチベーションを上げようとする

この状態は、仕事が向いていない可能性が非常に高いでしょう。

仕事がストレス

仕事=ストレスを溜めるもの

この認識が当たり前になってしまっている場合、仕事に適性がないサインです。

適性のある仕事、楽しんで働ける仕事なら、そもそも「仕事がストレス」とは思いません。

多少のストレスはあれど、「仕事=ストレス”しかない”」とはならないはず。

GOAL-Bくん

「大変だけど、充実感がある」という認識になるはずです。

「充実感なんてあるワケない」

「ストレス発散してないとやってられない」

このように考えてしまう場合は、向いてない仕事をしているサインです。

心身に不調が出る

心身の不調は「もうやめてくれ」と自分に教えてくれる、一番わかりやすいサインです。

「仕事しなきゃ…」と思って無理やり身体を動かしても、向いてない仕事ならば身体は拒否します。

その拒否反応の最たるものが、心身の不調です。

向いている仕事なら、仕事をしていて心を壊すことはありません。

GOAL-Bくん

むしろ充実感・達成感といったエネルギーを得られることも。

もちろん、短期的な疲れはあります。

しかし、身体が拒絶することは、通常起こり得ないはずです。

  • 会社に行こうとすると涙が出る
  • ベッドから動けない
  • 身体がだるい

このような”拒絶反応”は、仕事が向いていないサインです。

疲れ果てて休日は何もできない

仕事で疲弊してしまい、休日は寝て過ごすしかないという場合も、適性がないサインです。

適性のある仕事なら、ストレスが少なく、休日も充実した時間を過ごせるはず。

少なくとも、「疲れ果てる」なんてことは起こりません。

体力的にも精神的にも余裕がないと感じるなら、今の仕事に向いていない可能性が高いでしょう。

成長している感覚がない

マイナスをゼロにする努力で精一杯で、成長している感覚がない…

これも仕事が向いていないサインです。

向いている仕事であれば、自発的に行動できます。

その自発的な行動によって、勝手に成長が促されるのです。

GOAL-Bくん

なぜなら「楽しくて、やりたいこと」だから。

もはや「成長しよう」という感覚すらありません。

目的のために前進していたら、”気付いたら”成長していた

それくらいに、ナチュラルに成長の循環が生まれるものです。

もし「成長しなきゃ」「成長できない」と感じているなら、仕事が向いていないサインです。

仕事の適性がないなら転職すべき?4つの判断基準

「仕事の適性」と一言で言っても、判断するのはなかなか難しいですよね。

具体的に何がどうなれば仕事の適性がないと言えるのか

それがわからなければ、転職の決断もできませんよね。

以下の4つの判断基準を参考に、転職するかどうかを決めましょう。

転職の4つの判断基準
  • やりたいこと
  • お金
  • 昇進・出世
  • プライベート

やりたいこと

「適性がない、やりたいことでもない」

この場合、転職することを強くお勧めします。

「適性がない、でもやりたいことだ」

この場合は、適性云々は一旦置いておき、全力でやりぬきましょう。

「やりたい」という思いは、何物にも代えがたいモチベーション。

GOAL-Bくん

どうしてもダメなら、やめればよいだけです。

とはいえ、「適性がない」と感じるということは、あなたの強みとズレている可能性があります。

その場合、やりたい仕事の中で別の業務に移るというのも一つの手段です。

お金

「適性がない、収入にも不満がある」

この場合、明らかに転職すべきです。

「適性がないけど、収入には不満がない。転職して減るのが怖い」

この場合は判断が難しいですよね。

その場合、「お金」以外の基準を用いましょう。

悩ましくて決断ができない場合は、人生設計シートをご活用ください。

「自分の人生をどう生きたいか」

それさえ決まってしまえば、「お金」は些細な問題。

人生設計シートは無料で受け取れますので、ぜひ活用してください。

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 漠然とした不安が無くなった!
  • 将来の方向性が明確になった!
  • 自分に自信を持てるようになった!

\ たった30秒で受け取り完了!

昇進・出世

「適性がなく、昇進・出世のルートはない。別にしたくもない。」

この場合は、適性のある仕事に転職することをおすすめします。

「適性はないけど、昇進・出世のルートが明確。上のポジションに行きたい。」

この場合、適性云々は置いておいて、昇進・出世を目指しましょう。

仮に昇進出来て「なんか違うな…」となっても、そこまで昇った経験値は残ります。

「やり抜いた」という経験値は、間違いなく今後の人生の役に立ちます。

プライベート

「適性がない、プライベートの時間もない。プライベートの時間を優先したい。」

この場合、転職することをおすすめします。

「適性がない、プライベートの時間はある。プライベートの時間に不満はない。」

この場合は、他の基準を見て、総合的に判断しましょう。

例えば、以下のような優先順位なら、適性のある仕事に転職することが推奨されるでしょう。

転職が推奨される例①

「適性のある仕事で充実して働きたいし、プライベートの時間も確保しておきたい。」

転職が推奨される例②

「そのためなら多少収入が落ちても構わないし、昇進・出世に興味はない。」

他の基準と照らし合わせ、内省してみましょう。

仕事の適性を見出す3つのポイント

仕事の適性を見出すためにはコツがあります。

そのコツさえ押さえたら、適性のある向いている仕事を特定することは難しくありません。

ポイントは、「強み」と「環境」の2つ。

「強み」×「環境」=最高に輝く仕事

「強み」とは以下のようなもの。

  • ついやっちゃうこと
  • 自然とできること
  • やっているだけで楽しいこと

【強みの例】

  • つい物事を深く考え調べてしまう
  • 自然と相手の話を聞いて問題を整理できる
  • 1人でひたすら文章を書いているのが楽しい

自分がやっていて楽しいことなので、そもそも苦になりません。

それどころか、没頭してしまうため楽しさも感じられます。

これが本当の、あなたに向いている仕事です。

GOAL-Bくん

あなたの「最高に輝く仕事」と言えるでしょう。

その強みが見つかれば、あとはその強みが発揮できる環境に行くのみです。

強みを見つける「本当の自己分析」

強みは、表面な自己分析では見つかりません。

例えば、以下のような表面的な分析では不十分です。

「自分はコミュニケーションが得意だから営業が向いている」

「プログラミングのスキルを持っているから、IT周りの仕事が向いてる」

もっと深く、自分の強みを探る必要があります。

ポイントは、過去を丁寧に振り替える事。

強みは人生のあらゆるところで、使われています。

GOAL-Bくん

一番有効なのは、過去の仕事を振り返ること。

日々の業務の中に、苦無く夢中にできたことがあったはずです。

もし無ければ、学生自体の私生活、アルバイト、部活動などでも構いません。

幼少期から現在に至るまで、「常に〇〇してた」とあらゆる場面で確認できるものが強みです。

適性に自信がないならキャリアコーチングがおすすめ

自己分析をしてみても、ハッキリと強みに確信が持てないことがあります。

強みは自分が普段当たり前にできることだから、自分では気付きにくい性質があるからです。

GOAL-Bくん

そんな時には第三者の力を借りましょう。

強みを見つけるプロの、客観的視点を借りることが最も効率的です。

GOAL-Bでは、あなたの隠れた強みを引き出すプロのコーチが揃っています。

無料体験コーチングを通じて、自分の真の強みを見つけ出すことが可能です。

わずか3分で申し込みが可能です。

気軽に試して、未来の可能性を広げましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

「今の仕事に適性がない…」と悩む人によくある質問

今の仕事に適性がないと感じる場合、どうすればいいか悩んでしまうものです。

ここでは、そんな悩める方によくある質問を取り上げて解答していきます。

  • 仕事をやめたほうがいいサインは?
  • 職場が合わないサインは?
  • 仕事に向いていないサインは?

仕事をやめたほうがいいサインは?

最もわかりやすいのは、心身の不調です。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • ずっと疲れている
  • 眠れない
  • 食欲が湧かない
  • 気分の落ち込みや不安感

 これらの不調が続く場合は、辞めることを積極的に考えましょう。

心身に不調が出るということは、身体が拒絶反応を示しているということ。

「休んでくれ」という身体からのサイン。

すぐに辞めないにしても、まずはしっかりと休むことが重要。

メンタルが壊れる前に、適切な休みを取りましょう。

職場が合わないサインは?

サインとしては、以下のようなものがあります。

  • 強みが発揮できず苦しい
  • 苦手な環境でパフォーマンスが出ない

「強み」と「環境」をチェックしてみましょう。

理想形は、のびのびと強みが発揮できる環境。

その方が仕事をしていて楽しく、かつ成果も出やすいです。

仕事に向いていないサインは?

努力が苦しく感じる場合は、仕事に向いていないサインです。

向いている仕事であれば、「もっと頑張りたい」と自発的な努力になるはず。

「頑張るのが辛い…苦しい…」

「努力がしんどい…」

「もうやめたい…」

このように感じる場合は、今の仕事が向いていない可能性が高いです。

まずは、強みを見つけるところから始めましょう。

まとめ:適性がない仕事でも続けるべき?向いてない仕事から抜け出す3つのヒント

適性がない仕事を続けることには、多くのデメリットがあります。

  • 心身に大きな負担をかける
  • 成果が上がらない
  • 自己成長も感じられない

これでは時間の無駄、人生の無駄遣いです。

「あなた」という貴重な存在の無駄遣いでしかありません。

まずは強みを見つけ、それを活かせる仕事に移ることが重要。

自己分析を深く行い、自分が自然と楽しんでできることを特定しましょう。

「強みがなかなか見つからない…」

「強みに確信が持てない…」

「転職の勇気が出ない…」

このように悩む方には、キャリアコーチングがオススメ。

GOAL-Bの提供する「キャリスピでは、何千人ものキャリア迷子の方を救ってきました。

多くの人が、自分が輝く仕事を手にしています。

「自分もイキイキ仕事がしたい!」

そう思う方は、ぜひキャリスピを活用してください。

今なら期間限定で、無料体験コーチングを提供中です。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次