コーチングの効果とは|効果・根拠・注意点などを徹底解説

「コーチングって怪しくない?本当に効果あるのかな……」
「受けてた人が絶賛してたから、コーチングにどんな効果があるのか気になる」
「コーチングに興味を持ったから、私に必要かどうか知りたい」

このように考えているかたも多いことでしょう。

私もコーチングをはじめて知った時は、正直本当に効果があるものなのか懐疑的でした。

しかし、実際にコーチングを受けたり、勉強をしていく中で、コーチングの効果をかなり実感しています。

そこで当記事では、

  • コーチングの具体的な効果
  • 効果が得られる理由
  • 受ける際の注意点

を解説します。

この記事を読み終わった後には、よりコーチングの効果を理解することができ、自分が受けるべきかどうか適切に判断できるようになります。

それでは、行きましょう。

 

コーチングとは

そもそも、コーチングとは何かについて解説します。

コーチングとは、目標達成のためのコミュニケーション技術を指します。

「教える」のような一方的なコミュニケーション技術ではありません。受け手であるクライアントの考えを質問によって引き出し、それによって目標達成を支援するものです。

たとえば、学校の授業でよく行われるティーチングと、コーチングを比較してみます。

英語のテストで伸びない生徒がいたとしましょう。

学校教育で行われているティーチングでは、「このように勉強しなさい」と方法論を提示します。

一方でコーチングでは、「英語のテストで点数を取るために、今きみがやらないといけないことは何かな?」と質問を投げかけます。

両者に優劣はありません。アプローチ方法が違うだけです。

ただ、コーチングの方がより柔軟に発想できるのは事実です。ティーチングでは1つの正解を与えられる一方、コーチングでは考えを引き出すアプローチなため、答えが1つとは限らず、柔軟な発想が許されているからです。

このようにコーチングは、質問を通じて相手の考えを最大に引き出すことで、目標達成を支援するコミュニケーション技術を指します。

より詳しく知りたい方は、「コーチングとは?受けるメリット・効果・目的・方法など全てを徹底解説」をご覧ください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・効果・目的・方法など全てを徹底解説

 

コーチングを受けると得られる5つの効果

 

コーチングを受けて得られる効果は以下の5つです。

  1. 自分の才能を知れて、生きやすくなる
  2. 行動に迷いがなくなる
  3. 日々のパフォーマンスが最大化される
  4. 1人では達成できない「圧倒的な成果」が得られる
  5. 心の奥底から感じる「本当に」やりたいことに巡り合えるから

 

1.自分の才能を知れて、生きやすくなる

コーチングを受けると、自分の才能を知れて、生きやすくなります。

 

まず、才能がわかると、自分がどの環境でどのような役割をすれば才能が発揮できるかがわかるようになります。

その結果、自分をどう活かしていけばパフォーマンスを最大にできるかがわかるようになるのです。

 

コーチングでは、過去の体験を傾聴し、その体験の中でどのような才能が発揮されていたかを棚卸しします。

過去の成功体験とは、例えば

  • 部活で主将として大会優勝まで導いた
  • 大学受験では1年間毎日10時間勉強して第1志望に合格した

などがそれにあたります。

 

同じ経験をしていたとしても、人それぞれその場で発揮された強みは違います。

トップダウン型のマネジメントで大会優勝に導いた主将もいれば、フラットなマネジメントをして結果を出した主将もいるでしょう。

第1志望に合格するために友達と切磋琢磨した人もいれば、一人でとにかく孤独に頑張った人もいるでしょう。

 

人それぞれ強みは違います。そして、その強みを知らないと、自分にあってない環境を選んだ時に、自分が悪いのか選んだ環境が合わなかっただけなのかの判断がつかなくなってしまいます。

フラットなマネジメントが得意な人がトップダウン型のマネジメントをするように矯正されたら、パフォーマンスは下がります。

孤独が合う人が人と比べられる環境に放り込まれたら、パフォーマンスは下がります。

このように、自分に才能にあった場所を選ばないと、パフォーマンスは下がってしまいます。

パフォーマンスが下がってしまうと、当然生きづらくなるでしょう。

 

逆に、自分の才能がわかると当然生きやすくなります。

ここまでのことを踏まえて、コーチングを受けて自分の才能がわかると、その結果として生きやすくなるといえます。

 

2.行動に迷いがなくなる

コーチングを受けると、行動に迷いがなくなります。

質問されることを通じて経験してこなかったくらいに考えを深めるためです。

行動に迷いが生じる瞬間とは、行動しない理由が思い浮かんでしまう時です。行動しない理由が思い浮かぶ時とは、行動したことによるメリットがそれにかかる工数に見合わないと感じて、言い訳をしてしまっている可能性が高いです。

しかし、そういった場合のほとんどが、行動したほうがいいに決まっています。やらない後悔よりも、やった後悔です。

コーチングを受けると、そういった言い訳についてどのように対処すればいいかまで深く考えるために、「もうやるしかない」となります。その結果、行動に迷いがなくなるのです。

 

3.日々のパフォーマンスが最大化される

コーチングを受けると、日々のパフォーマンスが最大化されます。

自分の才能を知り、かつ行動に迷いがなくなるため、行動の質も量も最大化されるからです。

 

また、行動の質も量も最大化されることで、早く結果が得られます。

得られた結果が自信となり、さらにパフォーマンスが上がっていくのです。

 

4.1人では達成できない「圧倒的な成果」が得られる

コーチングを受けることで、1人では達成できない「圧倒的な成果」が得られます。

コーチがあなたを客観的に見た上で、「まだいける!」というラインを見極め、コミュニケーションをとることができるからです。

 

1人で考えていると、どうしても今まで経験してきた範囲の中で行動しようとしてしまいます。その結果、現状の延長線にあることしかできなくなります。

 

しかし、コーチングでは、現状の延長線では叶えられなかったであろう圧倒的な成果を出すためにどうすべきかということを考えます。

1人では考えたことのなかったような質問だったり、本当にこのままでいいのかというような自分に問いかけたことのないような質問を投げ掛けられることに起因しています。

 

コーチの支援があるからこそ、1人では達成できない「圧倒的な成果」が得られます。

 

5.心の奥底から感じる「本当に」やりたいことに巡り会えるから

コーチングを受けると、心の奥底から感じる「本当に」やりたいことに巡り会えます。

コーチの視点を入れることで、自分の中にある無自覚な常識から思考を解き放ち、ゼロからやりたいことを考えられるからです。

 

また、コーチングは守秘義務があるため、どんなにくさいと思われるような目標でも、思い切って話すことができます。そして、コーチはそれを心から信じてサポートしてくれます。

 

そのため、自分の本当にやりたいことを信じ、それを叶えるために行動しつづけることができます。

これはコーチングならではの効果といえます。

 

コーチングで効果が得られる3つの理由

コーチングで効果が得られる理由は以下の3つです。

  1. 自己評価を高め、やればできると信じられるようになるから
  2. やりたくて仕方ない状態になれるから
  3. 今からは想像できないゴールを設定するから

 

1.自己評価を高め、やればできると信じられるようになるから

コーチングを受けると、自己評価を高められます。自己評価が上がると、やればできると信じられるようになります。

 

人間は無意識に自分のことを評価しています。その評価によって、自分のパフォーマンスは左右されます。

たとえば、自分はやってもできないと思っている人であれば、当然パフォーマンスは下がります。一方で、自分はやればできると思っている人であれば、当然パフォーマンスはあがります。

 

コーチングでは、そんな自己評価を高められます。なぜなら、コーチがあなたの可能性を限りなく信じているからです。

コーチが信じてくれることで、「自分にはできる」と信じられるようになれば、行動が変わり、成果も出ます。

 

これが、コーチングによって効果が得られる理由の1つです。

 

2.やりたくて仕方ない状態になれるから

コーチングを受けると、やりたくて仕方ない状態になれます。

心からやりたいことがわかり、現状に焦りを感じるようになるため、その結果として行動したくてたまらなくなるからです。

 

人間には、コンフォートゾーンというものに留まる性質があります。コンフォートゾーンとは、「その人が安心安全でいられるゾーン」を指します。

たとえば、サウナに入っても、人間の体温は36度前後で保たれます。これは、人間の体温におけるコンフォートゾーンが36度前後だからです。

そして、コーチングではこのコンフォートゾーンを現状からかけ離れた本当に成し遂げたいゴールに設定し、現状に焦りを感じられるようにします。

 

その結果として、やりたくて仕方ない状態になるのです。

これがコーチングで効果が得られる原理です。

 

3.今からは想像できないゴールを設定するから

コーチングでは、今からは想像できないゴールを設定します。それによって、とてつもない効果が得られます。

 

ひとりで思考していると、どうしてもコンフォートゾーンにとどまろうとします。そして、パフォーマンスが落ちます。

しかし、コーチとコミュニケーションを取ることで「現状からは考えられないくらいのゴール」を設定するため、それによってコンフォートゾーンが引き上げられます。

 

これがコーチングで効果が得られる最大の理由です。

 

コーチングを受ける上での3つの注意点

 

コーチングは効果が得られる一方で、受ける上での注意点が3つあります。

  1. コーチに頼り切りだと効果は得られない
  2. コーチングは魔法ではない
  3. 時には向き合いたくないことに向き合わなければならない瞬間もある

 

1.コーチに頼り切りだと効果は得られない

コーチングを受ける時、コーチに頼り切りだと効果は得られません。

コーチと受けるあなたの2人がその場をよいものにしようとすればするほど、いい成果が得られるようになります。

 

コーチは質問を投げ掛けたり、あなたを引き上げるための努力をします。ただ、その努力は、受け手が必死になって質問について考えたり、引き上がるために努力をしてはじめて成り立ちます。

 

そのため、コーチに頼りきりにならないようにしましょう。

 

2.コーチングは魔法ではない

続いての注意点は、コーチングは魔法ではないということです。そのため、楽して成果を得られるということはありません。

コーチングを受けると必ず成果が得られるとは限りません。コーチが努力することはもちろんのこと、コーチングを受けるあなたも努力しなければなりません。それは決して楽ではありません。

 

そのため、コーチングを受けたら結果が出るかのような魔法だと勘違いしないようにしましょう。

 

関連記事:【体験談】認知科学に基づくコーチングを学んで変わったこと

 

3.時には向き合いたくないことに向き合わなければならない瞬間もある

コーチングを受けると、向き合いたくないことに向き合わなければならない瞬間もあります。

たとえば、過去の経験から得た自分の価値観が、目標達成を邪魔しているときなどがあります。

 

そのため、その覚悟を持ってコーチングを受けるようにしてください。その覚悟さえあれば、コーチは全力であなたの目標達成を支援してくれるでしょう。

 

最後に伝えたいこと

 

コーチングでは、圧倒的な効果が得られます。

しかし、受けるあなたの覚悟次第で得られる効果の強度は変わります。

 

そんな覚悟を持った方に、無料でコーチングを受けられる機会をご用意しています。

もしご興味のある方は、コーチングについて解説した無料動画をプレゼントしている公式LINEがあるため、そちらに登録していただき、受けたいと思ったらそこから申し込んでください。