仕事で成果が出ない人がやるべきたった1つの解決策!転職の判断基準を解説!

この記事のまとめ

頑張ってるはずなのに、全然成果が出ない…

成果のために頑張らなきゃいけない毎日が苦しい…

仕事の成果が出ずにツラい毎日を過ごしている方に、やるべきこと・抜け出すコツを徹底解説します!

仕事で成果が出せないと、気持ちが焦ってしまいますよね。

成果を出す後輩や同僚と比較して、落ち込むこともあるでしょう。

「あぁ…自分って無能なのかな…」

「頑張っても報われないのに、続ける意味あるのかな…?」

GOAL-Bくん

ついつい自分を責めてしまいますよね。

しかし、成果が出ない自分を必要以上に責めることはありません。

成果が出ないのは、ただ「やり方を間違っているだけ」なのです。

「強み」を見つけて、
それを発揮できる環境に移ること

これが成果を出すためのポイントです。

この記事では、以下の3点を解説します。

  • 仕事で成果を出す方法
  • 成果が出せる「強み」の探し方
  • 転職の判断基準

この記事を読むことで、仕事で精神をすり減らす毎日から抜け出すことができます。

成果が出ない焦りで心をすり減らすのは、もう終わりにしましょう。

自分の強みを知るには、自己理解を深めて自然とやってしまう行動に目を向ける必要があります。

キャリスピの体験コーチングでは、自分の強みに確信を持ち、自信を持つことができます。

無料体験ができるので、気軽に申し込んでみましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

目次
松田 皓太
株式会社GOAL-B CMO
株式会社GOAL-BのCMO。同志社大学を卒業後、西日本シティ銀行に入社。2021年Salesforceに転職後、副業で株式会社ACILを経営。キャリアに関する情報を発信するメディア「ポジサラ」を運営。2023年会社売却をし、株式会社GOAL-B入社。日本一本質的なキャリア支援を目指し、今日も最高の1日を作り上げるメディアを運営。

仕事で成果が出ないなら転職もあり

仕事で成果が出ない場合、思い切って仕事を変えてしまうのも非常に有効な手段です。

  • 仕事の環境
  • 評価基準

これらは自分ではどうしようもできない、運の要素が絡むものです。

自分の望む形に変えようとする行為は、とても難しいこと。

GOAL-Bくん

出来たとしてもものすごいエネルギーが必要です。

しかし、「適した場所を探し、移る」ということは自分でコントロールできます。

無理やり他者・環境を変えるより、よっぽど簡単です。

だとするなら、自分のコントロールできる「転職」に集中した方が賢い選択と言えるでしょう。

ただし、気を付けなくてはいけないのは転職の「判断基準」。

判断基準を知っておかなければ、なんとなく転職して後悔してしまうことになりかねません。

転職の判断基準

転職を決める際の重要な判断基準は以下の2点です。

  • 強みが発揮できるかどうか
  • 会社の文化や価値観が合うか

強みが発揮できるかどうか

まず、自分の強みを発揮できる職場かどうかを見極めることが大切です。

自分のスキルや経験が評価され、活かされる環境であれば、成果を出すことが容易になります。

GOAL-Bくん

「強みだけでなく「環境」も重要。

また、強みを活かせる仕事を選ぶことで、モチベーションも高まりやすくなります。

会社の文化や価値観が合うかどうか

次に、会社の文化や価値観が自分に合っているかを確認することが必要です。

自分の価値観や働き方と会社の文化が一致していると、ストレスなく仕事に取り組めます。

逆に、価値観が合わない場合は長続きせず、転職を繰り返してしまうことも。

GOAL-Bくん

事前のリサーチが重要です。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事で成果が出ない3つの原因

仕事で成果が出ない場合、「根本的に間違っている」ということが多くあります。

成果が出ない主な3つの根本原因は、以下の3つです。

成果の出ない根本原因
  • 「正しい頑張り」が出来ていない
  • 「目的」と「目標」がない
  •  「評価基準」とのズレ

「正しい頑張り」が出来ていない

多くの人は、「何でもかんでも頑張ればいい」という誤解を抱きがちです。

「頑張っているのに成果が出ない」と感じる場合、その考え自体が間違いである場合があります。

「頑張ること」と「成果」は必ずしも一致しません。

正しい頑張りとは、成果に繋がる頑張りを指します。

逆に、間違った頑張りは、いくら努力しても成果には結びつきません。

GOAL-Bくん

頑張る姿勢や能力は素晴らしいこと。

しかし、「頑張ること」自体が目的になってはいけません。

重要なのは、目標に向けて正しい方法で努力することです。

自分の頑張りが正しい方向に向かっているかを常に見直しましょう。

「正しい頑張りかどうか」は、あなたが人生に何を望むか次第です。

まずは、「人生設計シート」で何が正しいかを決めましょう。

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 漠然とした不安が無くなった!
  • 将来の方向性が明確になった!
  • 自分に自信を持てるようになった!

\ たった30秒で受け取り完了!

「目的」と「目標」がない

目的=最終的に達成したい結果
例)新規開拓10件

目標=その目的を達成するための具体的な中間ゴール
例)架電1日10件

GOAL-Bくん

多くの場合、これらがない、もしくは曖昧です。

この2つがないと、何をすべきかが明確になりません。

その結果、「とりあえずガムシャラに頑張る」という無駄な努力に陥りがち。

表面的には頑張っているように見えても、実際には思考停止している可能性が非常に高いです。

「評価基準」とのズレ

そもそも、何をもって「成果」と呼ぶのかが曖昧であれば、やるべきことも明確になりません。

GOAL-Bくん

評価基準は会社によって異なります。

「成果が出ているはずなのに認められない…」

このように感じる場合も、会社の評価基準と自分の成果がズレている可能性があります。

このズレを解消するためには、評価基準を明確に理解し、それに基づいた行動を取る必要があります。

もし評価基準が自分の価値観や努力と合わないと感じるなら、転職も検討するべきです。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事で成果が出ない人が持つ6つの特徴

仕事で成果が出ない理由には、共通する6つの特徴があります。

これらの特徴を理解し、改善することで、成果を上げるための第一歩を踏み出せます。

成果が出ない5つの特徴
  • 「頑張る=正義」と信じている
  • 「失敗=悪」と捉えている
  • 「事実」と「解釈」を分けられていない
  • 自分の頭で考えようとしている
  • 間違った「質」を追い求めている
  • 時間を区切っていない

「頑張る=正義」と信じている

「頑張る=正義」という考えが強ければ強いほど、成果から遠のいてしまいます。

頑張ること自体が目的化してしまい、効率的に成果を出す方法を見失ってしまうのです。

GOAL-Bくん

「頑張ること」と「成果」はイコールではありません。

重要なのは、結果を出すための最適な方法を見つけること。

間違っても、思考停止で努力することではありません。

頑張らずに成果を出せる方法があれば、それが最も合理的です。

GOAL-Bくん

最も合理的な手段を取っても良いのです。

頑張ることに縛られず、成果に直結する行動を取ることが大切。

成果が出るなら、頑張る必要性はありません。

「失敗=悪」と捉えている

失敗を悪と捉えると、挑戦する機会を失いがちです。

「失敗は成長の一部でしかない」

このマインドが無ければ、成果を出すための試行錯誤に対して憶病になってしまいます。

GOAL-Bくん

当然、成果も出ません。

失敗するかどうかは、結局のところ試してみなければわからないのです。

成果を出すためにはまず数を打つこと

これが最重要だということを覚えておきましょう。

GOAL-Bくん

実際にやってみるのが最も効率的です。

「事実」と「解釈」を分けられていない

ついつい「成果を出せない自分」を責めがちです。

しかし、成果が出ないという事実に対して、「だから自分は無能」と解釈するのはナンセンス。

  • 何が原因で成果が出ないのか
  • どうしたら成果が上がるのか
  • 成果に繋がる最も重要なポイントは何か

このように事実のみをフラットに見つめ、冷静に原因を分析することが重要です。

「気合を入れていない自分が悪いんだ」

「経験不足な自分が悪いんだ」

このように、いちいち解釈を挟むから、メンタルがブレて行動にストップがかかるのです。

「成果を上げる、以上。そこにい良い悪いは存在しない。」

この思考さえあれば、それ以外は必要ありません。

自分の頭で考えようとしている

成果を出すためには、すでに成功している人から学ぶことが効率的です。

「富士山を登ろう」と思ったら、どんな人に上り方を聴くでしょうか?

「既に富士山に登ったことがある人」に聞きますよね。

それと同じ話で、成果を出したいのなら、成果を出した人に聞けばよいのです。

GOAL-Bくん

直接聞けなくとも「本で学ぶ」も良いでしょう。

そして、その内容をそのままトレースする。

これが最も効率的で、再現性の高い方法です。

得てして、成果が出ない場合、自分で物事を難しく考え過ぎていることもあります。

その場合は、積極的に「自分の考えを疑う」と言うことを意識しましょう。

プライドを捨てて、既に成果を上げている人に聞いてしまうのが一番の近道。

間違った「質」を追い求めている

成果を出すためには、正しい質を追求することが重要です。

どんなに「最高の質」と追い求めても、それが求められていなければ成果にはなり得ません。

間違った質の例①

社内プレゼン用のパワーポイントの細部までこだわる

間違った質の例②

まだ詳細も決まっていないのにガチガチにスケジュールに落とし込む

一度で完璧なものを作ろうとする必要はありません。

物事は大抵、何度も何度も修正され、繰り返し鍛錬されることでより良い形になるものです。

「とりあえずこんなもんで」と、肩の力を抜いて取り組みましょう。

時間を区切っていない

人は「時間の有限性」を意識して、初めて効率的に作業を進めることができます。

  • 1日の中で何をすべきか
  • 何をしないべきか

これらを明確に、スケジュールに落とし込むことが大切です。

やることが明確でなければ、「あれもやらなきゃ…これもやらなきゃ…」と右往左往してしまいます。

その曖昧さが、成果に繋がる「本当にやるべき重要なこと」を遠ざけてしまうのです。

時間を区切ることで、いい意味での「焦り」が生まれます。

だからこそ、効率的に仕事を進めることができるのです。

「成果が出ず苦しい…」頑張ることに疲れたら手放すべき3つの考え

もし成果を出すことに疲れや息苦しさを感じている場合、根本から考えを変える必要があります。

つまりは、「一度肩の荷を下ろす」ということ。

GOAL-Bくん

以外にも、これが非常に重要です。

人間は、成果を出そう出そうとすればするほどドツボにハマることがあります。

むしろ脱力した方が望んだ成果を得られることが往々にしてあるものです。

そのためには、以下のよくある3つの考えを手放してしまいましょう。

手放すべき3つの考え
  • 「成果が全てである」という発想
  • 「成果=努力が必要」という発想
  • 「成果=自分の価値」という幻想

「成果が全てである」という発想

「成果が全てだ」と考えている場合、自分を追い込んでしまいます。

そのプレッシャーから、視野が狭くなり極端な努力を自らに強いてしまいます。

GOAL-Bくん

極端な努力は続きません。

また、成果が出た場合の副作用として、燃え尽きてやる気が無くなってしまうことも。

成果による安堵感=燃え尽き症候群

成果が出たら、一時的にプレッシャーから解放されほっとした安堵感が得られるでしょう。

しかし、「またプレッシャーに追われるのか…」と考えると途端に体が拒絶反応を示します。

「ゴールを達成したから、追うべき目標も目的も見失った…」

モチベーション喪失の問題を避けるために、「成果至上主義」はほどほどにすべきです。

「成果=努力が必要」という発想

成果を出すことに、努力量は無関係です。

努力しようがしなかろうが、成果が出ればそれは「成果」として認められます。

GOAL-Bくん

もちろん、成果を出すための行動は必要。

何もせずとも成果が出る、なんてことはありえません。

しかし、「どれだけ頑張ったか」と「成果が出るかどうか」は無関係です。

頑張り≠正解

別にラクをして成果を出そうが、成果は成果。

徹底的に効率化し、短時間で成果を出したって何の問題もありません。

GOAL-Bくん

成果が出ている事に変わりはないのです。

「楽をしてはいけない」という思い込みを持っている人は、少なくないのではないでしょうか。

この発想は一切不要。

成果に執着するなら、「努力」か「楽しいか」なんてどうでも良いことなのです。

「成果=自分の価値」という幻想

成果に執着しすぎると、ついつい成果=自分の価値と思い込んでしまいます。

GOAL-Bくん

しかし、それは錯覚です。

本来、成果を出そうが出さなかろうが、あなたの人間的価値に変化はありません。

たしかに労働市場という価値基準に照らし合わせた時、自分の相対的な価値を定めることは可能でしょう。

しかし、あくまで”1つの基準”であって、それ以上でもそれ以下でもありません。

そもそも人の価値というものは、単純な数値に変換し、比較できるものではないのです。

  • 優しさ
  • 慈悲深さ
  • 思慮深さ

こういったものは、数値化して比較できるものではありません。

成果と自分の価値を直結させないことが、プレッシャーから解放される重要なポイントです。

「仕事で成果が出ない…」を解決するたった1つの方法

仕事で成果を出すなら、成果を追う前にまずやるべきことがあります。

それは、「自分が最も輝く仕事」を特定することです。

自分が最も輝ける仕事を見つけることが、成果を出すための下準備となります。

自分が最高に輝く仕事を特定する

成果を求める前に、自分が最も輝ける仕事を見つける事が重要です。

自分が望む人生の成果でなければ、無理やり頑張っても長続きしません。

成果が出て燃え尽きる人は、成果だけを追い求めているから。

「何でもかんでも、とにかく成果を出せばいい」というものでもありません。

GOAL-Bくん

「自分の求める」成果が重要。

自分が最高に輝く仕事が明確になれば、自然と成果もついてきます。

最高に輝く仕事=強み×環境

成果を出すためには、継続が必要不可欠です。

GOAL-Bくん

多かれ少なかれ、成果には時間が必要。

継続するためには、「強み」を明確にする必要があります。

「強み」=その行為自体が楽しいと思えること

仮に成果がでなくとも、その行為自体が楽しいため、苦無く続けられるのです。

そして、その強みが発揮できる環境に身を置くことも必須。

成果を出すためには「他者から求められる」必要があるからです。

「強み」と「求められること」が食い違う例

強み:1人で黙々と調べるのが得意

求められること:顧客との円滑なコミュニケーション

「求められること」と「強み」にギャップがある環境では、成果が出しづらくなってしまいます。

求められていないことをいくら続けても、成果は出ません。

成果を出すには、強みとそれが発揮できる環境が必須なのです。

強みを見つけたいけど、そんなものあるのかな…

あまり強みに自信がないな…

このように思う方は、GOAL-Bの提供する「強みワークシート」を利用しましょう。

今まで見つからなかった強みも、誰でもカンタンに発見することが可能です。

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 自分の強みがわかった!
  • 仕事で使える武器が見つかった!
  • 輝ける環境がわかった!

\ たった30秒で受け取り完了!

「SMARTの法則」で目標設定

成果を出すにしても、自分が最も輝く仕事に就くにしても、行動が必要不可欠です。

実行できなければ、どんなに理想を抱いても全く意味が無くなってしまいます。

確実に行動に移すためにも、「SMARTの法則」を活用し目標設定をしましょう。

GOAL-Bくん

理学療法の分野でも用いられる目標設定方法です。

SMARTの法則(表2)は,1981年にGeorge T. Doran氏の論文14)のなかで経営者を対象に論じられたものである。現在では,持続可能な開発に関する世界首脳会議で策定された目標の評価基準になるなど,国際的に一般に使用されている

_pdf (jst.go.jp)

SMARTとは、以下の5つの頭文字を取ったもの。

  • Specific(具体的)
  • Measurable(測定可能)
  • Achievable(達成可能)
  • Relevant(関連性)
  • Time-bound(期限付き)

例えば、「自分が最も輝く仕事に転職する」を目標とするならば、以下のようになるでしょう。

  • Specific(具体的)

→〇〇会社に連絡を取る/転職エージェントに登録する

  • Measurable(測定可能)
  • Achievable(達成可能)

→1日1社応募する/終末に気になる会社の見学を申し入れる

  • Relevant(関連性)

→毎日充実して働くことができる仕事に転職する

  • Time-bound(期限付き)

→3ヶ月以内に転職する

これにより明確な指針を作るからこそ、迷わずに行動に移すことができます。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

「仕事の成果が出ない」と悩む人によくある質問

なぜ成果が出ないのか、どうすれば成果を上げられるのか、多くの人が疑問に思っています。

そんな方によくある質問に対する答えを提供し、成果を上げるためのヒントを紹介します。

  • 結果が出ない人に共通する考え方は?
  • 仕事ができる人の特徴は?
  • 成果を上げる人にはどんな特徴がある?

結果が出ない人に共通する考え方は?

結果が出ない人には共通して「完璧主義」と「自己否定」の思考があります。

完璧を求めるあまり、行動が遅くなり、あらゆるチャンスを逃してしまうのです。

GOAL-Bくん

物事が完璧に至ることはありません。

「完璧」の定義も曖昧なため、追い求め始めるとキリがありません。

さらに自分への厳しさがあると、余計に行動が遅くなってしまいます。

結果にフォーカスするなら、余計な思考を挟まないことが必須です。

仕事ができる人の特徴は?

「時間管理能力」「自己管理能力」の2つを持っていることが特徴です。

なおかつ、この2つの能力を表面上に行うのではなく、本質を理解している事。

  • 時間の有限性を理解している
  • 「本当に大事なこと」を理解している

だからこそ、「有意義に時間を使う」というモチベーションが強烈に働きます。

そして、肉体と精神が、それらを確実に実行するための土台であることも理解しています。

安定的に管理された時間を過ごすためにも、肉体と精神を管理する必要があります。

成果を上げる人にはどんな特徴がある?

成果を上げる人には、「目標」と「目的」を明確に区別して行動する特徴があります。

・目的=長期的なビジョンや意図
・目標=目的を達成するための具体的なステップ

  • 何を達成したいのか
  • どんな価値を提供したいのか

成果を上げる人は、具体的で達成可能な目標を設定し、期限を設けて進捗を管理します。

GOAL-Bくん

「気合で何とかする」は絶対にしません。

また、定期的に目標を見直し、必要に応じて修正する柔軟性も持っています。

目的を見失わず、具体的な目標を設定し計画的に行動することが、成果を上げるための鍵です。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

まとめ:仕事で成果が出ない人がやるべきたった1つの解決策!転職の判断基準を解説!

仕事で成果が出ない場合、転職を検討することは賢明な選択です。

そのためには「自分の強み」を理解し、発揮できるような環境を選択しましょう。

そうは言っても、「その強みがわからないんじゃないか…」と悩む方もいるでしょう。

GOAL-Bくん

強みを見つけるのは難しいですよね。

そんな方は、GOAL-Bの提供する「強みワークシート」を受け取ってください。

わかりやすく誰でもカンタンに、強みを見つけられるワークを用意しています。

今なら、LINE追加で無料で入手可能です。

ぜひご活用下さい。

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 自分の強みがわかった!
  • 仕事で使える武器が見つかった!
  • 輝ける環境がわかった!

\ たった30秒で受け取り完了!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次