セルフイメージって何?セルフイメージがもたらす影響と高める方法5つを徹底解説

「セルフイメージって何?」
「セルフイメージにはどんな効果があるの?」
「セルフイメージを高める方法は?」

セルフイメージについて調べていく中で、このような疑問を感じたことはありませんか。

本記事では、セルフイメージがもたらす影響と高める方法を5つ徹底解説します。

当記事を読むことで、誰でもセルフイメージを高めることができるようになり、自信を持った社会人生活を送るきっかけとなりますので、ぜひ最後まで読んでください。


セルフイメージとは



セルフイメージとは、自分に対しての思い込みのことです。自分のことをどのような人だと思っているか」がセルフイメージにあたります。

例えば、

  • 自分はサッカーが得意だ
  • 自分はお酒が好きだ
  • 自分は恥ずかしがり屋だ

このように、セルフイメージとは自分に対してどのような思い込みを持っているか、つまり自己認識のことです。

セルフイメージは過去に自分自身が経験したもの全てから成り立っています。

例えば、

  • 親や学校の先生から受けてきた教育
  • これまで自分が所属してきたコミュニティのルールや常識
  • 自分の成功や失敗などの経験

が挙げられます。

具体的なセルフイメージの作られ方として、

小学生の最初のテストで100点を取って、周囲の友達や親から「頭いいね!」と言われたとします。すると、「自分は頭がいいんだ」というセルフイメージが作られます。



セルフイメージが人生に影響を与えるメカニズム



この項では、セルフイメージが人生にどのような影響を与えるのかを解説していきます。

まず、セルフイメージによって実際に行動が生まれます。その後、起こした行動による結果がセルフイメージに根拠をもたらすため、セルフイメージがより強固になるというメカニズムです。

例えば、

「自分は恥ずかしがり屋だ」というセルフイメージが作られていた場合、そのセルフイメージによって、人前で話すのを遠慮したり、積極的にコミュニケーションを取ろうという行動は少なくなるでしょう。
すると、周りの人から「〇〇さんは恥ずかしがり屋だよね」と言われ、さらにセルフイメージが強固になってしまいます。

これが、セルフイメージが人生に影響を与えるメカニズムです。

【セルフイメージ→実際の行動→結果に対しての解釈→より強固なセルフイメージ】

というサイクルでセルフイメージがより強固なものになっていきます。

セルフイメージが高いと人生いいことだらけ?!

では、実際にセルフイメージが高い場合はどうなるのでしょうか。

まず、「自分はなんでもできる」というセルフイメージを持っていたとします。

その言葉通りにいろいろな行動をしていくと、何かしらで結果が出ます。これに対して「やっぱり自分は優秀なんだ!」というセルフイメージを再度持てるようになります。

最終的に「自分はなんでもできる」というセルフイメージがより強固なものになるでしょう。

このように、セルフイメージが高ければ、そのセルフイメージが良い結果を生み、さらに強いセルフイメージを作り上げるといういい循環が回っていくでしょう。

【朗報】セルフイメージは誰にでも変えることができます



ここまでの内容を読んで「セルフイメージが高い人はもともと高かった」というように思っていませんか。

しかし、セルフイメージは誰にでも変えることができます。

これまで受けてきた教育や周りの環境、積んできた経験によってセルフイメージは異なりますが、ちょっとした言動や行動を変えるだけで簡単に変えることができるからです。

毎日の自分の言動や、行動から見直してみることで、セルフイメージが変わっていくでしょう。

セルフイメージを高める方法5選



この項では、セルフイメージを高める方法を解説します。

下記5つがセルフイメージを高める方法です。

  1. セルフイメージに気づく
  2. 否定をやめる
  3. 成功体験を積む
  4. 新しい挑戦をする
  5. コーチをつける

それでは順に解説していきます。

1.セルフイメージに気づく

セルフイメージを高める方法として挙げられるのが「セルフイメージに気づく」ということです。

まずは、自分が「自分のことをどんな人間だと思っているのか」がわからなければセルフイメージを変えることはできません。

セルフイメージに気づく際のポイントとしては、

  • 行動を起こす前に自分に対してどのような感情を抱いているのか
  • 結果や事象をどのように解釈しているのか

を意識してみましょう。

例えば、

  • 上司にMTG資料を提出する際に「また何か言われそうだな」と思っていないか
  • 同僚に比べて給料が低いことに対して「自分は仕事ができない人なんだな」と解釈していないか

このように、自分が起こそうと思っている行動や目の前の出来事に対して、自分がどのような解釈をしているのかに目を向けるようにしましょう。

以上のことから、セルフイメージを高めるためにはまず「セルフイメージに気づく」ということが重要と言えます。

2.否定をやめる

否定をやめましょう。ネガティブなセルフイメージは全てささいな否定から始まります。否定的な言葉を減らせば、セルフイメージが高まるでしょう。

具体的な方法として、リフレーミングが挙げられます。

リフレーミングとは、リフレーミングとは物事を別の視点から解釈し直すということを指し、

  • 周りに「神経質だ」と言われることを、よく「考えて行動している結果」と解釈する
  • 上司に理不尽に振られた仕事を、「成長の機会だ」と捉え直す

というように、事実や事象をポジティブに捉え直すことです。

このように、否定的な言葉を避けてポジティブに解釈し直すことで、セルフイメージを高めることができるでしょう。

以上のことから、「否定をやめる」はセルフイメージを高めるために重要と言えます。

3.成功体験を積む

「成功体験を積む」はセルフイメージを高める方法と言えます。なぜなら、「できた!」という成功体験が自信に繋がり、自分のイメージをポジティブなものにするからです。

成功体験を積む際のポイントとして、「目に見える大きな成功だけでなく、見出しづらい小さな成功に目を向ける」ということを意識してみましょう。

例えば、

  • 営業したクライアントから褒め言葉をもらった
  • 以前よりも納期に余裕を持って提出できるようになった
  • この1ヶ月1度も会社を休まなかった

「自分の成功に目を向ける」といってもなかなか簡単に見つけることができないかもしれません。しかし、上記のように小さな成功でも構いません。「できなかったことができるようになったこと」に目を向けてみましょう

以上のことから、「成功体験を積む」はセルフイメージを高める方法の1つとしてあげられるでしょう。

4.新しい挑戦をする

新しい挑戦をしましょう。新しい挑戦であれば、自分にとって得意不得意などの思い込みがなく、まっさらな状態からスタートすることができます。

例えば、

  • 会社のジョブローテーションで新しい職種にチャレンジしてみる
  • 趣味でYoutubeに動画を投稿してみる
  • 投資の勉強をして実践してみる

このように新しい挑戦に踏み出すことで、今まで考えたこともなかった自分の得意なことや向いていることを発見でき、ポジティブなセルフイメージを形成することができます。

以上のことから、「新しい挑戦をする」はセルフイメージを高める手段として重要と言えるでしょう。

5.コーチをつける

「コーチをつける」はセルフイメージを高める方法として挙げられます。

セルフイメージが高くない人にとって、それを高めることはとても難易度が高いことです。実際にいろいろな記事を見てセルフイメージの定義や高め方を知っても、それを実践するとなるとかなり難しく感じるでしょう。

例えば、スポーツの世界では必ずコーチが存在します。コーチがいることで自分一人では気づけない問題点に気づいてくれたり、自分一人では導くことができない解決策を提案してくれたりと、コーチがいることで自分がいきたいところに辿り着けます。

セルフイメージを高める際も同様のことが言えます。ついつい心の中でネガティブな言葉をつぶやいてセルフイメージを下げてしまったり、どうしても自分の現状をポジティブに受け取ることができない場面もあります。

そのような時は、自分の人生をサポートしてくれるようなコーチがいれば、もっと充実した素敵な人生を送ることができるでしょう。

以上のことから、セルフイメージを高めるために「コーチをつける」は有効な手段と言えます。

セルフイメージを高めて、充実した社会人生活を送りたい人へ



セルフイメージを高めるためには、自分が本当にやりたいことを見つけましょう。

なぜなら、今回の記事を通してセルフイメージを高めるための方法を知ったとしても、根本的な問題を解決できなければ、また同じように他の解決策を模索することになってしまうからです。

ここでの根本的な問題とは、「心の底からやりたいと思うことを見つけ、それを実現しているというイメージを持てるか」ということです。

自分が本当にやりたいことに熱中し、それを実現している自分のイメージをもつことができれば、自然とポジティブなつぶやきが増えてくるでしょう。

しかし、自分でやりたいことを見つけようとすると、以下の気持ちが生まれるのではないでしょうか?

  • 何が本当にやりたいことなのかわからない
  • 熱中できそうなことがない

このような気持ちが生まれてしまうのは、とてもわかります。

それでも「毎日やる気で溢れる充実した社会人生活を送りたい」と思うならば、覚悟を持って「自分が本当にやりたいことで生きていく」と決める必要があるのです。

この記事を読んで

  • 自分が本当にやりたいと思ったことを仕事にしたい
  • 人生の目標を明確にしたい

と思った方には、コーチングを受けることをおすすめします。

理由は、コーチングには以下のような効果があるからです。

  • 今ある思考の常識を壊す
  • 自分が持っている可能性を最大限引き出す
  • その上で自分がなりたい姿・成し遂げないことを探しだす

上記の効果からコーチングを受けることで、本当にやりたいことを見つけて、人生の充実度を高めることができます。

しかし、

  • 「そんな簡単に変われるわけないでしょ」
  • 「何でコーチングってそんな効果があるの」

と思う方もいると思いますので、コーチングがどのようなものなのか、より詳しく解説した記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・効果・目的・方法など全てを徹底解説

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。