セルフトークって何?セルフトークがもたらす影響とコツ5つを徹底解説

「セルフトークって何?」
「セルフトークにはどんな効果があるの?」
「セルフトークって本当に重要なの?」

セルフトークについて調べていく中で、このような疑問を感じたことはありませんか。

本記事では、セルフトークがもたらす影響とセルフトークのコツ5つを徹底解説します。

当記事を読むことで、誰でもセルフトークを有効活用することができるようになり、自分に自信を持った社会人生活を送るきっかけとなりますので、ぜひ最後まで読んでください。


セルフトークとは



セルフトークとは、心の中でのつぶやきを指します。

例えば、

  • 「やばい」「まずい」「ダメだ」などのネガティブなつぶやき
  • 「いける」「きた」「よっしゃ」などのポジティブなつぶやき

このように、思い返してみるといたるところで口には出ないつぶやきを発しているはずです。これがセルフトークです。



セルフトークをないがしろにすると成功しない?!



セルフトークをないがしろにするとどんなに頑張っても望んでいる成果は出せません。

セルフトークは自分のイメージを形成します。

人間は1日に約4〜6万回ほど心の中でつぶやいていると言われています。
つまり、自分が心の中で発している言葉が「感情」「思考」「行動」に影響を与え、最終的には自分自身のイメージを形成しているのです。

もし、ネガティブなセルフトークを発し続けるとどうなってしまうのか?

  1. 失敗したことに対して「自分は無能な人」だというつぶやきをする
  2. 「自分は無能な人だ」という思い込みのためになかなか行動に移せない
  3. 行動を起こせない自分に対して「やっぱり自分は無能なんだ」というつぶやきをする

このように、セルフトークは【出来事→解釈→行動→出来事→解釈・・・】というサイクルで自分のイメージを形成していきます。

例のように、仮にネガティブなセルフトークのサイクルであれば、「できない自分、才能のない自分」が自分のイメージとして定着してしまいます。

それによってなかなか行動を起こせず、負のスパイラルに陥ってしまうでしょう。

セルフトークがもたらすメリット3選



この項では、セルフトークがもたらすメリットを解説します。

メリットは以下の3つです。

  1. 行動力が上がる
  2. 小さなことで悩まなくなる
  3. 自信を持てるようになる

それでは解説していきます。

1.行動力が上がる

セルフトークがもたらすメリットとして「行動力が上がる」が挙げられます。

行動力の根源は「自分はできる」という自信に起因することがほとんどと言われています。なぜなら、人間は自分ができる範囲でのみパフォーマンスを発揮しようとするためです。

セルフトークを通して「自分は優秀なんだ」「今の自分は調子がいい」というポジティブな自分のイメージを持っていれば、自然といろいろなことにチャレンジできるようになるでしょう。

例えば、

  • 自分の営業数字が出ている時は、ミーティングや会議で発言しやすい
  • スポーツでよく勝てていた時は、「もっと新しいことに挑戦しよう!」と思えていた

このような経験は誰もがしたことがあるのではないでしょうか。

以上のことから、セルフトークがもたらすメリットとして「行動力が上がる」が挙げられます。

2.小さなことで悩まなくなる

「小さなことで悩まなくなる」はセルフトークがもたらすメリットの1つです。

セルフトークを通してポジティブな自分をイメージできるようになると、必然と当たり前のレベルが上がります。当たり前のレベルが上がることで、ちょっとしたことでも気を取られなくなるでしょう。

例えば、「自分は有能で絶好調だ!」と思えていれば、多少の失敗であれば「こんなはずではない」とあまり気にすることなく、次に失敗しない方法を考えることができるようになるはずです。

このように、セルフトークによって自分の視座が上がり、小さなことで悩まなくなります。

以上のことから、「小さなことで悩まなくなる」はセルフトークがもたらすメリットと言えるでしょう。

3.自信を持てるようになる

セルフトークがもたらすメリットとして「自信を持てるようになる」が言えるでしょう。

ポジティブなセルフトークが繰り返されることで「自分はできる」「今はいい調子だ」という根拠のない自信が形成されます。

その自信が新たな行動を生み、大きな成果につながることで、結果として根拠のある自信を持つことができるでしょう。

以上のことから、セルフトークのメリットとして「自信を持てるようになる」が挙げられます。

セルフトークのコツ3選



この項ではセルフトークを上達させるためのコツを紹介します。

主なコツは以下の3つです。

  1. 愚痴や不満を言っている自分に気づく
  2. リフレーミングをする
  3. すぐに完璧にできると思い込まない

それでは解説していきます。

1.愚痴や不満を言っている自分に気づく

愚痴や不満を言っている自分に気づけるようになりましょう。

誰しもが知らない間にネガティブなことをつぶやいていて、そのネガティブなセルフトークをそのままにしてしまうと、ネガティブな自己イメージが形成されてしまいます。そのため、まずは愚痴や不満を言っている自分に気づくことから始めてみましょう。

ポイントとしては、

  • 愚痴や不満を言ってしまうタイミングを発見する
  • 何に対して愚痴や不満を言ってしまうのかを見つける

このように、どのような場面や状況でネガティブな言葉を発しているのかなど、自分がおもわずマイナス発言をしてしまう時の共通点を見つけましょう。

以上のことから、「愚痴や不満を言っている自分に気づく」はセルフトークのコツとして重要と言えます。

2.リフレーミングをする

リフレーミングをしましょう。リフレーミングとは物事を別の視点から解釈し直すということです。

リフレーミングを行うことで、目の前の出来事を常にポジティブに捉えることができ、ポジティブなセルフトークに変換することが可能になるからです。

例えば、

  • 周りに「神経質だ」と言われることを、よく「考えて行動している結果」と解釈する
  • 上司に理不尽に振られた仕事を「成長の機会だ」と捉え直す

このように、リフレーミングによって出来事をプラスに捉え直すことができれば、自分に対してのイメージが向上し、行動や自信に繋がったりします。

以上のことから、リフレーミングはセルフトークのコツとして重要と言えるでしょう。

3.すぐに完璧にできると思い込まない

セルフトークのコツとして「すぐに完璧にできると思わない」が挙げられます。

セルフトークは今までの癖であるため、すぐには改善されません。
にもかかわらず、「ネガティブな言葉は絶対に言わない!」というように、最初から完璧を求め過ぎてはいけません。

できない自分に嫌気がさし、かえって悪い自己イメージを形成してしまう可能性があります。

セルフイメージを改善していく際は、少しずつ「気づいたらポジティブな言葉に置き換える」というように積み重ねていくようにしましょう。

以上のことから、「すぐに完璧にできると思い込まない」ことがセルフトークを改善する際にコツと言えるでしょう。

ポジティブなセルフトークで、自信をもった自分になりたい方へ



ポジティブなセルフトークで自信を持った自分になりたい方にはコーチングをお勧めします。

なぜなら、今回の記事を通してセルフトークを改善するための方法を実践したとしても、根本的な問題を解決できなければ、また同じように他の解決策を模索することになってしまうからです。

ここでの根本的な問題とは、「心の底からやりたいと思うことを見つけ、それを実現しているというイメージを持てるか」ということです。

自分が本当にやりたいことに熱中し、それを実現している自分のイメージをもつことができれば、自然とポジティブなつぶやきが増えてくるでしょう。

しかし、自分でやりたいことを見つけようとすると、以下の気持ちが生まれるのではないでしょうか?

  • 何が本当にやりたいことなのかわからない
  • 熱中できそうなことがない

このような気持ちが生まれてしまうのは、とてもわかります。

それでも「毎日やる気で溢れる充実した社会人生活を送りたい」と思うならば、覚悟を持って「自分が本当にやりたいことで生きていく」と決める必要があるのです。

この記事を読んで

  • 自分が本当にやりたいと思ったことを仕事にしたい
  • 人生の目標を明確にしたい

と思った方には、コーチングを受けることをおすすめします。

理由は、コーチングには以下のような効果があるからです。

  • 今ある思考の常識を壊す
  • 自分が持っている可能性を最大限引き出す
  • その上で自分がなりたい姿・成し遂げないことを探しだす

上記の効果からコーチングを受けることで、本当にやりたいことを見つけて、人生の充実度を高めることができます。

しかし、

  • 「そんな簡単に変われるわけないでしょ」
  • 「何でコーチングってそんな効果があるの」

と思う方もいると思いますので、コーチングがどのようなものなのか、より詳しく解説した記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・効果・目的・方法など全てを徹底解説

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。