仕事を辞めて後悔したらどうするべき?辞めて後悔するパターン8選や必要な行動を解説

仕事を辞めて後悔したらどうするべき?辞めて後悔するパターン8選や必要な行動を解説
この記事のまとめ

仕事を辞めて後悔するパターン8つや、辞めても後悔せずに理想のキャリアを歩む方法を解説!

同じ後悔を繰り返さないためには?仕事を辞めて後悔したら何からやればいいのか?

キャリアの方向性に悩み続けた筆者が、後悔しない仕事選びについて徹底解説します!

「勢いで仕事を辞めたけど、正直後悔している……。」

「仕事辞めたけど、自分に合う仕事に巡り合えない……。」

「前の職場の方がよかった……。」

こんな悩みを抱えていませんか?

厚生労働省が2020年に行った調査では、転職して後悔した人の割合は、およそ10人に1人といわれています。

そのため、仕事を辞めて後悔するケースってそこまで珍しいことではないんです。

今この瞬間から行動することで、やり直しはいくらでも利きます。

同じ後悔を繰り返さないためには、徹底した自己理解が大切です。

自分のことを深く知ることで、強みが明確になります。

強みが明確になれば、会社選びの選択基準が明確になってくるはずです。

僕自身も年収やネームバリューばかりを見て会社選びをすることを止め、自分に向き合ったことで適職に出会うことができました!

当記事を読めば、次こそあなたが目指すキャリアを叶えられるはずです。

適職を探すためには自分の内面と向き合い、仕事を選ぶ選択基準を明確にする必要があります。

キャリスピのコーチングではあなたの強みや価値観を深く掘り下げ、自己理解のサポートをします。

今なら5,500円の体験コーチングが無料で受けられるので、3分で気軽に申し込んでみましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

目次

中川 晃雄
株式会社GOAL-B CEO
株式会社GOAL-Bの代表取締役社長。有料職業紹介事業 (許可番号: 13-ユ-314850)月間20万PVの個人ブログを運営し、登録者数12万人のYouTubeチャンネル「AKIOBLOG」を運営。自身が経営する株式会社GOAL-Bで、累計2000人超が受講したキャリアコーチングサービス「キャリスピ」を提供。著書「本気の副業術(西東社)」

仕事を辞めて後悔しないためには徹底した自己理解とキャリアプランが大事

勢いで仕事を辞めてしまって、後悔している人もいるでしょう。

「仕事を辞めてみたものの、次の仕事をどうしよう……。」

「転職が失敗続きで次の仕事も不安……。」

このように悩んでしまうのは、よくある話です。

仕事を辞めて後悔してしまうのは、自分への理解が足りないまま辞めてしまうからです。

自己理解を深めれば、自分の強みを理解した上で、職業を選択できます。

そのため、まず今やるべきことは「自己理解」なのです。

自己理解のステップは、以下の通りです。

  • 過去に所属していた集団・組織を洗い出す
  • その集団・組織でおこなっていた業務内容を洗い出す
  • 成果・実績・よく褒められていたことを洗い出す
  • 苦なくできていたことはどんなことだったかを見つけ出す
STEP
過去に所属していた集団・組織を洗い出す

過去に所属していた会社やアルバイト、部活などを思い出します。

大きな集団でなくても「組織」であれば問題ないです。

STEP
その集団・組織でおこなっていた業務内容を洗い出す

テレアポ、資料作成、レジ打ち、後輩の指導などを洗い出します。

ポイントは動作・行動のみを洗い出すことです。

例えば、「営業」は職業名であり、業務内容ではありません。実際にどんな業務をおこなっていたのかを洗い出してください。

STEP
成果・実績・よく褒められていたことを洗い出す
  • テレアポ先の人に対応が丁寧だと褒められた
  • 資料がいつも綺麗だと褒められていた
  • 後輩がいつも懐いてくれた

このように、「社内で1位を獲得した」などの大きな成果だけでなく、何気なく褒められたことなども大きなヒントになります。

STEP
苦なくできていたことはどんなことだったかを見つけ出す

洗い出した業務内容の中で、苦なくできていたことや、パフォーマンスの高かった業務を見つけ出します。

もし、「本当にこれを強みにしていいのかな?」と不安に感じる部分があれば、ぜひキャリスピの体験コーチングでコーチに確認してみてください。

あなたの強みを一瞬で見抜くコーチが待っています。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません


仕事を辞めて後悔してしまう8つのパターン

仕事を辞めて後悔してしまうパターンには、次のようなものがあります。

  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 前職よりも給料が下がった
  • 労働時間が長くなった
  • 会社になじめない
  • 福利厚生がなくなった
  • 勢いで仕事を辞めてしまった
  • 仕事内容が想像と違った
  • 前の仕事の良さに気付いた

仕事にやりがいを感じられない

仕事を辞めて後悔してしまうのは、新しい仕事にやりがいを感じられないからです。

前職と比較してモチベーションがあがらず、前の仕事が良かったと思ってしまいます。

自分がやってみたい仕事と、実際に体験した仕事でギャップがあるのはよくある話です。

実際に仕事に就いてみたからこそ、わかることもあるでしょう。

前の仕事と比較してしまうと、後悔しやすくなるので気を付けてください。

前職よりも給料が下がった

転職した結果、前職よりも給料が下がるケースもあります。

転職前に、条件はよく確認しておきましょう。

特に、未経験の職種に転職する場合、給料は下がりやすくなります。

次のような点については、事前に考えておくのがおすすめです。

「給料が下がっても生活できるか」

「モチベーションは維持できるか」

「今後の昇給は期待できるか」

また、「給料よりも、休みがほしい」と転職したものの、後悔するケースもあります。

自分が仕事で何を重視しているのか、あらためて考える必要もあるでしょう。

労働時間が長くなった

前職よりも働く時間が長くなり、後悔するケースもあります。

転職では残業時間の有無も確認しておかなければなりません。

残業時間が当初聞いていたよりも、異なる場合もあります。

また、繁忙期の労働時間の長さに、耐えられなくなるケースもあるでしょう。

予期せぬ労働時間になると、後悔しやすい点も気を付けなければなりません。

会社になじめない

新しい会社の雰囲気になじめない場合も、後悔しやすくなります。

会社の雰囲気が合うかどうかは、入社してみないとわからない部分もあるでしょう。

転職では一から人間関係を築く必要があり大変です。

人付き合いが苦手で、どのように仲良くしていくか苦戦する人も多くいます。

会社になじめないと仕事もスムーズにいかず、居心地が悪いと後悔しやすくなるのです。

福利厚生がなくなった

前職であった福利厚生が、なくなる場合もあります。

転職後でどのような福利厚生があるかは、事前に確認しておきましょう。

特に、中小企業やベンチャー企業は福利厚生が整っていない傾向にあります。

大企業から転職すると、違いに驚くこともあるでしょう。

有給休暇や育休など、十分にとれるかどうかは確認しておくと後悔しにくくなります。

勢いで仕事を辞めてしまった

前職が辛すぎて、勢いで辞めてしまった人もいるでしょう。

後先考えずに辞めてしまうと、次の仕事が見つからず、後悔につながってしまいます。

合わない仕事を続けていると心身ともに不調がでやすいため、辞めることは悪いことではありません。

しかし、次の仕事は考えておかなければ、仕事がない不安に襲われてしまいます。

焦って就職活動を行った結果、入社した会社がまた合わない可能性も。

勢いで仕事を辞めてしまうと、次の仕事も後悔しやすいので気を付けましょう。

仕事内容が想像と違った

働いてみた結果、仕事内容がイメージと違う場合もあります。

調べずに転職してしまうと、ギャップは大きくなるので気を付けてください。

外から違う仕事を見ていて、うらやましくなることもあるでしょう。

しかし、イメージどおりにいくわけではなく、事前に調べておくことが欠かせません。

実際に働く人に聞いてみると、ギャップも埋めやすくなるでしょう。

前の仕事の良さに気付いた

仕事を辞めてから、前職の良さに気付くこともあります。

ほかの会社と比べて、恵まれていたことを知って後悔してしまうのです。

1つの会社でしか勤務していないと、今の環境の良さには気付かないもの。

ほかの会社の話を聞いて、「うらやましいなぁ」と思うのはよくわかります。

しかし、どんな仕事にも、メリットデメリットはあります。

良い点ばかり見て転職してしまうと、悪い部分を見落とし、後悔しやすくなるのです。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません


仕事を辞めて後悔しないためのポイント4選

仕事を辞めて後悔しないためには、次の4つが大切です。

  • 退職理由を明確にする
  • キャリアプランを決める
  • 転職先でのビジョンを明確にする
  • 今の仕事で解決できる悩みか考える

退職理由を明確にする

仕事を辞めて後悔しないために、なぜ退職をするのかを明確にしましょう。

辞める理由が曖昧だと、また同じ理由で会社を辞めたくなる可能性があるからです。

退職して後悔するのは、自分の気持ちが整理できていないから。

辞める前に退職理由を明確にして、「本当にその理由で辞めても良いのか?」を考えましょう。

キャリアプランを決める

この先どのようにしたいのか、キャリアプランを決めるのも大切です。

キャリアが決められれば、会社選びの軸が明確になり、後悔しにくくなります。

まずは、次のような点について考えてみましょう。

  • どのようなキャリアを希望しているのか
  • やりたい仕事は何か
  • 自分にはどのような強みやスキルがあるのか
  • 強みやスキルを活かせる仕事には何があるか

後悔しないためには、自分の意思で決めることが大事。

転職活動を始める前に、キャリアについて考える時間を作ってください。

転職先でのビジョンを明確にする

転職先で何をしたいのか、ビジョンや目標についても考えるようにしましょう。

ビジョンや目標が明確であれば、転職先とのミスマッチを防ぎやすくなります。

仕事を辞めて後悔するのは、自分のやりたいことができていないからです。

何をしたいのかを決め、実現できれば、仕事にやりがいを感じられるでしょう。

転職して何をしたいのかも、考えてから仕事を辞めるのがポイントです。

今の仕事で解決できる悩みか考える

悩みの原因が、今の仕事で解決できないかも考えてみてください。

今の仕事や会社で解決できるのであれば、わざわざ転職する必要がありません。

たとえば、人間関係に悩んでいるのであれば、部署異動を依頼する方法もあります。

転職しなくても、環境を変えることはできるでしょう。

「仕事を辞めたい=転職」だけが選択肢ではありません。

「前の職場が良かったな」とならないように、仕事を辞めたい理由を今の会社で解決できないか考えてみましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事を辞めて後悔した際にできる4つのこと

仕事を辞めて後悔している場合は、次の4つを試してみてください。

  • 後悔した理由を整理する
  • 再度転職をする
  • キャリアコーチングを受ける
  • 前の職場に戻れるか相談する

後悔した理由を整理する

仕事を辞めて後悔した場合には、なぜ後悔しているのかを考えてみましょう。

同じ失敗をしないためにも、理由を理解しておくのが大切です。

仕事を辞めて後悔する理由は人によって違います。

理由を曖昧にしていると、転職しても同じ悩みを抱える場合があるので気を付けてください。

再度転職をする

再就職後に後悔している場合は、もう一度転職するのも手段です。

合わないと思うのであれば、早めに転職してしまいましょう。

合わない企業に長く勤めていても、時間を無駄にするだけです。

仕事へのモチベーションもあがらず、心身の不調を引き起こすこともあります。

自分に合う仕事を探すために、再度転職してみましょう。

キャリアコーチングを受ける

もう後悔しないために、キャリアコーチングを受けてキャリアについて考えるのもおすすめです。

自分の目指すキャリアが明確になれば、仕事で悩むこともなくなります。

キャリアコーチングがおすすめなのは、自分一人でキャリアを考えるのは大変だから。

すでに失敗しているからこそ、プロのアドバイスを受けるのが重要です。

仕事を辞めて後悔している人におすすめのキャリアコーチングが「キャリスピ」。

キャリスピでは、GOALを明確にして、あなたの理想を実現するサポートをします。

今なら通常5,500円のコーチングが無料で体験できるので、ぜひ申し込んでみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

前の職場に戻れるか相談する

「前の職場の方が良かったなぁ……。」と思うのであれば、復職を相談する方法もあります。

戻れるかどうか、聞いてみるのも良いでしょう。

ただし、前の職場が受け入れてくれるかどうかはわかりません。

よほど必要とされている場合でなければ、なかなか難しいでしょう。

また、退職後も良好な関係が築けているかも重要です。

退職時には喧嘩別れにならないように、丁寧に対応するのも必要になります。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事を辞めて後悔する人によくある5つの特徴

仕事を辞めて後悔する人の特徴は、次のとおりです。

  • 一時の感情で仕事を辞めてしまった
  • 会社選びに失敗した
  • 今の会社との比較をしていなかった
  • 自己理解をしていなかった
  • 情報収集が少なかった

なぜ仕事を辞めて後悔してしまうのか、一度考えてみましょう。

一時の感情で仕事を辞めてしまった

思い付きで仕事を辞めてしまうと、後悔してしまいます。

先のことを考えず、気付いたときには取り返しがつかなくなっているからです。

たとえば、仕事を辞めてみたものの、次の仕事が見つからないケースはよくあります。

また、新しい仕事に就いたものの、仕事内容や給与に納得できないこともあるでしょう。

先のことを考えずに動いてしまうと、失敗したときに後悔してしまうのです。

会社選びに失敗した

仕事を辞めた焦りから、会社選びに失敗するケースもあります。

「早く仕事を探さなきゃ」と考え、急いで就職先を決めてしまうためです。

急いで仕事を探すと、「就職できたらどこでもいい」と考えてしまいがち。

しかし、適当に就職してしまうと、自分に合わない企業を選ぶ確率があがります。

せっかく転職しても、また不満に思う企業に就職してしまっては意味がありません。

焦って就職すると後悔しやすいので、企業選びは慎重に行ってください。

今の会社との比較をしていなかった

元々勤めている会社との比較をしていないと、「前の会社が良かった」と後悔しやすくなります。

転職先と比較して、メリットデメリットを明確にしておきましょう。

たとえば、「給与が低い」を理由に転職したとします。

しかし、給与が高い会社に就職できても、「残業が多い」「仕事内容がきつい」などのマイナスがあれば仕事は辛くなるでしょう。

転職先を決める場合は、いくつか比較するポイントを決めて、総合的に判断するのが大切です。

今の仕事と比べて、良い点と悪い点を明確にしてから転職先を決めましょう。

自己理解をしていなかった

自分についての理解が浅いと、自分のやりたいことができません。

転職しても「こんな仕事をしたいわけではない」と後悔してしまうでしょう。

仕事を変える際には、「自分の向いてること」を考えるのが大切です。

自己分析を行って、自分の強みや得意なことを考えてみましょう。

詳しい得意なことの見つけ方は、以下の記事で解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

情報収集が少なかった

転職時の情報収集を怠ると、仕事選びで後悔しやすくなります。

転職先がどのような企業なのかは、十分に調べておきましょう。

たとえば、求人情報だけで会社を判断するのはNGです。

企業のWebサイトや採用ページ、口コミサイトなど複数の情報を確認しておくのが大切になります。

情報が足りないと、転職に失敗し、仕事を辞めなければ良かったと後悔してしまうでしょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事を辞めて後悔した人からよくある質問

ここでは、仕事を辞めて後悔した人からよくある質問を紹介します。

  • 仕事を辞めて後悔しないためにはどうすればいい?
  • 職場を辞めた方がいいサインは?
  • 転職で後悔する人の割合は?
  • 仕事を退職した後悔を断ち切るには?
仕事を辞めて後悔しないためにはどうすればいい?

仕事を辞めて後悔しないためには、次の4つが大切です。

  • 退職理由を明確にする
  • キャリアプランを決める
  • 転職先でのビジョンを明確にする
  • 今の仕事で解決できる悩みか考える

まずは、なぜ退職を選んだのかを明確にしましょう。

退職したい理由がわからないと、同じ失敗をしてしまうかもしれません。

また、自分が何をしたいのか明確にするのも大切です。

キャリアやビジョンについて考えてから、次の就職先を探しましょう。

職場を辞めた方がいいサインは?

次のような状況の場合、仕事を辞めた方がいいかもしれません。

  • 仕事に行くと体調が悪くなる
  • 仕事が原因でメンタルが苦しい
  • 成果を出しても給与が上がらない
  • 実績が正当に評価されない
  • 労働時間や残業時間がない
  • 会社の雰囲気に合わない
  • ハラスメントが発生している

特に、心身の不調には要注意です。

体調が悪化し動けなくなる前に、仕事を辞めるなどの対策をしましょう。

転職で後悔する人の割合は?

株式会社識学の調査によると、「転職後に後悔・失敗したと思ったことがある」と思った人は、59.7%でした。

転職して後悔した理由には、次のようなものが挙げられています。

  • 人事評価が不透明だった
  • 成果を出しても出さなくても評価が変わらなかった
  • 信頼できる上司が見つからなかった
  • 評価制度が整っていなかった
  • 教育体制が整っていなかった

仕事を辞めて後悔しないように、転職先については十分に調べておきましょう。

また、自己理解を深めて、何が原因で仕事を辞めようとしたのか理解しておくのも大切です。

参照:【転職による幸福度の実態を調査】

仕事を退職した後悔を断ち切るには?

仕事を退職した後悔を断ち切るには、自分に合う仕事を見つけるのが大切です。

仕事に満足していれば、「辞めなきゃよかった……。」と後悔することもなくなります。

後悔しないためには、自分に合う仕事を見つけたり、キャリアを明確にしたりするのが大事。

キャリアコーチングを受けて、「自分はどのようなキャリアを歩みたいのか」を考えてみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

まとめ:仕事を辞めて後悔しないためにもキャリアコーチングを受けよう

この記事では、仕事を辞めて後悔する理由や、仕事を辞めて後悔しないためにできることを解説しました。

仕事を辞めて後悔してしまう理由は、次のとおりです。

  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 前職よりも給料が下がった
  • 労働時間が長くなった
  • 会社になじめない
  • 福利厚生がなくなった
  • 勢いで仕事を辞めてしまった
  • 仕事内容が想像と違った
  • 前の仕事の良さに気付いた

仕事を辞めて後悔しないためには、自分のキャリアについて考えるのが大事。

「自分のやりたいこと」を明確にし、実現するために行動しましょう。

自分のやりたいことがわからない方は、キャリアコーチングを受けてみてください。

キャリアコーチングを受ければ、あなたに向いている仕事が見つかります。

なかでもおすすめのキャリアコーチングが「キャリスピ」です。

「やりたい仕事がわからない」

「自分に向いてる仕事がわからない」

「キャリアを相談できる相手がいない」

このような悩みを抱えている方は、ぜひキャリスピにお任せください。

キャリスピでは、マンツーマンであなたの本音を引き出し、人生を変えるサポートを実施。

「もう仕事を辞めて後悔したくない!」

「イキイキと働ける仕事がしたい!」

「最高の人生にしたい!」

このように考える方は、今すぐキャリアコーチングを受けてみましょう。

今なら通常5.500円のコーチングが、無料で体験可能。

自分らしい人生を歩むために、ぜひ一度体験してみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次