「とりあえず3年の3年が過ぎました」これからどうする?対処法を解説

この記事のまとめ

とりあえず3年の3年が過ぎたけど、これからどうしていけば良いの?

キャリアの悩みを抱えているあなたに、理想の人生を見つける方法を解説

「とりあえず3年の3年が過ぎました……」

「入社して3年経ったけど、やっぱり仕事を辞めたい……」

「3年間耐えたけど、ここから何をすればいいの…」

とりあえず3年は仕事をするべき

この言葉を信じ、従ってきてはいませんか?

GOAL-Bくん

家族も上司もよく言う言葉です。

周囲を信じて3年頑張ったものの、仕事へのやりがいは感じられない。

成長も実感できず、成果も給料も得られていない。

GOAL-Bくん

「この3年間、何してたんだろう…」となりますよね…

でも、「人生無駄にしたかな…」と悩まなくて大丈夫。

大切なのは、理想の人生に向けて行動を起こすこと。

今からでも、自分らしく働ける日々を作り出すことは可能です。

この記事では「とりあえず3年」が過ぎたあなたが、何をすべきかを解説します。

この記事を読めば、最高のキャリアを実現できるようになるはずです。

「とりあえず3年の3年が過ぎました」の状態で悩む場合、人生設計が大事。

一度立ち止まって、これからの目標をじっくりと考えてみましょう。

人生設計ができるワークシートを配布しているので、ぜひ使ってみてください。

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 漠然とした不安が無くなった!
  • 将来の方向性が明確になった!
  • 自分に自信を持てるようになった!

\ たった30秒で受け取り完了!

目次
松田 皓太
株式会社GOAL-B CMO
株式会社GOAL-BのCMO。同志社大学を卒業後、西日本シティ銀行に入社。2021年Salesforceに転職後、副業で株式会社ACILを経営。キャリアに関する情報を発信するメディア「ポジサラ」を運営。2023年会社売却をし、株式会社GOAL-B入社。日本一本質的なキャリア支援を目指し、今日も最高の1日を作り上げるメディアを運営。

「とりあえず3年」の3年が過ぎたらどうしたら良い?

「とりあえず3年」が過ぎたら、まずは考える時間を作りましょう。

GOAL-Bくん

目標もなくいきなり動き出すのは危険です。

ここでは、入社して3年が過ぎたときにやることを3つ解説します。

入社して3年が過ぎたときにやるべき3つのこと
  • キャリアの棚卸を行う
  • 自分の強みを理解する
  • 今後のキャリアについて考える

キャリアの棚卸しを行う

まずはこの3年間で培ったキャリアの棚卸しをしましょう。

GOAL-Bくん

業務や経験を振り返ってください。

キャリアの棚卸しとは、次の3つを整理する作業。

  • 得た知識
  • 得たスキル
  • 得た経験

棚卸を行うことで、自分の特徴を理解できます。

GOAL-Bくん

自分に合う仕事をするために、まずは自己理解が大切。

これまでの仕事について、振り返る時間を作りましょう。

自分の強みを理解する

棚卸しができたら、自分の「強み」を見つけます。

GOAL-Bくん

強みとは、「ついついやってしまうクセ」のこと。

強みを活かして仕事をすれば、自然と成果が出ます。

GOAL-Bくん

意識しなくても、ついやってしまうから。

  • 自分ではあたりまえのことが、なぜか評価される
  • 普通にしてるだけなのに、人よりも成果が出る
GOAL-Bくん

こんな状況に注目してください。

とはいえ、強みは無意識で発揮されるもの。

自覚するのは難しいといえます。

そんなあなたにおすすめなのが、「強みが見つかるワークシート

ワークをするだけで、簡単に自分の強みが特定できます。

強みなんてわかんないよ?

そう思うあなたも大丈夫。

下記のボタンからワークを受けとって、強みを発見してください。

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 自分の強みがわかった!
  • 仕事で使える武器が見つかった!
  • 輝ける環境がわかった!

\ たった30秒で受け取り完了!

今後のキャリアについて考える

強みを見つけられたら、今後のキャリアを考えましょう。

GOAL-Bくん

強みを活かせる仕事が良いですよね。

そもそも、今の会社で強みを活かせているかが大事。

GOAL-Bくん

強みを活かせているなら、今の仕事を続ければOKです。

また、活かせていないからといって、転職するのは気が早いかも。

わざわざ転職しなくても、部署異動で解決する場合もあります。

キャリアに関する選択例

  • 引き続き勤務する
  • 部署異動をお願いする
  • 転職する
  • 副業を始める

選択肢は転職だけではないので、柔軟に考えてください。

「とりあえず3年」と言われている理由

「とりあえず3年」と言われる背景には、次の2つの理由があります。

「とりあえず3年」と言われている理由
  • 仕事を覚えるのに3年はかかるイメージがあるから
  • すぐに辞める人を増やしたくないから

仕事を覚えるのに3年はかかるイメージがあるから

とりあえず3年といわれるのは、仕事を覚えるには時間が掛かるから。

GOAL-Bくん

1人前になるための期間です。

仕事を覚えるために、数ヶ月から半年以上。

覚えた仕事を身につけるために、また数年かかります。

1人である程度仕事をこなせるようになるには、やはり3年近く。

仕事を覚えきっていないのに辞めても、得られるものは少なくなります。

GOAL-Bくん

そのため、「とりあえず3年は働くべきだ」と言われます。

すぐに辞める人を増やしたくないから

とりあえず3年には、辞めてほしくない企業の願望もあります。

GOAL-Bくん

早期退職が起こると大変です……

企業にとって、社員の退職は大きな損失。

  • 人手が足りなくなる
  • 新しい採用コストが掛かる
  • 育成コストを回収できない
GOAL-Bくん

できるだけ、退職してほしくないのです。

また、3年も働いていると、「もう少し続けるか…」と考える人も出てきます。

  • 今さら辞めるの面倒だな……
  • 転職先見つかるかな……
  • 別に悪い会社ではないよな…
GOAL-Bくん

あなたもこうなってませんか?

できるだけ長く働いてほしいという会社の思惑もあり、「とりあえず3年」と言われるのです。

とりあえず3年が来たあなたに

  • 辞めるべきかわからない
  • 何をすればいいかわからない

そんなあなたに読んでほしいのが、「正しい頑張り方の教科書

正しい頑張り方を知っておけば、自分にとって最高の選択肢を選べます。

実は、この正しい頑張り方を知れるPDFを無料で配布中。

下記のボタンからゲットできるので、これからの方向性を見つけてください。

見逃し厳禁

\受け取った人の声/

  • 本当にやりたいことがよくわかった!
  • 自信を持って仕事に取り組めるようになった!
  • これからの方向性が明確になった!

\ たった30秒で受け取り完了!

「とりあえず3年」が過ぎて転職した方が良い人の特徴4選

次のような状況の場合、転職したほうが良いかもしれません。

「とりあえず3年」で転職した方が良い人の特徴4選
  • 仕事内容があっていない
  • これ以上成長できそうにない
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 今の仕事以外にやりたいことがある

仕事内容があっていない

合わない仕事を続けていても、得るものは少なくなります。

GOAL-Bくん

活躍できる環境が良いですよね。

合わない仕事を続けた場合

  • 成果が出ない
  • 強みを発揮できない
  • モチベーションが上がらない

マイナスばかりで、気分も重くなります。

GOAL-Bくん

そんな環境で3年も続けてきたあなたは凄い人です。

そろそろ自分が輝ける環境を求めても良いでしょう。

これ以上成長できそうにない

成長できないなと感じる場合も、転職のタイミングです。

GOAL-Bくん

変化のない日々を過ごしてしまいます。

  • 新しい仕事がない
  • 業務内容が変わらない
  • ルーティン化している

このような仕事は、成長できない仕事です。

GOAL-Bくん

「あと何年、この仕事を続けるの?」と思うはず。

成長できる環境を求め、転職するのもおすすめです。

仕事にやりがいを感じられない

仕事にやりがいを感じない場合も、転職を考える時期。

GOAL-Bくん

あなたの適職ではありません。

やりがいがない仕事はマイナスばかり。

  • モチベーションが上がらない
  • やる気がないから成果が出ない
  • 成果がないから評価されない
GOAL-Bくん

最悪のループを繰り返します。

最高のキャリアを築くには、「やりがい」は大事。

自分が輝ける仕事を求めて、転職するのも1つです。

今の仕事以外にやりたいことがある

明確にやりたいことがあるなら、転職も良いでしょう。

GOAL-Bくん

やらない方が後悔します。

やりたいことができていない状態は、モヤモヤを抱えがち。

  • あの仕事ならな…
  • あのとき転職してたらな…
  • 〇〇さんはいいな…

などと羨ましくなり、後悔します。

GOAL-Bくん

やりたいことがあるなら、自分のためにやるべきです。

転職を成功させ、やりたいことに全力を尽くしましょう。

「とりあえず3年」が過ぎて転職しない方が良い人の特徴3選

「とりあえず3年」で、転職しない方が良いケースは以下のとおりです。

「とりあえず3年」で転職しない方が良い人の特徴3選
  • 今の会社で成果が出せている
  • スキルや能力が身についていない
  • やりたいことや目標がない

今の会社で成果が出せている

すでに成果が出ているなら、転職しない方が良いかもしれません。

GOAL-Bくん

すでに適職にいるかも?

転職した会社で成果が出ないと、後悔することに。

また退職して、失敗してを繰り返すかもしれません。

GOAL-Bくん

ただし、成果が出てるけど辛い場合は転職してOK。

特に不満もなく成果が出ているのであれば、続けた方が良いといえます。

スキルや能力が身についていない

スキルや能力がない場合、転職は少し待ってください。

GOAL-Bくん

面接で評価されません。

転職する場合、「戦力になるか」が1つのポイント。

どのようなスキルがあるか、能力があるかが重視されます。

スキルや能力が身についていない場合、評価は上がりません。

望んでいない企業しか内定がもらえず、転職に失敗してしまう。

GOAL-Bくん

会社を辞めた意味がないです…

もし、評価されるスキルが身についてないと思うのであれば、転職は辞めた方が良いでしょう。

やりたいことや目標がない

やりたいことや目標がない場合も要注意。

GOAL-Bくん

適当に会社を決め、後悔します。

「転職すること」が目標になると、失敗するケースが増えます。

入社してからのギャップに苦しみ、後悔するからです。

GOAL-Bくん

大事なのは、「最高のキャリアを築く」こと。

転職はあくまで手段であり、目的ではありません。

「とりあえず3年」が過ぎたけど何をすべきかわからない場合の相談先

とりあえず3年でどうすべきか迷ったら、相談も大事。

次の2つの相談先に、どうすべきか聞いてみましょう。

とりあえず3年が過ぎどうするかわからない場合の相談
  • 転職エージェント
  • キャリアコーチング

転職エージェント

転職と聞いて思い浮かぶのが転職エージェント。

企業の紹介から選考対策までサポートを受けられます。

GOAL-Bくん

特に、仕事をしながらの転職活動は大変です。

サポートを受けることで、効率的に転職ができます。

注意点は、「転職前提」になること。

キャリアの選択肢は、転職だけではありません。

  • 今の仕事を続ける
  • 部署異動をしてみる
  • 副業でやりたいことをやる
GOAL-Bくん

このような選択肢を消してしまいます。

転職をするのであれば、心強いのが転職エージェント。

しかし、可能性を消してしまいやすい点は気をつけてください。

キャリアコーチング

キャリア全般について考えたいのであれば、キャリアコーチングがおすすめ。

GOAL-Bくん

転職以外の可能性も考えられます。

「とりあえず3年」のあなたは、転職だけがすべてではありません。

今の会社に残る選択肢もあれば、自分で起業することもできます。

キャリアコーチングであれば、あらゆる可能性を見れるのがポイント。

あなたの「やりたいこと」をベースに、今後のキャリアを決められます。

キャリアコーチングのなかでもおすすめなのが『キャリスピ

なんと、利用者の6人に1人が25歳。

GOAL-Bくん

大卒だとちょうど3年目の時期です。

Z世代と呼ばれる27歳までの利用者が3人に2人。

若者のキャリアの悩みを解消してきました。

社会人3年目のキャリアに強いキャリスピが、無料体験を実施中。

下記のボタンから申し込めるので、どうすべきか悩んだらぜひ相談してください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

とりあえず3年の3年が過ぎた人からよくある質問

とりあえず3年の3年が過ぎた人からは、次のような質問があります。

とりあえず3年の3年が過ぎた人からよくある質問
  • 3年で転職するのは早い?
  • 仕事で3年耐える意味は?
  • 退職は何年目が多い?
3年で転職するのは早い?

3年で転職するのは、早いとはいえません。

厚生労働省によると、新卒のうち3人に1人が3年以内に離職しています。

GOAL-Bくん

そう珍しくはありません。

参考:厚生労働省「新規学卒就職者の離職状況(令和2年3月卒業者)を公表します

仕事で3年耐える意味は?

仕事で3年耐える意味は、辞めグセがつかないようにです。

早期退職をすると、また次もすぐに辞めるかもしれません。

また、退職が多いと、転職時の評価が下がります。

転職しやすくするためにも、3年耐えろと言われるのです。

退職は何年目が多い?

政府の調査によると、年数別の退職割合は次のとおりです。

1年未満33.6%
1年~2年未満14.1%
2年~5年未満21.9%
5年~10年未満15.3%
就業形態、勤続期間別離職者の構成比 

1年未満で転職している人が、3人に1人。

ほかの年数よりも多い数値になっています。

引用:e-Stat「雇用動向調査 年次別推移

まとめ:とりあえず3年の3年が過ぎたらキャリアについて考え直そう!

とりあえず3年の3年が過ぎたら、まずキャリアについて考えましょう。

GOAL-Bくん

いきなり動き出そうとするのは危険です。

3年が過ぎたからといって、辞める必要はありません。

GOAL-Bくん

今の仕事のほうが、良い可能性もあります。

今後のキャリアに迷った際におすすめなのが、キャリアコーチング。

キャリアのプロに相談することで、方向性を明確にできます。

とはいえ、コーチングサービスの数は膨大。

GOAL-Bくん

どこを選ぶのか、困りますよね?

そんなあなたのために、おすすめのキャリアコーチングを9つ紹介。

GOAL-Bくん

キャリアの選択を成功させ、最高の人生を実現しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次