「HSPで仕事がつらい」から解放されるための6つの対処法

まとめ

HSPで仕事がつらいときは、どうしたらいい?
つらいと感じる理由と、つらさから解放されるための6つの対処法を解説します!

HSPの気質を抱えている人は、どうしても悩みを抱えやすいものです。

感受性が豊かであるが故に、仕事におけるつらさを感じることも珍しくありません。

GOAL-Bくん

息苦しい毎日が続いていることかと思います。 

現代を生きるHSPの人は、耐えて耐えて身をボロボロにしながら働くしかないのでしょうか? 

いいえ、決してそんなことはありません。 

この記事では、HSPの方がどうやったら仕事がつらさを解消できるか解説します。

この記事を読むことで、仕事がつらいと嘆く日々から抜け出すヒントが掴めます。

仕事のつらさを和らげ存分にあなたらしく働き、人生そのものを充実させていきましょう。

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 自分の活かし方がわかるようになった!
  • 周りの目を気にしなくなった!
  • 自信を持てるようになった!

\ たった30秒で受け取り完了!

目次

HSPが仕事でつらい思いをしやすい理由 

なぜHSPのあなたが仕事でつらい思いをしているのか、そのメカニズムを紐解いていきま しょう。 

GOAL-Bくん

その理由はこの2つです。 

  • 「苦手なこと」をメインに使ってしまっている 
  • 苦手を使わざるを得ない業務 or 環境に身を置いてしまっている

HSPの持っている「強み」は、豊かな感受性・優しさ・気遣いといったもの。

これを発揮できない場合や、「苦手なこと」を使ってしまうと、どんどんつらくなってしまいます。

例えるならその状態は、鳥なのに海を泳ぐよう強制させられるようなものです。

HSPが苦手とするもの 

HSPが苦手とするものを解説します。

スクロールできます
苦手とするもの
不特定多数の人間関係初対面の人との接触が多いと、相手がどんな人かもわからず、その都度不安や恐怖心を抱く。
結果、精神をすり減らしてしまう。
臨機応変な対応「どうにかしなきゃ!」と焦ってしまい圧迫感を感じる。
「想定外」が多いことHSPは脳内でのシミュレーションが癖になっているため「〇〇になったらどうしよう…」 という考えや不安に支配されてしまう。
自分のペースで働けない期限が焦りを生み、業務効率が落ち、より業務が進まなくなり余計に焦る。
外部刺激が強い五感が敏感なため、大きな音やキツイ匂いでも脳のリソースが割かれてパフォーマンスが落ちてしまう。 
上司からのプレッシャー監視状態にあったり、期待を向けられ
ると「間違ってはいけない」でいっぱいいっぱいになる。
HSPが苦手とするもの

「つらさ」が発生する2つの原因

仕事におけるつらさは、苦手なことの割合が極端に高い状態で起こることです。

やりがいや楽しさよりも、苦手なことが優位になってしまう状態に原因があります。

そしてその原因は、  以下の2つに大別されます。

  • 行っている業務そのものが「苦手な作業」である

→例:飛び込み営業

  • 行う業務は苦手ではないが「苦手な環境」に置かれている

→例:一人で出来る業務だが誰にも相談できない

GOAL-Bくん

このどちらの場合でも「つらい」と感じてしまいます。

という2つに大別されます。このどちらの場合でもツラいと感じてしまいます。 

逆に言えば、HSPの得意な部分を生かせるような業務内容・環境であれば、辛さを減らせるということ。

なので、まずベースとして以下の状態を目指していきましょう。

  • 「苦手なこと」の割合を減らしていく 
  • 「やりがい」や「楽しさ」の割合を高める

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません。

【対処法①】「HSPであることで仕事の何がつらいのか」を明確にする 

「仕事のどの部分が嫌で、どんな行為・環境行動がつらいと感じるのか」

これらを明確にするからこそ、具体的な対策が打てるようになります。

GOAL-Bくん

実は「仕事がつらい…」という表現はNG。

なぜなら抽象的で曖昧な状態だからです。 

「自分がどういう時に快・不快を感じるのか」

ここが客観的に把握できて、初めて具体的な対策が取れるのです。

抱えている問題が抽象的な状態では、その問題の核心をとらえる事が出来ません。

しっかりと核心をとらえ「具体的な行動レベル」で対策を立てていきましょう。

「この仕事のどこがつらいのかな?」

「逆に、どんな環境だったら良いかな?」

 そこをしっかりと明確に言語化することから始めていきましょう。

自分を知る前に闇雲に動くのはNG

うっかりやってしまいがちなのが、「とにかく闇雲に何とかしようと行動する」という行為。

  • 自分の特性・強みを分析しない
  • 問題の核心を把握しない
  • 聞きかじった知識でどうにかする

これではその場しのぎの対症療法にしかならず、問題の根っこは残ったままです。

GOAL-Bくん

これでは本質的な改善は難しいでしょう。 

例えば以下のように、むしろ状況を悪化させてしまうことも考えられます。 

  • 「とりあえずつらくないところに」と転職

→転職した先でもつらいことが無くならず状況が改善しない 

  • 何の説明もなく「自分には無理です」「やりません」と拒否一辺倒になる

→信頼を失い孤立してしまう

状況を悪化させないためにも、まず「自分の特性」「強み」を明確に知ることがとても重要。

GOAL-Bくん

それが一番の近道です。

それから最適な仕事・働く環境を選んでいきましょう。

「楽しい・つらい」を明確にする3ステップ 

自分の特性や強みを見つけ出す、大まかな工程は以下の3つです。 

  1. ステップ1:分解 
  2. ステップ2:分別 
  3. ステップ3:抽象化 

この3つの工程を踏み、自分との対話で探っていきます。 

脳内で悶々と考えるのではなく、実際に考えを文章に書き起こしてください。 

GOAL-Bくん

紙に書き出すのがオススメです。

1:まずは仕事の動作を分解する 

日々の仕事を「仕事」という1つの塊で捉えず、細かく分解することから始めましょう。 

仕事というのは、複数の動作が組み合わさって成り立っています。

GOAL-Bくん

分解の例を見てみましょう。

例:『プレゼン』
  • 事前準備
  • 相手の要望をヒアリングする
  • PCで資料を作る
  • 書類の作成
  • 客先に出向きプレゼンを行う 
  • 契約書を作成する
  • プレゼンのフィードバックを行う

ポイントは、細かい状況や動作まで詳細に分解することです。 

GOAL-Bくん

状況・環境もセットだと、なおGOODです。

同じ動作でも、環境や条件次第で感じ方が変わることがあります。 

  • ひとりの空間
  • がやがやしている空間
  • 他者からの監視の目がある
  • ひとりで手探りでやらなくてはいけない
  • サポートしてくれる人がいる
GOAL-Bくん

このように、なるべく詳細に思い出して言語化してみましょう。

2:分解した動作を「好き・嫌い」「得意・不得意」に分別する 

動作を分解していく中で、色々な感情が湧いてくるでしょう。

「これは嫌いだな…絶対にやりたくない…」

「これをやってると 時はちょっと楽しいな…」

その素直な感情のままに、それぞれの動作を「好き・嫌い」「得意・不得意」に分別しましょう。 

GOAL-Bくん

「得意」とは「自然とできる事」です。

「得意」と聞くと、他者と比べて圧倒的に優れていないといけないと思いがちですよね。

しかし、決して「他者と比べて極めて優れている」必要はありません。 

  • やっていてつらくない
  • ストレスなくスムーズにできる

このような感覚で十分「得意」に分別して大丈夫です。 

HSPの方の場合、 以下のようなものが例として挙げられるでしょう。

  • 一人でじっくり取り組める動作
  • じっくりと問題点を考える
  • 細かい作業を淡々とこなす 
  • リスクを考え準備する
  • 温かい人間関係を作れる

3:分別した動作の共通点を探る 

次に、分別できたものを抽象化して共通点を探っていきます。 

「なぜこの動作は楽しいのかな?」
「なぜこの動作はつらいのかな?」

という具合に、それぞれの動作がどのように感じられるかを問いかけてみてください。 

GOAL-Bくん

取り繕わず本心のまま答えましょう。

例を挙げてみましょう。

得意なこと
  • プレゼン資料作成

Q.なぜ楽しいのかな?
A.一人でじっくりできるから 

  • 契約書づくり

Q.なぜつらくないのかな?
A.決まりきった型に書くだけの単純作業だから

苦手なこと
  • 電話でアポイントを取る

Q.なぜ嫌なのかな?
A.その場の対応を求められる緊張してしまうから 

  • 客先でのプレゼン

Q.なぜつらいのかな?
A.人前に立って人目にさらされると恐怖を覚えるから 

このように要素を分解し抽象化することで、快・不快の理由を明確にします。

すると、ある程度共通点が見えてくるはず。

その共通点こそが、あなたの「好き・嫌い」「得意・不得意」の明確な基準となります。 

GOAL-Bくん

基準が見つかればあとはシンプル。

あなたが行う仕事から、「嫌い」「不得意」を排除していけばいいのです。 

「つらい」と感じるものは排除していい 

HSPの方は、真面目な性格の方が多いです。

真面目が故に、ついつい「辛くなきゃいけない」「楽しちゃいけない」と思いがち。

GOAL-Bくん

しかし、つらいものは排除していいのです。

もし仮に「苦に感じるもの」が業務から全て消えたらどうでしょう? 

きっと「え、こんなに楽なのにお金貰っていいの…?」という状態になるでしょう。 

そんな”最高の状態”を目指して良いのです。

GOAL-Bくん

全くもっておかしなことではありません。

そう言われたとしても、真面目で繊細なHSPの方は心理的な抵抗感を覚えるかと思います。 

「本当にそんなことしていいのかな…」

「つらくない仕事なんてあり合えるのかな…」

その心理的な抵抗感を処理するために、「仕事に対する大きな勘違い」を解きましょう。

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 自分の活かし方がわかるようになった!
  • 周りの目を気にしなくなった!
  • 自信を持てるようになった!

\ たった30秒で受け取り完了!

【対処法②】仕事に対する「2つの大きな勘違い」を解く

まず「仕事」に対する 心構え・考え方を変革させる必要があります。

GOAL-Bくん

「仕事」というものの本質をとらえる事が重要。

「仕事」の本質が理解できれば、視野を広げた形で問題解決にあたることができます。
ここで一度、「仕事」というものについての捉え方を改めましょう。 

「仕事=つらいことをしなくちゃいけないもの」ではない 

  • 苦手なことでもがんばれ
  • 嫌なことは買ってでもやれ
  • つらいことには耐えろ
  • 石の上にも三年

これらは日本人特有の”美徳”として、今でも社会に脈々と流れ続けています。 

GOAL-Bくん

しかし、実はこれは正しくありません。

つらくならないようにして問題ないのです。

むしろ積極的につらいことからは逃げてください。

あなたが逃げていい理由

なぜつらいことから逃げていいのか。

それは、あなたがあなたらしく働いたほうがよっぽど社会のためになるからです。 

GOAL-Bくん

そして、あなた自身のためにもなります。

ストレスフリーで働きやすくなる

成果が出やすくなる
(成果=お客様が喜んでくれる数)

喜んでくれる人が増える 

この好循環に入ることによって「結果としてみんなが喜ぶことができる」のです。

だからこそ、「つらい」と感じる仕事からは積極的に逃げるべき。

逆に言うと、あなたが「つらい仕事に耐える」状態は、社会に損失を与えていると考えることもできます。 

GOAL-Bくん

つらい仕事にあなたの貴重な時間を割かなくていいんです。

むしろ割かない方が、あなたのためにも社会のためにもなります。

HSPは自身の持っている素晴らしい強みを生かせばいいのです。 

もちろん、全部が全部100%つらくない、なんてことはありえません。

必要な時には忍耐が必要になってくることもあるでしょう。

しかし、耐えるべきは「自分の得意なことが使えている」という条件が満たされている時。

間違っても「苦手を使ってしまっているつらい仕事」ではありません。

「つらいかどうか」は関係がない 

仕事というのは、「誰かの悩みを解決する」「誰かに価値を提供する」ことです。

価値を提供してお客様の悩みが解決しているのであれば、それは仕事と言えます。

価値を提供する側がつらい思いをしようと、楽な思いをしようとどちらでも良いのです。

GOAL-Bくん

少々冷たい言い方に聞こえるかもしれません。

しかし、これは決して良い悪いの話ではないのです。

あくまで事実を話しています。

仕事において「お客様の成果」と「提供者の感情」は無関係なのです。 

つまり仕事において「お客様の成果」と「提供者の感情」は無関係なのです。 

だとするならば、わざわざつらい思いをしているのが無駄に思えてきませんか?

HSPを生かせるような仕事で、イキイキと働いた方が良いと思いませんか?

その方が、結果としてお客様は喜び、 あなたはストレスを抱えずに働けます。

GOAL-Bくん

また、以下のことも知っておいて欲しいのです。

あなたの「苦手・つらい」と感じる事が、むしろ「得意・好き」な人もいる

つまり、あなたが辞めても誰か変わってくれる人がいるということ。

GOAL-Bくん

あなたがつらい思いをする必要は無いのです。

得意な人に任せる方が、それも社会のためになります。 

それでも心理的な抵抗感があるとしたら、あなたの中に思い込みがあるかもしれません。

  • 自分には何もない
  • 会社になじめない自分が悪い
  • つらくない仕事なんてあるわけがない
  • つらくない環境を探すことは甘えだ

このような思い込みは、あらゆる可能性を無意識に排除してしまいます。

GOAL-Bくん

とてももったいないことです。

その場合、以下のことを試してみてください。

  • 改めてHSPの得意なことを把握する
  • 何度も「仕事の捉え方」を改める

自分を苦しめる考えを捨て、少しずつ思い込みを解いていきましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません。

【対処法③】HSPなりの「仕事のつらさとの向き合い方」を見直す 

重要なことなので何度も言いますが、「仕事=誰かに価値を提供する」ということ。

GOAL-Bくん

提供する側が「つらいか楽か」は関係がありません。

良くも悪くも、価値を提供しお客様が喜んでいるなら、それは仕事として成立しています。 

”HSPの強み”を通して仕事に向き合う 

  • HSPの特性をどう生かしたらいいのか 
  • どう仕事と向き合えばいいのか 
GOAL-Bくん

ここが気になる部分かと思います。 

HSPが持つ強みを通して仕事と向き合ったとき、以下のようなものが考えられます。

  • 感受性が高い

→だからこそ「人を魅了する」

  • 共感力が強いから

→だからこそ「人に寄り添える」 

  • こだわりが強い

→だからからこそ「丁寧な仕事ができる」 

  • 繊細

→だからこそ「細部まで気を配れる」 

つまり、HSPの特性を仕事に向けた場合「ホスピタリティ」となるのです。

今までに他者から、このように言われたことはないでしょうか。 

「気が利くね」

「よく気付いたね」

「すごい深く考えてるよね」

GOAL-Bくん

それがまさに、HSPの方が活かすべき強みなのです。 

その強みを存分に発揮できる環境で、仕事に向き合いましょう。

自分もお客様も犠牲にしない、全員がハッピーな状態になれます

HSPの強みがわかってくれば、後はその強みを生かせる最適な環境に身を置くのみ。

GOAL-Bくん

そうすればあなたは水を得た魚です。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません。

【対処法④】HSPによる仕事のつらさを抜け出すための選択肢を見直す

ここからは実際の行動レベルでの対処法を紹介していきます。 

自身の状況と照らし合わせて、 適切な選択をすることが重要です。 

GOAL-Bくん

基本的に取れる選択肢は大きく分けて4つ。 

まずはこの大枠から抑えていきましょう。 

「HSPで仕事がつらい…」から抜け出す4つの選択肢
  1. 現在の職場環境を見直す
  2. 部署異動 
  3. 転職する 
  4. 副業を始めてみる・起業する 

1:現在の職場環境を見直す 

まずやるべきなのは「現在の職場環境を自分に最適化する」こと。

現在の職場環境を見つめ直し、ストレスを感じる原因や改善の余地を探ります。 

  • コミュニケーションの改善
  • 業務プロセスの見直し
  • 説明して理解を得る

現状を改善する手段を模索し実行することで、最適化を目指していきます。

2:部署異動 

次にできることは部署異動です。

もしも現在働いている職場の他部署に、働きやすい環境がある場合そこに転属するという選択肢もあります。 

GOAL-Bくん

転職と比べると、難易度は低いと言えるでしょう。

比較的大きな変化がなく、エネルギーを必要としません。

新たな環境で自分の強みを発揮できれば、つらさは軽減され、仕事が充実するでしょう。

ただし、人員に不満がない場合は移動することが難しい場合もあります。

3:転職する 

所属する会社で改善のしようがないのであれば、次に取るべき手は転職です。

職場環境の改善よりも、大きな変化になります。

GOAL-Bくん

より大きなエネルギーを使うことになるでしょう。

とはいえ、最適な職場に移るための必要な投資期間でもあります。

HSPの特性を活かせるような環境が見つかれば、勇気をもって転職するのも有効な手段です。

4:副業を始めてみる・起業する 

HSPの強みを最大限生かすスタイルが、「雇われる」という形ではない場合もあります。

その場合は、副業や起業を考えてみることも1つの選択肢です。

副業や起業であれば、自身のペースで仕事を進めることができます。

ただ、当然ながら時間はかかります。

  • ラクして
  • スマホをポチポチするだけ
  • 寝てるだけで
GOAL-Bくん

このような美味しい話はありません。

ただ現代は、個人で商売をするためのインフラがしっかりと整っています。 

ハードルが低く取り掛かりやすいというメリットも。

まずは小さくでもいいので、始めてみることをおすすめします。

GOAL-Bくん

根気強さが大事です。

いずれにせよ、これら4つの解決策はあくまで「手段」。

何よりも大事なのは以下のこと。

「自分はどうしたいのか?」
「どういう環境ならつらくないかな?」

ここを明確にすることが最も重要です。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません。

【対処法⑤】「やりたいこと」を前提にGOALを定める

生きている以上、つらいシーンから逃れることはできません。 

それは仕事にも言える事。

GOAL-Bくん

仕事も人生も「つらさ」はつきものです。

「悩みそのもの」

「つらさそのもの」

これら自体を消し去ることは、人間である以上難しいことです。 

となると、根本的に発想を変えることが重要。 

「つらさを消す」

「納得して受家入れられるつらさを選択する」

GOAL-Bくん

このように発想に変えていくのです。 

そのために、「GOAL=人生における目的」を定める必要があります。 

自分の「納得感」が重要 

他人から「やれ」と言われたことで困難に直面したとき、どんな考えが浮かぶでしょうか。

  • なんでこんなことやらなきゃいけないんだ
  • めんどくさい
  • 自分のせいじゃない

イライラ感が芽生えたり、他責思考になってしまうでしょう。

自分で納得した選択をしなければ、つらいことに挫けてしまうのです。

GOAL-Bくん

それは「何のためにやるのか」が抜け落ちているから。

自分で選択たことならば、少々の困難があったとしても折れづらくなります。

困難なことも、このように思えるはず。

  • やりたいからやってるんだし、まぁそういうこともあるよね
  • 自分が選んだことだし、もうちょっと頑張ってみよう
  • この困難を乗り越えたら、もっとできることが増えるんだろうなぁ
GOAL-Bくん

降りかかる「つらいこと」の解釈が変わります。

「つらいこと」が、もはや 「つらいこと」じゃなくなるのです。 

そのために「GOAL=人生の目的」が必要。

GOALがあなたの人生の軸になる 

  • 強みを把握する
  • 強みを活かせる場所に自分の身を置く
  • GOALに向かっていく

これが「やりたいこと」をやっている状態です。

GOAL-Bくん

シンプルに「やりたいからやっているだけ」という最強の状態。 

そして何より、GOALはあなた自身が「やりたい」と思うもの。

世間や他人から押し付けられたものではありません。

「やりたいこと」だからこそ、「やりたいからやっているだけ」という状態が出来上がるのです。 

「お金のために働く」では上手くいかない 

「何のために稼ぎ、何のために使うのか」

目的の部分が空っぽのままでは、つらさが消えることはありません。

GOAL-Bくん

なぜなら人間は「慣れる生き物」だから。

  • 100万円に慣れれば200万が欲しくなる
  • 1000万に慣れれば2000万 が欲しくなる

欲は青天井なものであり、それを追いかけ続ける限り一生満たされることはありません。

GOAL-Bくん

つまり「モノ・カネ=幸せではない」ということ。

それは最近の科学や調査でも判明しています。 

参照元:内閣府:幸福度に関する経済学の研究動向について 

お金というものは、あくまでも”手段”でしかありません。

だからこそ、「人生の目的=GOAL」が必要なのです。 

GOALは判断基準になる 

GOALを定めることは『逃げていい判断基準を作る』ということにもなります。

GOALがあることで、「必要ならやる、必要ないならやらない」と判断を下しやすくなるのです。 

GOAL-Bくん

逃げに対してネガティブなイメージを持ちづらくなります。

例えば、本当は行きたくない飲み会があったとしましょう。

「GOAL」があれば、「行きません」と自信を持って断れます。

なぜなら、飲み会よりも「GOALに向かって進むこと」が優先されるからです。

GOALは明確な人生の軸になり、迷いを消してくれるもの。

GOAL-Bくん

だからこそ定める必要があるのです。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません。

【対処法⑥】一人で抱え込まず第三者に相談する

誰かに悩みを吐き出すだけでも、心が軽くなります。

誰しも、一人でつらい状態を解決するのは難しいもの。 

強烈な不安から問題解決をしようとする気力すら奪ってしまいかねません。 

GOAL-Bくん

繊細さを持つHSPの方は特につらいはず。

とはいえ、誰彼構わず相談することも難しいでしょう。 

納得のいかないフワッとしたアドバイスを押し付けてられても、むしろ不快になるだけです。

「お前が悪い」
「それは 努力不足だから頑張れ」

このような否定的な意見も建設的とは言えません。

GOAL-Bくん

HSP特有の悩みを理解してくれないことも。

そんな経験、身に覚えがあるのではないでしょうか。

誰に相談していいのかわからないという問題も、一人で抱え込んでしまう大きな原因の1つでしょう。 

転職エージェントに相談したとしても、寄り添った相談に乗ってくれるわけではありません。 

  • 何を大事にしたいのか
  • どう生きたいのか
  • 何が現状の問題のコアなのか

このような相談は不可能。

GOAL-Bくん

そんな時こそ、プロのコーチが役立ちます。

具体的なサービスを知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

『プロのコーチと一緒に強みを見つける』 

「仕事のつらさを根本的に解決したい」

「つらい仕事で精神をすり減らしたくない」

「自分らしくイキイキ仕事がしたい」

このような方は、プロのコーチに相談するという選択をお勧めします。 

コーチングでは「こうしなさい」「こうすべきだ」という価値観の押し付けは一切ありません。

GOAL-Bくん

あなたの求める人生を描けます。

コーチングというものは、「アドバイス」や「指導」をするものではありません。

クライアントが持っている本音を引き出すものです。

GOAL-Bくん

そのためにはフラットな視点が必要不可欠。

他人から価値観を押し付けられたら、誰だって本音を閉ざしてしまいますよね。

そんなことをしても、誰も笑顔にはならず誰のメリットにもなりません。

GOAL-Bくん

価値観の押し付けは無意味なのです。

「あなたがどうしたいのか」を最も重要視するので、安心して自己分析を深められます。

「大丈夫だよ、そのままでいいよ」といった類の対症療法的なコミュニケーションも取りません。

だからこそ、本質的にあなたの人生を好転させていくことができるのです。 

強みは自分で気付きづらい 

「強み」というのは、その性質上、自分ではなかなか気付きづらいものです。

なぜなら、「強み」というのは「当たり前にできる事」だからです。

GOAL-Bくん

100%全く気づけないとは言いません。

ですが、明確に自信をもって認識することは難しいでしょう。

「なんとなくこれが強みかな…?」程度の理解が限界で、納得感が得られません。

正確に強みを見つけるには、フラットな目線でサポートをしてくれる第三者が必要なのです。 

HSPならではの「強み」を明確にするなら、プロのコーチの力を借りましょう。

GOAL-Bくん

誰かの力を借りるのは、恥ずかしいことではありません。

GOAL-Bが提供する「キャリスピ」では、無料体験セッションを提供しております。 

  • 仕事がつらい現状から抜け出したい方 
  • HSPの特性を生かしたい方
  • 自分らしく働きたい方 

こういった方は、ぜひ体験セッションにお申し込みください。

あなたの成長を全力でサポートします。

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 自分の活かし方がわかるようになった!
  • 周りの目を気にしなくなった!
  • 自信を持てるようになった!

\ たった30秒で受け取り完了!

「HSP 仕事つらい」に関するよくある質問

「HSP 仕事つらい」に関するよくある質問に回答します。

  • HSPの限界サインは?
  • HSPの人で続いた仕事は?
  • HSPと相性の良い仕事は?
  • 未経験でもHSPに向いてる仕事は?
  • HSPの現実的な適職を知りたい

HSPの限界サインは?

HSPの限界サインは、以下のような「身体の異変」です。

  • 朝起きられない
  • 食事が喉を通らない
  • 笑えない
  • 体がだるい

体に異変を感じたら限界サインといえます。

上記のような状態になったら、まずは休むことを優先しましょう。

HSPの人で続いた仕事は?

HSPの人でも続く仕事は、以下のようなものが挙げられます。

  • 事務職
  • デザイナー職
  • カウンセラー
  • 経理

一人で作業する仕事、人の感情を読み取る必要がある仕事は、HSPの人でも続きやすいです。

HSPと相性の良い仕事は?

以下のような仕事が、HSPと相性が良いです。

  • 正確さが求められる仕事
  • クリエイティブ系の仕事
  • 人の感情に関わる仕事
  • 動物に関わる仕事

HSPだからこそ、力を発揮できる仕事はたくさんあります。

HSPの良い側面を認識できた瞬間から、視野が大きく広がります。

未経験でもHSPに向いてる仕事は?

「専門性は低いが一人でできる仕事」です。

  • 経理
  • ライター
  • 総務

このような仕事は専門性がそこまで高くなく、未経験でもチャレンジしやすいでしょう。

ただ、いずれにしてもスキルを磨く必要はあります。

HSPの現実的な適職を知りたい

以下の4つが現実的な適職です。

  1. 正確性と丁寧さが重要な仕事
  2. 空気を読む力が必要な仕事
  3. 人とそれほど関わらない仕事
  4. 在宅でできるweb系の仕事

より詳しい情報は、以下の記事も参照してみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません。

まとめ:「HSPで仕事がつらい」から解放されるための6つの対処法

HSPで仕事がつらいとお悩みの方へ、6つの対処方法を解説しました。

最後に、6つの対処法をまとめます。

6つの対処法まとめ
  1. 仕事の「何がつらいのか」を明確にする
  2. 仕事に対する「2つの大きな勘違い」を解く
  3. HSPなりの「仕事の向き合い方」を見直す
  4. 具体的な選択肢は4つ(改善・異動・転職・副業)
  5. 「やりたいこと」を前提にGOALを定める
  6. 一人で抱え込まず相談する
GOAL-Bくん

大事なのは諦めないこと。

つらい現状も、諦めなければ解決できます。

全ての人に可能性がある。

我々はそう信じています。

GOAL-Bくん

もちろんHSPの方も例外ではありません。

HSPの方には、HSPの方なりの可能性が眠っているのです。

「仕事がつらい…」と苦しんで人生の時間を無駄にするのは、もうやめにしませんか?

  • 「本当はどうにかしたいんだけど、一人じゃ怖い…」
  • 「現状を変えたいんだけど、何をしたらいいのかわからない…」

勇気や自信がない場合は、ぜひ「キャリスピ」を頼ってください。

HSPの持つ力を存分に発揮して生き生きと働く、そんな人生を一緒に作っていきましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次