事前に転職相談を上司や同僚にするのはアリ?適切なタイミングとは

転職を考えたとき、事前に相談する相手はとても重要です。

転職相談には、利害関係がなく客観的な立場でアドバイスしてくれる相手を選ぶべきです。

そこで本記事では、事前の相談に向いている相手を紹介します。

ぜひ転職相談の参考にしてください。

 


【結論】円満に退社したいなら会社に対する事前の転職相談はNG



上司や同僚に対して、事前に転職相談を行うのはおすすめしません。

事前に転職相談を行うと、引き止めや転職妨害に合う可能性があり、円満に退社できなくなってしまうからです。

たとえば上司の立場なら、部下の転職によってチームの仕事が回らなくなり、目標達成できなくなるリスクを負わなければなりません。

また、転職相談を同僚にしたことで上司にまで伝わってしまい、転職妨害された事例もあります。

円満に退社したいなら、転職が決まっていない状態で社内の人に相談するのはやめましょう。

 



転職が決まる前に相談するデメリット



転職が決まる前に相談すると、3つのデメリットがあります。

  1. 現状の仕事で不当な評価をされやすくなる
  2. 引き止めに合う
  3. 社内で噂が広がる

こうした事態が起こるのは、上司や同僚にとって不都合になるからです。

上記のデメリットを1つずつ解説します。

 

1.現状の仕事で不当な評価をされやすくなる

転職が決まる前に上司や同僚に相談してしまうと、現場の仕事で不当な評価をされるケースがあります。

たとえば上司は部下を育てるモチベーションがなくなるため、時間や労力を別の仕事に使うようになるでしょう。

また、上司によっては「面倒を見てきたのに、不義理を働かれた」と感じて、意図的に評価を下げる可能性もあります。

上司も人間なので、転職を考える部下に対して正当な評価をしづらくなるのです。

 

2.引き止めに合う

事前の転職相談によって、引き止めに合うケースもあります。

たとえば、プロジェクトの目標が達成できなくなることを懸念し、上司に引き止められるケースが考えられるでしょう。

また、仲の良い同僚の場合、悩みを相談し合える親しい相手には転職してほしくないと考えます。

結果として「転職しない方がいいよ」「もう少し一緒に頑張ろうよ」などと引き止めに合う可能性があります。

いずれも「相談者に転職されると困る」という思いから、引き止められてしまうのです。

 

3.社内で噂が広がる

事前の転職相談によって、社内で噂が広がってしまう可能性もあります。

たとえばチーム単位で仕事をしている場合、相談者が退職した場合に他のメンバーの業務負荷が増してしまうため、人員調整を人事部に依頼しなければなりません。

また、飲み会など交流の場で話のネタにされる可能性もあるでしょう。

何かしらの形で転職の噂が広まれば、転職するまでの間、今の仕事もやりにくくなってしまいます。

したがって、転職が決まる前に相談することはおすすめしません。

 

上司・同僚に転職を伝えるベストタイミングは?



上司や同僚に転職を伝えるベストタイミングは、退職を決意したときです。

退職することを決めていれば、「相談」ではなく「報告」という形で伝えられるため、引き止めに遭う可能性も低くなります。

転職を妨害されることもありません。

相談という形を取ってしまうと、こうしたデメリットを被る可能性があるため、あくまでも「相談」ではなく「報告」で終わらせるのがポイントです。

自分が抜けた分、他の社員の業務負荷が上がってしまうのも事実なので、退職を決意したら早めに報告しましょう。

 

事前の転職相談に向いている相手



事前の転職相談に向いているのは上司や同僚ではなく、以下のような相手です。

  • 転職経験のある先輩
  • 転職エージェント
  • キャリアコーチング

それぞれ順番に紹介します。

 

転職経験のある先輩

事前の転職相談に向いている相手は、転職経験のある先輩です。

転職経験のある先輩なら、仕事の悩みを理解してくれる可能性が高く、先輩自身の経験に基づくアドバイスをもらえるからです。

たとえば、転職活動を行うにあたってやっておいた方がいいことや、おすすめの転職エージェントなどを教えてくれるでしょう。

また、先輩自身がキャリアプランに不安を抱えていたり、仕事にやりがいを見出せなかったりして転職していた場合、おすすめのキャリアコーチングを紹介してくれる可能性もあります。

したがって、転職経験のある先輩は事前の相談に向いています。特に大学の先輩など勤め先の会社に関係ない先輩がおすすめです。

同じ会社に勤めていた先輩に相談すると、社内に噂が広がってしまう可能性があります。

 

転職エージェント

転職エージェントも、事前の転職相談に向いています。

転職エージェントは、相談者の希望にマッチする企業をピックアップしてくれるため、転職することを決めている人にとってはスムーズに転職活動を進められるでしょう。

たとえば、今の職場の労働時間が長く、ワークライフバランスを重視したいと考えている人には、残業時間や休日出勤が比較的少ない企業を提案してくれます。

また、違う業界でチャレンジしたいと考えている人には、その業界の実態やおすすめのスキル・資格などを教えてくれるでしょう。

志望する企業が決まったら、書類の添削や面接対策まで行ってくれるため、転職にはうってつけのサービスです。

 

キャリアコーチング

キャリアコーチングサービスも事前の転職相談に向いています。

キャリアコーチングは、「コーチング」という手段を通して相談者の自己分析やキャリア設計をサポートしてくれるサービスです。

そのため「やりたいこと・得意なことがわからない」「将来に漠然とした不安がある」などの悩みを抱えている方に向いています。

事前にキャリアコーチングを利用すれば仕事への価値観が明確になり、得意なことを活かして働けるため、仕事にやりがいを感じられるようになるでしょう。

また、転職した先の会社とのミスマッチも起こりづらく、キャリアの悩みが解消されます。

将来に対する漠然とした不安を抱えている方や、自分のやりたいことがわからない方は、キャリアコーチングサービスを事前に利用すると良いでしょう。

 

【まとめ】転職先が決まってから伝えよう

上司や同僚への転職相談は事前に行わず、転職先が決まってから「報告」という形で伝えるようにしましょう。

職場に対して事前に転職相談すると、引き止めに合ったり社内で噂が広がったりして、転職活動だけでなく今の仕事もやりづらくなってしまいます。

したがって、事前の転職相談には、転職エージェントのキャリアコーチングなど、利害関係がなく客観的な立場からアドバイスをくれる相手を選ぶべきです。
本記事の内容を、転職相談の参考にしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。