年収が低い人は転職すべき?判断基準と転職のポイントも合わせて解説

この記事のまとめ

年収が低いけど、環境は良いから転職するかは悩む……

転職するか、今の職場で働くかどうすればいい?と悩む方に向けて、転職すべきかどうかを解説します!

「年収が低くて生活が苦しいけど、転職をするのは不安…。」
「労働環境はホワイトだけど、給料が低い企業で働き続けて大丈夫かな…。」

このような状況に悩む人は多いのではないでしょうか。

GOAL-Bくん

不安で動き出すのが怖いですよね。

「転職して年収が下がったらどうしよう…」

「年収が低いのも困るけど、転職は正直めんどくさい…」

このように考えてしまう気持ちはよくわかります。

この記事では、年収が低くて転職すべきか悩む方に向けて、解決策を解説します。

  • 転職すべきかどうか
  • 転職するならどんなポイントを抑えるべきか

ここを徹底的に解説するので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読めば、年収アップの方法がわかり、より豊かな生活に向けて動き出せるはずです。

年収が低くて転職を考えるなら、キャリアのプロに相談するのがおすすめ。

キャリスピであなたの才能を活かせるキャリアを見つ、年収とやりがいの両取りを目指せます。

今なら5,500円の体験コーチングが無料で受けられるので、気になる方はLINE登録してみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

目次

「そこまで不満はないけど年収が低い…転職すべき?」の解決法

  • 現状の職場環境には満足している
  • ただ年収には不満がある

この状況は、誰しもが頭を悩ませること。

GOAL-Bくん

つい決断を先延ばしにしてしまいますよね。

不安定な時代、一生このまま快適な状態が続く保証がどこにもない不安もあるでしょう。

そんな時に重要なのが、判断基準を持つことです。

3つの判断基準を持つ

「年収が低いけど転職すべき?」という悩みの解決策は、判断基準を持つこと。

一度、判断基準さえ作ってしまえば、後はそれに従って選択をすればいいだけです。

一概に「年収が低い=転職すべき」と言い切ることはできません。

「〇歳で〇〇万円なら転職しよう」という、明確な指標もありません。

GOAL-Bくん

となると、自分で判断するしかないのです。

その基準は以下の3つ。

1.会社のビジョン

2.仕事に対する価値観

3.強みに合った業務内容か

自分としっかり向き合えば、この基準を作ることが可能です。

1.会社のビジョン

まず確認すべきなのは、ビジョンがマッチしているかどうかです。

GOAL-Bくん

「ビジョン=その会社がどんな社会を目指しているのか」

  • 自分のビジョン
  • 会社のビジョン

両者がマッチしているかどうかが、転職の判断基準となります。

ビジョンがミスマッチしている場合、やりがいが喪失されます

【例】

・会社のビジョン

→持続可能性よりも自社の利益を追求することが最優先

・あなたのビジョン

→環境に配慮し持続可能な社会の実現に貢献したい

ビジョンのミスマッチがあれば、疑問を抱きながら働くことになるでしょう。

「本当に社会のためになってるのだろうか…?」

と悶々としながら働くことになります。

社会に役立っている実感が薄れ、どんなに楽な仕事でも虚無感を感じてしまうのです。

GOAL-Bくん

多くの人はこれを「モヤモヤ」と表現します。

この状態では、仮に成果が出たとしても心から喜べません。

「モヤモヤ=ビジョンのズレ」

これは転職すべきサインと言えます。

2.仕事に対する価値観

あなたが持つ仕事に対する価値観と現状の仕事がマッチしているか否かも、重要な基準です。

【価値観のミスマッチ例】

あなたの価値観

→「成長」を重んじる

会社の価値観

  • 同じ業務、変わらないルーティーン
  • 悪いところを指摘しない
  • 伝統主義で効率化をしない

あなたの価値観

→「チーム」を重んじる

会社の価値観

  • 個の成績を重んじている
  • 競争を煽られる
  • 成果が出ない=自己責任で切り捨てる

あなたの価値観

→「主体性」を重んじる

会社の価値観

  • 型通りの仕事
  • 正確性を重視
  • マニュアル通りのオペレーション

ビジョンと同様に、仕事に対する価値観のズレもモヤモヤを生みます。

「もっとこうした方が良いのに…」と思うことを封じられるため、モヤモヤが生まれるのです。

GOAL-Bくん

そのモヤモヤはストレスになります。

「なんかやりがいを感じられないな…」

このような煮え切らなさ・充実感のなさがある場合、転職のサインです。

3.強みに合った業務内容か

日々の業務があなたに合っているかどうかも、非常に重要な判断基準です。

もし日々の業務内容が、あなたの苦手なことである場合、年収云々関係なく転職を推奨します。

【例】

あなたの得意な業務

→1対1で丁寧にコミュニケーションを取る

現状の業務

→大勢を効率よく捌く

この場合、以下のような認識になってしまうでしょう。

「仕事を適当にこなしている」

「忙殺されている」

GOAL-Bくん

これは非常にもったいない状態。

得意なことを活かして仕事をすれば、より仕事が充実し、成果も出るようになります。

そこに、現状から抜け出すだけの価値があるのです。

もし自分の得意なことが明確になっていない場合、こちらの記事を参考にしてください。

得意な業務を特定する際のポイントは「ついついやってしまう行動を探す」ことです。

「年収が低い!」と転職を考える前に、知っておくべき4つのこと

「年収が低い!」と転職を考える前に、次の4つを確かめておきましょう。

転職の前に確かめるべき4点
  • 自分の給与が適正かどうか
  • 自社の給与体系や評価制度はどのようなものか
  • 自社がどのようなキャリアパスをしているか
  • 「最も輝ける仕事」を理解しているか

自分の給与が適正かどうか

まずは自分がもらっている給与が適正なのか確かめましょう。

給与は都道府県や職種によって異なるので、客観的なデータを見るのが大切です。

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」を見てみましょう。

スクロールできます
産業別賃金
建設業平均335.4千円(およそ34万円)
サービス業平均268.4千円(およそ27万円)
産業別にみた賃金
スクロールできます
都道府県別賃金
東京都375.5千円(およそ38万円)
大阪府330.9千円(およそ33万円)
愛知県312.6千円(およそ31万円)
福岡県296.5千円(およそ30万円)
北海道267.7千円(およそ27万円)
都道府県別にみた賃金
GOAL-Bくん

給与には地域差・業界ごとの差があります。

自分の状況と照らし合わせるのが重要です。

平均と比較して低いのであれば、適正よりも給与がもらえていない可能性が高いです。。

自社の給与体系や評価制度はどのようなものか

自社の給与体系や評価制度についても知っておきましょう。

評価制度などを確認しておくと、「自分が適正な評価を受けているか?」がわかります。

また、資格取得などのスキルアップで手当があるかも確認しておきましょう。

GOAL-Bくん

資格手当があれば、給与アップを目指せます。

まずは現状を把握し、これ以上給与が上がるのかどうか確かめましょう。

自社がどのようなキャリアパスをしているか

自社のキャリアパスについて確認しておくと、どれくらい年収アップが期待できるかわかります。

企業によっては、キャリアに応じて給与が決められているケースも多いからです。

GOAL-Bくん

良い未来が見えればモチベーションになるでしょう。

もしキャリアパスがあるのに進めていない場合、会社が求めるレベルに自分の能力が達していない可能性があります。

目指すキャリアに求められる能力やスキルがわかれば、後は身に着けるのみ。

GOAL-Bくん

必然的に年収アップも期待できます。

キャリアアップで年収が上がるのであれば、転職せず、今の会社で働き続ける選択もできます。

「最も輝ける仕事」を理解しているか

「最も輝ける仕事」とは、以下の条件を満たした仕事のことを指します。

  • 得意なことが使えている

得意なこと=ついついやってしまうこと

  • GOALにマッチしている

GOAL=「こう生きたい!」という理想

ここを定めない限り、年収云々で転職を判断することは避けるべきです。

GOAL-Bくん

転職しても問題は本質的に解決されません。

得意なことを明確にしたい方は、ぜひこちらの動画をご覧ください。

「最も輝ける仕事」が曖昧な場合、転職をしても「なんか違う…」と違和感を抱え続けます。

結果として、転職を何度も繰り返してしまう人が多いのが現状。

「年収が低い」と目の前の現実を見る前に、まずは向かうべき先を定めるべきです。

行く先が見えてしまえば、必要な行動は自ずと明確になります。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

年収が低いと感じた場合にできる6つの対策

年収が低いと感じたら、次の6つの対策をしてみましょう。

年収が低い時の6つの対策
  • 役職を狙う
  • 会社と給与交渉をする
  • 資格手当をもらう
  • 新しいスキルを獲得する
  • 副業を始める
  • 転職する

役職を狙う

年収を上げるわかりやすい方法は、役職を狙うことです。

出世をすれば当然、基本給が上がる可能性も増えます。

GOAL-Bくん

そのためにはスキルアップが重要。

役職に就くための評価基準を知り、後は評価を得るためのスキルを身に着け行動するのみ。

年収を上げることを目的とした場合、有効な手段の1つです。

会社と給与交渉をする

会社と交渉し給与を上げてもらう方法もあります。

普通に交渉しても給与は上がらないので、交渉のコツを知っておきましょう。

GOAL-Bくん

ポイントは「成果を出したタイミング」

成果を出したタイミングならば、会社側も考えざるを得ません。

  • 売上を〇〇万円アップさせた
  • 新規開拓〇件
  • 営業成績トップ

このように具体的な数字を出せば、説得力を持たせられます。

しかし、給与交渉は年収アップを保証するものではありません。

GOAL-Bくん

当然、成果を出す努力も必要。

交渉が上手くいかなければ、会社との関係性が悪くなるリスクもあります。

給与交渉は慎重に行いましょう。

資格手当をもらう

資格手当がある会社であれば、資格を取得しましょう。

企業によっては、5,000円から10,000円ほど給与が増えることもあります。

資格取得はスキルアップにもつながるので、自分のためにもなるのがメリット。

GOAL-Bくん

今後のキャリアの糧になるものです。

資格取得前に、資格手当の有無を確認しましょう。

年収アップが目的の場合、そもそも手当が受けられなければ元も子もありません。

資格手当が受けられることを確認できたら、資格を取得に注力しましょう。

新しいスキルを獲得する

新しいスキルを習得し、仕事で成果を出す方法もあります。

成果や業務への取り組み方が評価されて、給与が上がる場合もあるでしょう。

GOAL-Bくん

スキルアップは転職時にも役立ちます。

スキルが具体的な成果となれば、転職の際に説得力のあるアピールポイントになります。

成果を出すため、生産性を上げるためにスキルアップできないか考えてみましょう。

副業を始める

時間に余裕がある場合、副業を始めるのもおすすめ。

副業はお金を稼げるのはもちろん、スキルアップにもつながります。

GOAL-Bくん

たとえば副業にはこのようなものがあります。

  • デザイナー
  • ライター
  • プログラミング
  • セミナー講師
  • 動画編集
  • ハンドメイド

副業を始める前に、副業が許可されているかを確認しましょう。

副業は憲法によって禁止されていないものの、就業規則には法的拘束力があります

第二十二条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

② 何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

日本国憲法 | e-Gov法令検索

就業規則で副業が禁止されている場合、懲戒処分となる可能性があるので十分注意しましょう。

転職する

年収をガラッと変えるために、最もインパクトのある方法が転職です。

GOAL-Bくん

数十万円単位での年収アップが可能。

年収を大きく上げたいなら、業界そのものをシフトさせるのも有効な手段です。

見合ったスキルを身に着ければ、決して非現実的な話ではありません。

とはいえ、むやみに転職活動をしても上手くはいきません。

GOAL-Bくん

まずは徹底した自己分析が重要。

  • 目指したい業界
  • 目指したい年収
  • 強み
  • 仕事のビジョン

これらがハッキリすることで、転職の軸ができます。

転職の軸があるからこそ、取るべき行動が明確になるのです。

もし自己分析に自信が無ければ、こちらの動画をご覧ください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 仕事の成果の出し方がわかった!
  • 将来の方向性が明確になった!
  • 自信を持てるようになった!

\ たった30秒で受け取り完了!

年収アップに向けて転職を行う際の6つのポイント

年収アップを目指して転職をする場合、次の6つを意識しましょう。

年収アップに向けた転職の6ポイント
  • 転職活動の目的を明確にしておく
  • 転職活動の期間を決めておく
  • 希望条件を厳しくしない
  • 給料が安いを退職理由にしない
  • キャリアのプロに相談する
  • 転職で必ず給料が上がるとは限らないので気を付ける

転職活動の目的を明確にしておく

なんのために転職するのか、目的を明確にしましょう。

目的次第で、取るべき行動・行動の質が変化します。

GOAL-Bくん

「年収を上げるため」だけではNG。

仮に年収が高い会社に入れても、モヤモヤは残り続けます。

  • 職場の雰囲気
  • 自分に合った業務内容
  • 会社とのビジョンの一致

このような複数の要素を見なくてはいけません。

GOAL-Bくん

やはり徹底した自己理解が肝です。

「新しいチャレンジができる環境」

「1対1で顧客を徹底サポートしたい」

「チームと共にプロジェクトに取り組みたい」

自己理解を深め、企業選びの軸を定めましょう。

軸さえあれば、自ずと自分の納得できる転職が可能になります。

転職活動の期間を決めておく

いつまでに転職をするか、期間を決めておきましょう。

期間を決めておかないと、ダラダラと転職活動を行ってしまいます。

一般的には、以下の3パターンの期間で行うケースが多いです。

  • 3ヶ月以内
  • 3ヶ月から6ヶ月以内
  • 6ヶ月以上

もちろん状況によっては、数週間と短期間で済ませる必要があることも。

基本的に、長期化すればするほど転職活動のモチベーションは下がります。

GOAL-Bくん

モチベーション低下を防ぐためにも期間設定は有効。

「締め切り」という強制力を使って、テキパキと転職活動を進めましょう。

希望条件を厳しくしない

希望条件は厳しくせず、多くの企業を候補に入れましょう。

条件が厳しいと選択肢が少なくなり、エントリーできる企業が少なくなります。

GOAL-Bくん

希望条件の優先順位を決めておくのがポイント。

  • 絶対に譲れない条件
  • 優先したい条件
  • 譲歩しても良い条件

このように優先すべきものを明確にしておきましょう。

希望条件をすべて満たす企業を見つけるのは難しいこと。

GOAL-Bくん

視野を広げた上で転職先を探しましょう。

給料が安いを退職理由にしない

退職理由を聞かれた場合、「給与が安かったから」とダイレクトに伝えるのは控えましょう。

たしかに企業側は、「給料が低い」という理由で転職する事に一定の理解があります。

しかし、ストレートに伝えることで、ネガティブな印象を与えてしまうことは避けられません。

GOAL-Bくん

表現を変えるのがポイントです。

またそれ以外の理由も、きちんと付け加えましょう。

  • 新しい環境にチャレンジしたい
  • より大きい規模の仕事で成果を出したい
  • 自分のスキルを活かせる仕事に就きたい

前向きな内容でアピールすることが重要です。

キャリアのプロに相談する

転職を成功させるために、キャリアのプロに力を借りるのが必須です。

よほどの理由がない限り、1人で転職活動を行うのは推奨できません。

GOAL-Bくん

転職は情報戦。

  • 転職エージェント
  • キャリアコーチング

この2つが基本的な選択肢です。

漠然としたモヤモヤがある場合は、キャリアコーチングがおすすめ。

キャリアコーチングでは、年収だけではない本質的なキャリアの問題を解決します。

GOAL-Bの提供するキャリスピ、あなたが持つ将来の悩みにマンツーマンでサポート。

GOAL-Bくん

理想のキャリアの実現を徹底的に支援します。

今なら、5,500円の体験コーチングが無料で申し込み可能です。

  • 今のキャリアのままだと将来が不安
  • 年収が低いと思うけど、次の一歩が踏み出せない

このように悩む方はぜひ体験してみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

転職で必ず給料が上がるとは限らないので気を付ける

転職したからといって、必ず給料が上がるわけではありません。

企業選びに失敗してしまうと、逆に年収が下がる可能性も十分に考えられます。

転職で大事なのは、「企業が求めるスキルや能力を持っているか」です。

スキルがない状態で転職しても、年収アップにはつながらないでしょう。

GOAL-Bくん

まずはスキルの整理が重要。

  • ほかの企業で活躍できる能力はあるか
  • 今の会社でスキルアップは目指せないか

このように視野を広く持ち、転職だけに拘り過ぎないことも重要です。

実際に転職をして年収アップをさせた人の声

実際に転職をして、年収をアップさせた人の声を紹介します。

転職で年収アップを成功させた人の声
  • 年収40万アップ。夢に向かってまっすぐ行動できるようになった
  • 年収70万アップ。やりたいことで家庭を支えることができるようになった
  • 年収250万アップ。未来にワクワクできるようになった
  • 年収300万アップ。仕事に情熱を注げるようになった

年収40万アップ。夢に向かってまっすぐ行動できるようになった

成功の軌跡
  • ホテルマンからディーラーへと転職
  • 年収40万円アップ
  • 長時間労働も改善

Sさんはキャリスピのコーチングを受けるまで、このような悶々とした悩みを抱えていました。

自分はこのままでいいのだろうか。
他人に縛られるのではなく、夢に向かってまっすぐに生きたい。

キャリスピを受けた結果、大きく変化したのです。

  • 他責思考から自責思考へと変わった
  • 他者からの評価が上がった

時間にも余裕ができ「お客様に何が与えられるか」という視点も持てるようになりました。

年収70万アップ。やりたいことで家庭を支えることができるようになった

成功の軌跡
  • 年収70万円アップ
  • やりたいことで家族を支えらえるようになる

コーチングを受ける前は、仕事の環境に不満はないもののモヤモヤを抱えていました。

仕事を通して家族や子どもに語れるものがない。
自分のやりたいことで家族を幸せにできていない。

そのモヤモヤを解消するために、キャリスピのコーチングを受講。

GOAL-Bくん

自己理解を深めていきました。

  • 自分の方向性はどこにあるのか?
  • 自分の強みは何なのか?

キャリスピを受けたことで、大きな変化を実感しています。

  • 自分の人生のあり方が明確になった
  • GOAL設定ができた
  • 目先のことで悩まなくなった
GOAL-Bくん

自信をもって日々を前進しています。

「現状に不満は無いけれど、何か心のなかで引っかかっている」

そんな人こそキャリスピを受けてほしいと話しています。

年収250万アップ。未来にワクワクできるようになった

成功の軌跡
  • 外資系SaaS企業に転職成功
  • 年収250万円アップ
  • フルリモートの労働環境を獲得

塚本さんは、このような悩みを抱えてキャリスピを受講しました。

自分にはもっとできることがあるはず。
でも何をしたいのかがわからない。

やりたい仕事がない状態で、仕事をしなければならない。

しかし、そんな状況では成果は出ないし評価もされない。

GOAL-Bくん

「こんな状況は嫌だ」と強く感じたそうです。

キャリスピを受けてからは、ポジティブな気持ちが持てるように。

  • ワクワクする
  • 仕事が楽しみ

今後は自分もコーチングする側になりたいと話されていました。

年収300万アップ。仕事に情熱を注げるようになった

成功の軌跡
  • 金融機関から外資系コンサルに転職
  • 年収300万アップ

キャリスピを受ける前は、以下のような悩みを抱えていたKさん。

成果が出てるけど、何か物足りない。
仕事への情熱が出せない。

キャリスピを受けた結果、元々のポジティブさが強化されたと語っています。

  • ギアが何段階も上がった
  • やる気が高まった
GOAL-Bくん

失っていた「熱中」を取り戻し、活躍しています。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 仕事の成果の出し方がわかった!
  • 将来の方向性が明確になった!
  • 自信を持てるようになった!

\ たった30秒で受け取り完了!

転職で年収をアップできる人の3つの特徴

転職で年収をアップできるような人は、次のような特徴を持っています。

転職で年収アップできる人の特徴3つ
  • 経験を活かせる職場に転職している
  • 年収が高い業界に転職している
  • 仕事で必要とされやすいスキルを持っている

経験を活かせる職場に転職している

転職で年収を上げられる人は、自分の経験を活かせる職場に就職しています。

GOAL-Bくん

中途採用の場合、企業は即戦力を求めます。

経験者であれば、少しの研修でも業務を任せやすいため評価されやすいです。

自己理解の結果、これまでの経験を直接活かせるキャリアの場合、年収アップの可能性は上がります。

ただし、そもそも大前提は自己理解で見つけた適性に沿っていること。

  • 経験を活かすか
  • 未経験業界にチャレンジするか
GOAL-Bくん

この選択は、あなたの適性次第です。

仮に年収が上がるチャンスが大きくとも、自分の適性次第で優先順位は変わるもの。

自分の納得できる仕事に転職しましょう。

年収が高い業界に転職している

年収アップを目指す場合、年収のベースが高い業界を狙うのもポイント。

GOAL-Bくん

年収のベースは業界によって左右されます。

dodaによると、各業界の平均年収は次のとおりです。

スクロールできます
業界平均年収
金融454万円
メーカー453万円
総合商社446万円
IT・通信436万円
建設・プラント・不動産421万円
インターネット・広告・メディア412万円
専門商社411万円
メディカル400万円
サービス366万円
小売・外食351万円
引用元:平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】 

金融業界と小売・外食業界では、103万円もの差があります。

年収を上げるには、ベースが高いかどうかも考えて企業選びをしてみてください。

仕事で必要とされやすいスキルを持っている

業界や職種に限らず、仕事で評価されやすいスキルを持っているのも重要です。

たとえば、以下のようなスキルはプラスの評価につながります。

  • PCスキル
  • 経理
  • 語学力

今の仕事に関係するスキルを勉強するのはもちろん、新しく勉強するのもおすすめ。

未経験からプログラミングを勉強して、IT業界に転職するという選択肢もあります。

GOAL-Bくん

未経験だからと諦める必要はありません。

「転職ではどのようなスキルが求められるか?」を考え、必要に応じて勉強しておきましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

転職したけど年収が低いままになる4つのケース

次のようなケースでは、転職しても年収が低いままになる可能性が高いです。

転職で年収が低いままになるケース4つ
  • 未経験の職種や仕事を選んでいる
  • 前の会社と役職が変わる
  • 給与やボーナスなどの制度が変わる
  • 労働時間が短くなる

年収が下がってしまわないよう、十分に確認しておきましょう。

未経験の職種や仕事を選んでいる

未経験の職種や仕事に転職すると、年収が下がる可能性があります。

転職では、これまでの経験やスキルが評価されやすいからです。

業種が変われば、業務に必要なスキルも変わります。

GOAL-Bくん

未経験だとすぐに活躍できるとは判断されません。

当然、給与も上がりません。

給与アップが転職の目的であれば、自分のスキルを活かせそうか考える必要があります。

前の会社と役職が変わる

前の会社と比べて低い役職になる場合、年収は下がってしまいます。

前職:係長まで昇進

転職先:未経験のため役職なしからスタート

GOAL-Bくん

上記の場合、基本的に給料は下がります。

役職手当がある企業が多く、基本給に上乗せされるからです。

もちろん入社後に役職を任せられれば、前職よりも給与を上げることも可能。

  • 転職後の役職はどうなるのか
  • 前職と同じ役職の場合、給与は上がるのか

ここはしっかりと確認しましょう。

給与やボーナスなどの制度が変わる

会社によって、給与やボーナスなど制度が変わるので確認しましょう。

たとえば、ボーナスが何ヶ月分かによっても年収は変わります。

また、インセンティブを採用する企業であれば、基本給が下がっても総支給額は多くなる場合も。

基本給だけではなく、手当やボーナスなどの制度も確認しましょう。

労働時間が短くなる

転職によって労働時間が短くなり、給与が下がるケースもあります。

  • 勤務時間に変更はないか
  • 残業の有無はどうか
GOAL-Bくん

ここを確認しておきましょう。

近年では働き方改革も浸透し、残業時間を減らそうとする企業もあります。

残業代込みの給与を想定していた場合、転職によって減ってしまう可能性も。

基本給は同じでも、残業の有無で給与は変わるため、残業をどのように扱っているかは聞いておきましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

年収が低いままでも、幸せを感じる4つのケース

次のようなケースでは、年収が低くても幸せに感じる可能性があります。

年収が低くても幸せに感じるケース4つ
  • 仕事へのやりがいを感じられる
  • 挑戦できる環境がある
  • 働きやすい職場環境で過ごせる
  • 将来的な年収アップが期待できる

自分が仕事に対して何を求めているのか、考えてみましょう。

仕事へのやりがいを感じられる

仕事へのやりがいがある場合、年収が低くても満足感を感じられます。

GOAL-Bくん

年収が仕事のすべてではありません。

  • 仕事が好き
  • モチベーションが高い
  • 社会に貢献している

こういった実感があれば、年収が低いことをストレスに感じづらくなります。

逆に言えば、どんなに年収が高くとも、上記が感じられなければ幸福度は下がります。

キャリスピに訪れるクライアントにも、そのような方は多くいます。

  • 高年収
  • ホワイト企業

一見、誰もがうらやむ肩書でも、その実「生きている意味がわからない…」と悩む方も。

GOAL-Bくん

結局「どう生きたいか」「何を求めているか」が全てです。

挑戦できる環境がある

挑戦できる環境がある場合、幸せに感じる人もいます。

人間は、同じ日々の繰り返しに飽きてしまう生き物

転職を考えている場合は、「挑戦できそうか」で会社を選んでもいいでしょう。

GOAL-Bくん

挑戦が充実感を生みます。

同じ仕事を続けていると、マンネリ化してモチベーションも下がります。

年収よりも仕事の内容に重きを置いている場合、挑戦できる環境の方が、幸せに感じるのです。

働きやすい職場環境で過ごせる

年収よりも、働きやすい環境かどうかを重視する人もいるでしょう。

  • ストレスなく働けるか
  • 残業はないか
  • 人間関係は良いか
  • 尊敬できる人がいるか
GOAL-Bくん

これらが年収よりも優先されることも。

また、近年では仕事とプライベートのバランスを取る人が増えている傾向。

年収が低くても、プライベートが充実しているのであれば、幸せを感じられるでしょう。

ただし、「仕事が嫌だ…」と憂鬱になってしまう場合は別。

なぜなら、仕事は人生の多くの時間を占めるものだからです。

週7日のうち5日を嫌なことに捧げ、土日も疲れで動けない…

このような人生は、とても理想の人生とは言えません。

GOAL-Bくん

嫌なことに耐える時間があるほど人生は長くないのです。

将来的な年収アップが期待できる

転職時の年収は低くても、将来的に年収が上がるケースもあります。

  • 成長産業
  • 利益率が高い

このような特徴の業界は、長期的に見た時年収アップが望めます。

  • 仕事で成果を出す
  • 出世する
  • 新しい役職につく
GOAL-Bくん

給与アップのチャンスはあります。

今の会社で働く場合、「将来的な年収アップはあるのか?」という視点は重要。

将来に希望があれば、仮に今が薄給だとしても耐えることができます。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

年収が低いと転職を考える人からよくある質問

「年収が低けど転職は不安…」と考える人から、よくある質問を紹介します。

  • ホワイトだけど給料が低い場合は転職すべき?
  • 正社員だけど年収が低い場合は転職すべき?
  • 給料低すぎて生活できない場合はどうすればいい?
  • 転職すると給与が下がる人はどれくらいいますか?
  • 転職で年収が下がる場合の許容範囲は?
  • 転職で年収下がるのが怖い場合はどうすればいい?
ホワイトだけど給料が低い場合は転職すべき?

メリット/デメリットを考えましょう。

【メリット】

  • 仕事へのストレスが少ない
  • プライベートの時間を作りやすい
  • 長期間働ける

【デメリット】

  • 給与が少ない
  • 将来への不安を抱えやすい
  • キャリアアップができない場合がある

転職するか迷ったら、メリット・デメリットのどちらを優先するかで決めましょう。

GOAL-Bくん

生活に苦しむほどであれば「ホワイト企業」とは言えません。

生活に苦しむほどであれば、転職してでも環境を変えた方が生活を豊かにできます。

正社員だけど年収が低い場合は転職すべき?

1つの選択肢として転職は有効です。

ただし、「正解でもない」ということも覚えておきましょう。

「年収が低い=転職すべき」と一概に決めることはできません。

  • 会社とのビジョンが合っている
  • 得意なことが発揮できている
  • 社会に貢献できている実感がある

このように感じる場合、必ずしも年収を追うことが正しいとは言えないでしょう。

それでも年収を上げたい場合は、思い切って新しいチャレンジをするのもよし。

GOAL-Bくん

自分が納得できる決断をしましょう。

給料が低すぎて生活できない場合はどうすればいい?

次のような選択肢があります。

  • 給与交渉をする
  • 資格を取る
  • 副業を始める
  • 転職する

今の会社で給与を上げ生活を安定させたい場合は、給与交渉・資格手当が有効。

そもそも仕事自体にも不満がある場合は、副業・転職を選択しましょう。

いずれにせよ、生活が安定しなければキャリアについて考える余裕が作れません。

早急に状況の改善に努めましょう。

GOAL-Bくん

支出の見直しも重要です。

転職すると給与が下がる人はどれくらいいますか?

厚生労働省のによると、転職で給与が下がった人は31.3%でした。令和3年上半期雇用動向調査

約3割の人が、転職で給与を下げています。

基本的に、しっかりと対策をしない限り「年収は下がるもの」と考えた方が良いでしょう。

GOAL-Bくん

きちんと対策を行えば大丈夫。

特に、未経験の業界に転職する場合は給与が下がりやすいです。

転職で年収が下がる場合の許容範囲は?

許容範囲は10%程度です。

当然ですが、年収が下がりすぎると生活が苦しくなります。

年収300万円の場合…10%下がれば年収270万円

月収に直すと…25万円が22.5万

年収が下がる場合、まずは「生活できるか否か」を判断する必要があります。

GOAL-Bくん

生活のミニマルコストの算出がオススメ。

年収が下がってでもメリットが上回るのであれば、転職を決断しましょう。

転職で年収下がるのが怖い場合はどうすればいい?

キャリアのプロに相談しましょう。

転職はあくまでも手段の1つであり、他にも選択肢はあります。

GOAL-Bくん

広い視野で考えることが重要です。

今の会社で年収を上げる方法もあれば、副業を始める選択肢もあります。

転職が不安な場合は無理をせず、まずは「どんなキャリアにしたいか」から考えてみましょう。

GOAL-Bの提供するキャリスピでは、あなたのキャリアを本質的にサポートするキャリアコーチングを実施しています。

  • 本当に転職が良いのか?
  • 今の仕事で給料はアップできないのか?
  • 副業やアルバイトも選択肢に入るのか?

あなたの望むキャリアに合わせ、適切なサポートを提供します。

無料の体験コーチングもあるので、ぜひ受けてみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

まとめ:年収が低いと感じたら転職もあり!活躍できる職場を見つけよう!

この記事では、年収が低いと感じた場合にできる対策について解説しました。

  • 役職を狙う
  • 会社と給与交渉をする
  • 資格手当をもらう
  • 新しいスキルを獲得する
  • 副業を始める
  • 転職する
GOAL-Bくん

年収を上げる選択肢は、転職だけではありません。

無理に転職しようと考えず、まずは自分はどうしたいのか考えてみましょう。

自分の今後について考えるなら、キャリアコーチングがおすすめ。

GOAL-Bの提供するキャリスピでは、あなたの価値観と向き合います。

将来について不安を抱える場合は、ぜひキャリスピを利用してください。

まずは、無料で体験コーチングを受けてみましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次