【爆裂増量企画1期生】失っていた熱量と自信を取り戻せた理由

清水さんは達成できる自信もないまま半ば強制的に、それも後から爆裂増量プロジェクトに参加。最初は不安だらけの中、GOAL-Bの五反田ジムに通って最後まで走り続けて体重が+10.6kg(61kg→71.6kg) BIG3は+130kg(270kg→400kg)を達成。サムネ画像にもあるbeforeの写真を下さった際にもご自身でも「見てください、自信のなさそうな顔w」というほどでした。
自信のなかった半年前からどうやって体重+10kg、BIG3+100kgを達成したのか?そして得たものをお話しいただきました。

(インタビュアー:フィットネス事業部 仁井田)

清水さんが参加した爆裂増量プロジェクトは3ヶ月〜6ヶ月おきに50名限定で募集しています。興味がある方はこちらのリンクをクリックして詳細をご確認ください。

 

仕事で失いかけてた自信を取り戻すために半ば強制的に参加

仁井田:爆裂減量を受ける前に悩んでたことはありますか?

清水さん:悩んでたことは一つあって、まず自分に自信がなかった。最初遼さん(長畑遼)のコーチングを元々受けてて、自分に自信なくてどうするって悩んでて筋トレも何となくはやってはいたんですけど。それでリョウさんにこれ入れって言われて半ば強制的に飛び入り参加したって感じですね。

仁井田:自分に自信がないっていうのはどういう感じだったんですか?

清水さん:社会人一年目なんですけど、理想の社会人と現実っていうところでギャップを抱いてて、仕事もうまくいかなくて。人生に目的を見出せないし。色々そこ落ち込んでて自信がないっていう状態ですね。

仁井田:理想の社会人と現実で違うっていうのは例えばどんな感じだったんですか?

清水さん:僕就活生の頃は社会人って部活感のあるというか、みんな熱量を持ってやろうぜみたいな感じでやってるっていう幻想を抱いていました。ただ、実際入ってみたところでギャップを感じてしまっていて。そこであれ違うなってなった上に、個人としても中々うまくいかなくなくて落ちていましたね。

仁井田:仕事がうまくいかないっていうのは?

清水さん:ありがたいことに人間関係はめちゃくちゃ良いのですが、大企業あるあるだと思うんですけど、大きな歯車の中の一部でしかないというか。自分がどう役に立ってるのがいまいち見いだせなくて。そこで悩んでたっていう感じです。

仁井田:友達とか見ててどうですか?

清水さん:みんな同じですね。自分と同じような悩みを抱えてる人多くて。イケイケだったやつもしょんぼりしちゃってたり。みんなこうなのかなって当時は思ってましたよね。。

でもGOAL-Bの人とか500キロにいるメンバー見てて、こっちの生き方もあるんだって思いましたね。そこがすごく良かったです。まずこのコミュニティに入って熱くなれるっての思い出せましたね。

やっぱりみんな闘志に満ち溢れてるじゃないですか。そんな人達に会えたってのが凄い良かったなと思います。

 

無理だと思いながらスタート

仁井田:なるほど。それで爆裂増量プロジェクトをリョウさんに無理やり入れって言われたと思いますが、さすがに選択する余地があったじゃないですか。それでもこの企画に参加した理由はありますか?

清水さん自分を変えるきっかけの一つにしたいと思って。正直言うと当時本当に半ば強制的にっていう感じで迷ってたんですよ。半年でプラス10体重、BIG3プラス100で途中でできなかったら強制退会みたいなことを聞いて、できんのかなみたいな思ってたんですけど。

結局やるしかないと思って、とりあえず入ってみようということで入ったって感じですね。

仁井田:無理だって思って入ったということですか?

清水さん:そうですね。まず参加が遅れてるし。筋トレもそんなに経験少しはやってはいたんですけどそんなBIG3にしっかりコミットしたことなどなかったんで。できんのかなと思ってました。

仁井田:体重増やすのとか多分そんな得意な方じゃないと思うんですが、大変だったことはありますか?

清水さん:正直やり方が分からないっていうのが苦しかったですね。

仁井田:やり方が分からないっていうのは飯の食い方とかそういう話ですか?

清水さん:ですね。ノウハウがわからなかったです。

 

自分に負けて挫折する恐怖との戦い

仁井田:どうやって不安を払拭したんですか?

清水さん:それは本当に500キロとの関わりの中で岡田淳さんの増量セミナーに出たり。あとカイさん(久保田甲斐)のBIG3講習会に行ってやり方を教わったり。聞きまくってとにかく最初の方はやるしかないっていう感じだったんで。やんなきゃ強制退会だっていう感じもあったんで。

仁井田:強制退会への恐怖というとどういうものですかね?

清水さん:自分に負ける感じが嫌でしたね。ここで変われなったらまた挫折したみたいな。自分に負けるっていうことの恐怖がありました。

仁井田:その不安はどうやって解決したんですか?

清水さん:最初走り出してやっていくうちにだんだんこれいけるぞってなって。やればできるやんと思って。確か2ヶ月で半分の体重+5kgBIG3 +50kg達成して、そこからどんどん自信ついていたって感じです。

仁井田:それで自分にもできるぞって思えたってことですか?

清水さん:そうですね。

仁井田:他に何か得られたこと、よかったことがあれば教えてもらえますか?

 

自信と熱量を得られた理由

清水さん:そういう意味で言うと学んだことにはなるんですけど大きく二つあって。

一個目がさっき言った、やればできるっていうのを実体験として感じれたこと。やればできるっていう言葉はよく聞くじゃないですか。でも本当の意味で自分の成功体験として感じれたのが一つ。

もう一つが環境の重要性ですね。500キロに入って実際に同じチームメンバーでやっていく中で、みんな闘志に燃えてるんですよ。

何としてもこのプラス10、プラス100を達成するっていう。その中に入ってたら自然とそうなってくるんですよね。自分は自分の周りにいる五人の平均になるという話がありますが、それを感じましたね。

仁井田:なるほど。では数字以外の部分で、何か変わったものとかってありますか?

清水さん:そういう意味で言うと、部活の時の熱さを思い出したっていうのが一番大きいんじゃないかなって思います。

普段たまにオンラインでゴートレしたりとか、週一でミーティングしたりとか。大会の時、僕らのチーム(75kgを目指すチーム)がめちゃくちゃ熱くて裏でもみんなで円陣組んでて。

感情の高まりというか熱い感じ。それを社会人で経験できると思ってなかったんで。それを経験できたっていうのは一つでかいですね。

仁井田:ありがとうございます。今後このサービスどういう人にお勧か教えてもらえますか?

 

社会人になって自信がなく熱量を失っている人に受けてほしい

清水さん:過去の自分みたいな人ですね。社会人になって熱くなりきれなくない人とか、自分に自信がなくてもやもやしてる人。そういう人が変わるきっかけになるって思いますね。

このサービス500キロの良いところは筋トレっていう、誰でもやればできることを通じて熱くなれるとか、やればできるって感情を手に入れられるっていうところですね。

例えばハンドボールのサークルとかだったら、実力がある程度なきゃついていけないと思うんですが、そういう意味では筋トレって誰でもできるというか。全ての人にチャンスがあるし、誰でも変われるきっかけになれる。それがまじ最高っす。

仁井田:全ての人というとずれますが、それこそチームメンバーの方ともよく合トレしてますよね。

清水さん:ですね。ただ最初は白々しい感じがありましたね。オンラインでしかなかなか会えなかったので。でも2か月3か月たっていくうちに連れて、お互いのパーソナリティを知りたいってなって。雑談ベースでこういうミーティング開いたりとか、オンラインで会う機会を作ったりとか。だんだんお互いのパーソナリティが見えていっていってっていうのも楽しかったですね

清水さん:最後になりますが大企業に入って、ちょっと熱量を失ってる人、少なくないと思うんですが、本当にめちゃくちゃ優秀な人が多いです。みんなちゃんと勉強してきて部活もやってきて、本来はすげえポテンシャル持ってるのに、社会人になってシュンとしちゃってるのはもったいない。

ポテンシャルを発揮しきれてない人が自信を取り戻すきっかけになるのがこのサービスだと思います。

 


清水さんが参加した爆裂増量プロジェクトは3ヶ月〜6ヶ月おきに50名限定で募集しています。興味がある方はこちらのリンクをクリックして詳細をご確認ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!