【爆裂増量企画1期生】フィジークで感じた筋量不足からの参加

フィジークの大会で筋量の不足を感じ、筋量を増やすならBIG3だということで爆裂増量プロジェクトに参加を決めた大東さん。社会人になり失っていた熱や自信を取り戻すために始めたのが筋トレでした。
slack(今回のサービスで使うグループチャットのようなもの)では盛り上げ役としてチームメンバーを引っ張り最後には体重+14kg、BIG3 +120kgを達成。なぜ盛り上げ役をしたりリーダー役をしたりと活躍されたのか、その行動のモチベーションなどをお話しいただきました。
(インタビュアー:フィットネス事業部 仁井田)

大東さんが参加した爆裂増量プロジェクトは3ヶ月〜6ヶ月おきに50名限定で募集しています。興味がある方はこちらのリンクをクリックして詳細をご確認ください。

 

フィジークの大会出場から増量企画に参加した理由

仁井田:半年間での成果を教えてもらえますか?

大東さん:体重が67.5kgから82kgぐらいかな。14キロ増えて。BIG3はそもそも低かったっていうのがあるんですけど、310.5kgから420kgですね。

仁井田:すごい。67kgから82kgって高校のラグビー部入って卒業するぐらいのサイズ感じゃないですか。

大東さん:これ僕特殊だったっていうのもあるんですけど、爆裂増量企画に入った時がフィジークの大会に出ているんで、めちゃくちゃ絞ってたっていうのがあって。オフシーズンに入れば何してても体がどんどんでかくなっていくっていう無双モードみたいなのに入ってたんで。食事はクリーンにするようにはかなり気を付けてたんですけどね。

仁井田:そもそも爆裂受ける前フィジーク出てて筋トレ経験もあったと思うんですが、あえてこの企画参加しようと思ったきっかけとかってあるんですか?

大東さん:あります。本当にまさにフィジークの大会に出て、自分の筋量であったりとかがまだまだギリギリ入賞とかはできたんですけど、もっと上位に上がっていくためには筋量を増やしていかないといけないっていうところで。

自分の今のトレーニングかなり限界があるなっていう風にちょうど感じてた時に、フリーウェイトのBIG3ってめちゃくちゃ大事だし。ただどうやって上げていったらいいんだっていうか本当に壁があったんです。メンタル面もあるんですけど。その時アキオさんのストーリーでBIG3 100キロプラス、フルコミットするやつ募集みたいなこと募られて、これだと。オフシーズンの自分の体の成長はこれだっていう風にちょうどはまったっていうのがありますね。

 

筋トレで落ち込んだメンタルを変えようとした

仁井田:ちなみに当時筋トレ以外のところで悩んでたことはありましたか?

大東さん:結構ありますよね。社会人になって体育会系のところに入ってしまって、かなり落ち込んで自分に自信がなかったところで、筋トレは最強のソリューションだって本あるじゃないですか。あれに社会人2年目で出会って、バイブルにするんだって自分で決めて、筋トレでメンタルが変わるっていう風に書いてあったんでこれに賭けるしかないと思って、週末とかずっと筋トレしてたみたいな感じですね。

仁井田:気持ちは分かります。

大東さん:本当に大事ですよねっていうところで。自分の悩みも変わってったというところで。

仁井田:それまでは筋トレしてたんですか?テストステロンさんの本読むまでって。

大東さん:やってないですね。

仁井田:なるほど。じゃぁ本に出会って筋トレして、大会に出てってことだと思いますが、爆裂増量企画に入って良かったことを教えてもらえますか?

 

誰よりも頑張って誰よりも与えたかった

大東さん:良かったことめちゃくちゃありますね。まずそれこそBIG3にフルコミットするっていうマインドがバチっと入ったところ。本当負けてらんねーみたいな。

周りよりも何が何でも誰よりトレーニングの報告して、誰よりも分量書いて、こんだけやったぞと。

ミーティングのときも僕の持ってる知識とかもどんどん与えて、やろうぜ!みたいな所にスイッチが入ったっていうのと、あとは関西メンバーですかね。10月後半ぐらいから合トレが始まって関西のメンバーで。ムラタくんとかユウスケくんとかとやったんですけど。オフラインの繋がりがめちゃくちゃ面白くて。熱量がかなりあって。繋がりは凄く良かったかなっていうところですね。大きくその二つかな。

仁井田:負けてらんないとかっていうのはどういうことなんですか?

大東さん:安い月会費じゃないじゃないですか。特にお金がない自分からするとっていうところで、払ってるんだからその分の成果というか結果をちゃんと自分でリターンを得たいっていうのはあって。

自分も80キロのメンバーの中からするとトレーニング歴とかやってきたことはアドバンテージがある中で、あいつ大したことないじゃないかみたいなことを思われたくないし。あとは雑談のスラックの僕かなりふざけてたと思うんですけど、あんなことしててあいつ大したことないなって思われたら嫌じゃないですか。自分を崖から落とすというか。こんだけ言ってんだからこれぐらいかっこよくないとなっていう、自分へのプレッシャーを与えてたっていうところで。そのくらい熱量が入ってたっていう感じですね。

どうせやるならやり切りたい

仁井田:でもなんでそういう風に思ってもらいたかったんですかね?

大東さん:せっかく入ったから半年間やり切って良かったなっていう成果を自分で得たかったっていうことだと思いますけどね。

仁井田:できるかどうか分かんない不安とかはありました?

大東さん:もちろんありました。かなり特に最初のスタートから3か月はかなり不安でしたね。アキオさんが1031日までに折り返しに、体重プラス5キロとBIG350キロは絶対達成しないとクビだみたいなことを言ってたんで。しかも僕8月の後半までボディメイクのマッスルゲートがあったんで減量したんですよね。だから僕は体重下がっていってたんですよね。その中であと僕二ヶ月しかない訳じゃないですか。BIG3増やすのもだし、焦りがめちゃくちゃあってめちゃくちゃやりました。

オフラインの付き合いで感じた仲間の熱量

仁井田:面白いですね。あと関西メンバーの合トレが良かったっていうのは、これは具体的に言うとどういう感じですか?何が良かったか。

大東さん:オンライン上のコミュニケーションだとそこで外の繋がりとかっていうのが得られると思うんですけど。リアルでの熱量って全然違ったりとか。あとは当然ユウスケ君とかユウジ君とかって、体でかいし、腕も上がるし。そういう場ができるっていうのもあるし。あと関西なんで五反田のジムとかいけないんで、男達と集まって、あげろーみたいなそういう場があるっていうのが凄くありがたいな。

仁井田:関東メンバーとも遊んだりはしてました?

大東さん1031日に行かせてもらった五反田の測定会だったりとかで、誰々さんですよねみたいな仲良くなったりとか、いっぱい写真撮ったり喋ったりとかして。その後は連絡LINEとかTwitter、インスタを交換して今でもちょこちょこやり取りする人たちは何人かいたりしますね。

自分ならできるという価値観が強化された

仁井田:いいですね。半年終わっての感情的な変化とかって何かあったりしますか?

大東さん:わりと僕落ち着いてて冷静に考えたら当時320キロしか上がらなかった自分が今420キロ上がるってのはめちゃくちゃ成長値すげえなと思うんですけど、感情とか全く一緒なんですけど、ただ充足感っていうか自然体でメンタリティ強くなってたりとか。心身共に一回り成長してるとは思いますね。

仁井田:良いとですね。他に何か成長を感じることとかはあったりしますか?

大東さん:ありますね。この前リョウさんのコーチングセッションみたいな無料セッション行かせてもらって、それこそ本当にめちゃくちゃこの半年で成長しましたと。当時の自分からしたら絶対無謀だと思ったところには到達してると。そうするとまた次のステップでかなり高いところまで行けるんじゃねっていう。自分やればできるよねっていうメンタリティがより強化されたっていう感じですね。それが得られたかなっていう。

仁井田:いいですよね。自己効力感的な話ですかね。

熱量の下がったメンバーへの対応に対する苦労

仁井田:逆に企画中に大変だったことはあったりしますか?

大東さん:僕的には1031日折り返しで、80キロチームが燃え尽きちゃったんですよね。それまではリーダーが2週に1回とかミーティング開いてくれたりとかしてたんですけど。それからみんな音信不通なっちゃってトレーニングの投稿も減ったんですよね10投稿僕みたいな時とかもあったんですよね。

リーダー生きてますかみたいなことを送っても反応なかったりとか。笑

最後までやりきったと思えるように頑張りたいし。悩みあったら聞くからねみたいなことを言っても全く返ってこなくてっていうのがありましたね。特に82キロチームがすごい仲間意識が強くて最後の方まで走り抜けたイメージがあったんですよね。あと75キロはムービー作ってましたよね。

大東さん:熱量の差がすごくあって。いかに全員リーダ含めモチベーションを引っ張っていってあげるか。高い人はほっとけばいいんですけど。だんだん初心者の子たちって頑張るぞっていうところから折り返しぐらいぐっと下がってきちゃいますよね。疲労もオーバーワークもあるし。だから大丈夫だよっていう風に一回やろうねっていうシステムがあれば。遅れていく子たちをちゃんと引っ張っていってあげるような。

仁井田:どうしたら良かったと思います?

結局良くも悪くも自分から行動して自分から情報を取りに行くような環境だったから、フォームチェックしてくださいとか教えてくださいとか、大会測定会とかフォーム、BIG3講習行きますとか自分からじゃないですか。そういう熱より負けてウッてなっちゃってる子とか疲れたとかなってる子に大丈夫だよっていう風に。お前はお前のペースでやればいいよみたいなっていうところがあったらよかったかなっていうとこですね。

仁井田:なるほど。確かにそうですね。ありがとうございます。言いたいけど言えないことって結構あるんですよね。

大東さん:僕は自分のそこら辺割り切り出してましたね。

仁井田:言いたいことあるけど言えないっていうのは発生しますよね。GOAL-Bのメンバーもお客さんも優しい人多いですからね。

最後に、このサービスどんな人に受けてほしいとかってあったりします?

自分の熱量が有り余ってる人に受けて欲しい

大東さん:そうですね。幾つかあって、一つが本当に心身共に強くなりたい人。自分に自信がなくて現状打破したい。自信を付けたい。過去の僕みたいな状態の人にも効果的だと思います。

熱量エネルギー余ってんだけど、どこにぶつけていいか分かんないみたいな。そういう仲間が欲しいみたいな。オフラインでもオンラインでもそういう爆発できる発散できる、うおー!みたいな仲間が欲しいやつみたいなとかかな。

仁井田:その気持ち分かりますね。部活の時のあの感じがない社会人みたいな。

大東さん:本当に部活感っていうのが欲しい人かなりいけるかなと思いますね。悶々として不完全燃焼しちゃってる人。ちゃんと燃焼させてあげれば上げるって意味で。

仁井田:分かりますね。ないですもんね。社会人になってそういう場所。

大東さん:そうですね。ここまで一つのことにフルコミットするぞっていう。みんな共感し合って認め合って。ただでもみんなライバルみたいな。そういう人こそ是非受けてほしいなと思います。

最後に、本当参加して良かったなと思います。人との繋がりだったり成長だったりっていうのは本当に感じれた半年間でした。ありがとうございました。


大東さんが参加した爆裂増量プロジェクトは3ヶ月〜6ヶ月おきに50名限定で募集しています。興味がある方はこちらのリンクをクリックして詳細をご確認ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!