【素人から2年で年商2億の店づくり】人事として世界一の組織をつくる | 小島有史

幼少期(1993-2000)

1993年8月11日に静岡県沼津市にある病院で産まれる。生まれは静岡、育ちは神奈川県川崎市からの東京都世田谷区。
3人兄弟末っ子。B型。常に食べ物を与えられ、いつもニコニコして身体が大きくておだやか、昔から「プーさん」と呼ばれる。

小学生

愛されるデブ小学1年生で体重が30キロ、かなりの肥満児だったが自分自身太っていることを気にしたことはなく、性格もおだやかだったので「愛されるデブ」に。

友達のお母さんに誘ってもらいバスケットボールをはじめる。当時、他の子よりも数倍大きかった自分はセンターを任命される。人気のポジションはフォワードだったが、特にこだわりもなく人に何か期待される感覚が心地よかった。
しかしゴール下で楽できると思いきや、攻守が入れ替わるたびにゴール下からゴール下まで走るのはかなりハードで1試合走りきれたことがなかった。
「いつも試合の大事な時に走れない。」
邪魔する脂肪。はじめて自分の体型が嫌になった。この時から中学1年までは自信がなくなり親にもよく心配された。
卒業間近、姉と兄は難関校を受験し合格していたため近所でも有名人。親戚や友達の親に「ゆうじくんも受験するんでしょう?」と何回も聞かれたが、自分は受験はしなかった。といううものの、勉強もものすごく苦手で、常に姉と兄との学力の差に劣等感を感じていた。受験合格、数々の表彰、スポーツ万能、美男美女の姉と兄に対して、大好きだけど比べてしまってすごく嫌な気持ちを抱えたまま小学校卒業。教育熱心の父親も末っ子の「プーさん」には甘く、説得されるも結局受験せず家から徒歩1分の中学校へ入学。

中学生

中学校のバスケ部は市では一番強く、県大会もベスト8程度はいくまあまあ強いチームだった。ミニバスの時の友達もみんないたので特に考えることもなくバスケ部へ入部。
仮入部初日、初めて病気以外で吐いた。今考えるとそんなにハードでもなかったが、その日は夕飯も食べれず、家族にものすごく心配されたのを覚えている。(太ってると食欲がないとやたら心配される)
結局、仮入部期間の最終日まで夕飯をろくに食べれない期間が続く。家族みんな心配する中、本人はみるみる痩せていく身体に「変化」を実感していた。このとき成長期だったこともあり1週間の仮入部期間で6kg体重が落ちたのだ。ここからこの「身体の変化」にハマり、痩せそうなことは外周でもなんでも夢中で取り組む1年間が続く。

中学2年生、ダイエット目的とはいえ練習に本気で打ち込んでいたことには変わりなく、上級生の試合に出してるようにもなったり地区選抜に選ばれたり、人生初めての彼女もできたりと絶好調。
一度失くした自信を完全に再び取り戻したのだ。
合唱コンクールでもピアノを引いている男はカッコ良いと思い伴奏者として出たり、興味を持ったことはなんでも躊躇なくやった。
自信をつけていくとなんでも楽しく感じ、塾にも通わせてもらい勉強も努力するようになる。もともと教育熱心だった父親も喜んでおり、父親が喜んでくれることが嬉しくてもっとがんばった。
減量がきっかけで中学生生活が激変したのだ。1年間で見た目もスリムになり、なんでもできる気がした。

しかし中学3年になりたての4月、人生が激変した。

「君たちのお父さんは亡くなりました」

中学3年生になりたての春、父親が脳卒中で亡くなった。細かい話は遠慮しておくが、ここで自分の人生が変わったきっかけになったことが3つある。
①始めてみた母親の一面
母親は昔も2020年現在も人一倍明るく、若々しく、超お喋りな人だ。そんな母親が突然の出来事から2〜3年間だけ家族には見せてくれた「弱い一面」。14歳ながら人生で最も「自分がしっかりしなければ」と思った瞬間だった。
②衝撃的な葬儀
亡くなってから葬儀が行われるまで数日間あった。葬儀までの期間に、川崎のごく普通の一軒家に次々と葬儀に参加できない人たちが線香をあげにきてくれた。毎日ひっきりなしに、本当に次から次へと。そして葬儀当日の衝撃は後ろまでずらーっと数えきれない参加者がいたこと。そして友人代表の挨拶を務める元プロ野球選手の中畑清さん。中畑さんは昔からBBQに連れていってもらったり、本当に「元気なおじさん」だったが、あとから有名人だってことを知った。多くの人から家の設計を頼まれ、多くの人と仕事で関わりをもち、その全員から涙を流される。父親はこんなすごい人だったのかと、この時初めて知った。
③父親が残した言葉
中畑清さんから言われたことが自分の中で今でも残っている。
「一夫(父親)はいつも言ってたぞ。ゆうじは自由に育ってほしい。ゆうじはあやの(姉)とけいた(兄)ができることが苦手だったりするけど、ゆうじの方が得意なことも多いんだ。だからゆうじには自由に選ばせてやりたい。」
ここから、やりたいことを100%やる。なおかつ父親のように多くの人から求められ、幸せにできるような結果を出すという想いが芽生え始める。

高校生

面白いと思うものには周りが引くほど没頭してしまう自分は、学校行事が好きすぎて夢中になった。普段よりもみんなの人間性に触れることができるし、みんなで1つのコンテンツをつくっていくあのたまらない体験がたまらなかった。そしてそれが評価されたときは1人じゃ味わえない達成感や幸福感があって最高だ。個人同士で優劣つけることはおすすめしないが、みんなで作るコンテンツでの優劣は「良いストレス」を与えてくれるため、今の学生たちにも行事には全力で取り組むことをおすすめしたい。必ず仕事で活きてくる。

成績は教科によって差が激しく、バスケ目的で入学した高校が大学の附属高校だったため受験もなくエスカレーター式に大学が決まる。(専修大学)ちなみに体育以外は数学、理科、音楽、美術が好きで成績も上位だった。そのほかは平均以下。
部活を引退してから受験がないととてつもなく暇で、何もしないのは嫌だったため当時はスラムダンクの桜木花道ボディを目指して筋トレを開始する。最初は非効率的なダッシュからはじまり、腕立て200回、腹筋と背筋100回といったような非科学的なものだったが、筋トレが最高すぎることに気づく。

大学生①

ある日テレビで「上京して頑張る一つ下の女の子」が衝撃的すぎて、自分の現状に絶望を覚える。実家からでも大学に通えたが、すぐさま貯金のほとんどを使いノリでひとり暮らしスタート。

その頃の彼女は体育会スキー部で全国大会にも毎年出ているようなガチ勢。その子の周りもみんな体育会だったことに対し謎の対抗意識を燃やす。一人暮らしの家の近くに当時できたばかりだったJOYFIT24に入会。お金なし、サークルなし、友達なしの授業と筋トレだけの大学生活がスタートした。本屋で筋トレ本を立ち読みし、脳内にインプットしてその足でジムに向かう。試してみてしっくりくるものはメモに落とし込み、トライ&エラーでとにかく筋トレにハマった。大学の近くにひとり暮らししていたため、筋トレ→授業→本屋→筋トレ→また授業といったような1日を送っていた。高校から一緒に大学に上がってきた友達とも疎遠になり、いわゆる「ぼっち」になっていったが、心底毎日が楽しかった。
卒業時には文学部なのに卒業論文で「筋トレが世界を変える科学的根拠」という研究をしようと思ったら教授にダメだと言われ諦めた。しかし今でも、教授の言うことを振り切ってでも自分が選んだテーマで研究しておくべだったと強く思う。

大学ぼっち生活が充実した大きな理由の一つが当時のアルバイトだった。筋トレが好きすぎて、小田急線「新百合ヶ丘」という駅にあるKONAMIスポーツでバイトを始める。人と話すのが大好きだと気づけたきっかけにもなり、社内ライセンスを取得していく中で「トレーナー」という仕事に興味を持つ。週6でシフトに入った

大学生②

当時、母親も復活し始めていたが仕事はしていなく扶養にも入っていない状態だった。そのことを心配してくれたバイト先の上司が相談に乗ってくれ、自分でも調べた結果、大学生のうちから業務委託契約という形で個人事業主になれることをしった。そこから速攻バイト先に相談し、パーソナルトレーナーの資格とグループフィットネスの資格を取得し、成果報酬型の業務委託トレーナーとして社会人生活をスタート。

そしてしばらくして、転機が訪れる。

パーソナルのお客さんに3社経営されている社長さんがいた。その人からある日「まーくんは飲食向いてると思うな。トレーナーも良いけど飲食の方が夢があるよ。」と言われた。(当時、楽天の田中まーくんに似てるとその人にいわれていたからまーくんと呼ばれていた)
実はトレーナー1年目にして、「このまま頑張っても限界があるのかな・・・」と思ってしまっていた。今考えれば決してそんなことはなかったと思うが、当時はパーソナルトレーナーとしての活動に天井を決めてしまっていたように思う。
「飲食は夢がある」その一言がきっかけで、新しい熱量と小学生時代にどハマりしていた時の飲食に対する熱量がこみ上げてきた。

そしてすぐ、飲食店でアルバイト経験すらない素人が店を出す前提で何をやるか考えた。理想はイタリアンとかフレンチとかかっこいいものをやりたい気持ちもあったが、そのときの頭は驚くほど冷静。今思えば、完全にビジネスマインドになっていた。「自分は素人」ということも認識し、ある日飲食経営者の社長に目黒にある「中垣」というもつ焼き屋へ連れて行ってもらった。もつの名称が全くわからず、「これなんですか?」「これどんなヤツですか?」と焼き師の男性に質問すると、すごく嬉しそうにいろいろ教えてくれた。と同時に、今まで食べたことのないような美味しさに感動した。もつ=飲み込めない、臭いのイメージがあったのが払拭され、自分もそんなイメージを払拭してみたい!飲食で感動を与えてみたい!そう思いもつ焼きについて一から調べた。
・もつは鮮度が命=本物の鮮度で勝てればかなり有利
・市場から直接出るもつは原価が均一で安い=ここに鍵を感じた
・串焼きは料理ではなく芸術=素人でも勝負できると確信
・炭じゃないと焼くのに時間がかかり固くなる=炭一択
・処理、捌き、串打ち、焼きの総合点=気合と丁寧さで勝負できそう
・余った材料で一品ものも豊富に作れる=フードロスを徹底して抑える
・3人いれば回せる=人件費を徹底して抑える、空いてるときは1人回し

とにかくやってみよう。そんな気持ちで親にも誰にも報告することなく、もつ焼きに決めた。

社会人生活①

もつ焼きにきめてからは難しいことを考えることもなく、大学4年の12月に「芝浦ホルモン」に修行で入る。もつ焼き屋の中でも食肉市場から直通ルートの仕入れにより抜群に良いとわかったため、そこから仕入れルートを開通させようと企んだ。なじみ始めた1週間後、店主に「24時間でも良いので、もっと修行させて下さい」と懇願した。断られたがここで引いたら終わりだと思い食い下がり続け、ついに店の鍵を貸してもらった。当日のものしか使わないこだわりの店だったため、使わなくなった肉で捌き放題、練習し放題。その道一筋15年の職人に3ヶ月で独立したいといった時はさすがにキレられた。
それから数ヶ月、結局卒業式も出ずにトレーナーとしての活動で貯金を貯めながら、修行の身として芝浦ホルモンで働き続け、品川駅にある食肉市場を紹介していただき、いろいろ経て2016年9月に「浜松町 もつ焼きふじ屋」をオープン。冷静に見るとガラ悪いなと今は思う。

ふじ屋浜松町集合写真

まずは計画通りもつは鮮度にフルコミット。だが、どの業界にもあることだが新参者にはどうしても良いものが回ってこない。他の店舗はトラックの配送を待つのが主流(というか当たり前)の中、常識通りにやっていたら負けると思った当時22歳の自分は店に住み、浜松町から品川の食肉市場まで毎朝肉がが出荷される直前に市場へキャリーバックで直接受け取りに行った。しかし最初はあまり質の良くないものを回されていたため、もっと早くに毎朝市場へ出向き、なにをして良いかわからなく意味ないことかもしれないが清掃や準備を手伝った。最初は白い目でみられていたが、何か言われるたびに必死に「自分本気なんで!!」「好きなことやってるんで全然疲れないっす!!」と半分事実、半分強がりで言い続けてから2ヶ月、「見る目あるか確かめてあげるよ、選んで良いよ」と言われるようになる。ベテランたちが配送を待つ中、直接取りに行くという常識外れな行動が結果を生んだのだ。
そこから鮮度100%、質100点(特にレバー)をどの店舗よりも切り方一つこだわり抜いてからは、明らかに食べログの口コミもリピーターも増え始めた。そのくらいもつは同じ仕入れ値でもモノが全く違ってくるのだ。
店で起床→食肉市場→仕込み→営業→仕込み→就寝→起床・・・の生活を繰り返しオープンしてから3ヶ月経った12月、はじめて売上が自分の中の目標値に到達した。「最高すぎる。もっと頑張ろう!!」そう思って継続した結果、売上は目標数字を大きく上回り、月商900万円まで伸び続けた。メンバーの協力もあり浜松町、神田、恵比寿、西新宿と店舗も伸ばし、浜松町と恵比寿は取材もされ特に盛り上がっていた。

↓恵比寿取材時
https://retty.news/34659/

↓浜松町記事

ネオ酒場

ふじ屋①

しかし、そこまでの過程は当時23-24歳という人間としての未熟さ、余裕のなさが原因で人がどんどん辞めていった。新しい人が入っても辞めていく。結局、予約が満席になり続ける中、気持ちよく営業ができなくなっていったのだ。当時はトレーナー仲間や数少ない親友と言える友達、常連の女の子が手伝ってくれていたが、余裕がなくLINEに色んな人からの連絡が溜まっていく一方で、鬱っぽくなっていた。唯一の救いが複業で数件やっていたトレーナー業で、寝るよりもトレーナー業をしている方がここをは楽だったのだ。

結局、業態を譲る形となり、ひとまずトレーナー業だけに戻ることになる。そのときは自分で立ち上げたお店が暴れる魔物のように見えた。

社会人③コーチングと出会い複業開始

アンソニーロビンズの存在を知り、コーチングの存在を知った。飲食のときにつながっていた経営者に食事に誘ってもらい、そのときにその話をしたら「自分もコーチング受けているよ」と教えてくれ、コーチも紹介してくれた。そこから迷うことなくコーチングに申し込んだ。そこで自分が知ったことは、「人を能力で引っ張っていくリーダー的存在」としての活動に大きなストレス、負担を感じているということだった。学生のときに行事に打ち込んだ時も、飲食にチャレンジしたとき、自分も周りも「組織のリーダー」として認識していたが、実はそれは本来の自分の姿ではなかった。昔から今も「やると決めたら夢中になりすぎる」「無意識に個人・組織のパフォーマンスを最大化のために動いていた」のが本来の自分だった。最初は胡散臭いと思っていたコーチが、僕の人生を大きく変えてくれたことにとても感謝しているし、このときから自分もコーチングを学びはじめる。
自分がトレーナー時代にやっていたグループフィットネス(LESMILLS)のトレーナー(インストラクターを育てる人)になり、そこからナショナルトレーナーというポジションになると全世界共通のトレーナーサミットに参加する権利を得ることができ、そこで世界的なコーチングを受けることができると知った。
すぐにライセンスを取り戻し、その1月後にあったトレーナーオーディションに参加。この時の自分はまさに現状の外側にコンフォートゾーンがありエフィカシーがとてつもなく高い状態だったこともあり「もつ焼きふじ屋の店長がいる」という話題にもなり名前を覚えてもらえ、実力も評価されトレーナーオーディションに合格。そのあと無事ナショナルトレーナーにも合格し、速攻コーチングを受けにスペインまでいった。残念ながらコーチはアンソニーではなかったが、翻訳の人にもついてきてもらっていたので5日間のサミットを夢中で過ごした。この時に「コーチングとワークアウトの組み合わせは最高すぎる。これが俺の人生だ。」と本気で思った。
その年のおわりにはトレーナーの中でもっとも輝いたルーキーとして「RISING STAR」という賞を受賞。
そこからはトレーナー、コンサル、コーチで複業スタイルがはじまる。人の想いや熱量を感じられるこれらの仕事が大好きだった。

表彰

写真

結婚・娘が誕生

奥さんに対する気持ちや出会いはここには書ききれないので、それだけの別記事を書こうと思う。

2019年、最愛なる奥さんとの間に娘が生まれて、さらに人生に対して深く考えるようになった。

このときはまだ、いくら稼いでも「まだ稼がないと」という呪いにかかっていた時期だったが、自分にとって真の Want to が会社経営でもなくフィットネスインストラクターでもなく、「コーチング」の領域だということは確信を持っていた。

「充実で溢れる世界を創る」

この言葉を置いてからは、全ての行動で迷わなくなった。

最初にコーチングを受け始めてから継続してコーチングを受け続けた結果知ることができた、自分の本当の理念である。

これから

「充実で溢れる世界を創る」
自分にとって充実の定義とは「自分の心から望むゴールを見つけ、そこに日々向かっている実感」のこと。
そのために個人・組織のパフォーマンスを最大化することが自分の仕事。

大人達が充実した状態になることで、その心の火は子供達へ灯されていく。人は環境の子であり、子供にとっての環境は大人だから。

そして充実した大人たちを環境とし育った子供は、またさらにその子供へと心の火を灯していく。

子供は未来なんです。
何度も言うように、その未来の環境は今の大人なんです。
大人達が心に火を灯し、実現したい未来をそれぞれ持ち、毎日挑戦し続け充実した人生にする。全員が「人生最高だ!!」と叫べる世界へ。
そんな世界で育つ全ての子供は否定されることなく、心に火を灯して充実で溢れる毎日を生きていく。

自分の挑戦に誇りを持ち、人の挑戦を応援する。
そんなハートで溢れる大人で必ずいっぱいにする。
そんな世の中を、生きている間に小島有史が実現し、当たり前にしていく。
これから関わる全ての人を充実で溢れさせる。
そしてその人の充実が、その先にいる人を充実で溢れさせていく。

一度火が灯れば、時代から時代へと永遠に続くと本気で信じている。

現在、自身の活動として日々行っているGOAL-B CHRO(最高人事責任者)、コーチ、セミナー、イベント、挑戦溢れるパパコミュニティ「DADDIES」運営は全て、個人・組織のパフォーマンスを最大限活かすことで、充実で溢れる世界へと繋がっている。

最後にもう一度。

充実とは「自分の心から望むゴールを見つけ、そこに日々向かっている実感」のことであり、充実という心の火が灯され続ける世界にしていく。関わる全ての人のために、この生命時間を使っていく。

心から最高だと叫べる人生にしよう。

最後まで読んでくださり、本当にありがとうございます。
今日も明日も、充実につながる、充実で溢れる素敵な1日になりますように。

小島有史

【 SNS 】

Instagram ▶︎ ありのままを発信

Twitter ▶︎ 身体と心の豆知識気づき

YouTube ▶︎ ルーティーン動画を毎週UP / 認知科学の解説動画/サーキットトレーニング動画

note ▶︎ コーチング / 身体 / 人間関係の気づき

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
株式会社GOAL-B最高人事責任者/コーチ。 大学卒業後22歳の時に「もつ焼き ふじ屋」をOPEN。2年で4店舗を展開する業態を作り上げ、年商2億円の業態に。その後コーチングに出会い本当にやりたいことの探求が始まる。トレーナーとコーチ、コンサルタントとして2年間活動した後、GOAL-Bにジョイン。 「充実で溢れる世界へ」の価値観のもと、個人・組織のパフォーマンスを最大限引き出すことを仕事とし、現在はGOAL-B最高人事責任者(CHRO)として経営陣として活動すると共に、コーチとしてクライアントも持つ。 充実の定義とは、それぞれが達成したいゴールに日々向かっているという実感を持っている状態としており、充実をつくる父親コミュニティ「DADDIES」の運営もWant toのひとつとして活動。 充実とは、向かいたいゴールに日々近づいている実感が湧いている状態。 大人が充実で溢れることで、その先にいる人の充実を生み出す。 そうして充実で溢れる大人でいっぱいになれば、それが子供の環境になる。 その環境で生きる子供は「きらめき」を抑制することなく成長していく。 そして子供の子供へと「充実」という火が灯されていく。 そのような充実で溢れる世界を目指している。