仕事を人生の無駄だと感じる人必見!原因や対処法を解説

仕事を人生の無駄だと感じている人もいるかもしれません。

仕事を人生の無駄だと感じる原因には、自己成長を実感できず他社貢献感がないことなどがあります。仕事を人生の無駄だと感じている人は原因を理解して、しっかりとその気持ちに対処していきましょう。

この記事では、仕事を無駄だと感じる原因や対処法を解説しているのでぜひ参考にしてください。

目次

仕事を人生の無駄だと感じてしまう原因


仕事を人生の無駄だと感じている人は、自分がなぜそう感じているのかという原因を把握しておくことが大切です。仕事を人生の無駄だと感じてしまうよくある原因には、次のようなものがあります。

  • 自己成長を実感できない
  • 他者貢献感がない
  • 精神的、体力的に疲弊する

それぞれ、解説します。

自己成長を実感できない

毎日仕事をしているのに自己成長を実感できない場合には、ただ時間だけが過ぎていくことに不安や焦りを覚え人生の無駄だと感じるでしょう。

たとえば、単調な同じ作業の繰り返しの仕事や意味のない長時間の会議、尊敬できない上司や同期と働くことによって自己成長を実感できなくなります。

特に、キャリアアップへの意欲がある人は自己成長を実感できないと今の仕事を時間の無駄に感じるでしょう。

成長意欲があるのは素晴らしいことなので、その意欲をモチベーションに変えることが大切です。

他者貢献感がない

仕事をしていても他者貢献感がないと、「この仕事は誰かの役に立っているのだろうか」「人の役に立たないことをしても意味がない」と感じ人生の無駄だと感じることがあります。

自分のした仕事で人に感謝されたときの、達成感や自己効力感はとても大きい分、他社への貢献感がないと仕事への意味を見出せなくなるでしょう。

たとえば、同じ看護師でも、毎日患者さんから感謝を伝えられている人はやりがいを感じて働いていて、罵倒されることはあれど感謝されることはないという人は仕事を人生の無駄だと感じているかもしれません。

精神的、体力的に疲弊する

仕事をすることで精神的、体力的に疲弊してしまい、帰宅後や休日に疲労感でぐったりしてしまう人も仕事を人生の無駄に感じるでしょう。

精神的、体力的に疲弊する原因には、社内の人間関係が悪い、付き合いで飲み会に行かなくてはいけない、長時間の残業や休日出勤でライフワークバランスが悪いなどがあげられます。

本来なら、帰宅後や休日は家事や趣味に時間を使いたいのに、仕事で疲弊してしまいそれどころではないという人もいるかもしれません。疲れているときには、考え方もネガティブになりがちのため、自分が何のために仕事をしているか分からなくなり、人生を無駄にしていると感じるでしょう。

仕事を人生の無駄だと感じないための対処法


仕事を人生の無駄だと感じている原因が分かった人は、自分の原因にあった対処法を理解してください。仕事を人生の無駄だと感じないために効果的な対処法は以下の3つです。

  • 今の仕事の中でやりがいを探す
  • 副業や転職を視野に入れる
  • 人生のGOALを定める

それぞれ解説します。

今の仕事の中でやりがいを探す

些細なことでも人に感謝されることや、日々できるようになっていることが見つかるとやりがいをもって働けるようになります。やりがいをもって働くのは、他社貢献感や自己成長感をもって働くことでもあるので時間の無駄には感じなくなるでしょう。

たとえば、日々同じ作業で仕事を人生の無駄だと感じている事務職の人は、定例会議の資料を見やすさにこだわって作ってみることで感謝されたり、いつもとは違うツールを使って資料作りをすることでパソコンスキルが身について自己成長感を得られたりするでしょう。

また今の仕事のやりがいを探す中で、違う部署であればやりがいをもって働けそうなら、部署異動を希望するという手もあります。視野を広げてやりがいを探してみてください。

副業や転職を視野に入れる

副業や転職を視野に入れるのも、仕事を人生の無駄だと感じる時に効果的な対処法です。

転職を視野に入れ他の会社を調べると、自分がやりがいを感じられる仕事や向いている仕事が見つかる可能性があります。また新しい副業に挑戦すると、思いもよらない自分の強みが活かせる仕事が見つかることもあるでしょう。

様々な選択肢を検討をすることで、一概に仕事は人生の無駄だとは言い切れないということが分かるはずです。また、今の仕事で頑張って成果を出していくべきか、逆に転職や副業をするべきかも分かるでしょう。

人生のGOALを定める

人生のGOALを定めることで、仕事はその目標を達成するための手段であることが分かります。そして、その目標を達成するために前向きに働けるようになるでしょう。

人生のGOALを定め、目標達成のためにやるべきことが明確になれば今の仕事を続けるべきか転職するべきかも分かります。

仕事を人生の無駄だと感じている人はまず、人生のGOALを明確にしてください。

どうしても仕事を人生の無駄だと感じてしまう人へ


ここまで、仕事を人生の無駄だと感じてしまう原因と対処法を解説しました。もしも、自分一人で考えても「仕事は人生の無駄だ」という考えから抜け出せないのなら、第三者の視点を取り入れることがおすすめです。

中でも、コーチが1対1であなたの考えを引き出してくれるコーチングなら、自分の強みや人生のGOALが明確になるので、「仕事は人生の無駄だ」という考えから抜け出せるようになるでしょう。

以下でコーチングを受けるメリットを解説します。

コーチングを受けるメリット


コーチングを受けるメリットとして以下の2つがあげられます。

  • 自分の強みが明確になり、成果を出せるようになる
  • 人生のGOALが明確になり、本当にやりたいことが分かる

それぞれ解説します。

自分の強みが明確になり、成果を出せるようになる

コーチングではコーチに自己分析をサポートしてもらい、客観的視点を得ることで自分の強みが明確になります。明確になった強みを活かせる仕事ができれば、成果を出せるようになりやりがいにも繋がります。

たとえば、物事を予測する能力が高く、課題の特定や取捨選択を得意とするなどの戦略性の高い人は、コンサルタントとして活躍できるでしょう。

今の仕事でやりがいを探すためにも、転職や副業をするためにも、まずは自分の強みを理解する必要があります。仕事を人生の無駄だと感じている人にとって、強みが見つかり成果が出せるようになるのは、大きなメリットでしょう。

人生のGOALが明確になり、本当にやりたいことが分かる

コーチングでは、コーチがあなたの本当の想いを深掘りしてくれるので価値観が明確になり、人生のGOALが定まります。今まで顕在化していなかった、人生のGOALが明確になれば本当にやりたいことも分かるでしょう。

たとえば「人を笑顔にする瞬間が好きだから、仕事を通して他人を笑顔にする」という人生のGOALが明確になった人は、接客業やカスタマーサクセスなどの職種が本当にやりたいことでしょう。

本当にやりたいことができるようになった人は、仕事を楽しみながらできるようになるので人生の無駄だと感じることはなくなります。

また、GOALに向かって仕事ができていれば、何か困難に直面した際にも、「人生の無駄だ」とモチベーションを下げることなくGOALのための通過点だと捉えて前向きに働けるでしょう。

このように、コーチングを受けて、人生のGOALが明確になるのは、仕事を人生の無駄だと感じている人にとって大きなメリットです。

仕事を人生の無駄だと感じている人は体験セッションを受けてみよう


改めて、仕事を人生の無駄だと感じている人は、無駄だと感じてしまう原因とどのように対処したらよいかを考えてみてください。

仕事を人生の無駄だと捉えずに前向きに働くために、最も大切なのは人生のGOALを明確にすることです。

人生のGOALを明確にするためには、GOAL-Bコーチングを受けてみてください。

GOAL-Bコーチングでは、一流のプロコーチがあなたの本来持っている可能性を引き出し、人生のGOALを設定します。

人生のGOALが見つかることで、仕事を人生の無駄ではなく、GOALに向かう通過点だと捉えて前向きに働けるようになるでしょう。

また、さまざまな経験を持ったコーチが在籍しており、プロフィールも充実しているため、あなたにマッチするコーチがきっと見つかります。

以下は、GOAL-Bコーチング受講者の体験談です。

大手人材会社のセールスパーソンとして、関西No.1セールスになり、1年で全社表彰を受賞しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次