仕事についていけない社会人必見|社会人が仕事についていけない理由を解説

「社会人で仕事についていけない」
「いつも周りに遅れをとっている」
「仕事で成果を出したい」

このように、社会人で仕事についていけずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

社会人は、慣れない仕事をすることも多く、仕事についていけないでいる人もいると思います。

しかし、仕事についていきたくても、どうすれば良いかわからない人も多いと思います。

そこで、当記事では

  • 社会人が仕事についていけないとどうなるのか
  • 社会人が仕事についていけないわけ
  • 社会人が仕事についていくためにやるべきこと

を解説します。

この記事を読むことで、社会人が、仕事についていくためにはどうすれば良いかがわかります。ぜひ最後まで読んでください。

資料プレゼント

【注意】仕事についていけていないどうなるか



仕事についていけないことのデメリットを3つ紹介します。

  1. ミスを繰り返して、会社に居づらくなる
  2. 仕事が終わらず、自由な時間が作れなくなる
  3. メンタルがやられて、病んでしまう

それぞれ見ていきましょう。

1.ミスを繰り返して、会社にいづらくなる

1つ目は、ミスを繰り返して、会社にいづらくなることです。

なぜなら、ミスばかりしていると、周りに迷惑をかけてしまい、信用がなくなってしまうからです。

例えば、仕事を任せてもいつもミスばかりする人がいた場合、これから仕事を任せにくいですし、一緒に働きづらいですよね。

仕事をするうえで、信頼はとても大切なので、その点には注意が必要です。

このように、ミスを繰り返して、会社にいづらくなることは仕事についていけないことのデメリットです。

2.仕事が終わらず、自由な時間が作れなくなる

2つ目は、仕事が終わらず、自由な時間が作れなくなることです。

理由は単純ですが、仕事を進めるスピードが遅いと、人より働く時間が多くなり、仕事以外の時間が失われていくからです。

例えば、毎日3時間の残業をする人は、18時に退社する人よりも、1週間で15時間も自分の時間が少ないことになります。

仕事以外の自由な時間を使って、リフレッシュや自分のやりたいことをするのは、仕事のモチベーションを維持するためにも大切です。

このように、仕事が終わらず、自由な時間が作れなくなることは仕事についていけないことのデメリットです。

3.メンタルがやられて、病んでしまう

3つ目は、メンタルがやられて病んでしまうことです。

なぜなら、仕事にずっと追われ、自分の時間もなくなると、心に余裕がなくなってしまうからです。

例えば、ずっと働いていると、体だけでなく心も疲れていることを感じると思います。

その状態がずっと続けばメンタルがすり減っていき、当たり前のこともできなくなってしまうこともあります。

このように、メンタルがやられて病んでしまうことのデメリットです。

資料プレゼント

社会人が仕事についていけないワケ



社会人が仕事についていけない理由をご紹介します。

  1. わからないことを素直に聞けない
  2. 経験や能力が不足している
  3. 完璧主義になっている
  4. 自己管理ができていない
  5. 断ることができず、仕事を多く抱えてしまう
それぞれ見ていきましょう。

1.わからないことを素直に聞けない

1つ目は、わからないことを素直に聞けないことです。

なぜなら、聞けばすぐに済むことも、自力でやろうとすると、時間が余計にかかってしまうからです。

例えば、お客様が求めているものがわからないときに、ただ自分で考えるよりも、実際にお客様に話を聞きにいく方が、短い時間で仕事が済むでしょう。

このように、わからないことを素直に聞けないことは、社会人が仕事についていけない理由のひとつです。

2.経験や能力が不足している

2つ目は、経験や能力が不足していることです。

なぜなら、仕事は経験や能力が足りていないことを前提にしている場合は少ないからです。

例えば、資料の作成を頼まれたときに、経験がないから時間がかかるというように考慮されている場合は少ないでしょう。

経験や能力の不足は最初の段階では仕方ないものですが、それぞれ仕事をしていくなかで身につけていくことが可能でしょう。

このように、経験や能力が不足していることは、社会人が仕事についていけない理由のひとつです。

3.完璧主義になっている

3つ目は、完璧主義になっていることです。

なぜなら、仕事を完璧にしようと思うと、膨大な時間がかかってしまうからです。

例えば、プレゼンの準備をしているときに、一人で完璧にしようと思うと、かなりの時間がかかってしまうでしょう。

ひとりで完璧にしようとするよりも、途中途中で人に報告して、修正しながら仕事をした方が、時間も短く完成度の高い仕事ができるでしょう。

このように、完璧主義になっていることは、社会人が仕事についていけない理由のひとつです。

4.自己管理ができていない

4つ目は、自己管理ができていないことです。

なぜなら、自己管理ができないと、仕事を終えるまでのイメージを掴みにくいからです。

例えば、何日・何時までにこの仕事をやると決めていれば、期限を意識して仕事ができます。

しかし、期限も決めずになんとなく取り組むと、いつどのように仕事をすれば良いかわからないため、仕事の終わりまでの見通しが立てづらいです。

このように、自己管理ができていないことは、社会人が仕事についていけない理由のひとつです。

5.断ることができず、仕事を多く抱えてしまう

5つ目は、断ることができず、仕事を多く抱えてしまうことです。

なぜなら、通常の仕事に加えて、別の仕事も担うことで、時間は増えていないのに仕事量が増えてしまうからです。

例えば、いつもなら18時に退社していたのに、人の仕事も受けるようになると退社するのが20時、21時と遅くなり、ずっと仕事で手いっぱいになり、だんだんと仕事についていけなくなるかもしれません。

このように、断ることができず、仕事を多く抱えてしまうことは、社会人が仕事についていけない理由のひとつです。

資料プレゼント

社会人が仕事についていくためにやるべきこと



社会人が仕事についていくためにやるべきことを5つご紹介します。

  1. 生産性を高める
  2. 上司と密にコミュニケーションをとる
  3. 着手第一主義を目指す
  4. 自分の頭でもしっかりと考えて、能動的に動く
  5. 断るときはちゃんと断る

それぞれ見ていきましょう。

1.生産性を高める

1つ目は、生産性を高めることです。

なぜなら、いつもより短時間で仕事を終えられるようになるからです。

例えば、デスクを整理する、睡眠時間を確保し勤務中の集中力を高めるなど、さまざまな観点で生産性を高めることは可能です。

このように、生産性を高めることは、社会人が仕事についていくためにやるべきことです。

2.上司と密にコミュニケーションをとる

2つ目は、上司と密にコミュニケーションをとることです。

なぜなら、仕事量を調整したり、アドバイスを受けることができるからです。

例えば、あなたの仕事量があまりにも多いようだったら上司とコミュニケーションを取れば、仕事量が見直されるきっかけになるでしょう。

このように、上司と密にコミュニケーションをとることは、社会人が仕事についていくためにやるべきことです。

3.着手第一主義を目指す

3つ目は、着手第一主義を目指すことです。

着手第一主義とは、完全に準備する完璧主義とは反対で、とにかくまずは取り組んでみようという考え方です。

なぜ着手第一主義を目指すかというと、スピーディーにトライアンドエラーを繰り返すことができ、短い時間でゴールまでたどり着けるからです。

例えば、企画書を作るときに、ひとりで考え続けるよりも、まずやってみて人に見せて修正を繰り返した方が短時間で良いものができるでしょう。

このように、着手第一主義を目指すことは、社会人が仕事についていくためにやるべきことです。

4.自分の頭でもしっかりと考えて、能動的に動く

4つ目は、自分の頭でもしっかりと考えて、能動的に動くことです。

なぜなら、教えてくれるのを待つだけでは、いつまでたっても進歩しないからです。

例えば、判断に迷ったときに、ただ答えを待つのではなく、自分の頭で考えて自分の意見を伝えたうえで、上司に意見を求めた方が、仕事をする頭や力は身につくでしょう。

このように、自分の頭でもしっかりと考えて、能動的に動くことは、社会人が仕事についていくためにやるべきことです。

5.断るときはちゃんと断る

5つ目は、断るときはちゃんと断ることです。

なぜなら、自分の仕事に加えて人の仕事も受け続けていると、心も体もキャパを超えてしまうからです。

例えば、自分の仕事で忙しく21時頃まで働いているのに、人の仕事を受けてしまうと、メンタルも体力も削られ、自分の仕事にも支障をきたしてしまいます。

このように、断るときはちゃんと断ることは、社会人が仕事についていくためにやるべきことです。

資料プレゼント

社会人で仕事についていきたいあなたへ



この記事を読んでいる方のなかには、社会人で仕事についていけず困っている人も多いと思います。

仕事をしっかりとこなして、プライベートを充実させたいけれど、仕事についていけず、日々苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。

そのようなあなたには、コーチングがおすすめです。
理由は、コーチングには以下のような効果があるからです。

  • 今ある思考の常識を壊す
  • その上で自分のやりたいことを探しだす
  • 自分が持っている可能性を最大限引き出す
上記の効果からコーチングを受けることで、仕事についていけない社会人も仕事で成果を上げられるようになります。
しかし、

  • 「そんな簡単に変われるわけないでしょ」
  • 「何でコーチングってそんな効果があるの」
と思う方もいると思いますので、コーチングがどのようなものなのか、より詳しく解説した記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・効果・目的・方法など全てを徹底解説
ここまで読んでいただきありがとうございました。

🎁プレゼント
キャリア選びの軸となる「強み」を見つけるワーク(全37ページ)をプレゼントします!

中身を簡単に紹介すると、
✅情熱のある行動を特定するワーク
✅好きな仕事と嫌いな仕事を細かく理解するワーク
✅コラム:人が転職したいと考える理由

受け取りはこちらのリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。