仕事を辞めたい・向いてないと思うのは甘え?見切りをつけるべきサインを紹介

仕事 辞めたい 向いてない
この記事のまとめ

仕事を辞めたい・向いてないと思った時は何をすべき?どう見切りをつけたらいいの?

「甘え」と思われる考え方も含めて解説します!

仕事を始めたばかりだけど、向いてないかも……。
甘えと思われるかもしれないけれど、仕事を辞めたい。
向いてない仕事を続けた結果はどうなる?

仕事を辞めたい・向いてないと感じているものの、どうしていいか分からないとお悩みではありませんか。

リクルートワークスの調査によると、会社を辞めずに働き続けている理由で最も多かった回答は「転職も検討しているが、リスクもあると感じる」でした。

つまり、今の会社に満足していなくても、辞めずに働き続けていると考えられます。

とはいえ、向いてない仕事を続けたくない気持ちもあるはずです。

本記事では、仕事を辞めたい・向いてないと思っている方に対して、退職を決断すべきサインを紹介。

仕事を辞めたい・向いてないと思う理由と対処法も解説しているので、今の状況を変えたい方は何をしたらいいかが明確になります。

向いてる仕事を見つけたい方は、自分だけしかない能力や才能を理解することから始めましょう。
キャリアコーチング『キャリスピ』は、GOALという名の目標を設定あなたの才能本音の欲求を見つけて現実を変えるサポートをしてくれます。
5,500円の体験コーチングが今なら無料で受けられるので、1分で気軽に申し込んでみましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません。

目次

【入社歴別】仕事を辞めたい・向いてないと感じるタイミング

入社歴によって、仕事を辞めたい・向いてないと感じるタイミングがあります。

本記事では以下のタイミングに注目して解説するので、あてはまる方はぜひ参考にしてみてください。

  • 入社から1ヶ月後
  • 入社から半年後
  • 入社から2年後

1ヶ月で仕事を辞めたい・向いてないと感じるタイミング

1ヶ月で仕事を辞めたい・向いてないと感じるタイミングは、仕事内容職場の人間関係が大きく関係しています。

具体的な内容を、以下にまとめました。

  • 仕事が覚えられない
  • 思っていた仕事ではないと感じた
  • 職場の雰囲気が合わない
  • 上司と相性が悪い

dodaの調査によると、転職して不安を感じたことがあると回答した方は77.4%です。

不安を感じたことがあると回答した方の86.8%が、転職して1ヶ月以内の方だという結果が出ました。

つまり、入社して1ヶ月は多くの方が不安を抱えていると分かります。

また、以下を見ると転職して不安を感じている方は、人間関係仕事について悩みを抱えていると理解できるはずです。

入社して1ヶ月はまだ職場環境に慣れていない状態なので、不安を感じるのも無理はありません。

仕事や人間関係で全然うまくいかず「辞めたい・向いてない」と思うかもしれませんが、続けていれば時間が解決してくれる場合もあります。

半年で仕事を辞めたい・向いてないと感じるタイミング

半年で仕事を辞めたい・向いてないと感じるタイミングは、仕事内容が大きく影響しています。

具体的な内容は、以下のとおりです。

  • ミスを繰り返してしまう
  • 仕事量が多い
  • スピーディーに仕事ができない

転職してまだ半年しか経ってないがもう辞めたい
明らかに業務量のキャパがおかしいんよ
入社半年、今の業務教わって3ヶ月弱、業種未経験で1人で1,000以上ある在庫の管理なんか出来るかよ
他の優先業務ある中でどうやってやるねん
なのに出来なかったら金額に換算させてサイボウズで公開処刑って何だよ

— らんらんるー (@ranranruuuuu03) December 11, 2023

入社半年は、仕事を少しずつ覚えてきた段階と言えます。

周りから「仕事を任せられる人」と思われていれば、キャパを超える業務量を求められる場合も。

すべての業務を完璧に行うとすると、疲れが溜まりやすくなるので、限界がくる前に上司に相談するのをおすすめします。

2年で仕事を辞めたい・向いてないと感じるタイミング

2年で仕事を辞めたい・向いてないと感じるタイミングは、仕事とプライベートの両立が大きく影響しています。

具体的な内容を、以下にまとめました。

  • 労働時間が長い
  • ノルマや目標が高い
  • 仕事が合わないと思った
  • 人間関係がよくない

労働政策研究・研修機構の調査によると、3年未満の離職理由で男女ともに一番多かった理由は「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった」です。

入社2年目は仕事を任せられることが多く、場合によっては管理している立場の方もいます。

ノルマや目標を達成するために、残業休日出勤をしなければならないケースも。

労働時間が長い場合「他の仕事であれば就業環境が良くなる」と考え始めると、辞めたい・向いてないと思う可能性が高いです。

入社2年で退職すると早期退職とみなされ、なかなか内定が出ない場合があります。

勢いで辞めるとあとで後悔する可能性があるので、早期退職のリスクは頭に入れておきましょう。

仕事を辞めたい・向いてない時の理由と対処法4選

仕事を辞めたい・向いてない時の理由と対処法を、以下の4パターンにわけて紹介します。

  • ミスが続くなら繰り返さない方法を考える
  • 職場環境が悪いなら周りに相談する
  • 複数の理由で仕事を辞めたいなら冷静に判断する
  • 体調不良になるなら休職や異動を検討する

ミスが続く場合は繰り返さない方法を考えよう

ミスが理由で仕事を辞めたい・向いてないと感じる時は、以下のような状況であると考えられます。

  • 上司や先輩に相談しづらい
  • 常に職場の雰囲気がピリピリしている
  • 仕事にスピード感を求められる
  • 経験の少ない仕事を任せられる

仕事に慣れていない時や、相談しづらい職場環境の時は、ミスが起こりやすいです。

やる気があってもなかなか仕事を覚えられなければ、自信を失ってしまうでしょう。

厚生労働省によると、人的ミス(ヒューマンエラー)は以下のように「ついつい・うっかり型」と「あえて型」に分かれます。

ついつい・うっかりミスをなくすためには、間違えた内容をメモして、頻繁に確認するクセをつけましょう。

何のミスが多いかを理解しておかなければ、同じ間違いを繰り返しやすいです。

メモをとっただけでは内容を覚えられないため、何度も見直すのが大事。

仕事を覚えるスピードは人それぞれ異なるので、ミスを減らしたい方はなるべくメモをよく見るようにしましょう。

仕事を覚えようと努力を続けていれば、上司先輩が助けてくれる場合もあります。

職場環境が悪い場合は周りに相談しよう

仕事を辞めたい・向いてないと思う理由は、職場環境が悪いからであると考えられます。

「職場環境が悪い」とは、主に以下のような状況です。

  • 職場の人間関係が良くない
  • チームワークがうまくとれない
  • 残業・休日出勤が多い
  • 仕事で頑張っても評価されづらい

職場環境が合っていないからと言って、すぐ退職を決意するのはおすすめしません。

感情的になっていれば、冷静な判断ができないからです。

また、人間関係や労働時間などは、転職しても同じような悩みが出てくる場合も。

仕事を辞めたい・向いてないと思ったら、まず周りの方に相談しましょう。

勤務先以外の方に相談すれば、客観的な視点からアドバイスをしてくれるはずです。

ただし、給料やプライベートに影響が出る場合は「退職しない方がいい」と引き止められる場合があります。

職場環境の悩みを納得して解決したい時は、キャリアのプロに相談するのがおすすめです。

特に、キャリアコーチングは自分の考えを整理しながら解決方法を定めるので、悩みがクリアになります。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

複数の理由で仕事を辞めたい場合は冷静に判断しよう

仕事を辞めたい・向いてないと思う時は、理由が一つでない場合があります。

例えば、年収が低くて仕事を辞めたいとしましょう。

結果を出すために努力しても、業界自体が盛り上がっていなければ、成果を上げるのは難しいです。

気合を入れて仕事に打ち込みますが、周りはサボってばかり……。

イライラがおさえきれなくなると、衝動的に仕事を辞めてしまう場合があります。

さまざまな理由が重なって転職したいと思っている時ほど、冷静になりましょう。

「周りが仕事をサボっていたので退職した」と面接で話してしまうと、また同じような理由で退職するのではないかと企業から思われる可能性が高いです。

そもそも年収が良くて業界自体が盛り上がっていれば、周りがサボっていても何も思わなかったはず。

なぜ限界が来たのかを明確にすれば、自分が仕事を辞めたくなるポイントを理解できます。

参考動画は以下をご覧ください。

体調不良になる場合は休職や異動を検討しよう

仕事を辞めたい・向いてないと思う時は、ストレスが原因で体調不良になっている場合があります。

以下の状態であれば、ストレスが溜まるのも無理はありません。

  • 職場でハラスメントを受けている
  • 仕事量のわりに給料が見合っていない
  • 職場の人間関係が悪い
  • 労働時間が長すぎる

仕事が原因で体調不良になっている場合は、上司に伝えてお休みをもらいましょう。

忙しい毎日から離れてみると、落ち着いて今後のことを考えられます。

また、就業環境が悪いと感じている場合は、異動するのも一つの手です。

別の部署であれば、働きやすくなる可能性があります。

自分の体は自分が一番よく分かっているはずなので、ストレスがかかりすぎていると思ったら、無理をしないようにしましょう。

甘えとみなされる!仕事を辞めたい・向いてない時の危険な考え3選

仕事を辞めたい・向いてないと思った時に、以下3つの考えが当たり前になると、周りから甘えているとみなされる場合があります。

  • 楽で収入が高いところに行こう
  • とにかくすぐ次を探そう
  • 職場がよくなかった

楽で収入が高いところに行こう

仕事を辞めたい・向いてないと考えている時に「楽で収入が高いところに行こう」と思い込むと、周りから甘えていると思われる場合があります。

楽と思う基準は人それぞれだからです。

例えば、データ入力が簡単だとネットで見かけたとしましょう。

パソコン作業を長年行っていた方からすれば楽かもしれませんが、肉体労働がメインだった方からすると難しいと感じる可能性が高いです。

また「楽に稼げる」というキャッチフレーズにして、怪しい仕事に誘い込んでいる場合も。

楽な仕事を選んでもやりがいがなくてつまらないと感じる可能性があるので、なりたい自分に近づける仕事を探しましょう。

とにかくすぐ次を探そう

仕事を辞めたい・向いてないと考えている時に「とにかくすぐ次を探そう」と思い込むと、周りから甘えていると思われる場合があります。

状況が悪くなったらすぐ辞めたいと考えるようになるからです。

転職を繰り返すと、以下のようなデメリットがあります。

  • スキルと経験が身につかない
  • 企業から「すぐ辞める人」と判断される
  • 転職活動で苦戦しやすくなる
  • 就業先の選択肢が少なくなる

仕事のストレスで体調不良になっている場合は、悪化しないためにも自分の体を第一に考えるべきです。

しかし「雰囲気が合わない」や「仕事が面白くない」といった理由ですぐ退職すると、安易な決断だったと後悔する可能性があります。

仕事を辞めたい・向いてないと思ったら、まずは信頼できる方に相談するようにしましょう。

職場がよくなかった

仕事を辞めたい・向いてないと考えている時に「職場がよくなかった」と思い込むと、周りから甘えていると思われる場合があります。

周りのせいにしていると思われかねないからです。

ハラスメントが横行しているなど明らかに職場が悪いケースもありますが、自分で改善できたポイントがないかも考える必要があります。

退職理由で会社のせいにしていると企業からの印象が悪くなるので、何を話したらいいか悩む場合は、キャリアのプロに相談するようにしましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

向いてない仕事を続けた結果起こること3選

向いてない仕事を続けた結果、起こることは主に以下の3つです。

  • ストレスが溜まって元気がなくなる
  • 仕事がしづらくなる
  • 無駄な時間を過ごしてしまう

ストレスが溜まって元気がなくなる

向いてない仕事を続けた結果、ストレスが溜まりやすくなります。

仕事が原因でストレスが溜まると、以下のように心と体に変化が出やすいです。

心理的側面・抑うつ感
・意欲や集中力の低下
・イライラ感
・緊張感
身体的側面・何度も目が覚める
・食欲不振
・だるさ、疲れやすい
行動的側面・遅刻や早退が増える
・酒量やたばこが増える
・作業効率の低下
参考:厚生労働省|ストレスに気づこう

仕事が向いてないとストレスを抱えている時は、冷静な判断ができません。

相性が良い仕事が何か分からない時は、キャリアのプロに相談するのをおすすめします。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

仕事がしづらくなる

向いてない仕事を続けた結果、ミスが続きやすくなるので、仕事がしづらいと感じる場合があります。

以下のようにミスの意識が強すぎても弱すぎても、周りに影響を与える可能性が高いです。

ミスに対する意識周りからの評価
気に
していない
・無責任や適当な人だと思われる
・信頼して仕事を任せられない
気に
しすぎている
・やる気は伝わる
・落ち込みが激しいと思っている
・多くの仕事を任せるのは難しい

特に完璧主義な傾向にある方は、ミスを引きずりやすいです。

気持ちをうまく切り替えられないと、周りから気を遣われる傾向にあります。

ミスが続いた自分を責めてばかりいると「仕事を辞めたい・向いてない」と思うのも無理はありません。

ミスをした場合は原因と改善策を明確にして、同じ失敗を繰り返さないように行動するだけで十分です。

無駄な時間を過ごしてしまう

向いてない仕事を続けた結果、無駄な時間を過ごしやすくなります。

向いてない仕事はなかなかコツをつかめないため、スキルアップしづらいからです。

成長スピードが遅い傾向にあるので、やりがいがなくなる可能性があります。

頑張ってもなかなか成果が出ず「仕事を辞めたい」と思っている方は、向いてる仕事を探しましょう。

やっていて楽しいと思える仕事に出会えたら、充実した毎日を送れるはずです。

下の項にある向いてる仕事の見つけ方3選を参考にしてみてください。

仕事を辞めたい・向いてない思いに見切りをつけるサイン3選

仕事を辞めたい・向いてないと思っても、短期間で退職してよいか迷う方もいるはずです。

甘えた理由で仕事を辞めたいのであれば転職を繰り返してしまうかもしれませんが、辞め時が分からず放っておくと、心も体も疲れ切ってしまいます。

仕事を辞めたい・向いてないと思った時に、以下のようなサインが出たら異動転職を考えましょう。

  • ストレスで普段通りに過ごせない
  • 努力しても仕事が覚えられない
  • 仕事を楽しめず続けたいと思えない

ストレスのせいで普段通りに過ごせない

ストレスのせいで普段通りの生活が送れない時は、見切りをつけるサインです。

特に勤務中に以下のようになっている場合は、心に余裕がないでしょう。

  • 常に緊張している
  • イライラしやすくなっている
  • 体がだるいと感じる

また出勤前に体調が悪くなったり、仕事がある前日の夜はいつも寝れなかったりする場合は、仕事に強いストレスを感じている可能性が高いです。

努力しても仕事が覚えられない

努力しても仕事が覚えられない場合は、自分に合った環境ではないと言えます。

向いてる仕事であれば、業務をすぐ覚えられるからです。

ただし、続けていればある程度スキルを高められるので、やりたい気持ちが強ければ、今のまま努力し続けましょう。

今の仕事を続ける気がない場合や、他にやってみたい仕事がある場合は、転職か異動をおすすめします。

仕事を楽しめず続けたいと思えない

仕事を楽しめず続けたいと思えない場合は、仕事に見切りをつけるサインです。

つまらないと思っている仕事は、長く続けられません。

反対に、仕事に対して意欲的であれば、多少向いてないと感じていても努力によってスキルを高められます。

今の仕事内容に興味が持てなかったり、辞めても後悔しないと思えたりする場合は、やってみたいと思える仕事を探しましょう。

向いてる仕事の見つけ方3選

向いてる仕事の見つけ方は、以下の3つです。

  • 苦手なことを明らかにする
  • 診断ツールを活用する
  • キャリアのプロの相談する

何の仕事が向いてるか分からない方は、たくさんいます。

以下の労働政策研究・研修機構の調査研究によると、20代・30代の社会人で「どのような仕事が自分に合っているか分からなかった」と回答した人は、全体の約30%を占めていました。

男性20代29.2%
30代30.5%
女性20代34.9%
30代26.1%
参考:労働政策研究・研修機構|仕事の世界の見える化に向けて

向いてる仕事を明らかにしたい方は、下で紹介している見つけ方をぜひ試してみてください。

苦手なことを明らかにする

向いてる仕事を見つけたい方は、苦手なことを明らかにしましょう。

好きなことや得意なことよりも、苦手なことの方が思い浮かぶ可能性が高いからです。

仕事探しで苦手なことを排除すれば、向いてない仕事を選ばずにすみます。

天職と思える仕事かどうかはやってみないとわかりませんが、向いてない仕事に悩まされる機会は減るはず。

苦手なことをノートに書いておけば、仕事探しの時に役立ちます。

診断ツールを活用する

向いてる仕事を見つけたい方は、診断ツールを活用しましょう。

短時間で診断できるので、手っ取り早く診断できます。

適職を知りたい場合は、厚生労働省が提供しているjobtagがおすすめです。

以下の検査を2つ以上実施して結果を保存すれば、診断結果を組み合わせて適職を探索できます。

  • 職業興味検査
  • 価値観検査
  • 職業適性テスト(Gテスト)
  • しごと能力プロフィール検索
  • ポータブルスキル見える化ツール

引用:厚生労働省|職業情報提供サイトjobtag

また、向いてない仕事診断では苦手な職種が分かります。

すぐ結果が分かる点が診断ツールの良いところなので、気軽に試してみましょう。

キャリアのプロの相談する

向いてる仕事を見つけたい方は、キャリアのプロに相談しましょう。

プロの目から見た自分の適性が、明らかになるからです。

一人で向いてる仕事を探すと「〇〇はできない」と決めつけてしまう場合があるので、第三者からの意見は参考になります。

向いてる仕事を見つけたい方は、特にキャリアコーチングがおすすめ。

理由は以下のとおりです。

  • プロのサポートを受けながら徹底的に自己分析ができる
  • コーチとの対話やワークを通じてやりたいことを見つけられる
  • 自分の能力ややりたいことを元に行動内容を決められる

参考:キャリスピ

キャリアコーチングは有料ですが、今後の方向性をきっちり定められるので、仕事に対して不安を感じている方にぴったりです。

転職が目的ではないので、求人への応募を促されることはありません。

体験であれば無料の場合も多いので、仕事を辞めたい・向いてないと感じる方はぜひ試してみてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

仕事を辞めたい・向いてない時によくある質問2選

仕事を辞めたい・向いてない時によくある質問は、以下のとおりです。

  • 退職理由が「向いていない」場合の伝え方は?
  • 40代で仕事辞めたい・向いてないと思った時はどうしたらいい?

退職理由が「向いていない」場合の伝え方は?

退職理由が「向いていない」場合の伝え方は、次の会社に向けてチャレンジしたい気持ちをアピールすることが大事です。

会社の不満適性のなさを退職理由にすると、企業側は求職者に対して良い印象を持ちません。

ただし、チャレンジしたい旨を退職理由として伝えた場合、企業側は前職で挑戦できなかった理由を気にする傾向にあります。

転職成功率を上げたい方は、なぜ退職してまで挑戦したいと思ったかを面接で伝えるようにしましょう。

40代で仕事を辞めたい・向いてないと思った時はどうしたらいい?

40代で仕事を辞めたい・向いてないと思った時は、転職に対して慎重になりましょう。

向いてないので辞めたという理由で退職すると、転職活動に苦戦する可能性があります。

厚生労働省によると令和4年の40代の転職入職率は、男女ともに5~10%程度。

40代の転職は即戦力が求められるので、未経験からのキャリアチェンジとなると成功率が低くなります。

活躍できるビジョンが明確な企業であれば、納得感のある自己PRができるため、転職が叶いやすいです。

ただし、体調不良で仕事を続けられない場合は、転職率に関係なく自分の体を第一に考えましょう。

まとめ:仕事を辞めたい・向いてない気持ちは早めに解消しよう

今回は、仕事を辞めたい・向いてない時の理由や対処法を解説しました。

  • ミスが続く場合は繰り返さない方法を考えよう
  • 職場環境が悪い場合は周りに相談しよう
  • 複数の理由で仕事を辞めたい場合は冷静に判断しよう
  • 体調不良になる場合は休職や異動を検討しよう

向いてない仕事を続けた結果、ストレスが溜まりやすくなるので、普段通りの生活を送れないと思ったら見切りをつけるサインだと認識しましょう。

ただし「楽して稼ぎたい」や「職場が悪い」といった理由で仕事を辞めたいのであれば、甘えていると思われても仕方ありません。

適職が見つかれば仕事に対する気持ちが晴れやかになるので、毎日を楽しく過ごしたい方は早めに行動するようにしましょう。

向いてる仕事を探すには、キャリアのプロに相談するのが一番です。

仕事に関する知識が豊富な方に相談すれば、納得できる解決策が分かります。

特にキャリアコーチングでは、相談した内容に対してコーチがフィードバックをくれるのがポイント。

客観的な視点から、自分には何が向いてるかを示してもらえます。

コーチングサービスのキャリスピを使った方も、以下の体験談でやりたいことが明確になったと話していました。

仕事を辞めたいけれどどうしたらいいか分からない」または「向いてる仕事が他にあるはず」と思っている方は、ぜひキャリアコーチングを試してみてください。

やりがいのある仕事を見つけて、いきいきとした毎日を過ごしましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次