転職するべきか悩んだとき、相談すべき相手を解説

転職するべきか悩んだら、誰かに相談したくなるものです。

しかし、相談相手は相手は誰でも良いわけではありません。

たとえば、上司や同僚など社内の人に転職するべきか相談しても、転職を引き止められるでしょう。

相談する際は、利害関係がなく客観的な立場であるプロのサービスを利用するのがおすすめです。

そこで本記事では、おすすめのサービスやメリットについて詳しく解説します。

ぜひ転職相談の参考にしてください。

 


【結論】転職するべきか悩んだら、プロに相談すべき



仕事で悩みを抱え、転職するべきか悩んだときは、プロに相談しましょう。

ここでいうプロとは、転職エージェントやキャリアコーチングサービスなどです。

プロに相談を行えば、客観的な立場からアドバイスをもらえるため、悩みが解決するきっかけとなります。

たとえば「今のままこの会社で働いていて大丈夫かな。なんとなく将来が不安だな。」と漠然とした不安を抱いた際、キャリアコーチングで相談を行えば、自分の価値観や強みが明確になり、理想のキャリアプランが明確になるでしょう。

転職するべきか悩んだら、まずはプロに相談することをおすすめします。

 



無料で、転職を前提とせず相談のみ行えるサービス



無料でプロに相談できるサービスとして「転職エージェント」があります。

ここでは、転職エージェントの特徴について簡単に解説します。

転職エージェント

転職するべきか迷ったら、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

転職エージェントは無料で利用できるため、相談のハードルが低いです。

特に「給料・労働時間などの待遇面の悪さ」や「成長・キャリアアップにつながらない」のように今の悩みが明確になっていれば、転職エージェントが相談者の条件に合う企業を提案してくれるでしょう。

また、業界の最新情報を教えてもらえたり、転職に必要な書類添削や面接練習などのサポートが無料で受けられたりする点も嬉しいポイントです。

ただし、転職エージェントはビジネスモデルの特性上、相談者に転職してもらわなければ売上につながらないため、転職を前提としてサポートを進められるケースも多いです。

そのため転職エージェントを利用する際には、まずは「相談」が目的であることをしっかりと伝えましょう。

 

有料で、転職を前提とせず相談のみ行えるサービス



有料で転職を前提とせず相談できるサービスには以下の2つがあります。

  • キャリアカウンセリング
  • キャリアコーチング

これらのサービスは転職エージェントとは違い、転職までのサポートがメインではないため「相談」のみを行えるのが特徴です。

それぞれのサービスについて解説します。

キャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングは、有料で転職相談ができるサービスの1つです。

キャリアカウンセリングは相談者の内面にフォーカスすることで、「悩みの明確化」「潜在能力・職業適正の理解」などをサポートします。

カウンセリングによって相談者自身の気付きをサポートするため、カウンセラーが指導や提案したり、結論を出したりすることはありません。

そのため、相談メインで利用できるのが特徴です。

 

キャリアコーチング

有料で転職相談するなら、キャリアコーチングもおすすめです。

キャリアコーチングを利用すればコーチングを通して、価値観や強み、キャリアプランなどが明確になります。

そのため、自分の特性を元にキャリア設計を考えたい方や、仕事の価値観が明確になっておらず将来への不安がある方に特におすすめです。

そもそも悩みすらわからない状態から自己理解のサポートを行うキャリアカウンセリングとは違い、キャリアコーチングでは、自己分析を通してキャリアプランや向いている仕事が明確になるのです。

転職するべき業界や職種が明確になり、長い人生におけるキャリアプランを設計できます。

「自己分析をして強みや価値観を明確にしたい」「キャリア設計をサポートしてほしい」「将来への漠然とした不安がある」という方は、キャリアコーチングを利用すると良いでしょう。

 

おすすめはキャリアコーチング



転職するべきか悩んだとき、まず相談すべきはキャリアコーチングです。

なぜなら、相談すべきか悩んでいるときは「悩みはある程度明確になっているものの、判断基準が足りない」というケースが多いからです。

判断基準とは、たとえば次のようなものです。

  • 仕事において大事にしたいこと(価値観)
  • 自分の強み
  • 自分に向いてる仕事
  • やってみたい仕事

これらはすべてキャリアコーチングを利用すれば明確になるでしょう。

ここでは改めて、キャリアコーチングを利用するとどのようなメリットがあるのか紹介します。

 

将来への漠然とした不安が解消される

キャリアコーチングを利用すれば、将来への漠然とした不安が解消されます。

なぜなら漠然とした不安を抱えているときは、やりたいことや仕事における価値観が明確になっていない場合が多く、キャリアコーチングを利用すればこれらが明確になるからです。

キャリアコーチングでは、子どもの頃や学生時代の経験や成功体験、好きだったものなどを参考にしながら、強みや価値観・性格特性といったキャリア設計に必要な要素を明確にします。

結果として、進むべき道ややりたいことが明確になり、漠然とした不安が解消されるでしょう。

 

好きなこと・得意なことが明確になる

キャリアコーチングサービスを利用すると、好きなことや得意なことが明確になります。

自己分析を行う中で、好きなことや得意なことが明確になれば向いている仕事が分かり、適職に就ける可能性も高まります。

適職に就けば、成果につながりやすくやりがいをもって働けるでしょう。

結果として仕事が楽しくなります。

キャリアコーチングで好きなことや得意なことが明確にできれば、そのきっかけとなるのです。

 

価値観が明確になり自信につながる

キャリアコーチングを利用すれば、仕事に対する価値観が明確になり自信につながります。

仕事に対する価値観はさまざまです。

  • 成長につながる企業で裁量を持って働きたい
  • 昇給しやすい会社で働きたい
  • より多くの人を幸せにできるビジョンを持った会社で働きたい
  • 家族との時間を取るためにワークライフバランスを重視したい
  • キャリアアップしたい

こうした価値観が明確になれば、転職における基準や選ぶ業界・職種が分かり、転職すべきかの結論も出しやすくなるでしょう。

また、価値観にマッチした会社で働けばやりがいにも繋がり、主体的に仕事に取り組めるようになります。

 

【まとめ】転職相談にはキャリアコーチングがおすすめ



転職するべきか迷ったら、まずはキャリアコーチングに相談してみましょう。

キャリアコーチングを活用して自己分析を行えば、好きなこと・得意なこと・仕事への価値観などが明確になるため「そもそも転職するべきかどうか」「転職するとしたらどの業界や企業を選ぶべきか」などが分かるようになります。

結果として、仕事のやりがいや楽しさにつながるでしょう。

本記事の内容を、ぜひ転職相談の参考にしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。