【転職の悩み別】転職相談におすすめの相手とは?

現代の社会において、定年まで同じ会社に勤めなければならないという価値観は消えつつあり、より良い職場で働くため転職を考える人も増えています。

転職を考える際には、必ず誰かに相談したくなるでしょう。

しかし、相談する相手は誰でも良いわけではありません。

抱えている悩みによって相談すべき相手は異なります。

そこで本記事では、転職の悩み別におすすめの相談相手について解説します。

 


【当てはまったらすぐ】転職相談をすべき仕事上の悩み



以下の悩みに当てはまったら、すぐに転職相談をしましょう。

  • 人間関係に問題があって、仕事に支障をきたしている
  • 給料や残業など待遇面がおかしい
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 将来に対する漠然とした不安がある

順番に解説します。

 

人間関係に問題があって、仕事に支障をきたしている

人間関係に問題があり仕事に支障をきたしている場合には、すぐに転職相談を行いましょう。

すぐに相談を行うべき理由は、職場の人間関係はメンタルヘルスに大きく影響しているからです。

メンタルヘルス不調を抱えながら仕事をしても、主体的に仕事を行うことはできず、仕事にやりがいを持つことも難しいでしょう。

また、メンタルヘルス不調をそのままにしておくと、最悪の場合うつ病に発展してしまうリスクもあります。

こうした事態に陥らないためにも、人間関係に問題がある場合には転職相談をおすすめします。

 

給料や残業など待遇面がおかしい

給料や残業などの待遇面がおかしいと感じている場合には転職相談を行いましょう。

なぜなら、会社の制度が変わらない限り、その悩みは解決しないからです。

給料は社会の給与テーブルによって決まっているため、会社側が制度を見直さない限り、悩みが解決することはありません。

大企業であればあるほど、制度が変わりづらいでしょう。

また、残業や休日出勤など時間外労働で無理な働き方を続けていると、心身の健康を害してしまう可能性もあります。

お金を稼ぐために働いているのに、仕事で健康を害して治療費にお金を掛けてしまっては本末転倒です。

自身の健康やお金を無駄に使わないためにも、まず転職相談をすることをおすすめします。

 

仕事にやりがいを感じられない

仕事にやりがいを感じられない場合は、転職相談をするべきです。

相談をするべき理由は、勤務時間が自分にとって辛くなるからです。

やりがいを感じていない状態で仕事をしていると「他人からやらされている」という受け身な姿勢になり、仕事の生産性も落ちてしまいます。

成果でも周りと差が開き、最終的に会社に行くこと自体が嫌になってしまうでしょう。

自分が意欲的に充実した仕事をするためにも、転職相談をしましょう。

 

将来に対する漠然とした不安がある

将来に対する漠然とした不安がある方も、転職相談を考えるべきです。

漠然とした不安を抱えたまま過ごしていると、自分に合った転職先に出会うタイミングが遅れ、チャンスを逃してしまうからです。

「何に不安を感じていて、どうすれば払拭されるのか」まで明確にして、初めてその悩みが解消されます。

たとえばキャリアコーチングサービスに転職相談をすれば、不安点や自分の強み、やりたいことなどが明確になり、漠然とした不安を解消できるでしょう。

チャンスを逃さないためにも、早めの転職相談がおすすめです。

 



転職相談におすすめの相手



転職相談におすすめの相手は以下の3つです。

  • 転職経験のある先輩
  • 転職エージェント
  • キャリアコーチングサービス

それぞれ順番に解説します。

 

転職経験のある先輩

転職経験のある先輩は転職相手として最適です。

転職経験のある先輩が相談の相手におすすめできる理由は、転職までの流れや引き継ぎなどの経験を持っているからです。

たとえば、おすすめの転職エージェントや、エントリーシートの書き方、面接の注意点など、転職した先輩のリアルな体験談は、転職活動を行ううえで役に立つでしょう。

また、気心の知れた先輩なら自分の言いにくい悩みやプライベートなども話しやすいです。

ただし、自分が勤める会社出身の先輩に相談してしまうと、転職を考えていることが会社に伝わってしまう可能性があるため、自社とは関係のない先輩がおすすめです。

 

転職エージェント

転職の相談相手として、転職エージェントもおすすめです。

なぜなら、多くの企業の中から自分の条件に合った企業を提案してもらえるからです。

転職エージェントでは、求人紹介・履歴書の添削・面接対策など幅広いサービスを受けることができます。

また、転職エージェントは無料で利用できるため、気軽に相談できるのもメリットです。

さらに、職場の希望条件が決まっている場合には、スピーディーに転職活動を進めることができます。

 

キャリアコーチングサービス

キャリアコーチングサービスは特におすすめの転職相談の相手です。

キャリアコーチングをおすすめする理由は、仕事に関して不安を抱えている人に対して自己分析やキャリア設計などのサポートを行っているからです。

たとえば、キャリアコーチングサービスによる自己分析を行えば、以下のようなメリットがあります。

  • 将来に対する不安が解消される
  • 得意なことが明確になる
  • 向いてる仕事が分かる
  • 価値観が明確になり自信につながる

つまり、やりたいこと・価値観が明確になっていない人やキャリアに関する不安を抱えている人におすすめのサービスです。

やりたいことが分からないというゼロの段階から、問題解決するまで、相談者に寄り添って丁寧にサポートしてくれるでしょう。

以上のことから、キャリアコーチングサービスへの転職相談がおすすめです。

 

転職の悩み別、おすすめの相談先



悩みによって相談する相手を変えることは重要です。

なぜなら、相談する相手によっては、相談者の悩みに対して適切なアドバイスができない可能性があるからです。

たとえば、悩みをただ聞いてほしいだけなら友人や恋人でも良いでしょう。

しかし、本気で悩みを解決したい場合は転職先やキャリアについてのアドバイスをもらう必要があるので、プロの力が必要になります。

ここでは転職の悩み別に、相談先を2つ紹介します。

 

将来に対する漠然とした不安があるならキャリアコーチング

将来に対する漠然とした不安があるならキャリアコーチングを受けることをおすすめします。

キャリアコーチングをおすすめする理由は、やりたいことが分からない相談者の悩みをコーチングを通して解決に導いてくれるからです。

自分の言葉にできない悩みや願望を、自己分析を通して引き出してくれます。

たとえば、キャリアコーチングを通して得意なことがわかれば、得意を活かせる職種が転職先の選択肢になるでしょう。

また、仕事に対する価値観が明確になれば、転職先の仕事でのやりがいにつながります。

将来に対する漠然とした不安を抱えている人は、まずはキャリアコーチングサービスを利用してみましょう。

 

収入や残業時間など条件が定まっているなら転職エージェント

転職の条件が明確に定まっている場合には転職エージェントに相談しましょう。

なぜなら転職エージェントは、転職希望者の条件に合う企業を提案してくれるサービスだからです。

たとえば、残業時間や年収の下限などが決まっているならそれに応じた企業をピックアップしてくれます。

また、残業時間などを明確に数値化できていなくても「ワークライフバランスを重視したい」など希望を伝えれば、転職エージェントが条件に合う会社を提案してくれるでしょう。

結果として転職活動がスムーズに進み、転職先で同じ悩みを抱えることは少なくなります。

 

まとめ



本記事では、転職の悩み別におすすめの転職相談相手について解説しました。

転職相談は、抱えている悩みによって相談すべき相手が変わります。

まずは自分の悩みを明確にし、どうなりたいか考えたうえで相談を行いましょう。

これらを明確にできない場合はキャリアコーチングサービスに相談するのがおすすめです。

本記事の内容を、転職相談の参考にしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。