仕事でミスが多い社会人の特徴とは?|ミスをしたときの対処法やミスをしないための方法を解説

「仕事でミスばかりしてしまう」
「ミスをしたときの対処法を知りたい」
「ミスを防げるようになりたい」

このように、社会人で仕事でミスばかりしてしまい悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

社会人は、慣れない仕事をすることも多いため、ミスをしてしまう人もいると思います。

しかし、仕事でミスをなくそうとしても、どうすれば良いかわからない人も多いと思います。

そこで、当記事では
・仕事でミスが多い社会人の特徴
・社会人がミスばかりしているとどうなるのか
・社会人が仕事でミスをしたときの対処法
・ミスをしない社会人になるための方法
を解説します。

この記事を読むことで、社会人が、仕事でミスをなくすためにどうすれば良いかがわかります。ぜひ最後まで読んでください。

資料プレゼント

仕事でミスが多い社会人の特徴



仕事でミスが多い社会人の特徴を5つご紹介します。

  1. ネガティブ思考
  2. メモを取らない
  3. 自己管理が苦手
  4. 再発防止の対策をしない
  5. ものごとの整理が苦手

それぞれ見ていきましょう。

1.ネガティブ思考

1つ目は、ネガティブ思考です。

なぜなら、ミスを恐れるあまり、本来やるべき行動ができなくなるからです。

例えば、前回にやったミスを繰り返すまいと思うがあまり、他のことへの注意が散漫になり、今度は別のミスをしてしまうなんてこともあります。

このように、ネガティブ思考は仕事でミスが多い人の特徴のひとつです。

2.メモを取らない

2つ目は、メモを取らないことです。

なぜなら、いくら言葉や文字で伝えられても、人間の記憶には限界があり、メモを取らなければ頭から抜けてしまうからです。

例えば、アルバイトを始めたときに、覚えることが多くて、メモをして覚える人が多いですよね。

仕事も覚えるべきことがたくさんあるため、メモで残さなければ、忘れていてミスをしてしまう可能性が高くなります。

このように、メモを取らないことは仕事でミスが多い人の特徴のひとつです。

3.自己管理が苦手

3つ目は、自己管理が苦手なことです。

なぜなら、自分の体調やものの管理ができない人は、他人からもらった仕事の管理もおろそかになってしまうからです。

例えば、あなたが仕事を依頼する側だった場合、よく忘れ物や期限遅れをする人に対して、仕事を頼むのは少し不安になりますよね。

仕事をミスなくこなすためには、まず自己管理する力も必要です。

このように、自己管理が苦手なことは仕事でミスが多い人の特徴のひとつです。

4.再発防止の対策をしない

4つ目は、再発防止の対策をしないことです。

なぜなら、いくらミスをして反省したとしても、ミスの原因を知らなければ、次のミスを防ぎようがないからです。

例えば、仕事の期限が遅れてしまった場合に、反省して次は頑張ろうと考えるのはいいことです。

しかし、原因は何だったから次はこうしようと対策をしなければ、また同じミスを繰り返してしまいます。

このように、再発防止の対策をしないことは仕事でミスが多い人の特徴のひとつです。

5.ものごとの整理が苦手

5つ目は、ものごとの整理が苦手なことです。

なぜなら、何がどこにあるかわからず、必要以上に時間がかかったり、混乱してしまう可能性があるからです。

例えば、データの入ったファイルの場所がわかない場合、ファイルを見つけるためだけの時間がかかるだけでなく、データが整理されていないために、必要な情報が抜けてしまうかもしれません。

パソコン内やデスク周りなど、仕事をする環境は整理整頓することを心がけると良いでしょう。

このように、ものごとの整理が苦手なことは仕事でミスが多い人の特徴のひとつです。

資料プレゼント

社会人がミスばかりしているとどうなるのか



社会人がミスばかりしているとどうなるのかをご紹介します。

  1. 自分に自信がなくなる
  2. プライベートも楽しめなくなる
  3. 周りから信頼されなくなる

それぞれ見ていきましょう。

1.自分に自信がなくなる

1つ目は、自分に自信がなくなることです。

なぜなら、ミスばかりすることで、自己肯定感が下がってしまうからです。

例えば、他の人はミスなく仕事をこなしているのに、自分だけ毎回どこかしらにミスをして、指摘されていると自分が嫌になってしまいますよね。

自信がなくなるとネガティブになってしまい、さらにミスをする可能性が高まります。

このように、自分に自信がなくなることは、社会人がミスばかりしていることのデメリットになります。

2.プライベートも楽しめなくなる

2つ目は、プライベートも楽しめなくなることです。

なぜなら、ミスばかりしていると会社に行くのも嫌になってきて、毎日が憂鬱になってしまうからです。

例えば、平日はいつもミスで怒られてばかりだと、土日になっても明日からまた怒られると考えるとプライベートも楽しくなくなりますよね。

このように、プライベートも楽しめなくなることは、社会人がミスばかりしていることのデメリットになります。

3.完璧主義になっている

3つ目は、周りから信頼されなくなることです。

なぜなら、ミスばかりしていると評価が下がり、そのような人に仕事を任せたいとは思わないからです。

例えば、あなたが仕事を依頼する側だったときに、いつもミスをしていて元気がなさそうな人に仕事を任せたいと思うでしょうか。

答えはNoだと思います。

信頼されなくなると、仕事が回ってこなくなり、昇格する機会も遠ざかっていくでしょう。

このように、周りから信頼されなくなることは、社会人がミスばかりしていることのデメリットになります。

資料プレゼント

社会人がミスをしたときの対処法



社会人がミスをしたときの対処法を5つご紹介します。

  1. ミスをした原因を知り、改善策を立てる
  2. ミスしたことは隠さずに伝える
  3. あまり自分を責めすぎない
  4. 意識で解決するのではなく、仕組みで解決する
  5. 客観的なアドバイスを周りに決める

それぞれ見ていきましょう。

1.ミスをした原因を知り、改善策を立てる

1つ目は、ミスをした原因を知り、改善策を立てることです。

なぜなら、次回以降のミスを防げる可能性が高まるからです。

例えば、仕事の期限が遅れてしまった場合、取り掛かるタイミングがおそかったことが原因かもしれません。

そのときは、スケジュール帳やカレンダーで期限を管理しておく、3日前までに終わらせる予定で仕事に取り掛かるなどの対策が可能でしょう。

このように、ミスをした原因を知り、改善策を立てることは、社会人がミスをしたときの対処法のひとつです。

2.ミスしたことは隠さず伝える

2つ目は、ミスをしたことは、隠さず伝えることです。

なぜなら、ミスをしたことを伝えないと、ミスの被害が大きくなるだけだからです。

例えば、商品の発注数のミスが分かった場合、すぐに報告すれば、発注数の修正を行えるかもしれません。

しかし、隠していれば間違った数の商品が届き、被害は大きくなってしまいます。

このように、ミスをしたことは、隠さず伝えることは、社会人がミスをしたときの対処法のひとつです。

3.あまり自分を責めすぎない

3つ目は、あまり自分を責めすぎないことです。

なぜなら、だれしもミスはしてしまうものだからです。

例えば、勉強をするときもミスをして、自分がわからないところを知ることで、さらに勉強内容を深めていくことができます。

仕事も同じように、ミスをしてしまっても、それを次に活かすことができれば、自分の成長につながっているでしょう。

このように、あまり自分を責めすぎないことは、社会人がミスをしたときの対処法のひとつです。

4.自分の頭でもしっかりと考えて、能動的に動く

4つ目は、意識で解決するのではなく、仕組みで解決することです。

なぜなら、意識を変えるだけでは、行動は継続的に変えにくいからです。

例えば、寝坊してしまったとき、明日からは絶対に寝坊しないと意識はしていても、具体的な行動をしなければ何も変わりません。

そのため、寝坊しないために、23時には寝る、アラームを3個セットする、朝起きたらすぐにカーテンを開けるなど寝坊しないための仕組みを作ることが大切です。

このように、意識で解決するのではなく、仕組みで解決することは、社会人がミスをしたときの対処法のひとつです。

5.断るときはちゃんと断る

5つ目は、客観的なアドバイスを周りに求めることです。

なぜなら、自分では気づけない解決策に気づける可能性があるからです。

例えば、どうしても改善策が立てられないときに、先輩や周りの人に聞いてみると、自分より長い経験や違った経験をしているために、見えていなかった部分からアドバイスをもらえるかもしれません。

このように、客観的なアドバイスを周りに求めることは、社会人がミスをしたときの対処法のひとつです。

資料プレゼント

ミスをしない社会人になるための方法



ミスをしない社会人になるための方法を5つご紹介します。

  1. 時間に余裕を持って行動する
  2. ルーティン業務も確認を怠らない
  3. メモを取る
  4. デスク周りを整理整頓しておく
  5. 生活習慣を整える
それぞれ見ていきましょう。

1.時間に余裕を持って行動する

1つ目は、時間に余裕を持って行動することです。

なぜなら、ミスは時間がなくて焦ったときに起きやすいからです。

例えば、急いで家を出たときに限って忘れ物をすることがよくあると思います。

時間に余裕があれば気持ちにも余裕ができて、ミスを減らすことができます。

このように、時間に余裕を持って行動することはミスをしない社会人になれるための方法のひとつです。

2.ルーティン業務も確認を怠らない

2つ目は、ルーティン業務も確認を怠らないことです。

なぜなら、慣れた仕事だと気を抜いてしまい思わぬミスやケアレスミスをしがちだからです。

例えば、何回もやっているから何も考えずにできてしまうような仕事などもあると思います。

そういう時こそ、仕事を改めて見直してみることが大切です。

このように、ルーティン業務も確認を怠らないことはミスをしない社会人になれるための方法のひとつです。

3.メモを取る

3つ目は、メモをとることです。

なぜなら、人は見聞きしたことを1日たたぬうちに7割近く忘れてしまうからです。

例えば、誰しも覚えていたつもりなのに思い出せなくなった経験があると思います。

メモで残せば、忘れても見直せば確実に思い出せるため、ミスの抑制に効果的です。

このように、メモをとることはミスをしない社会人になれるための方法のひとつです。

4.デスク周りを整理整頓しておく

4つ目は、デスク周りを整理整頓しておくことです。

なぜなら、デスク周りが散らかっていると、集中力が下がり、生産性も落ちてしまうからです。

例えば、必要な書類がどこにあるかわからなければ、仕事以前に書類の場所を探さなければいけないため、余計な時間がかかってしまいます。

デスク周りがきれいになると、仕事もしやすく、集中力も高まるでしょう。

このように、デスク周りを整理整頓しておくことはミスをしない社会人になれるための方法のひとつです。

5.生活習慣を整える

5つ目は、生活習慣を整えることです。

なぜなら、体調が乱れたり、寝不足になっていると、仕事で集中力が下がってしまうからです。

例えば、前日の夜遅くまで飲み会をしていて、翌日に寝不足と2日酔いで、ミスをしてしまったなんてことは当たり前のことでしょう。

生活習慣を整えれば、ミスが減り、仕事の成果を高めることも可能でしょう。

このように、生活習慣を整えることはミスをしない社会人になれるための方法のひとつです。

社会人で仕事でミスが多くて悩んでいるあなたへ



この記事を読んでいる方のなかには、社会人で仕事でミスが多くて困っている人も多いと思います。

仕事をしっかりとこなして、プライベートを充実させたいけれど、ミスばかりして仕事がやりづらいと感じている人もいるのではないでしょうか。

そのようなあなたには、コーチングがおすすめです。

理由は、コーチングには以下のような効果があるからです。

  • 今ある思考の常識を壊す
  • その上で自分のやりたいことを探しだす
  • 自分が持っている可能性を最大限引き出す

上記の効果からコーチングを受けることで、仕事でミスばかりしてしまう社会人も仕事でミスを減らすことができます。

しかし、

  • 「そんな簡単に変われるわけないでしょ」
  • 「何でコーチングってそんな効果があるの」
と思う方もいると思いますので、コーチングがどのようなものなのか、より詳しく解説した記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・効果・目的・方法など全てを徹底解説

ここまで読んでいただきありがとうございました。

🎁プレゼント
キャリア選びの軸となる「強み」を見つけるワーク(全37ページ)をプレゼントします!

中身を簡単に紹介すると、
✅情熱のある行動を特定するワーク
✅好きな仕事と嫌いな仕事を細かく理解するワーク
✅コラム:人が転職したいと考える理由

受け取りはこちらのリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。