社会人には朝活がおすすめ|社会人が朝活をするメリットや朝活をするためのコツをご紹介

「社会人で朝活を始めようと考えている」
「朝活を続けられるか不安」
「朝活をするためのコツを知りたい」

このように、社会人で朝活を始めようと考えている人もいるのではないでしょうか。

社会人は仕事で忙しいため、1日のなかで自分の時間を見つけるのが難しいですよね。

そんなときに社会人におすすめしたいのが、朝活です。

しかし、いきなり朝活を始めようと思っても、そもそも朝活にメリットがあるのか、朝活を続けられるか疑問に感じている人もいると思います。

そこで、当記事では

  • 朝活とは
  • 社会人朝活をするメリット
  • 社会人が朝活をするためにやるべきたったひとつのこと
  • 社会人が朝活をするためのコツ

を解説します。

この記事を読むことで、社会人が朝活をするためにはどうすればよいかがわかります。ぜひ最後まで読んでください。

資料プレゼント

朝活とは



朝活とは、朝早く起きて、通勤前などに勉強や趣味、自己研鑽などの活動に取り組むことです。

一言で朝活といっても、朝活は人によってさまざまです。

例えば、トレーニング、ヨガのように心身を整える時間にする人もいれば、資格の勉強、読書のように自己研鑽の時間にする人もいます。

朝活に明確な定義はないため、自分の目標ややりたいことに合わせて、朝の時間を有効活用するとよいでしょう。

資料プレゼント

社会人が朝活をするメリット



社会人が朝活をするのにはいくつかのメリットがあります。

今回は、以下の3つのメリットをご紹介します。

  1. 自分の時間が確保できる
  2. 1日の時間が長く感じる
  3. 規則正しい生活が送れる

それぞれ見ていきましょう。

1.自分の時間が確保できる

1つ目は、自分の時間が確保できることです。

社会人は、朝の9時前には出勤し、夜まで働くことが多いため、1日のなかで自分の時間は少ないです。

しかし、朝活は、出勤より前の朝早い時間にするため、仕事外で自分の時間を確保できます。

確保した自分の時間で、自己研鑽やリフレッシュなどをして、有効活用しましょう。

このように、自分の時間が確保できることは、社会人が朝活をするメリットのひとつになります。

2.1日の時間が長く感じる

2つ目は、1日の時間が長く感じることです。

毎日7時に起きて24時に寝る人と、朝活をするために5時に起き22時に寝ている人がいたとすると、起きている時間は17時間と同じです。

しかし、人間が活動している時間のほとんどは日中なため、2時間早く起きている朝活をする人のほうが、1日の時間は長く感じるでしょう。

1日が長ければその分、1日でできることも増えるため、時間を有効に使うことが可能です。

このように、1日の時間が長く感じることは、社会人が朝活をするメリットのひとつになります。

3.規則正しい生活が送れる

3つ目は、規則正しい生活が送れることです。

長く寝てしまうと逆に体がだるく感じたり、夜更かしをすると次の日がしんどいという経験をしたことがある人も多いと思います。

人間が健康でいる基本は、早寝早起きをすることです。

朝活をすることで、早寝早起きする習慣が身につき、健康な体を手に入れることができます。

このように、規則正しい生活が送れることは、社会人が朝活をするメリットのひとつになります。

資料プレゼント

社会人が朝活をするためにやるべきたったひとつのこと



社会人で朝活したい人は、まずやりたいことを作りましょう。

朝活をしたいけれど、続けられるか不安だったり、始めるハードルが高いと感じている人は、ただやりたいことがないから朝活を始めるのをためらっています。

なぜなら、やりたいことがあれば、今の時間だけでは足りず時間を作りたいと思うようになりますし、そのために朝活をするのをいとわなくなるからです。

例えば、サラリーマンだけど、起業したいと目標をもっている人は、ふつうのサラリーマンと同じように、会社で働いて飲み会に行く生活をしていてはいつまでたっても目標を達成するのが難しいでしょう。

しかし、サラリーマンをやりながら本気で起業を目指す人は、朝活などで自ら時間を作り出し、目標の達成を目指すでしょう。

このように社会人が朝活をするためには、まずやりたいことを見つけるべきです。

資料プレゼント

社会人が朝活をするための5つのコツ



社会人が朝活をするうえでいくつかのコツがあります。

今回は、以下の5つのコツをご紹介します。

  1. 朝活することを周囲に宣言する
  2. 朝活仲間を作る
  3. 寝る前6時間以内にカフェインを摂取しない
  4. 早く寝る
  5. 起床したら体を目覚めさせる

それぞれ見ていきましょう。

1.朝活することを周囲に宣言する

1つ目は、朝活することを周囲に宣言することです。

なぜなら、周囲に知ってもらうことで、自身にいいプレッシャーをかけられるからです。

例えば、朝活をやると周りに言ったにも関わらず、朝活をすぐにやめてしまっては、自分は有言実行できない人間ですと周りに言っているようなものです。

自分を朝活をせざるを得ない状況にすることで、自ずと朝活ができるようになるでしょう。

このように、朝活することを周囲に宣言することは、社会人が朝活をするためのコツのひとつです。

2.朝活仲間を作る

2つ目は、朝活仲間を作ることです。

なぜなら、同じ習慣を持つ仲間が周りにいると、その習慣を継続しやすくなるからです。

例えば、筋トレを習慣的にしている人が筋トレをする人と仲良くなりやすいのと同じです。

朝活をしている人は、何か目標を持って取り組んでいることが多いため、互いに良い影響を与えられるでしょう。

このように、朝活仲間を作ることは、社会人が朝活をするためのコツのひとつです。

3.寝る前6時間以内にカフェインを摂取しない

3つ目は、寝る前6時間以内にカフェインを摂取しないことです。

なぜなら、寝る前のカフェインは、睡眠を妨げてしまうからです。

例えば、寝るちょっと前にコーヒーを飲むと眠れない、眠くなりそうになったらエネジードリンクを飲むことのように、ときにカフェインは睡眠を妨げます。

眠気覚ましのためにカフェインを取ることは構いませんが、寝る前のカフェインはなるべく控えましょう。

このように、朝活することを周囲に宣言することは、社会人が朝活をするためのコツのひとつです。

4.早く寝る

4つ目は、早く寝ることです。

なぜなら、早く寝て睡眠時間を確保しなければ、早起きしても活動できないからです。

例えば、朝は5時に起きるけれど夜は25時に寝ている場合、睡眠時間は4時間しかないため、いくら朝に早く起きても、生産性の高い時間にしづらいでしょう。

有意義な朝活にするためには、睡眠時間の確保も大切です。

このように、早く寝ることは、社会人が朝活をするためのコツのひとつです。

5.起床したら体を目覚めさせる

5つ目は、起床したら体を目覚めさせることです。

なぜなら、体を起こすことで、朝活のスタートを切りやすくなるからです。

例えば、起きてから白湯を飲む、体を軽く動かす、カーテンを開けて日光を浴びるなどは効果的です。

起きてから布団から出れないでいると、せっかく朝早く起きたのにもったいないです。

このように、起床したら体を目覚めさせることは、社会人が朝活をするためのコツのひとつです。

社会人で朝活を始めようと考えているあなたへ



この記事を読んでいる方のなかには、社会人で朝活を始めようと考えている人も多いと思います。

時間を作り出すために朝活を始めようと思っているけれど、面倒に感じてしまい結局自分を変えることができない人もいるのではないでしょうか。

そのようなあなたには、コーチングがおすすめです。
理由は、コーチングには以下のような効果があるからです。

  • 今ある思考の常識を壊す
  • その上で自分のやりたいことを探しだす
  • 自分が持っている可能性を最大限引き出す
上記の効果からコーチングを受けることで、朝活を始め、継続できるようになります。

しかし、
  • 「そんな簡単に変われるわけないでしょ」
  • 「何でコーチングってそんな効果があるの」
と思う方もいると思いますので、コーチングがどのようなものなのか、より詳しく解説した記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・効果・目的・方法など全てを徹底解説
ここまで読んでいただきありがとうございました。

🎁プレゼント
キャリア選びの軸となる「強み」を見つけるワーク(全37ページ)をプレゼントします!

中身を簡単に紹介すると、
✅情熱のある行動を特定するワーク
✅好きな仕事と嫌いな仕事を細かく理解するワーク
✅コラム:人が転職したいと考える理由

受け取りはこちらのリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。