寂しいと感じている社会人へ|孤独感を解消する方法を詳しく解説

「毎日会社と家の往復で寂しい気持ちになった」
「休日はやることもなく、何して遊べばいいか分からない」
「気軽に会える人がいればなあ…」

休日や仕事終わりに、ふと孤独を感じてしまうことはありませんか。

社会人になると同時に一人暮らしを始めた方などは特に、最近やけに寂しさを感じるようになっているのではないでしょうか。

仲の良い友人と日々顔を合わせることができた学生時代とは異なり、1日や1週間のほとんどを職場で過ごす社会人の中には、気軽に会える友人などが近くにおらず寂しさを感じてしまう方もいます。

このまま何の楽しみを感じることもなく、年をとるのかと思うと寂しいですよね。

そこで当記事では、「孤独感を解消する方法」について解説します。

この記事を読むことで、孤独感が消えて、社会人生活を充実させることができるようになるはずです。ぜひ最後まで読んでください。


寂しいと感じやすい社会人の特徴3選



この項では、「寂しいと感じやすい社会人の特徴」について解説します。

特徴は、以下の3つです。

  1. コミュニケーションが苦手
  2. 仕事が忙しく時間がない
  3. めんどくさがり

それぞれ詳しく説明します。

1.コミュニケーションが苦手

1つ目の特徴に、「コミュニケーションが苦手」が挙げられます。

なぜなら、自分に自信がなく、「自分はコミュニケーション能力が低い」と勘違いし、自分から新たな交友関係を築いていこうと行動できないからです。

例えば、

  • 初対面の人の前では緊張してしまう癖がある
  • 自分から他人に話しかけることができない
  • 誰かと二人きりになると気まずくなってしまう

などと、自分の発する言動・行動に対して自信が持てないことで、人と接することが嫌いではなくても、他人とのコミュニケーションに関して悩みや苦手意識を持っている人は一定数います。
しかしそのような人たちも、人と話すことは面倒で疲れると思っている一方で、1人では寂しいから誰かと一緒にいたいという気持ちを持っているのではないでしょうか。

この時、ただ「人と話すこと=面倒、疲れる」のではありません。

自分に自信がないことで、人の意見に合わせたり、自分の意見を言えないような「緊張 or ネガティブな状況=面倒、疲れる」のです。

以上のことから、特徴の1つとして「コミュニケーションが苦手」が挙げられます。

2.仕事が忙しく時間がない

1つ目の特徴に、「仕事が忙しく時間がない」が挙げられます。

なぜなら、忙しさのあまり人と交流する機会がなくなっているからです。

職場の環境によっては、毎日遅くまで働いていたり、休日もなく働くという状況になっている人もいると思います。友人と会うために仕事を途中で投げ出して遊びに行くなんてことはまずできません。

そうなると、そのうち会える機会もなく疎遠になり、たまに定時退社ができた日や大型連休などの際に会える人がいない、ということになってしまうのです。

そして、せっかくの休日も結局1人で過ごすことになり、寂しい気持ちに襲われてしまうケースは実際少なくありません。

以上のことから、特徴の1つとして「仕事が忙しくて時間がない」が挙げられます。

3.めんどくさがり

3つ目の特徴に、「めんどくさがり」が挙げられます。

なぜなら、自分からは行動せず他人が動いてくれるのを待っている状態だからです。

本来、寂しいのであれば自らでその環境を変えることができれば解決できます。

それなのに、変えられないのはめんどくさがり屋としか言いようがないです。

誘われなかったら落ち込んで、誘われたら断る理由を探してる自分が嫌になったりしていませんか?

誘われても断わりたい気持ちがあっても、実際行ってみると楽しいと思うことなどあると思います。

寂しがり屋の独り好きという言葉もありますが、ずっと受け身でいると本当に寂しい時、独りになってしまいます。

以上のことから、特徴の1つとして「めんどくさがり」が挙げられます。



孤独感を解消する方法5選



この項では、「孤独感を解消する方法」を解説します。

自分に合った方法を見つけて、ぜひ実行してみてください。
方法は、以下の5つです。

休日は外へ出るよう意識する
新しいことに挑戦してみる
友達を作る
周りの人間関係を見直してみる
目標を立てて、行動してみる

それぞれ詳しく説明します。

1.休日は外へ出るよう意識する

1つ目の方法に、「休日は外へ出るよう意識する」が挙げられます。

なぜなら、何も予定がないからと部屋に閉じこもっていても、寂しさが解消されないからです。

いつも同じ休日の過ごし方をしていると、刺激を受けることがなくなり寂しい気持ちになるだけでなく、画一的な思考や発想しかできなくなってしまいます。そうなれば、仕事や学業の方にまで影響が出てしまいかねませんよね。

なので、することがなくてもとりあえず外出をし、外の空気を吸ってみてください。

まずは外に出る癖をつけて、ショッピングでも散歩でも1人でも出かけてみることです。とにかく出る癖をつけましょう。

たとえ1人で出かけたとしても、一時的に寂しさは和らぐはずです。

以上のことから、方法の1つとして「休日は外へ出るよう意識する」が挙げられます。

2.新しいことに挑戦してみる

2つ目の方法に、「新しいことに挑戦してみる」が挙げられます。

人間は、夢中でなにかをしているときは、寂しさや不安を忘れることができるからです。

趣味がない人は空いた時間をどう使えばいいか悩むと思います。何もすることがなく、家でボーっとしていると孤独感でいっぱいになってしまいますよね。

そんな人は空いた時間でなにか出来ることはないか考えてみてください。

例えば、映画鑑賞や料理、釣りや登山などのアウトドア、ボルタリングや水泳などのスポーツなど、やったことないけど興味のあることやできそうなことは沢山あるはずです。

興味がないことはなかなか手に付きにくいですが、少し始めてみると案外ハマってしまうかもしれませんよ。

また、仕事帰りにサークルやスポーツジムなどに通えば、時間も潰せますし、教養を身につけたり、体を鍛えることもできます。その中で、新たな友達ができることもあるでしょう。

寂しい時間を作るくらいなら一歩踏み出して、趣味になりそうなものを試してみてください。

以上のことから、方法の1つとして「新しいことに挑戦してみる」が挙げられます。

3.友達を作る

3つ目の方法に、「友達を作る」が挙げられます。

なぜなら、現状の人間関係を広げることであなたの生活スタイルや価値観の似ている人が見つかるかもしれないからです。

学生時代に比べて社会人は自分から動かないといけない分、趣味や価値観の合った人と出会いやすいです。

学生時代の友達関係は、いわば学校などの「距離が近いというだけで用意された人間関係」から始まることも多かったですよね。だからこそ気が合わないケースや、トラブルもあったかと思います。

しかし、社会人になってからは自由に選べるのです。

例えば今では、料理やカメラ、スポーツなど、趣味や好きなことをSNSで発信し、SNS上で人との交流を楽しんでいる人もいます。

もはやSNSから友達ができるなんて普通のこと。友達を作る場所やきっかけとしては有効だと思います。趣味や、興味のあることでつながれる有効的な手段です。

なので、好きなものやハマっていることがある人は、それ専用のアカウントを作ることで同じものを好きな人を見つけて、交友関係を広げてみましょう。

以上のことから、方法の1つとして「友達を作る」が挙げられます。

4.周りの人間関係を見直してみる

4つ目の方法に、「周りの人間関係を見直してみる」が挙げられます。

なぜなら、今の人間関係に対して不満があるのであれば、それらを断ち切って新たに人間関係を構築すればいいからです。

「仕事が忙しくて友達と会う時間が取れない」「逆に友人に食事や外出の誘いを断られて嫌気が刺している」という今の人間関係に飽き飽きしている人にとっては、有効的です。

学生から社会人になるタイミングで、生活スタイルや価値観が大きく変化します。それと同時に、人間関係も変化させる必要があるのです。

例えば、昔はいつも一緒にいた人とも会うことができなくなった、仕事をしていく中で変化した考え方が学生時代の友達と合わず、一緒にいても楽しくなかったという経験はありませんか。

たとえ昔はとても仲の良かった人でも、現状合わないなと思う部分があるのであれば断ち切ってみましょう。

以上のことから、方法の1つとして「周りの人間関係を見直してみる」が挙げられます。

5.目標を立てて、行動してみる

5つ目の方法に、「目標を立てて、行動してみる」が挙げられます。

なぜなら、目標を達成し成功体験を重ねていくにつれて、自己肯定感があがるからです。

自分に自信がない人は、周りと比べて自分には何もないと感じ、無意識のうちに人を羨んでしまうクセがついていることがあります。この自分の中の劣等感のような部分が寂しさにつながってしまうのです。

なので、小さなことでも構いません。まずは目標を立てて、それに対して全力で取り組んでみてください。そうすることで、取り組んでいる間も寂しさを紛らわすことができ、成功したときには感じていた寂しさも払拭されるはずです。

以上のことから、方法の1つとして「目標を立てて、行動してみる」が挙げられます。

友達や恋人がいないことは悪いことなのか



ここでは、そもそも社会人にとって友達や恋人がいないことが悪いことなのかについて解説します。

結論から言うと、悪いことではないです。ただし、仲間は持っておいたほうが良いです。

なぜなら、結局友達といても馴れ合うだけで生産性のない会話をするだけで、本来は不要な人間関係であるからです。恋人に関しても、選ぶ相手によって必要性が大きく変わっていきます。

仲間と友達という言葉は一見似ています。しかし、実は意味が異なります。

友達とは、共通の「理念・目的」がない関係です。会話の内容内容は「過去・愚痴」が中心で、関係性は「馴れ合い」です。

一方、仲間には共通の「理念・目的」があります。会話の内容は「現在から未来」、もしくは「夢」を語ることが多く、関係性は「学び合い」になります。

例えば、友達と居酒屋などに行って話す話題は、バカ話や愚痴だと思います。これによって、一時的にストレスが解消されたり、幸せと感じるかもしれませんが、そこから成長もなく、生産性のない時間を過ごすだけです。

仲間の場合、自分がやっていることや、これから挑戦したいことなどを話し、学び合い成長し合うことができるのです。

つまり、人間関係において仲間は有益な関係で友達は無益な関係ということです。

すごく冷たいことを言っているように思えますが、これが事実なのです。

とはいえ、友達や恋人でも仲間のような関係もあります。

なので、ただの友達や恋人を見つけるのではなく、これからは仲間とも言える関係性の人を見つけるようにしましょう。

孤独感を解消して、理想の人生を送りたい人へ



孤独感を解消するためには、自ら行動する必要があります。

とはいえ、急に行動するとなると、以下のような気持ちが生まれるのではないでしょうか。

  • やっぱりめんどくさい
  • 周りの人からの視線が気になる

このような気持ちが生まれてしまうのは、とてもわかります。

それでも「今ある孤独感を解消して、充実した社会人生活を送りたい」と思うならば、覚悟を持って行動する必要があるのです。

そして、この記事を読んで

  • 理想の生活を送りたい
  • 今の現状を変えたい

と思った方には、GOAL-Bのコーチングを受けることをおすすめします。

なぜなら、私たちGOAL-Bは、以下のように考えているからです。

「限られた時間の中で、無限の可能性のもと、自分の命を活かしきるべき」

そして、コーチングがあれば、それを実現できると信じているのです。

日々悶々と悩んでいる人は、ぜひ一度、GOAL-Bのコーチングを受けてみてください。

最強のコーチ陣が、あなたの常識をぶち壊し、可能性を最大限に引き伸ばします。

しかし、ここまで読んでいただいた方の中には

  • コーチングって受けたことないからわからない
  • ちょっと怪しそう

このように、思う方もいると思いますので、コーチングの特徴や効果を詳しく解説した記事を貼っておくので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・効果・目的・方法など全てを徹底解説

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。