転職で失敗続きなのはなぜ?理由や対処法を徹底解説

「転職が失敗続きでうまくいかない」と悩む人もいるかもしれません。

転職すると、新しい職場で一から働くことになり覚えることも多く、失敗したと感じるのも無理はありません。大切なのは、転職で失敗続きの理由を把握することと自分の人生のGOALを知っておくことです。

この記事では転職が失敗続きだと感じる理由や対処法を解説しています。転職で失敗が続き悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

キャリアコーチング『キャリスピ』は、プロと一緒にあなたの才能本音の欲求を見出します。
転職が失敗続きの方は、プロと自己分析を行い、自分に合った仕事と働き方を考えてみましょう。
公式サイトで申し込むと5,500円かかる体験コーチングが、この記事から申し込むと無料でカンタンに体験できます。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

目次

転職で失敗続きでも人生はどうにでもなる


キャリアアップや収入アップ、ライフワークバランスなどを求めて転職しても、結局うまくいかないとき、この先を思うと不安になることもあるでしょう。

しかし、転職に失敗しても、自分の行動次第で今後の人生やキャリアは自由に描けます。大切なのは、転職が失敗続きになる原因を把握し、適切に対処することです。まずは、自分の人生の目標を定め、何がしたいのか何のために働くのかを明確にしてください。

転職で失敗続きになる4つの理由


まず、自分がなぜ転職に失敗するのかを理解することで適切な対処ができるようになります。自分に当てはまる理由があるか以下で確認してください。

会社や仕事を選ぶ軸がない

会社や仕事を選ぶ軸とは、自分の中の仕事において譲れないポイントのことです。

たとえば、

  • 年収、休日日数
  • 残業時間、ワークライフバランス
  • 社員の裁量の大きさ

などが会社や仕事を選ぶ軸になるでしょう。

この軸がないと、自分の選んだ会社なのに自分に合っておらず転職に失敗したと感じてしまいます。

会社の条件を重視している

休日日数、福利厚生、残業時間を重視しすぎると、入社後にその条件と少しでもずれがあった場合に転職に失敗したと感じる原因になります。また、条件を重視している人は仕事の内容に目が向いておらず、働き始めるとギャップを感じるでしょう。

たとえば、残業がないと提示されている企業でも、イレギュラーな対応やミスが発生したときには残業が必要な場合もあります。条件だけを重視するのではなく、自分のやりたい仕事であるかや企業理念に共感できるかどうかなども考えてみてください。

転職の動機がマイナスである

転職の動機がマイナスなことも、転職に失敗したと感じる原因になります。

マイナスな動機とは、

  • 今の仕事が低賃金でいやだ
  • 残業はしたくない
  • 飛び込み営業の仕事はしたくない

などです。

前職に対してのマイナスな理由で転職をしていたり、したくないことや避けたい条件を定めていたりすると本当に自分に合った会社は見つけられないでしょう。また採用側も、マイナスな動機で転職する人からは仕事への熱意やこれから成長していきたいという意欲が感じられず雇うメリットがないため、結果として転職がうまくいかない原因になります。

転職が手段ではなく目的になっている

転職は、キャリアアップや年収アップ、自分の理想の生活に近づくための手段です。転職をすることで、徐々にキャリアを築いたり年収が上がったりするものだと理解しておきましょう。

しかし、転職に失敗する人は転職を目的にしている可能性があります。転職をするために転職活動をしていて、転職さえできれば目標達成したことになり、その先の見通しが経ってない人もいるでしょう。

転職の失敗続きを脱するための対処法


転職で失敗続きの人は、自己分析を徹底したり、転職を目的でなく手段と捉えたりすることが大切です。自分が転職を失敗している原因にはどう対処するのが適切か考えてください。

自己分析を徹底する

転職で失敗続きの人は、自己分析を徹底して自分に合った会社に就ければ、失敗することはなくなります。

自己分析では、自分のやりたいことや好きなこと、何のために働くのかを明確にしてください。ポイントは、やりたくないことや嫌いなことなど、自分の価値観の元になっていることを考えることです。

自己分析をして、達成したいことや人生の目標が明確になれば転職成功だけでなく、モチベーションをもって仕事に取り組めるようになるでしょう。

転職を目的でなく手段と捉える

転職は、あなたのキャリアアップや求める人生を進めていくための手段です。それを理解しておくことで、転職先を選ぶ際にも入社後に自分が働いているイメージを持ちやすいでしょう。

また、転職を目的でなく手段と捉えられれば、転職直後に仕事の難しさやミスマッチを感じても失敗ではなく通過点だと考えられるようになります。

転職は失敗して当たり前だと思っておく

今まで前職で経験のある仕事であっても、新しい会社に入ればその会社のやり方や覚えることがたくさんあり、厳しさを感じることもあるでしょう。

転職後に厳しさややりづらさを感じるのは当たり前です。そこで転職に失敗したと考えるのではなく、転職したてにこの感情になるのは当たり前だとあらかじめ理解しておきましょう。

人生のGOALを定める

人生のGOALを定めることで、そのGOALを達成するために自分がどんな仕事をしたらよいのかが明確になります。明確になったGOALのために必要な仕事に就くことができれば、やりがいを感じられたり、成果を出したりしながら働くことができるでしょう。

たとえば、将来は独立してエンジニアとして事業をしたい人は、独立に必要なエンジニアとしての技術やキャリアのために、成果にこだわって働けるようになります。

また、仕事をGOALまでに必要なものだと捉えられれば、挫折や失敗も通過点として前向きに取り組んでいけるようになるでしょう。

転職で失敗続きの人が取るべきたった一つの行動


転職で失敗続きの人は、自分で失敗の原因を把握し対処することも大切です。しかし、どんな原因であれ転職をするという決断をして行動できているのに、失敗したと感じているということは1人で考えるのには限界があるかもしれません。

そこで、コーチングを受けることをおすすめします。コーチングでは、コーチが考えを深掘りしてくれるので、自分への理解が深まり、転職に失敗せずに前向きに働けるようになるでしょう。以下で、コーチングを受けるメリットをお伝えします。

コーチングを受けるメリット


コーチングを受けるメリットは、向いている仕事が分かったり、人生のGOAL設定ができたりすることです。転職で失敗続きの人に、コーチングがおすすめな理由を確認してください。

自分の強みが明確になり、向いている仕事が分かる

コーチングでは、コーチが自己分析をサポートしてくれるので、自分一人では気付けない強みが明確になります。

たとえば、課題発見能力や問題解決力が強みだと分かった人は、転職先で社内の課題をいち早く発見し成長を促進させる役割を担えるでしょう。転職に失敗したと感じる人でも、社内での役割が見つかれば前向きに働けるようになります。

また、強みが明確になれば、その強みが活かせる向いている仕事が分かり、今後転職に失敗することはなくなるでしょう。

人生のGOAL設定ができる

コーチングを受けると人生のGOALが設定できます。コーチとの対話の中で自分の価値観ややりたいことが明確になるからです。

たとえば、人生のGOALには

  • 子どもが幸せに暮らせる環境を作りたい
  • 時間とお金に余裕をもって家族とのんびり暮らしたい

などがあるでしょう。

人生のGOALが明確になると、GOALに向けて仕事に前向きに取り組めるようにもなります。そして明確になったGOALに沿って、仕事を選ぶことで転職に失敗したと感じることはなくなるでしょう。

転職で失敗続きの人は体験セッションを受けてみよう


この記事では、転職で失敗続きになる理由や対処法を解説しました。

転職で失敗続きの人は、ぜひ一度GOAL-Bの体験セッションを受けてください。

GOAL-Bコーチングの真の目的は、仕事のGOALを定めワクワクしながら働けるようにすることです。

仕事のGOALが定まっている人は、転職後に失敗したと感じても気持ちを左右されることなく、前向きに仕事に集中できるでしょう。

実際の受講生は、夢の実現のためにワクワクしながら働けています。

転職で失敗続きの人はぜひ一度体験セッションにお越しください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次