休日に早起きするメリットと具体的方法5つ|休日だからこそ起きよう

「平日は仕事で時間がないけど、休日は時間があっても家で何もせずだらだらしてしまう……。」
「なんとなく休日に勉強をしてみても、続かない……。」
「せっかくの休日にやりたいことをやりきって、人生を充実させたい!」

社会人にとって週のお休みはとても大事な時間です。しかし、平日の疲れもあり「気がついたら1日何もせず過ぎてしまっていた……」ということよくありますよね。

せっかくなら今週末の貴重な休日を最大限活かして「充実した日々を送るためのきっかけ」にしてみませんか?

そんな休日の使い方を改善する特効薬は、ずばり「早起き」です。

今回は「休日に早起きをするメリット3選」と、今日から実践できる「休日に早起きする方法5選」について解説していきます。

今の生活を「休日の早起き」で充実した日々に変えていきましょう!

休日に早起きをするメリット3選

まずは、休日に早起きをするメリットを3つ紹介します。

  1. やりたいことを思いっきりできる
  2. 平日が始まる時に憂鬱な気分にならない
  3. 生活リズムをキープでき、いい体調のまま過ごせる

1.やりたいことを思いっきりできる

休日に早起きすると、やりたいことを思いっきりできます。休日は仕事もないため、早起きすることでより自由に使える時間を増やせるからです。

早起きをして、自由に使える時間を増やして、「やりたいこと」をやりましょう。「せっかくの休日なのに、気がついたら昼過ぎまで寝てしまっていた……」というのは、人生で使える自由な時間を捨ててしまっているのと同じです。

「やりたいこと」なんてないよと思った方は、小さなことからはじめてみてください。

「前から興味があったけど、わざわざ挑戦するほどでも」と思っていた趣味やイベントに、今週末から積極的に挑戦することもできます。

そうすれば、1日の時間の使い方を朝から変えることができるはずです。

2.平日が始まる時に憂鬱な気分にならない

休日に早起きすると、平日が始まる時に憂鬱な気分になりません。休日を充実させられることで、平日に後悔を残さなくなるからです。

休日が充実していない人にありがちなのが「休日も何も充実してなかったのに、あっという間に平日が来てしまった……。」と憂鬱になる現象です。

逆に、休日が充実していると「仕事は大変だけど、次の休日また楽しみだから頑張ろう」と前向きになれます。

土日の時間で趣味や資格勉強で「よくやったな」と思える成果を残していたら、平日も気分が良い状態で迎えられるはずです。

そんな休日の時間を気持ちよく迎えることができる早起きは、充実に向けた第一歩なのです。

3.生活リズムをキープでき、いい体調のまま過ごせる

休日の早起きは、生活リズムのキープにつながります。そのため、いい体調のまま過ごせるようになります。

休日の時間の使い方が重要なのはわかったけど、わざわざそんなに早起きしなくても……と思う方もいるかもしれません。しかし、土日を充実させるためには、時間の使い方が重要になります。

部活や受験勉強を想像してみてください。生活リズムが乱れた状態で、大きな成長はできなかったはずです。

毎日コツコツと一定のリズムで集中して取り組むことで、
「眠くなってしまう」
「なんだか疲れた」
という不調を避けて本来の目的に時間をつかうことができるでしょう。

休日に早起きする方法5選

ここからは実際に「今日から実践できる 早起きをする方法」をお伝えしていきます。

  1. 前日に何をするか紙に書き出す
  2. 前日に適度な運動をして体を疲れさせる
  3. 「明日休日だし」と夜更かしをしない
  4. 休日に早起きをする仲間を作る
  5. 早起きをしたいと思うほどやりたいことを見つける

1.前日に何をするか紙に書き出す

無理やり「早起き」を目標にしても、実際に早起きをするのは難しいですよね。そこで、前日から「早起きをしてやりたいこと」を書き出しておきましょう。

やりたいことリストを書き出すと「あれもやりたい」「これもやりたい」というポジティブな理由で早起きをすることに意味を持たせることができるでしょう。
例) 部屋掃除、資格勉強、ランニング、友人と朝食 など

 

2.前日に適度な運動をして体を疲れさせる

急に「早起きをしよう!」と思っても、生活リズムが夜型で眠れない……という方は、適度な運動がおすすめです。

金曜日の夜に軽くストレッチや筋トレをすることで、程よい疲れを感じ安眠しやすくなります。

Youtubeなど動画サイトにでている「室内でできる運動」等の動画を参考にしてみてください。結果的に早寝をすることができれば、早起き実現につながるでしょう。

 

3.「明日休日だし」と夜更かしをしない

明日は貴重な休みだから……と無理をして夜遅くまで起きることはせず、早く寝て次の日起きた方が何倍も充実した時間を過ごせるでしょう。

「早起き」に必須なことは「早寝」です。毎週末、せっかくだからだらだら夜遅くまでスマホを見たいという思いもあるかもしれませんが、それはよくありません。

深夜の時間よりも断然すっきりした状態で活動できるのが朝の時間です。

そのため、「明日休日だし」と夜更かしをするのは避けましょう。

 

4.休日に早起きをする仲間を作る

同じ「休日の時間をもっと充実させたい!」と思っている友人を誘って、早寝早起きの仲間をつくってみるのもおすすめです。

実際、早寝早起き仲間がいると「自分もやらないと」と行動に移しやすくなります。

朝、「おはよう、起床して今から〜するね」というメッセージを送り合ってお互いを刺激しあうのも良いでしょう。

5.早起きをしたいと思うほどやりたいことを見つける

最後に、「早起き」をどうしてもしたくなってしまうほどの「やりたいこと」を見つけましょう。

例えば、大好きなアーティストのライブ当日や、好きな人とのデートの日には朝早くから目覚めてしまいますよね?

それと同じように、自分が「どうしても早起きしてしまう」と思うくらい楽しみな予定や大きな目標を立てて休日の早起きの理由にしてみるのもオススメです。

休日に早起きできない根本的な原因

ここまで「早起きのメリット」「早起きの方法」を読んでいただいた人はお気づきかもしれません。

早起きができない人は、「休日の時間の使い方」「人生の時間の使い方」をどうするべきか見えていないのです。

表面的に「早起き」を実行する前に、「そもそも自分の人生、何に時間を使いたいのか」「自分の人生で成し遂げたいことってなんだっけ」というところから見直していくのが良いかもしれません。

その結果、「これをやろう!」とやるべきことが見つかり、休日に早起きをしてでも目標に取り組みたいと思えるようになるはずです。

休日に早起きをして人生を充実させたい人へ

「休日に早起きをして、もっと人生を充実させたい」と考えている人に、おすすめのアクションがあります。
それは、コーチングを受けるということです。

理由は、以下のような効果があるからです。

  • 自分の向かいたい将来の方向を抜本的に見直し、一緒に理想の人生を探してくれる
  • 生活リズムの見直しから、実現までしっかりサポートしてくれる

上記の効果があるため、コーチングを受けると休日の貴重な時間の使い方を変えることができます。

しかし、
「そんなに効果があった実例はあるのだろうか」
「コーチングって具体的に何をするの」
と思う方もいると思います。

そこで、コーチングにどのような効果があるか、より詳しく解説した記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングの効果とは|効果・根拠・注意点などを徹底解説

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創設。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開している。コーチングの提供クライアント数は1000人以上。