「らしさを、色濃く」ー本来の自分で輝くということー

 

いきなりですが、

あなたの「自分らしさ」ってなんだと思いますか?

「自分らしさ」

こんなにシンプルなのに

いざ言葉にしようとするとなかなか出てこない。

「自分らしさ」って思っている以上に

言葉にすることが難しい気がします。

それもそのはず。

日本人は海外の人と比べても

自分という唯一無二の存在と向き合う機会が少なく

アイデンティティが確立しないまま社会に出る人が

多いと言われています。

また、学校や会社でも多数派の意見が採用されることも多く

人と違った意見は淘汰されやすい。

出る杭は打たれるという言葉もあるくらい、

人と違ったことをすると怪訝な顔をされてしまう。

誰しも1回でも

「浮かないようにしよう」

とか

「人と違ったことをしないようにしよう」

という経験があるのではないでしょうか。

そんな経験が積み重なって、結果的に

「人と合わせている方が楽」だし、

「世間が言っている正解に自分の意見を合わせた方が楽」

になってしまいます。

そうすると、

本当はもっといろんな色を持っていたはずの子供達も

大人になるにつれて

似たり寄ったりな「意見」を持つようになり

一人一人の色が薄まっていっていく

そんな風に思います。

今それを考えると、とても勿体ない!と思うのですが

かく言う私も、その道を通ってきた1人です。

人と違う自分の色、人と違う意見に蓋をして生きてきた。

あぁなんて勿体ないことをしていたなぁと思いますし、

いまでもその圧に負けそうになることもあります。

自分の色を消すという行為の中で

同時に自分の「才能」をかき消してしまう、というケースもあります。

これが実に勿体ないことなんです。

大袈裟じゃなく、社会への大きな損失なんですよね。

人と違った意見があるからこそイノベーションは生まれるし

違った視点や思考があるからこそ新たなコンテンツやサービスが生まれる。

そんな風に思います。

 

例えば、

ゴッホが絵描きなんて成功するかわからないからと言って

表現の世界とは全く縁のない会社員を仮にしていたら

とっても勿体ないですよね。

時代を超えて語り継がれる作品はなかったかもしれないんです。

自分の色、

自分にしかない才能・情熱(本音のwant to)は何なのか。

コーチングでもまずそこに向き合います。

こんな話をすると、

私には才能とかないですと言う方がいますが

それは自分を知らないだけです。

あなたが最高価値を発揮できる領域は必ずあります。

目を背けずに向き合うことからはじめましょう。

才能を発揮するからこそ、

自分の最高価値は社会に提供できるのです。

あなたの色を消さないで!と

声を大にして言いたいですし

一緒にそれを輝かせていく仲間として

歩んでいきたいという想いがあります。

「自分の強みがわからない」

という方はいつでもご連絡お待ちしています。

 

ーらしさを、色濃くー

山上はるか



山上はるかへのコーチングの申し込みはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
株式会社GOAL-B コーチング事業部所属。パーソナルコーチ。 YouTube登録者数12.9万人。海外を含めた総フォロワー数は約25万人。 「一度諦めた人生を、自分のものとして生ききるため」ノートとペンを持ってYouTubeでの活動を開始。 過去・現在の延長線上ではなく、未来をノートに描き一歩を踏み出したことで【自分の人生】が大きく動き始めることを経験。 心の底から自分を信じ一歩を踏み出すことで、人は必ず変われることを実体験から知る。 視聴者様からの一言がきっかけでコーチングをライフワークにすることを決意。 【全ての人が、自分の光をもっと自由に放つことのできる世界へ】 一人一人が持って生まれたギフト(才能)を、その人にしか放つことのできない輝きを、思い切り発揮できる人生を送ってほしいという心からの願いを込めて、コーチングを通して向き合う。