理想と現実のギャップから抜け出すには?5つの方法を解説

「本来こうなるはずではなかったのにな…」
「自分の理想が高すぎるのかな?」
「理想と現実のギャップを埋めたい」

このように悩みを抱えている方は、多いのではないでしょうか。

自分の掲げた目標に向かうとき、とかく自分の能力とのギャップに悩むことはよくあることです。

とはいえ、「こうありたい」と思う理想の自分の姿に「現実の自分」が追いつかず、苦しくなることもありますよね。

何か理想の生活をしている人や、イキイキとした日々を過ごしている人を見ると、憧れると共に自己嫌悪に陥ってしまう気持ちはとてもわかります。

そこで当記事では、「理想と現実のギャップから抜け出す方法」を解説します。

この記事を読むことで、自分の理想と現実のギャップを解消する方法が分かり、理想の自分へと近づくことができます。

ぜひ、最後まで読んでください。

 

資料プレゼント

理想と現実のギャップを感じてしまう人の特徴3つ


この項では、理想と現実のギャップを感じてしまう人の特徴について解説します。

特徴は、以下の3つです。

  1. 理想ばかりを見すぎている
  2. 成功体験が少ない
  3. すぐ人や環境のせいにする

それぞれ詳しく解説します。

 

1.理想ばかりを見すぎている

1つ目の特徴として、「理想ばかりを見すぎている」があげられます。

なぜなら、理想だけが先行してしまい、どんどん現実との距離が離れていくからです。

周りにいる成果を出している人を見ていたりすると、「自分ももっと頑張らないと」と思い、急に大きな理想を掲げがちです。

特に最近はネットなど、情報ツールが増えたことにより、従来では見ることのできなかった人やモノ・経験など、さらに視野が広がっています。

結果的に、目が肥え過ぎてしまい、それが自分自身の中で基準値となっていってしまうことから「自分のレベルが見合っていない理想」を目指してしまうのです。

以上のことから、理想と現実のギャップを感じてしまう人の特徴として「理想ばかりを見すぎている」が挙げられます。

 

2.成功体験が少ない

2つ目の特徴として、「成功体験が少ない」があげられます。

なぜなら、成功体験(=自分の理想が叶った経験)が少ないと、目標達成までの現実的なアプローチの方法が分からないからです。

成功の経験が少ないため、現実を知らずにあれこれ思い描いてしまうのです。

この特徴は、特に3日坊主の人やすぐに物事を諦めてしまう人に該当します。

辛いことは避けて成功したいと考えてしまったり、すぐに投げ出してしまう人も中にはいるでしょう。

しかし、あなたが羨ましいと思っている偉人や成功者たちは、決まって泥臭い努力・小さな成功を積み上げていった人たちです。

理想が高ければ高いほど、厳しい現実に直面することになります。

ただし、彼らはそこで心折れることなく多くの努力を積み重ねたから、今の生活を手にしています。

その努力の積み重ねをしてきた背景を勝手に割愛して、理想ばかりを掲げてギャップを感じてしまうのは、成功体験が少ないからなのです。

以上のことから、理想と現実のギャップを感じてしまう人の特徴として「成功体験が少ない」が挙げられます。

 

3.すぐ人や環境のせいにする

3つ目の特徴として、「すぐ人や環境のせいにする」があげられます。

なぜなら、挑戦して失敗したときなどに自分の間違いを認めないことで、その人自身の成長ができないからです。

具体的に言えば、自分の間違いを認められない、自分は完璧だと思われたいというプライドが高い人は、なにか失敗をしたときに人のせいにして傷つかないようにします。

間違えることが恥ずかしいと思っているため、失敗を人に知られたくないのです。

「失敗は成功の母」という言葉通り、失敗すればその原因を反省し、方法や欠点を改めるので、その後の成功につながります。

しかし、反省もせず適切な原因を見つけることができなければ、いつになっても理想と現実のギャップを埋めることができないのです。

以上のことから、理想と現実のギャップを感じてしまう人の特徴として「すぐ人や環境のせいにする」が挙げられます。

 

資料プレゼント

理想と現実のギャップを感じてしまう原因3つ



この項では、理想と現実のギャップを感じてしまう原因を解説します。

原因を理解することで、それを解決するために必要な行動がより明確になります。

そのため、いま現実と理想のギャップを感じている人は、自分の現状と照らし合わせてみてください。

原因は、以下の3つです。

  1. 理想と現実の差を客観的に把握できていない
  2. 目標にリアリティがなく、曖昧である
  3. 理想が高すぎる

それぞれ詳しく解説します。

 

1.理想と現実の差を客観的に把握できていない

1つ目の原因として、「理想と現実の差を客観的に把握できていない」が挙げられます。

なぜなら、客観的な視点がないことで、自分に足りない能力や自分の失敗を肯定し、反省と改善ができないからです。

具体的な例でいうと、自己中心的な考え方をしてしまう人のように客観的な視点ではなく、主観的な視点で物事を判断していると理想と現実のギャップを感じてしまう傾向にあります。

「自分の意見や考えていることは常に正しい」「自分には間違いはないと疑わない」とどんな状況でも、自分を客観視できない。そのような状態では、たとえ何かにチャレンジして失敗しても、そこから成功するための軌道修正がうまくいきません。

以上のことから、原因の1つとして「理想と現実の差を客観的に把握できていない」が挙げられます。

 

2.目標にリアリティがなく、曖昧である

2つ目の原因として、「目標にリアリティがなく、曖昧である」が挙げられます。

なぜなら、目標が曖昧だと、それを達成するためにやるべきことも曖昧になってしまうからです。

例えば、マラソンをするにしても「○○kmでゴール」と具体的な目標が設定されているからこそ、ペース配分ができるし頑張れますよね。ゴールが曖昧なまま走っても、いつゴールできるかも分からないし、モチベーションも続かないはずです。

完全に明確な具体的な目標(理想)があれば、その方向に進み、どんどんと成果を上げることができます。

以上のことから、原因の1つとして「目標にリアリティがなく、曖昧である」が挙げられます。

 

3.理想が高すぎる

3つ目の原因として、「理想が高すぎる」が挙げられます。

なぜなら、十分な知識やスキル、リソースが不足しているにも関わらず、はじめから大きな目標や完璧を求めているからです。

例えば、筋トレを例に挙げると、ムキムキな身体を手に入れたいという目標があるとします。

実際初心者であれば、自重トレーニングなど効果的かつ簡単に始められることがあります。しかし、理想が高すぎることで自分の今の立ち位置と目標の高さが分からず、3日坊主で諦めたりしてしまうのです。

以上のことから、原因の1つとして「理想が高すぎる」が挙げられます。

 

資料プレゼント

理想と現実のギャップから抜け出す方法



この項では、理想と現実のギャップから抜け出す方法を解説します。

方法は、以下の5つです。

  1. 考え方を変える
  2. 具体的なゴール設定をする
  3. やるべきことを書き出し整理する
  4. 実際に行動してみる
  5. 課題を明確にし、対策を考える

それでは、それぞれ解説します。

 

1.考え方を変える

1つ目の方法は、「考え方を変える」です。

現実を見ないで、理想ばかりを語っていると、理想が先行してしまいどんどん、現実との距離が離れていくからです。

当たり前ですが、考えているだけでは、理想の自分に近づくことはできません。考えた上で、行動しなければ近づくことはできないのです。

例えば、英語を話せるようになりたいのであれば、

  • 「英語を使えれば、どこの国でも仕事ができるな」
  • 「英語が話せるなら、世界一周してみたいな」
  • 「英語力があれば、外国人と結婚したいな」

と理想ばかりを考えているだけでは英語力は上達しませんよね。日々の単語・文法の勉強や英会話を習慣づけるように、理想のために具体的な行動をすることで達成できるのです。

なので、まずは理想だけでなく、現実にも目を向けるような考え方をしましょう。

 

2.具体的なゴール設定をする

具体的なゴール設定をしましょう。

自分の理想を具体化することで、あなたの理想と現実のギャップ(距離)を把握することができるからです。

例えば、お金持ちになりたいと理想を掲げても、抽象的で達成する条件がなく途中で挫折しやすいです。

「具体的にいくら稼ぎたいのか」「いつまでに達成したいのか」など、自分の理想を目標へと掘り下げるようにすることで、前進している感覚を得ることはモチベーションの維持につながります。また予定よりも進捗が遅れていることが分かれば、遅れを取り戻すために行動プランを立て直すことができます。

 

3.やるべきことを書き出し整理する

具体的なゴールを設定したら、やるべきことを書き出し整理してみましょう。

やるべきことを書き出すことで、自分のやるべきことの優先順位を付けることができますし、効率よく行動できるようになるからです。

やるべきことがたくさん浮かんで、同時並行でやろうとする場合、失敗する可能性が高いですよね。

やるべきことの優先度を考えて整理することで、失敗する危険性も減りますし、「これ意味あるのかな」と疑心暗鬼に陥る可能性も無くすことができます。

以上のことから、やるべきことを書き出し整理してみましょう。

 

4.実際に行動してみる

やるべきことを書き出し整理したら、それをもとに行動してみましょう。

行動しなければ、いつになっても理想へ近づくことができないからです。

「失敗したらどうしよう」「これってやる必要あるのかな」とやる前から心配しているようでは理想に近づくことはできません。

「遠回りが一番の近道」という言葉があるように、目標に邁進している過程においては何が無駄だとか、何が不必要かというのは分かりません。

しかし、人は「必死にこれが近道だ」「これが正しい選択だ」と思って、その時その時のベストを選択しているわけです。間違った選択をしたり、誤った判断をする事が多々あるけれど、その失敗や選択は全て血となり肉となるので、目標を達成した時に、その全てが必要だったと感じることができるのです。

そのため、心配せずに、行動してみましょう。

 

5.課題を明確にし、対策を考える

行動してみた上で、課題や問題に直面すると思います。なので、その都度課題を明確にし、対策を考えてみましょう。

なぜなら、課題を明確にし、対策を考えることで、次の行動での成功率を上げることができるからです。

例えば、受験勉強を例に挙げると、多くの受験生は受験前に模試を受けると思います。

なぜ模試を受けるかというと、自分の今の課題や苦手分野を明確にするためです。

自分にとって、どの単元が苦手かを確認出来たら、あとは解いて自分がどこを理解できていなかったか・忘れていたかを見つけ出し、対策することで本番の試験につなげることができますよね。

それと同じく、仮に失敗しても、「どうしてダメだったのか」「どうすれば解決するか」と考え、行動し続けることで成長し理想へ近づくことができます。

以上のことから、理想と現実のギャップから抜け出す方法として「課題や問題を明確にし、対策を考える」が挙げられます。

 

資料プレゼント

本気で理想と現実のギャップから抜け出したい人へ



現実と理想のギャップから抜け出したいのであれば、具体的でかつ、適切なゴールを見つける必要があります。

しかし、実際に自分が見つけるとなると、以下のような気持ちが生まれるのではないでしょうか。

  • 具体的なゴールと言っても、正直思い浮かばない
  • 自分の理想が何なのかわからない

このような気持ちが生まれてしまうのは、とてもわかります。

それでも「自分の理想を叶えたい」と思うならば、覚悟を持って行動する必要があるのです。

そして、この記事を読んで

  • 理想の生活を送りたい
  • 今の現状を変えたい

と思った方には、GOAL-Bのコーチングを受けることをおすすめします。

なぜなら、私たちGOAL-Bは、以下のように考えているからです。

「限られた時間の中で、無限の可能性のもと、自分の命を活かしきるべき」

そして、コーチングがあれば、それを実現できると信じているのです。

日々悶々と悩んでいる人は、ぜひ一度、GOAL-Bのコーチングを受けてみてください。

最強のコーチ陣が、あなたの常識をぶち壊し、可能性を最大限に引き伸ばします。

しかし、ここまで読んでいただいた方の中には

  • コーチングって受けたことないからわからない
  • ちょっと怪しそう

このように、思う方もいると思いますので、コーチングの特徴や効果を詳しく解説した記事を貼っておくので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・効果・目的・方法など全てを徹底解説

🎁プレゼント
キャリア選びの軸となる「強み」を見つけるワーク(全37ページ)をプレゼントします!

中身を簡単に紹介すると、
✅情熱のある行動を特定するワーク
✅好きな仕事と嫌いな仕事を細かく理解するワーク
✅コラム:人が転職したいと考える理由

受け取りはこちらのリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。