理想と現実のギャップはなぜ生じる?理想と現実のギャップを埋めるためのコツを解説

「自分の理想と現実にギャップを感じている」
「理想と現実のギャップが大きく、やる気が出ない」
「自分の理想に近づきたい」

このように、自分の理想と現実のギャップに悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

自分はこうありたいと高い理想を持ちながらも思うようにいかず、今自分が生きる現実とのギャップを感じてしまう気持ちがよくわかります。

自分はどうせ理想の自分になることはできないと、ネガティブになってしまうこともあるでしょう。

そこで、当記事では、

  • 理想と現実のギャップとは
  • 理想と現実のギャップから生じること
  • 理想と現実のギャップを感じたときにやるべきこと
  • 理想と現実のギャップを埋めるためにやるべきこと
を解説します。

この記事を読むことで、なぜあなたが理想と現実のギャップに苦しんでいるのか、どうすれば自分の理想に近づくことができるのかがわかります。

ぜひ、最後まで読んでください。

 

資料プレゼント

理想と現実のギャップとは



理想と現実のギャップとは、自分が描いていたものと今の自分が異なる状況のことを言います。

もちろん、良い意味で理想と現実にギャップがある場合もありますが、多くの場合は悪い意味でギャップが起こるため、理想と現実のギャップに悩んだり、苦しむ人も少なくありません。

原因は、自分の現状に対して理想が高すぎたり、理想像が中途半端になっていることが多いです。

ギャップから精神に悪影響が生じることもあるため、理想と現実のギャップを良く理解し、対処していきましょう。

そうすることで、自分の理想に近づくことができるでしょう。

 

資料プレゼント

理想と現実のギャップから生じること



理想と現実のギャップから悪影響が起こることがあります。

今回は、以下の事象をご紹介します。

  1. モチベーションが低下する
  2. 精神的に不安定になる
  3. ネガティブになる

それぞれ見ていきましょう。

 

1.モチベーションが低下する

1つ目は、モチベーションが低下することです。

なぜなら、努力しているのにいつまでたってものぞむ成果が出ないと、やる気を失ってしまうからです。

例えば、営業で10件の契約を取ると目標を決めていて、1件の契約も取れないとなると、自分の目標とかけ離れすぎて、やる気を失ってしまいますよね。

高すぎる目標はかえって逆効果になる場合もあります。

このように、モチベーションが低下することは理想と現実のギャップから生じる悪影響のひとつになります。

 

2.精神的に不安定になる

2つ目は、精神的に不安定になることです。

なぜなら、理想とかけ離れている自分に嫌気がさし、不安になったりイライラしてしまうからです。

例えば、志望校に対して自分の実力が離れすぎて、精神的に不安定になる受験生などをイメージするのはたやすいと思います。

精神的に不安定になると、日常の当たり前のことができなくなってしまったり、生活にも影響してしまいます。

このように、精神的に不安定になることは理想と現実のギャップから生じる悪影響のひとつになります。

 

3. ネガティブになる

3つ目は、ネガティブになることです。

なぜなら、積み重ねた努力が成果に表れないと、自分の無力さを感じてしまうからです。

例えば、毎日英語の勉強をしても、まったく英語が話せるようにならないときに、ネガティブになると、自分は英語もできるようにならないから、他に何をやってもどうせ成功できないんだと考えてしまいます。

ネガティブになると少しの成功できる可能性も失ってしまうかもしれません。

このように、ネガティブになることは理想と現実のギャップから生じる悪影響のひとつになります。

 

資料プレゼント

理想と現実のギャップを感じたときにやるべきこと



理想と現実のギャップを感じたときにいくつかやるべきことがあります。

今回は、以下のやるべきことをご紹介します。

  1. 現実を受け入れる
  2. 自分について知る
  3. 人と比べるのをやめる

それぞれ見ていきましょう。

 

1.現実を受け入れる

1つ目は、現実を受け入れることです。

なぜなら、理想とはほど遠い今の状況を理解しなければ、前に進めないからです。

例えば、ベンチプレス100kgを挙げたいという理想に対して、現状60kgしか挙げられないのであれば、ただ悲観的になるのではなく、その現状に目を向けて、何を改善すれば良いか考えるべきでしょう。

ゴール地点に対して今の自分はどこにいるかを理解しなければ、どこに進めば良いかわからないです。

このように、現実を受け入れることは理想と現実のギャップを感じたときにやるべきことのひとつです。

 

2.自分について知る

2つ目は、自分について知ることです。

なぜなら、自分が本当はどうしたいのかを知らなければ、理想を明確にできないからです。

例えば、大企業に入りたいけれど、大企業に入ることができずに悩んでいるとき、本当に自分が大企業に入ることを望んでいるかどうかは重要です。

周りが大企業に行くから、親が大企業に入った方が良いと言っていたからなど、自分以外の誰かに影響された可能性は大いにあります。

そのため、理想を目指すにあたって、まずは自分が本当にどうしたいかを知る必要があります。

このように、自分について知ることは理想と現実のギャップを感じたときにやるべきことのひとつです。

 

3.人と比べるのをやめる

3つ目は、人と比べるのをやめることです。

なぜなら、人と比べ続けていると、他人をうらやんだり、ねたむ気持ちから、本当に自分がなりたい理想がゆがんでしまうからです。

例えば、人を笑顔にしたくてYouTubeを始めた人が、他のYouTuberと比べてしまい、コンテンツよりも登録者数や再生回数ばかりを追ってしまうこともあります。

このように、人と比べるのをやめることは理想と現実のギャップを感じたときにやるべきことのひとつです。

 

資料プレゼント

理想と現実のギャップを埋めるための4つのコツ



理想と現実のギャップを埋めるためにはいくつかのコツがあります。

今回は、以下のコツをご紹介します。

  1. 現状を分析する
  2. 情報を徹底的に集める
  3. 具体的な理想を再設定する
  4. 理想の自分になるために努力をする

それぞれ見ていきましょう。

 

1.現状を分析する

1つ目は、現状を分析することです。

なぜなら、自分が理想に到達できていない原因を知ることで、理想により近づくことができるからです。

例えば、TOEIC900点を目指して受けた結果が、TOEIC500点だったときに、リーディングが弱いのかリスニングが弱いのか、どの大問が苦手なのかを明確にすることで、目標のTOEIC900点はより達成しやすくなるでしょう。

このように、現状を分析することは理想と現実のギャップを埋めるためのコツのひとつです。

 

2.情報を徹底的に集める

2つ目は、情報を徹底的に集めることです。

なぜなら、理想に到達するための情報を集めることで、理想に対してより適切なアプローチが可能になるからです。

例えば、TOEIC900点を目指す上で、リーディングが時間内に読み終えることができないのを解決するとき、ただリーディング問題を練習するのではなく、音読やシャドーイングをすることで効率的に読解スピードを高めることができます。

急がば回れというように、ただ前に突っ走るよりも時には慎重に状況を見定めることも必要です。

このように、現状を分析することは理想と現実のギャップを埋めるためのコツのひとつです。

 

3.具体的な理想を再設定する

3つ目は、具体的な理想を再設定することです。

なぜなら、理想を明確にしないと、時間がたつにつれて理想像が薄れてしまったり、やるべきことがぼんやりしてしまうからです。

例えば、筋トレでベンチプレス・スクワット・デッドリフトで合計500kgを目指すという目標をたてるだけでなく、ベンチプレス140kg、スクワット160kg、デッドリフト200kgの3種目合計で500kgを目指すとしたほうが具体的で目指しやすいです。

理想像を明確にすればするほど、そのためにやるべきことも明確になります。

このように、具体的な理想を再設定することは理想と現実のギャップを埋めるためのコツのひとつです。

 

4.理想の自分になるために努力をする

4つ目は、理想の自分になるために努力することです。

なぜなら、どれだけ現状を理解し、情報を集めて最適なアプローチをしても、努力をしないことには理想に到達できないからです。

例えば、メジャーで大活躍している大谷翔平は8球団にドラフト1位で指名される自分の理想に到達するために、やるべきことや必要なことを細分化して目標達成シートというものを作っていました。

理想像に到達するためには、やるべきことを洗い出すだけでなく、それを行動に移して努力し続ける必要があります。

現在の大谷翔平のメジャーでの活躍からわかるように、自分の理想になるうえで努力することが大切なのは言うまでもありません。

このように、理想の自分になるために努力することは理想と現実のギャップを埋めるためのコツのひとつです。

 

理想と現実のギャップを埋めたいあなたへ



この記事を読んでいる方のなかには、理想の自分に近づきたいと考えている人も多いと思います。

しかし、どうしても変わろうと決心できずに理想と現実のギャップに苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。

そのような理想と現実のギャップに悩むあなたには、コーチングがおすすめです。

理由は、コーチングには以下のような効果があるからです。

  • 今ある思考の常識を壊す
  • その上で自分のやりたいことを探しだす
  • 自分が持っている可能性を最大限引き出す

上記の効果からコーチングを受けることで、理想と現実のギャップに悩む自分を脱却できます。

しかし、

  • 「そんな簡単に変われるわけないでしょ」
  • 「何でコーチングってそんな効果があるの」
と思う方もいると思いますので、コーチングがどのようなものなのか、より詳しく解説した記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・効果・目的・方法など全てを徹底解説

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。