成長実感を仕事で感じるためにはどうしたらいい?今のままでいいのか不安な人へ徹底解説!

この記事のまとめ

成長実感を感じるためにはどうする?実感できないとどうなる?

成長実感を感じられずに苦しんでいた筆者が、成長実感を得て仕事にやりがいを感じた経験をもとにお話しします!

「仕事を通した成長を実感できない……。」
「モチベーションがあがらない……。」
「成長を感じないまま年を取ることに不安を感じる……。」

仕事で成長実感を得ることができないと、「今のキャリアで本当に大丈夫かな……?」と不安になる方が多いのではないでしょうか。

私自身も目の前の仕事が全て単純作業に感じてしまい、「この仕事をやった先に何があるのか?」と疑問に感じる日々でした。

上司に相談しても、

  • 仕事なんてそんなもの
  • 我慢した先に何か待ってるからとりあえずやってみればいい

など、曖昧な答えしか返ってこず、成長実感など追い求めてはいけないのではないかと、不安を抱えたまま過ごしていました。

しかし、強みを活かしてやりたいことを仕事にできた今だから言えます。

仕事に”成長実感”は必須です。

成長している実感がなければ、やりがいを感じることができず、仕事を継続する気にならないからです。

そのため、成長実感を感じるためのアクションをしていく必要があります。

そこで、この記事では、成長実感を感じる方法を解説。

この記事を読むことで仕事を通じて、成長を感じ、未来への漠然とした不安が消え去るはずです。

仕事で成長実感を得たい方は、才能を見つけて得意なことで仕事をしていく必要があります。

あなたの才能とやりたいことを見つける『キャリスピ』を受講してみてください。

キャリスピ』を受ければ、あなたの才能を活かしたキャリアを送れるようになります。

5,500円の体験コーチングが今なら無料で受けられるので、1分で気軽に申し込んでみましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

目次
中川 晃雄
株式会社GOAL-B CEO
株式会社GOAL-Bの創業者。有料職業紹介事業 (許可番号: 13-ユ-314850)月間20万PVの個人ブログを運営し、登録者数12万人のYouTubeチャンネル「AKIOBLOG」を運営。自身が経営する株式会社GOAL-Bで、累計2000人超が受講したキャリアコーチングサービス「キャリスピ」を提供。著書「本気の副業術(西東社)」

仕事を通して成長は実感できるの?アンケート結果を紹介

仕事を通して、成長って実感できるの?と思う方も多いでしょう。

パーソル総合研究所のアンケート調査によると、「働くことを通じた成長」の重要性と実感をどれくらい感じますか?の質問に対し、78.3%の人が重要と回答しました。

その一方で、「働くことを通じた成長」を実感したのは53.5%。

仕事を通した成長が必要だと感じていても、半数程度しか実感できていないのが現状です。

もし、あなたが今の仕事で成長を実感できていない場合も、悩まなくて大丈夫。

あなたと同じ悩みを多くの人が抱えています。

「どうしたら仕事を通して成長を実感できるか?」について、これから知っていきましょう。

引用元:「働くことを通じた成長」の重要性と実感をどれくらい感じますか?

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事を通して成長が実感できない人の5つの特徴

ここでは、仕事を通して成長が実感できない人によくある、5つの特徴を解説します。

  • 同じ仕事を繰り返している
  • 目標を決めずに仕事に取り組んでいる
  • 同僚と比較して自分を評価している
  • 自分の能力や実績を正しく評価できていない
  • 他者の評価を基準にしている

同じ仕事を繰り返している

同じ仕事を繰り返す日々を過ごしていると、成長を実感できなくなります。

自分の持つスキルだけで仕事ができてしまい、新しい知識やスキルを覚えなくなるからです。

また、仕事に変化がない場合、新しい刺激もありません。マンネリ化し、モチベーションも下がっていくでしょう。

「このままでも良い」という気持ちも芽生えてしまうので、仕事での成長を実感しにくくなります。

目標を決めずに仕事に取り組んでいる

目標なく仕事に取り組んでいる場合も、成長を実感できません。

仕事で成果を残しても、その成果を振り返らないからです。

たとえば、売上が前月より5%上がったとします。

あらかじめ、「今月は売上5%アップを目標にする」と設定しておけば、目標達成が明確になり、成長したと実感できます。

一方で、目標がなければ、成果を見ずに作業をこなしているだけの感覚になってしまうでしょう。

ルーティンのように仕事を「ただやる」だけなので、成長も実感せずに日々を過ごしてしまいます。

同僚と比較して自分を評価している

同僚と比較してしまうと、成長実感を感じづらくなります。

比較する場合は、過去の自分と比較しましょう。

自分が成長している間に、同僚も成長しています。

同じペースで成長していると、比較しても追いつかず、自分も成長できていないと勘違いしてしまいかねません。

成長を実感したいのであれば、比べるのは過去の自分です。

  • 「先月の自分と比べてどう?」
  • 「前回の仕事と何が変わった?」

のように過去の自分と比較をしてみてください。微量だったとしても、成長実感が得られるはずです。

自分の能力や実績を正しく評価できていない

自分を過小評価せず、適切に評価するのも大切です。

自分に厳しくしてしまい、成長を認めないケースに気を付けましょう。

例えば、10のうち、1つできていないだけで、自分を否定する人は多いのではないでしょうか。

その場合は、反対に「10のうち9ができている!」と認めてあげるようにしましょう。

起きた結果に対する解釈を変えるだけで成長を実感しやすくなります。

成長のためには、自分を正しく認めてあげるのも大事。

あまり自分を厳しくしてしまうと、成長を妨げてしまいます。

他者の評価を基準にしている

成長できているかの基準は、自分で決めるようにしましょう。

他者の評価に任せてしまうと、適切な評価が受けられない場合もあります。

周囲の評価に依存すると、自分では努力しても、周囲が見ていなければ努力していないことに。

仕事では、いつでも褒められるとは限りません。

成長を実感するには、自分なりの基準を持つのが大切です。

自己評価と他者評価をバランスよく取り入れれば、成長も実感しやすくなります。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 仕事の成果の出し方がわかった!
  • 将来の方向性が明確になった!
  • 自信を持てるようになった!

\ たった30秒で受け取り完了!

仕事を通して成長が実感できないままだと、どうなるか?

仕事を通して成長を実感できないと、次のような状況になってしまいます。

  • 仕事に給与以外の意味を感じなくなる
  • 何事にも「まあこれでいいや」のスタンスになる

仕事に給与以外の意味を感じなくなる

仕事で成長を実感できないと、給与以外に意味を見いだせなくなります。

日々の仕事が、やる気もなく、ただ時間を消費するだけに。

  • 「仕事がつらい」
  • 「やめたい」

などと思う原因にもなります。

モチベーションを上げ、仕事に力を入れるためにも、成長実感が欠かせません。

何事にも「まあこれでいいや」のスタンスになる

仕事のモチベーションが下がると、手を抜いてしまう人も出てきます。

  • 「まぁこれでいい」
  • 「頑張らなくても大丈夫」

などと思うようになるでしょう。

仕事を通して成長を実感できないと、努力しても意味がないと思うようになります。

すると、成果が下がったり、ミスをしても気にならなくなったりするため、仕事にマイナスな影響が出てくるのは問題です。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事を通じて成長が実感できない根本原因

仕事を通じて成長が実感できないのは、仕事のGOALがないからです。

GOALが決まっていないため、前進しているか、していないかの基準がわかりません。

自分なりのGOALを決めていれば、GOALに近づくほど成長実感が得られます。

成長を実感できていないと感じる場合は、まずはGOALを決めるところから始めてみましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事で成長実感を得るためことができるためのGOALを設定する方法

仕事で成長実感を実現するためには、GOALの設定が必要です。

GOALを決めるために、次の3つを試してみましょう。

  • 自己理解を深めて強みを明確にする
  • 達成できるかどうかを考えずに「本当はどうしたいか?」を考える
  • キャリアのプロに相談する

自己理解を深めて強みを明確にする

目標を決めるために、まずは自己理解を深めましょう。

自分の能力やスキルを知り、仕事でどのように活かせるか考えるのが大切です。

人には誰しも向き不向きがあるもの。

成果を出すには、自分の強みを活かして仕事を進めるのが重要です。

まずは自分の強みを整理し、仕事でどのように活かせるか考えてみてください。

達成できるかどうかを考えずに「本当はどうしたいか?」を考える

次に、仕事では「自分は何をしたいのか?」を考えてみましょう。

達成できるかどうかではなく、自分の目標や夢について考えてください。

GOALに向かって努力するには、モチベーションが大事。

そのために、「できるかどうか」ではなく、「自分がどうしたいか」が重要になります。

GOALを決める際は

  • 「自分にはできない」
  • 「失敗したらどうしよう」

などのネガティブ思考は捨ててください。

自分の欲求を一番に考えて、GOALを決めるのがコツです。

キャリアのプロに相談する

自分だけでは決めきれない場合、キャリアのプロに相談してみましょう。

アドバイスをもらうことで、新しく見える道もあります。

おすすめなのは、キャリアコーチング。

コーチングでは「あなたが目標を達成するために必要なものは何か?」を一緒に考えます。

なかでも、キャリスピは、相談者が自分の才能を発揮し、ワクワクした気持ちで仕事ができることを目指しています。

コーチングを通して自分の気持ちについて知り、あなたにしかないGOALを決めましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事を通して成長実感を高める5つのアクション

仕事を通して成長実感を高めるには、次の5つのアクションが大切です。

  • 日々の出来事を振り返る
  • 周囲から意見をもらう
  • 「なぜ仕事をするのか」を考える
  • 新しい業務にチャレンジする
  • 達成したい目標やGOALを明確にする

日々の出来事を振り返る

成長を実感するためには、まずは日々の仕事を振り返りましょう。

1日が終わった後に、今日はどのような仕事に取り組んだのか日記に書くのがおすすめです。

日記に書いておくと、昨日の自分との比較が簡単にできます。

また、1ヶ月、1年前との自分と比較もできるように。

比較をする際は、「何ができるようになったか」に注目するのがコツ。

以前と比べてできるようになったことがあれば、成長を実感できます。

周囲から意見をもらう

自分の仕事に対して、意見やフィードバックをもらうのも大切です。

客観的な意見をもらうのは、成長に役立ちます。

自分の仕事について、自分で評価するのはなかなか大変。

できているようで、できていないものもあれば、実はできている部分もあります。

たとえば、次のような質問をして、周囲に意見をもらいましょう。

  • 自分の仕事ぶりはどうか
  • 以前と比べて変わった部分はあるか
  • 今後はどのような点を意識するといいか
  • どのような点をスキルアップすべきか

意見をもとに、次の行動を考えるのが大事。

自分の考えだけでは視野が狭くなるので、周囲の意見も取り入れてください。

「なぜ仕事をするのか」を考える

「なぜ仕事をするのか」、意義や目的について考えてみましょう。

何も考えずに仕事をしていても、成長実感にはつながりません。

たとえば、「自分のスキルアップのために仕事をする」と考えたとします。

すると、

  • 「スキルアップには何が必要か」
  • 「どのように仕事に取り組むべきか」

などのように、目標を考えて仕事ができるようになります。

成長を実感できていない場合、やみくもに仕事をしていないか振り返りましょう。

何のために仕事をしているのか、もう一度考えてみてください。

新しい業務にチャレンジする

成長するためには、新しい仕事に挑戦するのも大切です。

同じ仕事を繰り返すのではなく、新しい業務を任せてもらえないか相談してみましょう。

仕事内容の変化が難しい場合、取り組み方を変えるのも大事。

普段とは違う方法で仕事をこなすだけでも、新しいチャレンジです。

成長を実感できる場面は、「今までにできないことができるようになる」とき。

新しい業務や取り組み方にチャレンジすれば、成長の機会も増やせます。

達成したい目標やGOALを明確にする

成長を実感するために、目標やGOALを明確に決めましょう。

自分の進むべき方向がなければ、成長にはつながりません。

目標やGOALは、大きいものと小さいものを両方決めるのがコツ。

たとえば、「プロジェクトリーダーになりたい」を大きな目標としましょう。

そのために、

  • 「まずは個人の売上を10%増やす」
  • 「研修を受けてスキルアップする」

などのように、小さな目標を決めます。

方向性が決まれば、達成に向けて努力できるように。

努力を重ねれば成長につながるので、まずは目標やGOALを決めてみるのがおすすめです。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

見逃し厳禁!!

\受け取った人の声/

  • 仕事の成果の出し方がわかった!
  • 将来の方向性が明確になった!
  • 自信を持てるようになった!

\ たった30秒で受け取り完了!

社内には成長を実感できる仕事がないと思ったときの3つの対処法

今の仕事では、成長を実感できそうにないと思う人もいるでしょう。

その場合には、次の3つに取り組んでみるのがおすすめです。

  • ポータブルスキルを成長させる
  • キャリアコーチングを受ける
  • 転職する

ポータブルスキルを成長させる

ポータブルスキルとは、業種や職種、仕事内容などに関係なく活かせるスキルです。

どのような仕事でも役立つので、どの仕事でも、会社でも働ける自信になります。

ポータブルスキルの例は、次の通りです。

  • 論理的思考力
  • プレゼンスキル
  • 問題解決能力
  • クリティカル・シンキング
  • コミュニケーション力 
  • 情報収集力
  • 計画立案能力
  • スケジュール管理能力
  • 責任感
  • 状況対応力

仕事での成長が実感できなくても、自分のスキルは伸ばせます。

  • 「お客さまとの会話をスムーズにするために、コミュニケーション能力を伸ばそう」
  • 「効率よく仕事をするため、スケジュール管理能力を育てよう」

などのように、日々の仕事から取り組めるでしょう。

自分のポータブルスキルを知るために、ツールを使うのもおすすめ。

厚生労働省の「ポータブルスキル見える化ツール(職業能力診断ツール)」を使用し、まずは自分のスキルについて自己理解を深めましょう。

参照元:「ポータブルスキル見える化ツール(職業能力診断ツール)」

キャリアコーチングを受ける

今の仕事で成長できないと感じたら、キャリアコーチングを受けてみましょう。

自分のキャリアについて、しっかりと考えてみるのが大切です。

キャリアコーチングを受ければ、自分の価値観が明らかになります。

また、今後どのように動くべきか、方向性も決まるでしょう。

場合によっては、新しく自分に合う仕事や職種が見つかる場合も。

「今の仕事のままで良いのかな?」と迷う方は、キャリアコーチングを受けてみましょう。

株式会社GOAL-Bが運営するキャリスピでも、キャリアコーチングを実施しています。

これまでに2000名以上のコーチング実績があるので、ぜひ相談してください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

転職する

環境を変えるために、転職する方法もあります。

新しい仕事になれば、学べることも多いでしょう。

また、仕事内容だけではなく、職場環境や同僚が変わるのもポイント。

新しい人々に刺激を受け、「成長したい!」とポジティブに考えられます。

今の仕事ではこれ以上の成長が難しいと思ったら、転職も視野に入れてみましょう。

仕事で成長実感がないのは環境のせいではない。その環境を選んだ自分の責任

断言します。

仕事で成長実感がないのは環境のせいではなく、選んだ自分の責任です。

他人のせいで成長実感が持てていないとしても、その環境を選んだのはあなた自身だからです。

しかし、だからこそ、成長実感を持てない環境を「自分で」変えることができるともいえます。

そのため、仕事で成長実感を持つためには、

  • 自分がコントロールできる行動

にフォーカスしましょう。

例えば、

  • 仕事とは別にスキルを学ぶための勉強時間を設ける
  • キャリアコーチに相談する
  • 実際に成長実感を持って仕事をしている人に話を聞く

などを指します。

反対に、自分がコントロールできない行動とは、

  • 上司の言い分を変えようとする
  • 仕事内容を変えようとする

などです。自分の力ではどうにもならないことに時間を使うのはもったいないです。

成長したいと考えるのであれば、コントロール可能なアクションに時間を割くことが大切です。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

仕事で成長を実感したい人のよくある質問

ここでは、仕事を通して成長を実感したい人が抱く、よくある質問を紹介します。

  • 仕事で成長してる気がしない場合、何に取り組むといいですか?
  • 成長を実感してモチベーションを得るコツは?
  • 成長を実感しやすい仕事は何ですか?
  • 成長し続ける人にはどんな特徴がありますか?
  • 仕事で自分の成長を実感した瞬間はいつ?
  • 成長実感を得ることでどんな変化がありますか?
  • 部下の成長実感を上げる方法は?

仕事で成長してる気がしない場合、何に取り組むといいですか?

仕事で成長してる気がしない場合、まずは目標を決めましょう。

目標を決めることで、成長しているか否かの基準がはっきりするからです。

目標が達成できているか振り返り、過去の自分と比較するのがポイントです。

過去の自分よりできることが増えていれば、成長も実感できます。

成長を実感してモチベーションを得るコツは?

成長を実感してモチベーションを得るためには、小さな目標を決めるのが大事。

小さな目標を達成して、自分を肯定する習慣を付けましょう。

目標については

  • 「営業電話を10件かける」
  • 「お客さま20人を接客する」

のように、自分の行動次第で達成できるものがおすすめ。

数値化できる目標であれば、達成度合いもわかるので、現状も把握しやすくなります。

成長を実感しやすい仕事は何ですか?

成長を実感しやすい仕事は、パーソル総合研究所のアンケートによると次のとおりです。

  • マーケティング
  • 法人営業
  • 海外営業
  • 映像・映画・音響・イベント・芸能関連
  • 経営企画
  • 人事
  • 法務
  • スーパーバイザー
  • バイヤー・店舗開発
  • 代理店営業
  • 秘書

会社やお客さまにとって重要な仕事は、成長も実感しやすくなります。

また、成果が明確な仕事も、成長を実感しやすい仕事です。

参照元:成長実感の高い職種ランキング BEST10 職種別成長実態

成長し続ける人にはどんな特徴がありますか?

仕事で成長し続ける人には、次のような特徴があります。

  • ポジティブ思考で考える
  • 主体的に行動する
  • 仕事へのモチベーションが高い
  • GOALや目標を明確にしている
  • 自分の強みを知っている
  • 自分の状況を把握できている

仕事で成長するためには、特にGOALが大事です。

自分が目指す姿を明確にして、達成に向けて取り組めば、成長実感につながります。

仕事で自分の成長を実感した瞬間はいつ?

仕事で自分の成長を実感できる瞬間には、次のような場面があります。

  • できなかった仕事ができるようになったとき
  • 新しい仕事を任せてもらえたとき
  • 目標よりも高い成果を出せたとき
  • 上司や同僚から評価してもらえたとき
  • 出世や昇格が決まったとき

成長を実感する場面は、

  • 「自分で認める場面」
  • 「他人に認められる場面」

の2種類があるので覚えておきましょう。

成長実感を得るにはどちらも大切であり、自己評価を行いながら、周囲から意見をもらうのがおすすめです。

成長実感を得ることでどんな変化がありますか?

成長実感を得れば、仕事へのモチベーションが上がります。

  • 「仕事で成果を出せた」
  • 「まだまだ成長できる」
  • 「周囲に認められた」

など、プラスの実感ができるからです。

部下の成長実感を上げる方法は?

部下の成長実感を上げるために、次のような方法を試してみましょう。

  • GOALや目標を決めてもらう
  • 新しい仕事・業務にチャレンジさせる
  • 後輩の指導をさせる
  • フィードバックを実施する
  • 成果を認めて褒める

部下の成長実感を上げるために、まずは目標設定が大切です。

GOALが明確になれば、自分を振り返る機会が増え、成長を実感できるようになります。

また、上司目線からの意見を伝え、成長を実感してもらうのも大切です。

成長した部分や成果については、積極的に褒めるようにしましょう。

まとめ:仕事を通して成長を実感するために、まずはキャリアを考えよう!

この記事では、仕事を通して成長を実感するためにできる、5つの対処法を解説しました。

  • 日々の出来事を振り返る
  • 周囲から意見をもらう
  • 「なぜ仕事をするのか」を考える
  • 新しい業務にチャレンジする
  • 達成したい目標やGOALを明確にする

しかし、

  • 「自分では成長が実感できない……」
  • 「今の環境では成長が難しい……」

と考える方もいるでしょう。

そのような方は、コーチングを受けて、自分らしいキャリアを考えるのが大切。

成長を実感したいと思うときには、ぜひ、株式会社GOAL-Bのサービス「キャリスピ」を頼ってください。

自分を成長させるには、環境を変えるのも大事です。

今の仕事で成長を実感できる場合もあれば、新しい環境が適している場合もあります。

まずはキャリアコーチングで、自分の進むべきGOALを明確にしましょう。

仕事で成長を実感し、ワクワクとモチベーション高く働ける。

そんな日々をぜひ「キャリスピ」で実現させてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

強引な勧誘は一切ありません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次