仕事で大失敗をして辞めたい人へ|対処法を徹底解説

仕事で大失敗をしてしまい辞めたいと感じている人もいるかもしれません。

仕事で大失敗をしたときには、まず現状を上司に報告し、迷惑がかかる相手に謝罪してください。そして、仕事を辞めたいと感じるときには一度仕事を離れてリフレッシュしてみてもよいでしょう。

この記事では仕事で大失敗したときにやるべきことと、辞めたいと感じるときの対処法を解説しています。ぜひ参考にしてください。

キャリアコーチング『キャリスピ』は、プロと一緒にあなたの才能本音の欲求を見出します。
仕事で大失敗が続く合わない方は、プロと自己分析を行い、自分に合った仕事と働き方を考えてみましょう。
公式サイトで申し込むと5,500円かかる体験コーチングが、この記事から申し込むと無料でカンタンに体験できます。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

目次

仕事で大失敗して辞めたいときにまずやるべきこと


仕事で大失敗してしまうことは誰にでも起こりうることです。しかし、大失敗をした自分を否定して何も行動しないままだと、周囲にさらに迷惑をかける可能性もあります。仕事で大失敗したときにやるべきことは、以下の3つです。

  • 現状を上司に報告する
  • 大失敗によって迷惑がかかる相手に謝罪する
  • 失敗の原因を分析し改善する

それぞれ解説します。

現状を上司に報告する

仕事で大失敗をしてしまったときには、すぐに現状を上司に報告しましょう。まずは、何が起こったのかという客観的な事実を伝えることが大切です。

報告を怠ってしまうと後々取り返しのつかないことになったり、嘘をつくと信用を失ったりする可能性もあります。上司が知りたいのは、どんなミスが起こったのかという事実なので、言い訳はせずに包み隠さず伝えてください。

また、上司に報告すれば、上司が謝罪に同行してくれたり、適切な対処法をアドバイスしてくれたりする場合もあり最善の対処ができるようになるでしょう。

仕事で大失敗をしてしまったら、すぐに現状を上司に報告してください。

大失敗によって迷惑がかかる相手に謝罪する

仕事で大失敗をしたら、社内外を問わず迷惑がかかる相手全員にしっかりと謝罪しましょう。謝罪は誠意をもって直接行ってください。日常からメールなどでやりとりをしている場合でも、オンラインでの謝罪は不誠実だと思われるので控えましょう。

また、社外の人に謝罪する場合には、まず電話でアポイントを取ってから謝罪に向かってください。謝罪をする際には、まず謝罪の言葉を伝え、失敗が起きた原因と今後同じ失敗をしないための対策を伝えましょう。この際も、言い訳や嘘は相手に伝わるので絶対にやめましょう。

失敗の原因を分析し改善する

仕事で大失敗をしたときには、失敗の原因を分析し同じ失敗を二度繰り返さないようにすることも大切です。

大失敗をすると、そのまま仕事を辞めたくなることもあるでしょう。しかし、そのまま何も改善せずにネガティブな感情に支配されて仕事を辞めてしまうと、転職先でもまた同じ失敗をしてしまいます。

まず、失敗が起きた原因を明確に把握してください。たとえば、すぐに予定をメモしなかったので取引先との商談を忘れてしまった、ファイルに整理していなかったので重要な書類を紛失してしまったなどがあるでしょう。

そして、その原因に合った改善策を考えてください。たとえば、予定や重要事項はすぐにメモする、書類は決まったファイルに収納するなどです。一見改善策とは思えないような簡単なことでも、失敗を未然に防ぐためには重要になります。

仕事で大失敗をしたときには、失敗の原因を分析し改善していきましょう。

仕事で大失敗して辞めたいときの対処法


ここまで、仕事で大失敗したときにまずやるべきことを解説しました。報告や謝罪、原因分析をした上でどうしても仕事を辞めたいという気持ちがなくならない場合には、以下の対処法を行ってください。

  • 誰でも失敗はするものだと理解する
  • 上司や先輩、友人に相談する
  • 一度仕事から離れてリフレッシュする
  • 転職活動をしてみる

それぞれ解説します。

誰でも失敗はするものだと理解する

仕事で大失敗をして会社を辞めたい人は、誰でも失敗はするものだと理解してください。失敗の大きさは違えど、今まで一度も仕事で失敗をしたことがないという人はいないはずです。完璧に見える人でも、新入社員のときにはミスをすることもあったでしょう。

失敗したことで会社を辞めたいとネガティブになるのではなく、失敗は成功の基だと前向きに捉えることが大切です。

上司や先輩、友人に相談する

仕事で大失敗をして辞めたいときには、上司や先輩、友人に相談するのもおすすめです。

上司や先輩に相談すると、実は過去に同じような失敗をしていた話が聞けて心が軽くなったり、失敗しそうなときの適切な対処法を教えてもらえて失敗を未然に防ぐ方法が分かったりするでしょう。

また、友人に相談すると、新入社員や社会人数年目という同じ立場で、同じように仕事で失敗して悩んでいるかもしれません。悩んでいるのは自分だけではないと分かるだけでも心が軽くなるでしょう。

仕事で大失敗して辞めたいときには、自分一人で抱え込んで会社を辞める判断をするのではなく、信頼できる第三者に相談してください。

一度仕事から離れてリフレッシュする

仕事を辞めたいと感じているときには、一度仕事から離れてリフレッシュするのもおすすめです。普段は取れないリフレッシュの時間を取ることで、前向きな気持ちで仕事に取り組めるようになるでしょう。

たとえば、普段から残業や休日出勤続きで十分な睡眠が取れていないと感じる人は、目覚ましをかけずに睡眠を取ってみてください。睡眠不足による判断能力の低下で失敗を引き起こすこともなくなり、十分な睡眠が取れると思考もポジティブになるというメリットがあります。

また、数日休みを取って旅行に出かけてもよいでしょう。非日常でリフレッシュすることで、次の旅行に出かけるために、また明日からも頑張ろうと前向きな気持ちになれるかもしれません。

仕事で大失敗をして辞めたいと感じている人は、一度仕事から離れてリフレッシュするとよいでしょう。

転職活動をしてみる

仕事で大失敗して辞めたいときには、転職活動をしてみてください。一度他の会社を見て視野を広げることで、新たな道で頑張るべきか、失敗をバネに今の会社で頑張るか、自分の答えが分かるでしょう。

たとえば、仕事で大失敗したことで、今後昇進の道が途絶えているように感じる場合ややりたくない仕事の部署に異動になってしまった場合には、転職活動をしてキャリアアップややりたい仕事ができる会社が見つかれば、前向きに働けるようになるでしょう。

大失敗が原因で仕事を辞めたいときには、一度転職活動をするのがおすすめです。

仕事で大失敗をしないための対策


仕事で大失敗をしないためには、以下3つの対策をしてください。

  • 報連相を徹底する
  • 都度メモを取るようにする
  • 優先順位を考えて行動する

どれも基本的なことに感じるかもしれませんが、失敗を防ぐためには重要です。それぞれ解説します。

報連相を徹底する

仕事で大失敗しないためには、報連相を徹底しましょう。報連相とは、報告・連絡・相談を徹底しようという社会人のルールとして新入社員に必ず伝えられるものです。これが、失敗を防ぐのに大きな役割を果たします。

たとえば、仕事の進捗を報告しておけば上司との認識のズレからの失敗が起こらない、ミスが起こりそうなときにすぐに相談することで適切な対処法が分かります。報連相によって大失敗を未然に防ぐことができるのです。

報連相は何度も耳にした言葉なので、今更重要ではない、既にできていると感じるかもしれませんが、改めて報連相を徹底してください。

都度メモを取るようにする

大失敗を防ぐためには、都度メモを取るようにしてください。仕事のできる人は頭で全て覚えようとせず、必ずメモを取っています。

メモを取ることで、一度伝えられた指示や大事な会議の予定などを忘れるという失敗が防げるようになります。自分の記憶力に自信がある人でも、多くのタスクや予定を頭で管理するのは難易度が高いでしょう。

指示や予定は必ずメモを取りましょう。

優先順位を考えて行動する

仕事の大失敗を防ぐために、優先順位を考えて行動しましょう。

簡単に手をつけられる、時間がかからないなどの理由で優先度が低い仕事から取り掛かると、後に期限のある仕事や重要なタスクに時間を使えず失敗に繋がるという事態に陥る可能性があります。

また、仕事の優先順位を考えられるようになると、実はやる必要のない仕事や他の人に任せられる仕事が見つかり、優先度の高い仕事の質を高めることもできるでしょう。

仕事をするときには、優先順位を考えて行動してください。

仕事で大失敗をして辞めたいときに最も大切なこと


仕事で大失敗をしたときに、謝罪や原因把握、改善は社会人として当たり前にやるべきことです。そして、仕事で大失敗をしないために意識できる対策もあります。

しかし、もっとも大切なのは自分の人生のGOALを明確にしておくことでしょう。自分の人生のGOALが明確であれば、今やるべきことが分かるので徹底的に仕事に集中できてそもそも失敗をすることが少なくなります。

また、仕事で大失敗をした場合にも人生のGOALが定まっている人は、今の仕事で失敗を挽回して成果を上げていくべきなのか、新しい職場でGOALに向けて進むべきなのか、悩むことなく判断できるでしょう。

人生のGOALを明確にするためには、一度コーチングを受けて自分の仕事に対する価値観を深掘りすることがおすすめです。

仕事で大失敗をして辞めたい人はコーチングを体験してみよう


この記事では、仕事で大失敗をしたときにやるべきことや仕事を辞めたいときの対処法を解説しました。

改めて、仕事で大失敗をした辞めたい人は人生のGOALを明確にしてください。

そして、明確になった価値観に沿って考えて、仕事を辞めるのが最善だと分かった人は転職するとよいでしょう。

仕事の価値観を明確にしたい人は、ぜひGOAL-Bコーチングを受けに来てください。

GOAL-Bでは、一流のプロコーチがあなたの本来持っている可能性を引き出し、人生のGOALを設定します。人生のGOALが見つかることで、仕事を辞めるという選択を前向きに捉えて行動できるようになるでしょう。

また、さまざまな経験を持ったコーチが在籍しており、プロフィールも充実しているため、あなたにマッチするコーチがきっと見つかります。

以下は、GOAL-Bコーチング受講者の体験談です。

大手人材会社のセールスパーソンとして、関西No.1セールスになり、1年で全社表彰を受賞しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次