失敗にまつわる名言5つ紹介|失敗への恐怖を克服する方法5選も解説

「もっと人生をより良くしたいが失敗するのが怖い」
「新しいことに挑戦する勇気が出ない」
「昔から臆病だったし自分は挑戦できない人間なのかな」

このように感じてはいませんか。

今の生活や仕事にそこまで大きな不満はないものの、気づいたら時計の針が進んでしまっている毎日。

そして何かに挑戦してみようとしてYouTubeやネットで検索してはみるものの、なかなか勇気が出ずに今まで通りの生活に気がついたら戻ってしまう。

その背景には、失敗への恐れがあります。失敗を恐れているから、挑戦する勇気が持てずにいるのです。

そこで当記事では、「失敗への恐怖を克服する方法」について解説します。

当記事を読むことで、失敗への恐怖との付き合い方を学び「挑戦すること」への大きな1歩を踏み出せるようになるでしょう。また、最後には失敗を怖がってしまう根本的な原因も解説しますので、ぜひ最後まで読んでいってください。

 

失敗にまつわる名言5選

まず初めに失敗にまつわる名言5選を紹介していきます。読んだだけでモチベーションが上がる名言ばかりなので、何度も読み返して失敗への恐怖を克服していきましょう。

 

「一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である」

物理学者のアルバート・アインシュタインの名言です。

アインシュタインが証明した相対性理論は、周辺の科学者からは理解されないものでした。しかし、相対性理論を発表してから3年もの時間をかけて、さまざまな理論で周りの科学者に証明し続け、理論として成立しました。

1つの成功を生むために失敗はつきものです。アインシュタインのように、根気強く挑戦をしていくのが大事だと実感する名言だと言えます。

 

「失敗は問題だ。しかし、成功しようとしないのは、もっと問題である」

元アメリカ大統領のセオドア・ルーズベルトの名言です。

ルーズベルトは、政治家という肩書きだけでなく自然主義者、軍事学者、作家、軍人など複数の肩書きを持っています。このようにさまざまな分野で成功を目指し活躍してきました。

こういったことの根底には「アメリカをより良い国にしたい」という熱い志があったでしょう。失敗に負けずに熱い想いで成功に向かって努力し続けた結果が、アメリカを大国にした要因となっています。

成功するかしないかではなく、成功しようという心意気こそが大切だと痛感させられる名言です。

 

「あなたの唯一のライバルは自身の可能性である。あなたの唯一の失敗は自身の可能性に生きないことである」

心理学者のアブラハム・マズローの名言です。

マズローは欲求5段階説という心理学論を証明しました。この5段階目の欲求に自己実現の欲求という段階があります。自己実現の欲求とは自分にしかできないことを成し遂げたい、自分らしく生きていきたいという欲求です。

5段階目の欲求にもあるように自分を満足させるためには、他人ではなく、いかに自分に打ち勝てるかどうかが大事かがわかる名言だと言えます。

 

「最大の危機は、目標が高すぎて失敗することではなく、低すぎる目標を達成することだ」

彫刻家のミケランジェロの名言です。

ミケランジェロは数多くの彫刻や絵画を生み出してきました。なかでも、ダビデ像は世界的にとても有名です。

この像の材料になった大理石は、その40年も前に別の彫刻家が使う予定で粗削りされたまま放置されていたものを使用したと言われています。そのため、ひび割れており彫刻には向かなかったそうです。しかし、このような困難な状況下であっても理想を求め続けた結果、あの美しいダビデ像が生まれました。

現実的な結果ではなく高い理想を追い続けることこそが、成功への道筋であることに気づかせてくれる名言です。

 

成功は、多くの場合、失敗とは無縁であると考える人によって成就される

ファッション・デザイナーのココ・シャネルの名言です。

第二次世界大戦後、シャネルのコレクションはパリで酷評を受けました。それに対し「人が何と言おうと平気」とシャネルは考えていたそうです。妥協せず自分が全力を出したかどうかに価値があると考え、酷評を受けたことを失敗とは捉えなかったのでしょう。

その後、酷評を受けたコレクションの服は、アメリカで受け入れられたことがきっかけで、シャネルの人気は瞬く間に世界中へと広まっていきます。

シャネルのように失敗を失敗と捉えずに、チャレンジし続ける姿勢こそが大事だという名言です。

 

失敗への恐怖を克服して得られる3つのメリット

この項では失敗への恐怖を克服することによって得られるメリットを解説します。
得られるメリットは、以下の3つです。

1. より成長することができる
2. いつチャンスが来ても掴み取れる
3. 人間関係が楽になる

 

1. より成長することができる

「より成長することができる」ことは、失敗を克服することで得られるメリットと言えるでしょう。

なぜなら、いま自分ができること以外のことにも挑戦することができるからです。

例えば企画職の例で考えます。

失敗への恐怖を克服すると今の自分では思いつかない企画に挑戦することができるでしょう。

その結果、今は企画が成功したら喜べますし、仮に失敗したとしても「なぜ完成しなかったのか」を知ることができます。そして、それが成長につながるのです。

以上のことから、失敗への恐怖を克服するメリットに「より成長することができる」ことが挙げられます。

 

2. いつチャンスが来ても掴み取れる

失敗への恐怖を克服することで「いつチャンスが来ても掴み取れる」ようになります。

なぜなら、失敗への恐怖を克服すると迷いの感情が無くなるからです

迷いの感情が無くなることで、チャンスが来たときに「とりあえずやってみよう」と考えることができます。

例えば、

  • 大事なプレゼンを上司からお願いされた
  • 知り合いから転職の誘いを受けた
  • コーチングを受けた友人からコーチングを勧められた

このように突然チャンスが降ってきた経験は誰しもあるのではないでしょうか。
そして、こういったチャンスが目の前に来たとき、失敗への恐怖がこれを邪魔します。

しかし、失敗への恐怖を克服することで、怖さに臆することなくチャンスをしっかり掴み取ることができるでしょう。「失敗したらどうしよう」「やってみても意味がなかったら嫌だな」というマイナスな思考が減ってくるので、自然と「やってみよう!」という気持ちが強まります。

以上のことから、「いつチャンスが来ても掴み取れる」ことは、失敗への恐怖を克服するメリットと言えるのです。

 

3. 人間関係が楽になる

失敗への恐怖を克服することで、人間関係が楽になります。なぜなら、失敗を恐れて無駄に気を使うことがなくなるからです。

例えば、仕事において人に頼らないといけない場面は誰しも経験したことがあるでしょう。

  • 上司にわからないことを聞く
  • 同期の仲間に仕事に関する悩みを相談する

このように人とコミュニケーションを取ることは、どんな仕事でもあるはずです。

この際に、失敗への恐怖があると

  • 「邪魔になったら失礼かな」
  • 「嫌われたらどうしよう」

と考えてしまい、なかなか行動に移せません。しかし、無駄に気を使うことが無くなれば円滑にコミュニケーションを取ることができるでしょう。

以上のことから、失敗への恐怖を克服することのメリットに「人間関係が楽になる」ことが挙げられます。

 

失敗への恐怖を克服するための方法5ステップ


この項では「失敗への恐怖を克服するための方法」を解説します。
その方法は、以下の5つです。

1. 挑戦したら得られるものを紙に書き出す
2. 失敗したら起こるであろう出来事を紙に書き出す
3. 1で書き出した事項によって自分が得る不利益を書き出す
4. 1と3で具体化したものを比較して、行動するために何が必要か紙に書き出す
5. 失敗を恐れずに行動する

 

1. 挑戦したら得られるものを紙に書き出す

まず、失敗への恐怖を克服するためには、挑戦したら得られるものを紙に書きましょう。
これは、挑戦したときの成功イメージをもつためです。

例えば、「転職活動」が挑戦内容だとします。その時に得られるものは以下のようなものになるでしょう。

  • 自分に合う職場だったかどうかの結果
  • 転職活動の際に幅広い業界を勉強した経験
  • 自己分析を細かくした経験

できるだけたくさん、得られるであろうものを書き出してみてください。

2. 失敗したら起こるであろう出来事を紙に書き出す

次に、失敗したら起こるであろう出来事を紙に書き出してみましょう。
自分がどんなことに対して「怖さ」を感じているのかを明確にするためです。

先ほどの「転職活動」で考えます。失敗した時に起こるであろう出来事は、以下のようなものになるでしょう。

  • 転職先が自分に合わない
  • 長い時間転職活動に時間を費やしてしまう

このように、失敗したら起こるであろうことを書き出してみてください。

 

3. 1で書き出した事項によって自分が得る不利益を書き出す

次に1で書き出した事項によって自分が得る不利益を書き出しましょう。なぜなら、失敗した時のリスクをより鮮明に考えることができるからです。

先ほどの「転職活動」で考えます。自分が得る不利益は、以下のようなものになるでしょう。

  • 仕事に対するモチベーションが下がる
  • 転職活動にあてた時間を無駄だったと後悔する

このように、被るであろう不利益を具体的に書き出してみてください。

 

4. 1と3で具体化したものを比較して、行動するために何が必要か紙に書き出す

3ステップまできたら、1と3で具体化したものを比較して、行動するために何が必要か紙に書き出しましょう。

1と3を比較すると、自分が恐れていたことが思っていたよりも小さいことだったと気づくはずです。これに気づくことが重要になります。

そして、比較をして得られるメリットの方が大きいとわかったら、あとは行動するのみです。行動するために、何が必要か紙に書き出しましょう。

転職でいうと

  • 転職経験のある友人に相談する
  • エージェントに頼ってみる

このようなことが考えられるでしょう。ポイントは、すぐに行動できるレベルまで具体化しておくということです。

 

5. 失敗を恐れず行動する

最後は、失敗を恐れずに行動するだけです。

「本当に行動できるのか」と思う方もいるかもしれません。

しかし、

  • 挑戦したことによるメリット
  • 挑戦したことによるデメリット
  • 行動するために必要なこと

これらが明確になっていれば、後は勇気をもって行動すると「決める」だけです。なぜなら、多くの場合、挑戦したことによるデメリットは、挑戦でもたらされる利益よりもはるかに小さなことが多いからです。

今までの4ステップがどれだけ詳細にできているかで、行動するためのハードルが変わります。何度も読み返して、できるだけ具体的に書き起こしましょう。

 

失敗を怖がってしまう根本的な原因

失敗を怖がってしまう根本的な原因は、失敗の具体化ができていないことにあります。なぜなら、これから起こりうる「失敗」は、実現していない未来の話であるからです。

例えば恐怖という感情は以下のようなものでしょう。

  • 嫌われるのが怖い
  • お金がなくなるのが不安

これらはどれもまだ起こっていない自分の中の妄想の話です。妄想を冷静に分析せずに、頭の中だけで考えてしまうと不安な感情が芽生え、最悪の場合パニックに陥ってしまうこともあるでしょう。

こういったことを防ぐために失敗の具体化をすることで、落ち着いた気持ちで不安と付き合いながら挑戦することができます。

そして、前述した5ステップは失敗を具体化する「フィアマネジメント」の一環です。失敗への恐怖を克服し、挑戦するためにとても重要な行動なので実践してみましょう。

 

失敗を恐れていつも挑戦できないあなたへ

失敗を恐れずに挑戦するためには、根本的な原因を改善する必要があります。
前述したように、根本的な原因とは「失敗の具体化ができていない」ことでしょう。

それがわかったとしても、
「自己分析をして、自分と向き合うのは難しい」
このように、感じる方も多いのではないでしょうか?

自分に向き合うための1歩目が踏み出せない気持ちはとてもわかります。
しかし、自分の可能性を信じ、挑戦に溢れた人生にしたいと思うのであれば、辛くても自分に向き合う必要があるでしょう。

そして、そのように悩んでいる人には、コーチングをおすすめします。

なぜなら、私たちGOAL-Bは、以下のように考えているからです。

「限られた時間の中で、無限の可能性のもと、自分の命を活かしきるべき」

そして、コーチングがあれば、それを実現できると信じているのです。

  • 失敗を恐れてしまう自分を変えたい
  • 自分の可能性を信じて挑戦に溢れる人生にしたい

このように悶々と悩んでいる人は、ぜひ一度、GOAL-Bのコーチングを受けてみてください。

最強のコーチ陣が、あなたの常識をぶち壊し、可能性を最大限に引き伸ばします。

 

コーチングのお申し込みはこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創設。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開している。コーチングの提供クライアント数は1000人以上。