「考えすぎて動けない」から脱却する方法5選|明日から実践できます

「昔から考え込んで行動できない節がある」
「何事ももっと早く決断できるようになりたい」
「自分は優柔不断で行動できない人間だな」

何か行動しようと思っても、考えすぎて決断できず、結果的に行動できない。

このような経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

失敗したくないという気持ちや、どこか正解があるのではないかと考え込んでしまう気持ちはとてもわかります。

そこで当記事では、「考えすぎて動けない状態から脱却する方法」について解説します。

この記事を読むことで、考えすぎて行動できないという現状から抜け出せるきっかけがつかめるので、ぜひ最後まで読んでください。

 

考えすぎて動けない原因3選

この項では、考えすぎて動けない原因を解説します。その原因は、以下の3つです。

  1. 失敗してはいけないと思っている
  2. 他人の目を気にしすぎてしまう
  3. 正しい方法が必ずあると思っている

それでは、それぞれについて詳しく解説します。

 

1.失敗してはいけないと思っている

考えすぎて動けない人は「失敗してはいけない」と思ってしまっていることがあります。失敗しないようにするために考えすぎてしまうのです。

例えば、

  • 仕事を完璧にこなさないといけないから、完璧にできる方法を考えてしまう
  • 副業を始めたいけれど、どうやったら失敗なく稼げるのかを考えてしまう

正解があることであれば、考え込んだ先に答えが見つかることもあるでしょう。

しかし、何か行動をしないと、正解が見つからないことの方が多いです。そのため、考えても答えがないですし、どのような決断をしても、必ず失敗の可能性はあります。

ただ、失敗を恐れている人は、正解がないことでも考えすぎてしまうため、思考がねじれてしまい行動できないのです。

以上のことから、考えすぎて行動できない原因に「失敗してはいけないと思っている」ことが挙げられます。

 

2.他人の目を気にしすぎてしまう

「他人の目を気にしすぎてしまう」ことは、考えすぎて行動できない原因に挙げられます。
なぜなら、行動全てに対して「どう思われているのか」を考えてしまうからです。

例えば、仕事で上司に質問したいことがあるとします。考えすぎて動けない人は、以下のように考えてしまうのではないでしょうか。

  • 質問したら、そんなこともわからないのかと思われるのではないか
  • 今は集中している時間かもしれないから、質問したら迷惑なのではないか
  • もっと自分で調べて自分で解決した方がいいのではないか

このように、他人からどの様に見られてしまうのかを気にしてしまうと、考えすぎてしまうのです。その結果、他人に頼ることができなかったり、自分で解決しようとしすぎて、より悩みの種を増やしてしまいます。

以上のことから、「他人の目を気にしすぎてしまう」ことは、考えすぎて行動できない原因にあげられます。

 

正しい方法が必ずあると思っている

考えすぎて行動できない原因に「正しい方法が必ずあると思っていることが挙げられます。

正しい方法があると思ってしまうと、その方法にたどり着くまで考えないといけないと思ってしまうため、考え込んでしまうからです。

例えば、あなたが健康のために運動を始めたいとします。

しかし、筋トレや有酸素運動、ヨガなど、運動といっても様々です。

そのため、何が自分にとって一番いいのかを初めから知ろうとして、考え込んでしまうでしょう。

しかし、強いてこの場合の正解を言うならば「とりあえずやってみる」ことなのです。

何かを行う前から何が正解なのか、何が正しいのかを考えてしまうと、正解が無い問いに出会ったときに考え込んでしまうのです。

以上のことから、考えすぎて行動できない原因に「正しい方法が必ずあると思っている」ことが挙げられます。

 

「考えすぎて動けない」から脱却する方法5選

この項では「考えすぎて動けない」から脱却する方法を解説します。その方法とは、以下の5つです。

  1. 考えてしまう自分を受け入れる
  2. 「考える」に期限を設ける
  3. 考えていることを紙に書き出す
  4. 体を動かす
  5. 自分が信頼している人ならどうするのかを考えてみる

それでは、それぞれについて詳しく解説します。

 

1.考えてしまう自分を受け入れる

考えすぎて動けない状況から脱却するためには、まずは「考えてしまう自分を受け入れる」ことが重要だと言えます。

なぜなら、「考えてしまう自分=悪い」といった思考に陥ってしまい「どうすれば考えなくなるのかを考える」といった「考える負のループ」に入ってしまうからです。

例えば、

  • 「考える癖」と「自分」を切り離して考えて、考え込んでしまっても自分を責めない
  • 考え込んでしまった際に「また考え込んでいるな」と俯瞰の目線で自分を見てみる

まずは、考えてしまうことを適切に受け入れて「自分を責める」から、「考える癖を改善する」というように、思考を切り替えましょう。

 

2.「考える」に期限を設ける

「考えるに期限を設ける」ことは、考えすぎて動けないという状況から脱却するためには必要なことだと言えます。
考えることを辞める改善策として、物理的な「時間」で考えることをストップさせるためです。

例えば、

  • 仕事の質問をしようか迷って考えてしまう時は、自分で10分考えても答えが出なかったら聞きにいく
  • 何か新しいことにチャレンジしたいと思っても、考えすぎてしまう時は1日考えてもやった方がいいかわからなかったら、1日後にやるかやらないか決める

最もよくないのが、考えていたら時間が経ってしまい結果的にやれない、やらないという状況になること。

上司への質問も、何か新しいことへのチャレンジも「やるならやる」「やらないならやらない」と自分で意思をもって決断することが重要なのです。

以上のことから「考えるに期限を設ける」ことは、考えすぎて動けない状況から脱却するのに有効だと言えるでしょう。

 

3.考えていることを紙に書き出す

考えすぎて動けない状況から脱却するためには「考えていることを紙に書き出す」ことが有効でしょう。
頭の中では整理できない情報も、視覚化することで整理できることがあるからです。

例えば、転職しようか迷っている・考えているという状況の場合は

  • 転職するメリット・デメリット
  • 転職しないメリット・デメリット
  • 転職を考え始めた原因
  • 自分が働く上で大事にしたい価値観

上記のことなどを紙に書き出してみると、自分の悩みが整理され客観的に自分の状況をみることができます。

客観的に自分の思考を見ることができると、渦のように考えがまとまらなくなることがなく、自分が何を考えるべきなのかが明確になるでしょう。

以上のことから、考えすぎて動けない状況から脱却するためには「考えていることを紙に書き出す」ことが重要なのです。

 

3.体を動かす

「体を動かす」ことは、考えすぎて動けない状況から脱却する方法の1つに挙げられます。

体を動かすことで、セロトニンというホルモンが分泌され、平常心に戻ることができるからです。

セロトニンは「安心のホルモン」と言われており、リズミカルな運動を行うことなどで分泌されると言われています。

考え込んでいる時は、ネガティブな感情になったり、平常心で物事を考えることができなくなってしまったりするでしょう。そのため、運動をすることでセロトニンを分泌させ、平常心も戻ることが重要なのです。

また、運動した後は副交感神経が優位になるため、リラックスした状態で考え直すこともできるのです。

以上のことから、「体を動かす」ことは、考えすぎて動けない状況から脱却するのに有効だと言えるでしょう。

 

4.自分が信頼している人ならどうするのかを考えてみる

考えすぎて動けない状況から脱却するためには「自分が信頼している人ならどうするのかを考えてみる」ことをおすすめします。

なぜなら、自分だけで考えるという癖を少しずつ直すきっかけになるからです。

例えば、

  • 職場の先輩ならどう考えるのか
  • 同期の〇〇ならどう行動するのか

考えすぎてしまう人は、自分では考えきれない問題だとしてもいきなり人に頼るのは難しいかもしれません。

その場合は、このように自分ではなく他人ならどうするのかを考えてみると、意外と自分の中にはなかった答えが見つかることがあります。

以上のことから、考えすぎて動けない状況から脱却するためには「自分が信頼している人ならどうするのかを考えてみる」ことが挙げられるのです。

 

考えすぎて動けないデメリット3選

この項では、考えすぎて動けないデメリットを解説します。
そのデメリットは、以下の3つです。

  1. チャンスを逃してしまう
  2. ストレスを溜めやすい
  3. 自己嫌悪に陥ってしまう

それでは、なぜ考えすぎて動けないと上記のようなデメリットが発生してしまうのか、解説します。

 

1.チャンスを逃してしまう

考えすぎて動けない人は、チャンスを逃してしまいます。
なぜなら、チャンスを掴むためには即決が求められることが多いからです。

例えば、あなたが新規事業の部署に誘われたとします。しかし、あなた以外にも声がかかっていることもあるでしょう。

そのような時に、即決ができないと他の人にそのチャンスを取られてしまうなんてこともあるかもしれません。「チャンスの女神に後ろ髪はない」といった言葉もあるくらいです。チャンスが来た時に考えすぎて行動できなければ、掴むことはできないでしょう。

以上のことから、考えすぎて動けないことのデメリットは「チャンスを逃してしまう」ことだと言えます。

 

2.ストレスを溜めやすい

「ストレスを溜めやすい」ことは、考えすぎて動けない人のデメリットだと言えます。
常に何かに気を遣ったり、他人の目を気にしてしまい考えすぎてしまうので、ストレスが溜まってしまうのです。

考えすぎて動けない人は、以下のような負の流れに陥ってしまうことが多いでしょう。

「他人の目を気にする→考えすぎる→行動できない→自分を責める」

他人の目を気にするだけでもストレスを感じてしまうでしょうし、それ以上に考えても答えが出せず、行動できなくなり、結果的に自分を責めてしまうなんてことがあれば、もっと自分の中にストレスを溜めてしまいます。また「ストレスを自分の中で解決するにはどうしたらいいのか」のようなことも考え込んでしまうので、良くないループにどんどん陥ってしまうのです。

以上のことから「ストレスを溜めやすい」ことは、考えすぎて動けないことののデメリットに挙げられます。

 

3.自己嫌悪に陥ってしまう

考えすぎて動けない人は、自己嫌悪に陥ってしまいます。
なぜなら、考えすぎて行動できないことの積み重ねによって後悔が募ってしまうからです。

例えば、

  • あの時、きちんと質問しておけば、後々怒られることがなかったのに
  • 運動しようと思っていたけれど、何が自分に合っているのかを考えていたら、結局始められなかった

このように、自分が行動しなかったことによる後悔が募ると「自分は行動できないダメな人間なんだ」と自己嫌悪に陥ってしまうのです。

そうなると今度は、「自己嫌悪から抜け出すためにはどうすればいいのか」と考えてしまうでしょう。

以上のことから、考えすぎて動けないことのデメリットは「自己嫌悪に陥ってしまう」ことだと言えます。

考えすぎて動けない自分を変えたいあなたへ

この記事を読んで

  • 考えすぎて動けない自分を変えたい
  • 決断力を高め、優柔不断な自分から抜け出したい

と思った方には、GOAL-Bのコーチングを受けることをおすすめします。

なぜなら、コーチングを受けることで、自分が行動する時の指針を明確にすることができるからです。

あなたにとって重要な決断をしないといけない時に、信頼するコーチがいたならば、その時の自分にとっての最適解を導くヒントを与えてくれるでしょう。

しかし、ここまで読んでいただいた方の中には

  • コーチングって受けたことないからわからない
  • ちょっと怪しそう

このように、思う方もいると思いますので、コーチングの特徴や効果を詳しく解説した記事を貼っておくので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・目的・方法など全てを徹底解説

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創設。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開している。コーチングの提供クライアント数は1000人以上。