すべての「頑張りたい」人へ。頑張れない原因と抜け出す方法5選解説

「頑張りたいけれどいつも頑張れない」
「何かに挑戦してもすぐ諦めてしまう」
「頑張れない自分がすごく嫌い」

このように、何かを頑張ろうとしてみても、頑張れない。頑張れない自分が嫌いで、その度に自己嫌悪になってしまう。

このような経験をしたことがある人は、多いのではないでしょうか。

気持ちでは頑張りたいんだけれど、なかなか頑張れず、だらだら日々を過ごしてしまう気持ちはとてもよくわかります。

当記事では「頑張れないを抜け出す方法5選」について解説します。

この記事を読むことで「頑張れない自分」を卒業し、日々の努力を重ねることができるようになります。ぜひ最後まで読んでください。

 

資料プレゼント

【真実】頑張りたいのに、頑張れないのは「甘え」ではない



頑張りたいのに頑張れないと、甘えているのではないかと自分が情けないような気持ちを抱えたり、他人から「甘え」と言われて落ち込んだりしてしまう気持ちはとてもよくわかります。

しかし、頑張れないこと自体は「甘え」ではありません。

いつどんな時でも全力で頑張り続けられる人はいません。誰にでも頑張れない時はあり、それは当たり前のことです。

「頑張れない、どうしよう」と不安に思う必要はありません。

頑張れない時には「なぜ頑張れないのか?」その原因を明らかにして、適切な対処を行えば、必ず頑張れるようになります。

それでは、次の項から「頑張れない」を生み出す原因と「頑張れない」から抜け出す方法について解説します。

関連記事:「頑張れない」のは甘え?頑張れない原因や頑張るためのコツを解説

資料プレゼント

頑張りたくても頑張れない原因3選



この項では、頑張りたくても頑張れない原因について解説します。
その原因とは、以下の3つです。

  1. 頑張って何かを達成した先が見えていない
  2. 心身共に疲労がたまっている
  3. 失敗が怖い

それでは、それぞれ解説します。

 

1.頑張って何かを達成した先が見えていない

頑張って何かを達成した先が見えていないことは、頑張りたくても頑張れない原因といえます。

頑張った先の目的が明確でなければ、頑張ること自体に意味を見いだせなくなってしまうからです。

頑張った先に何か有意義な未来が見えていないと、人は思うように頑張れなくなるものです。

例えば、
  • ネットでTOEICを受けた方が良いと見たからなんとなく英語を勉強している
  • 目的もなくビジネス書を買って読み漁っている

このように「目的」が明確でなければ、達成した先の未来が漠然としたままになってしまいます。

未来が漠然とした状態では、頑張っている途中で「何の意味があるんだろう?」と考えてしまい、止めてしまうでしょう。

以上のことから、頑張りたくても頑張れない原因として「頑張って何かを達成した先が見えていない」が挙げられます。

関連記事:【結論】社会人は目標を持つべき|社会人が目標設定するときのコツや目標を持てないワケを解説

2.心身共に疲労がたまっている

頑張りたくても頑張れない原因として「心身共に疲労がたまっている」ことがいえます。

いくら頑張ろうという気持ちが強くても、体に疲労が溜まっていると積極的に動くことはできないからです。

例えば、
  • 睡眠時間が7時間を切っており、ずっと眠い
  • 食欲がない
  • 常にストレスが溜まった状態で過ごしている

このように、心身共に疲弊していると、エネルギーが湧いてきません。心と体のエネルギーが無ければ、いくら頑張らないといけないことであっても継続することはできないでしょう。

以上のことから「心身疲労がたまっている」は頑張りたくても頑張れない原因といえます。

関連記事:社会人生活が憂鬱に感じてしまっている人へ。憂鬱に感じてしまう原因と抜け出す方法5選解説

3.失敗が怖い

「失敗が怖い」は頑張りたくても頑張れない原因といえます。
頑張って成果が出なかったときのことを想像すると、頑張ったこと自体が無駄に思えてしまうからです。

例えば、
  • ダイエットを頑張ろうと考えているが、失敗したら時間の無駄になってしまうと思うと、なかなか動き出せない
  • 副業でブログを始めようと思うが、稼げるか不安で始められていない

このように、頑張ったことが無駄になってしまうのではないかと考えてしまう気持ちはとてもよくわかります。しかし、失敗してしまったときのことを考えてしまうと、挑戦することや継続して頑張ることは、できないでしょう。

以上のことから、頑張りたくても頑張れない原因として「失敗が怖い」がいえます。

関連記事:「失敗を恐れる」を克服するための方法3ステップ

資料プレゼント

頑張りたいけど頑張れないを抜け出す方法5選



この項では、頑張りたいけど頑張れないを抜け出す方法について解説します。
その方法とは、以下の5つです。

  1. 頑張って達成した先にどんな利益が自分にあるのかを想像する
  2. 小さい目標を立てて、1つずつ達成を目指す
  3. 環境を整える
  4. 食事・睡眠・運動をしっかり行い、健康的に過ごす
  5. 本当に目の前のことを頑張るべきかどうかを考える

それでは、それぞれ解説します。

 

1.頑張って達成した先にどんな利益が自分にあるのかを想像する

頑張って達成した先にどんな利益が自分にあるのかを想像しましょう。

達成したときに得られる利益にワクワクし、頑張り続けることができるからです。

逆にワクワクしなければ、すぐに止めてしまうでしょう。

例えば、
  • ダイエットを成功させ、理想の体になり、モテる自分を想像する
  • 副業で結果を出し、月収100万円を得ているときの生活を想像する

このように、頑張って達成した先にどんな利益があるのかを具体的に想像して「目的」を明確にしましょう。この目的が具体的であればあるほど、ワクワクしやすくなります。

以上のことから「頑張って達成した先にどんな利益が自分にあるのかを想像する」は頑張りたいけど頑張れないを抜け出す方法といえるでしょう。

関連記事:毎日ワクワクして過ごすための方法

2.小さい目標を立てて、1つずつ達成を目指す

頑張りたいけど頑張れない状態から抜け出すためには、小さい目標を立てて、1つずつ達成を目指しましょう。

確実に達成できることに取り組むことになるため、1ステップごとに達成感を得られ、自信をつけることができるからです。

例えば、
  • 早起きの習慣をつけたくて、まずはいつもより10分早く起きてみる
  • ダイエットを決意し、まずはジムに週2で通うことから始めてみる
このように、いきなり5時起きをしたり、きつい食事制限をするのではなく、まずは達成しやすい目標を立てて、達成を目指しましょう。成功体験を積み上げることで、自信が出て頑張りを継続することができます。

以上のことから、小さい目標を立てて、1つずつ達成を目指しましょう。

関連記事:目標がわからない人必見!目標を持つメリットと見つける方法5選を解説

3.環境を整える

「環境を整える」ことは、頑張りたいけど頑張れないを抜け出す方法といえます。

視界に入る情報量が多かったり、身の回りのものがごちゃごちゃしていると集中力が低下するからです。

例えば、
  • 机の上にある使わないものは全て片付ける
  • コアワーキングスペースを活用する

このように、環境を整えることで、頑張りやすくなります。まず身の回りの環境を整理して、やるべきこと以外のことを、意識から締め出すことが重要です。

以上のことから、頑張りたいけど頑張れないを抜け出す方法として「環境を整える」がいえます。

関連記事:自己管理ができない社会人が変わる方法とは?|メリットと方法について詳しく解説

4.食事・睡眠・運動をしっかり行い、健康的に過ごす

食事・睡眠・運動をしっかり行い、健康的に過ごしましょう。

健康的な生活を行わなければ、エネルギーが湧かず、頑張りを継続することができないからです。

健康的な生活こそが全ての土台となります。

例えば、
  • 炭水化物、タンパク質、脂質をバランス良く摂取する
  • 7時間以上の睡眠時間を確保する
  • 適度な運動を心がける

このように、健康的な生活を送ることで、エネルギーを高めることができます。健康的な生活が送れているからこそ、頑張ることに集中することができるでしょう。

以上のことから「食事・睡眠・運動をしっかり行い、健康的に過ごす」は頑張りたいけど頑張れないを抜け出す方法といえます。

 

5.本当に目の前のことを頑張るべきかどうかを考える

本当に目の前のことを頑張るべきかどうかを考えましょう。

頑張ること自体が「目的」ではないからです。

頑張ることは「手段」であって、頑張った先に得られたものこそが本当の「目的」となります。

例えば、今の仕事の給与では満足できず、副業を始めようかと考えているとします。

その場合、一度本当に副業を始めるべきかどうか考えてみましょう。

もし副業を始めたとしても、いつから満足したお金を稼げるようになるのかがわかりません。

また、副業に時間を使うことで本業に支障が出てしまうかもしれません。

そのため「お金を増やす」ことが目的なのであれば、まずは本業でしっかり成果を上げることのほうが良いかもしれません。

このように、今やろうとしていることは「目的」を達成する上での最適な「手段」なのかどうかをしっかり考えましょう。

そうでないと、ただ頑張っただけで終わってしまうかもしれません。

以上のことから、頑張りたいけど頑張れない状態を抜け出すためには「本当に目の前のことを頑張るべきかどうかを考える」ことが重要です。

関連記事:人生の目的とは?人生の目的を見つけるための5ステップを解説!

資料プレゼント

「頑張れない」を生み出す根本的な原因



この項は、そもそも「頑張れない」を生み出す根本的な原因を解説します。

結論から言うと、「頑張れない」を生み出す根本的な原因は「自分が本当にやりたいことがわからない」ということです。

なぜなら、努力を行う過程には、辛いことや煩わしいことが必ずあり、それらを乗り越えてでもやりたいことでないと、正しい努力をして成果をあげたいとは思えません。

例えば、筋トレや早起きなどは、何となく良さそうと思ったり、自己啓発本などでよく勧められたりしています。

しかし、早起きも筋トレもあくまで「手段」です。

本来、自分が本当に達成したい未来や、自分が本当になりたい姿のために、早起きや筋トレや勉強があります。

これらの、人生の目的と言えるようなことが自分の中で明確にないと、頑張って、成果を上げることができません。

「いつも頑張れない」と悩むことが多い人は、自分の中で「人生の目的」が明確になっているのかを、確かめてみることから始める必要があるでしょう。

 

頑張りたいけれど頑張れない自己嫌悪から抜け出したい人へ



頑張れない日々から抜け出し、日々を充実したものにしたいのであれば「自分が本当にやりたいこと」を見つける必要があります。

しかし、実際に自分が見つけるとなると、以下のような気持ちが生まれるのではないでしょうか。

  • 本当はそこまで熱中できることがない
  • 好きなことが何なのかわからない

このような気持ちが生まれてしまうのは、とてもわかります。

それでも「頑張れない自分を卒業して充実した人生を送りたい」と思うならば、覚悟を持って「好きなことで生きていく」と決める必要があるのです。

この記事を読んで
  • 自分が本気で好きなことを見つけたい
  • 人生の目的を明確にしたい

と思った方には、GOAL-Bのコーチングを受けることをおすすめします。

なぜなら、私たちGOAL-Bは、以下のように考えているからです。

「限られた時間の中で、無限の可能性のもと、自分の命を活かしきるべき」

そして、コーチングがあれば、それを実現できると信じているのです。

日々悶々と悩んでいる人は、ぜひ一度、GOAL-Bのコーチングを受けてみてください。

最強のコーチ陣が、あなたの常識をぶち壊し、可能性を最大限に引き伸ばします。

しかし、ここまで読んでいただいた方の中には

  • コーチングって受けたことないからわからない
  • ちょっと怪しそう

このように、思う方もいると思いますので、コーチングの特徴や効果を詳しく解説した記事を貼っておくので、ぜひ読んでみてください。

関連記事:コーチングとは?受けるメリット・目的・方法など全てを徹底解説

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。