20代の転職相談は誰がおすすめ?相談すべき相手や注意すべき相手を解説

働き方が多様化している現代において、20代で転職を考える人も少なくないでしょう。

20代で転職を考えた際、相談すべき相手はしっかりと見極める必要があります。

相談すべき相手を間違えてしまうと、求めているアドバイスがもらえません。

また、最悪の場合転職妨害に遭うケースもあるでしょう。

そこで本記事では、20代の転職相談に向いている相手を紹介します。

ぜひ転職活動の参考にしてください。

 


20代の転職相談に向いている相手



20代で転職を考えた場合、相談相手は正しく選択する必要があります。

たとえば上司への転職相談は、転職を引き止められる可能性があるためおすすめしません。

20代の転職相談に向いている相手は以下の3つです。

  • 転職経験のある社外の先輩
  • 転職エージェント
  • キャリアコーチング

それぞれ解説します。

 

転職経験のある社外の先輩

20代で転職の相談をする相手は、転職経験のある社外の先輩が向いています。

転職経験のある先輩なら、過去に自分と同じ悩みを抱えていた可能性が高く、親身に相談に乗ってくれるからです。

たとえば、どの転職サービスを利用すべきか悩んでいる場合、実際に先輩が利用して良かったおすすめの転職サービスを教えてもらえるでしょう。

また、職務経歴書の書き方や面接の注意点など、実際の転職活動に基づいたアドバイスを聞ける可能性もあります。

ただし注意点として、勤め先の会社と関係のない先輩に相談しなければいけません。

社外の先輩であっても、勤め先の会社と関係のある場合、社内に転職活動がばれてしまう可能性もあるからです。

 

転職エージェント

20代での転職は、転職エージェントへの相談もおすすめです。

転職エージェントは、収入や労働時間などの希望条件を伝えれば適切な会社を提案してくれるからです。

たとえば相談者が高い収入を得て働きたいと考えている場合、希望する業界で20代でも高収入を得るチャンスのある企業を紹介してくれるでしょう。

また、未経験の業界や職種に挑戦したいと考えている場合、転職エージェントが持つさまざまな業界の知見によって、適切なアドバイスや提案をもらうことができるでしょう。

また、書類添削や面接対策なども無料で行ってくれます。

収入や労働時間、業界など転職先に求める条件が定まっている場合には、転職エージェントが向いています。

 

キャリアコーチング

キャリアコーチングサービスも20代の転職相談に向いています。

キャリアコーチングを利用すれば、コーチングを通して自己分析やキャリアプランニングができ、自分の仕事に対する軸を定められるからです。

たとえば、将来に対する漠然とした不安から転職を考えている場合には、キャリアコーチングによってやりたいことや仕事への価値観を明確にすることができます。

やりたいことや仕事への価値観が明確になると、仕事のやりがいに繋がり、転職を繰り返すことも少なくなるでしょう。

特に20代のうちはキャリアへの不安や悩みを抱きやすいです。

そのような不安を抱えているなら、ぜひキャリアコーチングを利用し、転職活動のきっかけにしてください。

 



20代の転職相談に向かない相手



20代で転職を考えたとき、相談相手を間違えると、偏った意見を言われたり引き止めに合ったりして的確なアドバイスがもらえません。

したがって、あらかじめ転職相談に向いていない相手を把握しておく必要があります。

20代の転職相談に向いていない相手は以下です。

  • 上司
  • 同僚
  • 両親

それぞれ解説します。

 

上司

上司は、転職相談の相手に向いていません。

上司は部下に退職されると自分の評価が下がるため、転職をさせないためのアドバイスをするからです。

たとえば、上司にキャリアへの不安から転職を考えていると相談した場合、この会社で働き続けるメリットや、転職のデメリットなどを伝えられるでしょう。

こうした上司の意見は、部下に退職されないための偏ったアドバイスであるケースがほとんどです。

上司は相談者の立場で真剣に考えてくれる可能性が低いため、相談相手として相応しくありません。

 

同僚

職場の同僚も、転職の相談相手には向いていません。

仲の良い同僚ほど、相談者に転職してほしくないと考え、転職を引き止めるようなアドバイスをされる可能性が高いからです。

また、同僚と同じチームで仕事をしていた場合、相談者に転職されると同僚の業務負荷が増えてしまいます。

結果として引き止めや転職妨害に合ったり、同僚から上司へ伝わったりして、今の仕事もやりづらくなってしまうでしょう。

したがって、上司や同僚といった社内の人への転職相談はおすすめしません。

 

両親

両親も、転職相談相手には向いていないでしょう。

両親の世代は、転職に対して20代とは違う価値観を持っている可能性があるからです。

たとえば、終身雇用制度の時代は1つの会社で定年まで勤めるのが主流でした。そのため、子どもの転職に対して前向きに考えることが難しく、不安や心配が先行するでしょう。

両親は客観的な立場ではないため、的確なアドバイスは期待できません。

 

20代が転職相談をする際、注意すべき相手



友人や恋人など、親しい人への転職相談には注意が必要です。

親しい人からのアドバイスは、偏った意見である可能性があるからです。

たとえば、結婚を見据えている恋人同士であれば、相談者の転職で収入が減ることを懸念し、転職を引き止めるでしょう。

また、飲み会で仕事の愚痴を言い合う仲の友人なら、新たな道で挑戦しようと考える相談者に嫉妬し、転職を引き止められる可能性もあります。

友人や恋人などの親しい人へは、転職相談ではなく、転職を決めた自分の意志や目標を応援してもらうように話をするのが望ましいでしょう。

 

20代の転職、悩み別おすすめの相談相手



転職相談を行う上で、まずは自分の悩みを明確にしておかなければなりません。

自分が何に対して不安を抱えているか把握し、適切な相談相手を選ぶことで、効率よく転職活動ができるのです。

以下で2つの悩みに対するおすすめの相談相手を紹介します。

 

将来に対する漠然とした不安があるなら

将来に対する漠然とした不安で悩んでいる場合は、キャリアコーチングサービスがおすすめです。

キャリアコーチングは、仕事や将来の不安を抱える人に対して、コーチングを通して自己分析やキャリア設計のサポートを行ってくれます。

20代で転職を考える人は、やりたいことがわからずキャリアに不安を抱えているケースが多いです。
そこでキャリアコーチングを活用すれば、相談者の内面にフォーカスし、仕事に対する価値観や好きなこと・得意なことを引き出してくれます。

自己分析ができたことで、自分の仕事の軸が明確になり、やりがいや適職を見つけるきっかけになるでしょう。

したがってキャリアコーチングサービスは、将来への不安から転職を考えている人に特におすすめのサービスです。

 

収入や残業時間など条件が定まっているなら

収入や残業時間など条件が定まっている場合には、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは、さまざまな企業の中から相談者の条件に合った求人を提案してくれます。

また、志望企業が決まれば履歴書の添削や面接対策なども無料で行ってくれるため、利用しやすいです。

さらに、違う業界に挑戦したいと考えている人なら、転職エージェントの知見をもとに業界や企業を選んだり、適した求人を提案してくれたりするでしょう。

結果として転職活動がスムーズに進みます。

 

【まとめ】20代で転職相談するならキャリアコーチングがおすすめ



20代で転職相談するなら、キャリアコーチングがおすすめです。

長い社会人人生の中で、20代のうちに仕事への価値観や得意なことを明確にしておけば、適職を見つけやすくなるでしょう。

また、転職を前提とせずに相談できるため、自己分析を通して転職するかどうかを判断できます。

本記事の内容を、転職相談に活用してください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGOAL-Bをフォローしよう!

The following two tabs change content below.

GOAL-B

2019年7月に創業。「全ての人に可能性がある」という理念のもと、コーチングとフィットネスの事業を展開。コーチングの提供クライアント数は2000人以上。