仕事をしたくない20代へ|対処法を徹底解説

「仕事をしたくないから辞めるか迷う」

「20代で仕事を辞めたら先がないだろうか」

このように悩んでいませんか。

実は、「仕事をしたくない」と感じている20代はあなただけではありません。

ある調査では、20代の半数以上が仕事をしたくないと答えています。

仕事をしたくない20代が増えている背景には、不景気で給与が低いことやコロナ禍で働き方が変化したことがあるでしょう。

また、自分のGOALに出会えていないことも仕事をしたくないと感じる原因です。

GOAL-Bくん

私も自分のGOALを理解せずなんとなく働いていた時は、仕事をしたくないと感じていました。

20代で仕事をしたくないと感じている人は、この記事を読むことでその気持ちから抜け出せるはずです。

キャリアコーチング『キャリスピ』は、あなたの才能本音の欲求を見つけるサポートをしてくれます。
仕事をしたくない方は、プロと自己分析を行い、自分に合った仕事と働き方を考えてみましょう。
5,500円の体験コーチングが今なら無料で受けられるので、1分で気軽に申し込んでみましょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

目次

仕事をしたくないと感じている20代はあなただけではない


まず、知ってほしいのが仕事をしたくないと感じている20代はあなただけではないということです。

2022年に発表された調査では、「できれば仕事はしたくない」と感じている若者が男女ともに50〜60%以上います

「仕事をしたくないと感じるのは自分だけなのでは」と不安に感じる方もいるかもしれません。

GOAL-Bくん

しかし、仕事をしたくないのはあなただけではないので安心してください。

みんな仕事をしたくないと感じながらも、なんとか頑張って働いているのだと思えれば少しは前向きになれるでしょう。

参照:独立行政法人労働政策研究大都市の若者の就業行動と意識の変容

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

仕事をしたくないと感じる20代が増えている3つの背景


仕事をしたくないと感じるのはあなた自身の問題だけでなく、時代の背景も大きく関わっています。

仕事をしたくないと感じる20代が増えている背景は、以下の3つです。

仕事をしたくないと感じる20代が増えている3つの背景
  • 不景気で給与が低い
  • コロナ禍で働き方が変化した
  • 仕事に対する価値観が変化している

不景気で給与が低い

仕事をしたくないと感じる20代が増えている背景には、不景気で給与が低いことがあげられます。

かつての日本は、勤続年数が長くなればなるほど昇給するのが当たり前でした。

しかし、現代の日本の社会は、仕事で成果を出したり、勤続年数が長くなったりしたからといって昇給する訳ではありません。

自分の頑張りが目に見える給与という形で報われない社会では、仕事に対するモチベーションが下がるのは当然です。

また、正社員で週5日大変な思いをしながら働いて安い月給をもらうよりも、時給のアルバイトをした方が責任も軽くなりいいと考える人もいるかもしれません。

不景気で給与が低いと、仕事へのモチベーションはどんどん下がるでしょう。

コロナ禍で働き方が変化した

コロナ禍で働き方が変化したことも、仕事をしたくない20代が増えた背景としてあげられます。

コロナ禍でリモートワークが多くの企業で導入されました。

コロナが少し落ち着いた現在も、リモートでできる仕事はリモートで行っていいという考えが一般的になりつつあります。

そんな中で、リモートでできる仕事にも関わらず毎日出社している人は、何で自分だけ大変な思いで通勤しているんだと感じて仕事をしたくなくなるでしょう。

また、リモートワークをしながら自分の好きなタイミングで休憩や趣味の時間を取っていた人は、出社することで集団の中で規律を守って働かなくてはいけなくなります。

GOAL-Bくん

集団生活にストレスを感じて、仕事をしたくなくなるケースもあるでしょう。

コロナ禍での働き方の変化は、20代の仕事へのモチベーションに大きく関わっています。

仕事に対する価値観が変化している

仕事をしたくない20代が増えている背景には、仕事に対する価値観が変化していることもあげられます。

昔は新卒で入社した会社で定年まで働く終身雇用が一般的でした。

しかし、現代は転職も当たり前になり、定年まで働いても昇給したり退職金がもらえるとは限りません

また、現代は自分で事業を始めやすくなっていて、好きなことが仕事になる時代ともいわれています。

20代で起業する人やフリーランスとして働く人も少なくありません。

自分でやってみたいことがある中で会社に縛られていると、仕事に対するモチベーションは低下するでしょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

仕事をしたくないと20代が感じる5つの原因


仕事をしたくないと感じる20代が増えている背景と合わせて、仕事をしたくないと20代が感じる原因は主に以下の5つです。

仕事をしたくないと20代が感じる5つの原因
  • 努力や成果が正当に評価されない
  • やりがいが感じられない
  • 人間関係に問題がある
  • 通勤時間や残業時間が長く自由がない
  • 仕事を続けた先の明るい未来が想像できない

努力や成果が正当に評価されない

努力や成果が正当に評価されないと、「自分が頑張る必要はない」と感じてどんどん仕事をしたくなくなるでしょう。

  • 自分が周囲より結果を出しているのに周りの方が評価されている
  • 上司が自分の成果を横取りする
  • 成果を出しても昇給しない

このような状況では、仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。

GOAL-Bくん

本来、あなたの努力や成果は、評価されるべきものです。

環境のせいで努力や成果が無駄になっていると感じるのなら、環境を変える決断が必要になるかもしれません。

正当な評価がされないのは、気持ち的に満たされず、お金の面でもプラスがないため仕事をしたくなくなる原因です。

やりがいが感じられない

やりがいが感じられない場合にも、仕事をしたくなくなってしまいます。

やりがいを感じられる仕事をしていれば、楽しみながら働いたり成果にこだわって働けたりします

仕事でしんどいことや難しい問題にぶつかることがあっても、乗り越えるために行動できるでしょう。

やりがいがあれば、仕事のつらさを感じることはあっても、仕事をしたくないと感じることは少ないはずです。

しかし、やりがいを感じられないと、どんどんモチベーションが低下して働きたくなくなるのは明白でしょう。

  • 毎日同じ作業の繰り返しでつまらない
  • そもそもやりたくない仕事をしている
  • 人の役に立っている感覚がない

このように、仕事のやりがいのなさは仕事をしたくないと感じる大きな原因です。

人間関係に問題がある

人間関係に問題がある場合にも、仕事をしたくなくなります。

人間関係に問題があると、心理的安全性が低くなり、職場に行きたくなくなるでしょう。

人間関係に問題があるケースとして、以下の例があげられます。

  • 挨拶をしても無視される
  • 自分にだけ指示を出してくれない
  • 飲み会を断るのが悪とされている
  • 上司が理不尽に怒ってくる

このように、人間関係に問題があると仕事へのモチベーションが下がって当然です。

また、人間関係のストレスと仕事をしたくないと思っていると、メンタルに不調をきたす恐れも。

仕事での人間関係は、深刻な問題に繋がるので注意してください。

通勤時間や残業時間が長く自由がない

通勤時間や残業時間が長く自由がないのも、仕事をしたくない20代が増えている原因です。

  • 通勤に時間がかかるので、朝は早く起きて急いで支度をして家を出る
  • 残業時間が長いので、終業後にでかけることはできない
  • 夜は長い時間かけて帰宅し、眠るだけ

こんな風に、家と会社を往復するだけの生活になっている人も少なくないでしょう。

このような状態では、「何のために仕事をしているのか」と感じてしまいます。

「自由な時間を確保するために、仕事をしたくない」と感じる人もいるはずです。

仕事を続けた先の明るい未来が想像できない

仕事を続けた先に明るい未来が想像できずに、仕事をしたくないと感じる20代もいます。

上述のように、今の日本は仕事を続けたからといって、昇進や昇給するわけではありません

また、仕事を続けて年金を納めても、自分が十分な年金を受給できるか分からないという問題もあります。

「今頑張って年金を払っているのに、将来もらえる保証がないなんてやってられない!」

このように感じて、仕事をしたくなくなる人もいるでしょう。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

仕事をしたくない20代に必要な5つの対処法


仕事をしたくない20代に必要な対処法は以下の5つです。

仕事をしたくない20代に必要な5つの対処法
  • 今の仕事にやりがいを見出す
  • 休日に楽しみを作る
  • 転職活動や副業をしてみる
  • 長期休暇を取るか休職する
  • 人生のGOALを定める

以下で詳しく解説するので、自分にあった対処法を見つけてください。

今の仕事にやりがいを見出す

仕事をしたくない20代は、今の仕事にやりがいを見出してください。

やりがいがあれば、モチベーションをもって働けるので仕事をしたくないと感じることは少なくなるはずです。

  • 今の仕事をしていて嬉しかったこと
  • 今の仕事で一瞬でも楽しかったこと
  • 今の仕事で人に感謝されたこと

これらのことを考えると、仕事のやりがいがみつかります。

GOAL-Bくん

やりがいがみつからない場合には、身近な同僚や上司にやりがいを聞いてみてもよいでしょう。

同じ仕事をしている人が何をやりがいに働いているか知ることで、自分も同じやりがいをもてる可能性があります。

休日に楽しみを作る

仕事をしたくない人は、休日に楽しみを作るのがおすすめです。

休日に楽しみがあれば、その楽しみに向けて前向きに週5日頑張れます。

働いた後の楽しみは、自分の頑張りがあってこそなので、満足度も高まるでしょう。

また、仕事をしたくなくても頑張って働いてお金を稼げば、また休日の楽しみにお金をかけられます。

GOAL-Bくん

楽しみにお金を使うのをモチベーションに、仕事をしたくない気持ちを乗り越えられるようになるでしょう。

仕事をしたくない人は休日に楽しみを作るのがおすすめです。

転職活動や副業をしてみる

仕事をしたくない人は、転職活動や副業をしてみてもよいでしょう。

転職活動で他の会社を視野に入れることで、自分に合った仕事や会社が見つかる可能性があります

自分に合った仕事に就ければ、やりがいを感じたり、成果を出したりしながら前向きに働けるようになるでしょう。

逆に、転職活動をとおして今の会社の良さに気づき、働く意欲が湧く可能性もあります。

また、副業をして自分に向いていることが見つかった場合、それを本業にすればやりがいを感じながら働けるようになるでしょう。

副業で収入が増えれば、仕事をしたくない人も心の余裕ができて日々前向きに過ごせるようになる可能性もあります。

長期休暇を取るか休職する

仕事をしたくない気持ちが強い人は、長期休暇を取るか休職するという対処法もあります。

特に、ストレスや疲労で仕事をしたくない人は、無理して働くと心身に不調をきたす恐れも。

GOAL-Bくん

休むことは悪いことではないので、一度仕事から離れて自分のために時間を使うとよいでしょう。

中には、一度仕事から離れることで、「自分は働いている方が輝ける」「今の仕事が好きだ」と気づく人もいます。

冷静になることで、今の仕事を辞めて転職する決心ができる人もいるでしょう。

まだまだ先の長い20代だからこそ、一度立ち止まり自分や人生を見つめ直す時間も大切です。

仕事をしたくない20代は、長期休暇や休職という選択肢も視野にいれましょう。

人生のGOALを定める

仕事をしたくない人は、人生のGOALを定めましょう。

人生のGOALを定めれば、目的意識をもってワクワクした気持ちで仕事ができるようになります。

なぜなら、仕事を人生のGOALに向かうための手段と捉えられるようになるからです。

たとえば、将来独立したいという人は、今はやりたくない仕事をしていても、今の仕事で学べることが企業する際の土台になると考えられるようになるでしょう。

仕事をしたくない人は人生のGOALを定めてください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

仕事をしたくない20代からのよくある質問

ここでは、仕事をしたくない20代からのよくある質問に回答します。

  • 仕事をしたくないなら辞めてもいいですか?
  • 仕事をしたくないと20代で感じるのは甘えですか?
  • 仕事の辞めどきが分かるサインは?

仕事をしたくないなら辞めてもいいですか?

仕事をしたくないからといって、すぐに辞めてしまうのは危険です。

仕事をしたくない人は、自分がやりたい仕事をみつけてから辞めましょう。

自分がやりたい仕事が見つからないと、転職先がみつからず無職の期間が続いてしまう恐れも。

キャリアに空白期間ができると、余計に就職しづらくなることもあります。

また、やりたい仕事をみつけずに転職した場合は、また転職先で仕事をしたくなくなることも。

仕事をしたくないという感情をなくして働くためには、辞める前にやりたい仕事をみつけてください。

仕事をしたくないと20代で感じるのは甘えですか?

仕事をしたくないと20代で感じるのは、甘えではありません。

20代は、数年前まで学生で比較的自由な時間を過ごしていた人たちでしょう。

社会人になった途端に、趣味に時間を使えなくなったり友人に会いづらくなったりした人もいるはずです。

そんな中で、週5日働いていれば仕事をしたくないと感じることもあって当然でしょう。

ただし、仕事をしたくないという気持ちには向き合う必要があります。

ずっと仕事をしたくないと感じていると、モチベーションが下がり成果が出なくなるからです。

本記事を参考に、なぜ仕事をしたくないのか、どう対処するかを考えてみてください。

仕事の辞めどきが分かるサインは?

仕事の辞めどきのサインには、以下があげられます。

  • 仕事へのやる気が起きない
  • 給与が上がらない
  • 社内の人間関係が悪い
  • 優秀な社員が辞めてしまう
  • 仕事の日に体調が悪くなる

これらに当てはまるからといって、必ずしも仕事を辞めるべきではありません。

しかし、「この職場ではもう頑張れない」と感じるなら転職を視野に入れるとよいでしょう。

特に、心身に不調が出ている人は、そのまま働き続けると回復に時間が必要になることがあるので注意してください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

仕事をしたくない20代は体験セッションへ


ここまで、仕事をしたくないと20代が感じる原因と対処法を解説しました。

その中で、最も大切なのは人生のGOALを定めることです。

人生において、お金を稼ぐことや働くことは生きるために必要不可欠です。

そこで、仕事をしたくない20代はぜひ一度株式会社GOAL-Bの提供するキャリスピの体験セッションを受けてください。

キャリスピの真の目的は、仕事のGOALを定めワクワクしながら働けるようにすることです。

仕事のGOALが定まっている人は、GOALに向かって前向きに働けるので仕事をしたくないと感じるころはなくなります。

実際の受講生は、夢の実現のためにワクワクしながら働けています。

仕事をしたくない20代はぜひ一度体験セッションにお越しください。

2,000名以上が申込みに殺到!/

※体験コーチングだけならお金は一切かかりません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次